川崎 ギャング。 Chevron

若きラッパーたちが描く「移民社会化する日本」(現代ビジネス編集部)

川崎 ギャング

ネット上で朝鮮人街として有名な(?)川崎の池上町、私も衝動を抑えきれずに訪れてきました。 第二次世界大戦が終了したのは1945年(昭和20年)で、2016年の今まで70年以上の月日が流れています。 それまでこの周辺で働いていた朝鮮人がこの地に集結し占拠したのでしょうか。 製鉄所(現JFE)の近くが仕事がある一等地だと思ったのでしょうか、よくわかりませんがなぜかこの地に集結したのです。 終戦当時は朝鮮は一つの国で南北に分かれておりません。 現在は北朝鮮と韓国に分かれていますが、現在ここに住んでいる人達は、一体どちらに所属しているのでしょうか。 きっとここの住民は地に足がついていない生活をしているんだろうなと想像しながら、この地にカメラをもって向かいました。 場所はここです。 航空写真はこのありさまです。 この地を目指してJR川崎駅まで向い、そこからバスに乗りました。 バスの中の電光掲示板にはしっかりとハングル表示がされています。 これだけ川崎にはあっちの人が多く住んでいるということなのでしょう。 と言ってもハングル表示が必要なのはニューカマーといって戦後のどさくさに紛れて住みついた不法入国者や密航者(オールドカマー)ではなく、1980年代以降に日本にやって来た韓国人の長期滞在者です。 これから見に行こうとしている池上町のスラム街はオールドカマーの巣窟です。 オールドカマー達は日本語で生活出来ますし、そもそもハングルが理解できるかも怪しいです。 池上町というバス停にてバスを降り、そこからスマートフォンで地図を見ながら目的地に向かって歩き始めました。 バスから降りた場所はJFEの工場に面した道路で、この辺一帯は住宅地ではなく、コンビニはおろか、何もありません。 あるのはJFEのフェンスのみ。 歩いて行くとこんなベンチが出来てきました。 便利屋でいいのでしょうか。 ベンチが何かの宣伝になっていることはよくあります。 でもここまでぼろぼろになった宣伝のベンチが放置されているのは見たことがありません。 ベンチ、というか、これは2つのイスを結合させて作ったもののように見えます。 まだ池上町に着いていないのにかなり怪しげな雰囲気です。 道を歩いて行くと、猫が数匹出てきました。 きっと餌をあげている人がいるのでしょう。 そして少し進むと電柱に花束が置いてありました。 この場で何が起きたのか、察しがつきます。 よく見かける光景です。 さらに歩いて行くと公園が出てきました。 道を歩くより、その公演を横断した方が近そうなので、公園の中に入って行きました。 するとこの公園にも猫がいます。 公園を歩いて行くと猫が次から次と出てきます。 猫おばちゃんが近くに住んでいるのかもしれませんね。 公園を横断してしばし歩くと、目的の場所、朝鮮人街に到着です。 まず目に飛び込んできたのがこの光景です。 ゴミ置き場です。 川崎市のごみの収集に関しては私はよくわかりませんが、この日は土曜日なので不燃物の収集はあったとしても、このようなごみの収集はないと思います。 いきなりここに住んでいる人達の民度が分かってしまいます。 そして見えてきたスラム街。 ここが戦後朝鮮人が占拠し、現在に至っている場所です。 「無断駐車・・・」の表示を左折して、スラム街に入ることにしました。 そしてこんな看板が転がっていました。 「犬・・・ン飼・・・犬と飼う資格・・・」 ・・・の部分に何を入れれば文が完成するのでしょうか。 この看板の状態から察するに、相当前から放置されているようです。 誰も片づけないのですね。 直ぐ近くにゴミ置き場があるというのに。 これかここの住民の民度なのでしょう。 そしてちょっと歩くとまた看板が・・・。 「・・・のフン 飼・・・が責任を」 いやいや、その前に不法投棄をどうにかしろよと言いたいです。 そしてトラックの不法投棄・・・。 これって不法投棄なのでしょうか。 もしかして置いているだけ?置いているようにも見えますね。 そして猫ちゃんのお出迎え。 この場所に猫ちゃんは数匹いました。 きっと飼い猫なのでしょう。 首輪はしていませんでしたが。 この辺まで歩いて行くと、カメラを構えることさえ恐くなってきます。 カメラを構えたところを住民に見られて、突然襲い掛かってくるのではないか、という恐怖心が出てきました。 