ポケモン 剣 盾 ゲンガー 育成 論。 【ポケモン剣盾】ゲンガーの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

【ソードシールド】テラキオンの育成論!サポートも可能な高圧力のアタッカー!【ポケモン剣盾】

ポケモン 剣 盾 ゲンガー 育成 論

考察などの中からテキスト検索 ポケモン名のほか、対戦形式やルール、役割などを指定して育成論を検索できます。 いじっぱり• 投稿者:KiTi きち• コメント 1 みんなの評価 :• おだやか• 投稿者:勘傑• コメント 0 みんなの評価 :• ようき• 投稿者:メロンソーダ• コメント 0 みんなの評価 :• ひかえめ• 投稿者:桜• コメント 3 みんなの評価 :• いじっぱり• 投稿者:T• コメント 0 みんなの評価 :• わんぱく• 投稿者:Rose'• コメント 8 みんなの評価 :• おくびょう• 投稿者:凛• コメント 6 みんなの評価 :• ひかえめ• 投稿者:kzk• コメント 8 みんなの評価 :• ようき• 投稿者:たこのするめ• コメント 5 みんなの評価 :• ずぶとい• コメント 2 みんなの評価 :• わんぱく• 投稿者:白眉• コメント 10 みんなの評価 :• おくびょう• 投稿者:SPLITTER• コメント 2 みんなの評価 :• おくびょう• 投稿者:だいすきクラブ• コメント 14 みんなの評価 :• ずぶとい• 投稿者:sia• コメント 17 みんなの評価 :• いじっぱり• 投稿者:くるみ• 装飾もちゃんとつけられていて初投稿の割にはしっかりしているなと僕は感じました。 何故こんなに評価が低いのだろう?と思... 今後格闘ポケモンの需要は高まると思っているのでヘラクロスの起用は割とアリだなと感じました。 ただ、同じ格闘アタッカーであり、ダイマックス前提で立ち回るウーラオスとの差別化はどうお... 命中安定かつEFと相性のよいライジングボルト(あるいは10万や放電)で良いと思います。 また、悪巧みサイ... こらえるの枠をほえるにした型て数戦潜ってますが、エースバーンと当たった際に強烈なストッパーとして機能しています。 ただ、攻撃技がボルトチェンジしか無い為、引きたくない状況で攻撃技を撃てない... 育成論自体は... ずぶとい• 投稿者:イシガメ230• コメント 1 みんなの評価 :• なまいき• 投稿者:クギあたま• コメント 0 みんなの評価 :• おくびょう• 投稿者:さいと• コメント 1 みんなの評価 :• のんき• 投稿者:まよたぬ• コメント 0 みんなの評価 :• ようき• 投稿者:塩分• コメント 2 みんなの評価 :.

次の

【ポケモン剣盾】ゲンガーの育成論と対策【6割で勝てて受けポケモンをすべて飲み込む】

ポケモン 剣 盾 ゲンガー 育成 論

初めまして、今作から対戦を始めました、初投稿です、ゲンガーが好きです。 この育成論では、HABCDSの略称を使用します。 個体値はA抜け5vを想定しています。 不備、質問等ありましたらコメントにお願い致します。 種族値がとがっている分立ち回りの幅もそこまで広くないと思われるので ザックリと説明していきます。 初手としての役割 仮想敵 サザンドラ ドラパルト カットロトム 他フェアリータイプ 例: サーナイト、ブリムオン、マホイップ等 このあたりに対しては対面で有利をとれる型だと思われます。 特殊受けとして活躍しているフェアリータイプに対して強く出ることができます。 (ニンフィアはヘドロウェーブで確定1発で落とせない上にほぼ 電光石火持ちなので不利対面です…) ドリュウズは一応シャドーボール2発で落とせますが初手岩石封じをもらうと逆に落とされます。 現在環境で活躍している受けポケモン(アーマーガア、ドヒドイデ、ナットレイに関しては基本的に落としきれないと思っていただきたいです。 カバルドンに限ってはエナジーボールを採用する事で確定2発で落とす事が出来ます。 とくせい のろわれボディ 攻撃を受けると相手の技をかなしばり状態にすることがある ほかに選択肢がないのでこれ一択です。 初手対面を突破して次の対面で落とされる事が多いと思われますが その場面でのろわれボディが発動すると割と有効な場面があったりするので シンプルにゲンガーの性能とかみ合ってるんじゃないでしょうか。 ミミッキュに対して初手で対面した場合、相手がつるぎのまいをきればダイマックスしない限りゲンガー側が確実にミミッキュを落とせるのでおくびょうでいいんじゃないかなと思いました。 ただ準速 性格補正無S252 でも最速ヒヒダルマや最速ウインディ等ミミッキュ以下のすばやさのポケモンであればSは抜けるので構築の中でどこにフォーカスするかというだけの話かもしれません。 もちもの 基本的には襷一択だと思います。 スカーフやメガネももちろん選択肢としては存在しますが、とんぼがえりやボルトチェンジ持ちと比べると少し動きにくい印象です。 そもそもゲンガーが覚えられる技の威力がヘドロウェーブ以外あまり高いといえないので初手で落とす事ができない対面になった際に、相手を小突いて終わるという最悪の展開は避けたいというのも理由です。 確定技 タイプ一致のメインウェポン。 耐久無振りのドラパルトであれば確定1発です。 不一致でありますが、耐久無振りのサザンドラであれば確定1発です。 パッチラゴンや、ウオノラゴンを1発で落とすことができないのが弱み。 ゲンガーが覚えられるタイプ一致特殊技で1番高火力な技。 似たような技にヘドロばくだんがありますが、正直どちらでもいいと思います。 選択技 耐久振りウォッシュロトムを意識した技。 H252のウォッシュロトムであれば、ヘドロウェーブでは乱数2発ですが、エナジーボールであれば確定2発です。 ついでにカバルドンも確定2発。 襷でHPを1残した後、ゲンガー以上のSのポケモンか、先制技を持つポケモンに対しての選択肢です。 とくにミミッキュあたりにふいうち退場する事が出来るとかなりおいしいと思われるので環境に合わせてチョイスしたいですね。 かげうちやこおちのつぶて持ちがギルガルド、パルシェン等、襷持ちのポケモンに多いのも考慮したい所。 初手で落として次の対面でのろい退場が主な使い方になると思われます。 たたでは落ちないゴーストタイプの鑑。 のろい同様次の対面で使用するのが主な用途。 他にもおきみやげやらわるだくみやらありますが、今回は割愛します。 おわり 以上、かなりザックリした説明になってしまいましたが皆さんのお役に立てれば幸いです。 相手のドラパルトがA特化だった場合かなりの確率でドラゴンアローでワンパンされますし、珠や鉢巻なら確定で落とされます。 相手が特殊型などなら確かに勝てるかもしれませんが、相手の構成次第で何もできずに倒される以上、ドラパルト対面で突っ張るのは無謀でしかないと思います。 この構成のゲンガーであればドラパルトは仮想敵から外すべきです。 ゲンガーの基本形ではありますが、現在ゲンガーの基本型の育成論が存在しないので十分育成論として成立していると思います。 ただ、与ダメージ・被ダメージの目安が少々ざっくりしすぎていてイメージが湧かない感じがします。 上でも書かれていますが相手出来ない型が存在するので、ある程度メジャーな相手だけでもダメージ計算と対面からの動き方が記録されていれば育成論として向上するのではないかと感じました。 また、おきみやげ・わるだくみ等を割愛する理由がある場合は書いておいた方がいいと思います。 両者ともに、この型のゲンガーであれば十分採用枠に入る筈にも拘わらず省略するのであれば何か理由が必要でしょう。 ひとまず評価は保留、詳細を詰めていただけたら評価5をつけたいと思っています。 シンプルかつ簡潔でわかりやすい育成論だと思います。 他の方もおっしゃっている通り、すばやさ関係からドラパルトを仮想敵として挙げるのは少し問題があると思います。 また、シャドーボールをメインウェポンとして確定枠に入れていますが、一致等倍技として撃つならヘドロウェーブで事足りるため、この技構成だとあえてシャドーボールを採用してまで撃ちたい相手が見つかりません。 候補技に関してですが、10万ボルト・かみなりを採用するのもありだと思います。 ゲンガーの火力であれば落とすのがほぼ無理だと書かれていたアーマーガア、ドヒドイデにも打点が持てるため、検討する価値はあると思います。 火力を求めたいのであれば催眠たたり目も選択の中に入れていいのではと思います。 環境を牛耳っている奴らは大半ゲンガーよりも遅いので上から催眠をたたき込めるのがかなり強いです。

次の

ゲンガー育成論 : 【先発特殊アタッカー】襷ゲンガー|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン 剣 盾 ゲンガー 育成 論

わざ候補 育成論と使い方 かたやぶりでミミッキュなどに強い かたやぶりルチャブルは、環境に多いミミッキュなどに強いのが魅力。 水ロトムや火ロトムにじめん技を当てられるものの、でんき技で抜群を取られるので注意。 ほとんどのポケモンの上をとれる ルチャブルのS種族値は118。 よく見るポケモンの中でこれを上回るのは、ドラパルト、インテレオン、エースバーン程度。 積み技がなければほとんどのポケモンの上を取れる。 ダイジェットで最速ドラパルトを上回ることも可能。 基本技構成が多い タイプ一致のかくとう技とブレイブバードはダイマックス技も強力なため、ほぼ確定。 火力補強とダイウォールを兼ねるつるぎのまいも採用率が高い。 残り1枠は飛行対策の雷パンチや、ミミッキュ対策のアイアンヘッドが入ることが多い。 様々なタイプの技を覚える 実際に使うかはともかく、ルチャブルが覚える技は豊富だ。 どれも役割次第で採用できるので、自分のパーティに合わせて検討しよう。 絶妙に足りない火力を補う ルチャブルはA種族値が92しかなく、火力アップアイテムを持っていても不一致弱点技では倒しきれないことが多い。 ステルスロックや天候ダメージ、のろいなど HPを削る手段と組み合わせるのがおすすめだ。 しろいハーブを消費しつつ能力を戻し、かるわざを発動させられるようになった。 過去作とは違い、能動的に発動できるようになったのはかなり大きい。 速さを活かして抜きエースとして使う かるわざルチャブルは非常に速く、いじっぱりであっても素早さ340まで到達する。 これは最速スカーフドラパルトや、最速すなかきドリュウズよりも速い。 圧倒的な速さを活かして抜きエースとして活躍させよう。 バチンウニ運用ならエレキシードもあり かるわざルチャブルはバチンウニとの相性がいい。 バチンウニの特性でエレキフィールドにした後交代してエレキシードが発動、効果でBが上がり、軽業でSも2倍となる。 バチンウニがおきみやげで退場すると綺麗に起点も作れる。 不意の攻撃でワンパンされないようなポケモンで相手するようにしよう。 ロトム系は有利に戦える ロトム系統は皆でんきタイプを持っており飛行技を半減できる。 もちろん電気技で抜群を狙えるので対策として最もおすすめ。 また、無振り水ロトムでも陽気ルチャブルのダイアース あなをほる を乱数で耐えられる。 バチンウニが出てきたらかるわざ型が濃厚 バチンウニが出てきてエレキフィールドにしてきたら、次はかるわざルチャブルが出てくる可能性が高い。 つるぎのまいから全抜きを狙われないように、受けポケモンや特殊アタッカーを出すなどして対応しよう。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の