本当にこの場所は廃墟が多いです。 きっと戦後に占拠した時から一度もメンテナンスされず、そのうち放置されたのでしょう。 土地の持ち主は誰なのでしょうか。 ちゃんと固定資産税払っているのでしょうか。 さて、ここからの写真ですが、立ち止まってカメラをしっかりと構える余裕がなく、歩きながらピントも合わせずシャッターを切りまくる写真が増えてきます。 恐くて立ち止まれないのです。 あくまでも住民または住民のお客さんのふりをして普通に歩いていると見せかけて、片手に持ったカメラを、カメラの画面も見ずにシャッターを切るので、写りが悪い写真が続きます。 この場所は通路でしょうか。 それとも庭なのでしょうか。 自転車が無造作に駐輪されています。 トタンと扉(?)で隠された物置があります。 この2階の扉は何でしょうか。 どうすればこのような扉が出来るのでしょうかね。 内側から扉が開かないように細工がされていると予想しますが・・・。 下の二つ並んだ扉もとても不自然です。 二世帯住宅?中がどのようになっているのか、入ってみたい気もします。 なぜか、このスラム街には手作りの表示(看板?)や貼り紙が多いのです。 「この道は市道ではありません。 私道であり庭です。 出来るだけほかの道を回ってください。 」 もうちょっと気の効いた書き方がありそうですが・・・。 そもそも本当にこの人の所有地なのでしょうかね。 でも実際、この辺一帯は道なのか庭なのか分からない場所が多いのです。 みんな同胞だし、境界線なんであってないものなのかもしれません。 これだけ道が狭いのに植木鉢を置いたり。 ・・・。 しばし歩いて、川沿いに抜けました。 「ペットボトル 鉄カン ココに入れること」 ここは公道でしょう。 このように公道をあたかも私有地のように使ってしまうのも、彼らの特徴なのかもしれません。 これらのカラーコーンは私物ですよね・・・。 この道路の脇にある物置ですが、この場所は住民の私有地でしょうか。 ぼろぼろの家があります。 アパートなのか、一戸建てなのか、よくわかりません。 ぼろぼろですが、カーテンが入っているし、エアコンのファンも置いてあります。 人が住んでいるのかもしれません。 このぼろぼろの建物の横に比較的立派な家があって車が入っている。 本当に異様です。 その他、撮った写真をまとめてお見せします。 いやいや、これだけ狭いのに、どうしてここに家を立てたがるのでしょうか。 同胞と一緒に住んでいたいのでしょうか。 家族が道で遊んでいました。 明らかに住民です。 ここの住民は自転車が足なのでしょう。 世帯数に比べて車の数が非常に少ないです。 酷い有様ですね。 ここは道なのでしょうか。 それとも私有地? そろそろスラム街の内部は写真をとりきったので、外側から写真を取ることにしました。 「池上コインランドリー」 このコインランドリーを見つけた時、中に入ってみるべきでした。 残念ながら入らなかったのです。 心残りですね。 「焼肉定食 道飛館」 入る勇気はありませんでした。 利用者はここの住民だけでしょうね。 この地にはこのようなごみ置き場が多くあります。 回収されているのでしょうか。 建物売却価格5,130万円」 この物件欲しいですか?この地にあるこのありさまのアパート、5,130万円で。 カオスですよ。 2棟とは、これらの2棟の事でしょう。 十分写真も撮ったことだし、この辺でこの地を去ることにしました。 でも歩きながら、さらにいくつかの写真をとりました。 (写りは悪いですが・・・) これにて池上町の朝鮮人街を後にしました。 いやいや、スラム街の中を歩いている間は本当に生きている心地がしませんでした。 彼らは選挙権があるのかどうか分かりませんが(ないでしょうけれど)やたら公明党にポスターが貼られていたり(少しだけ共産党)、廃墟の横に新しい家が建っていたり、一見普通の人達が歩いていると思えば、浮浪者のような身なりの人が出てきたり、何から何までカオスです。 どうして彼らはこの地に住み続けるのでしょうか。 もっと住み心地のいい場所はいっぱいあります。 こんな場所に住むくらいなら帰国してもいいと思います。 そもそもどこの国に人でしょうか。 北?南?こんな場所に住み続けるなんて、ここの住民達は相当なひねくれ者なのでしょうね。 投稿ナビゲーション.

次の

若きラッパーたちが描く「移民社会化する日本」(現代ビジネス編集部)

川崎 ギャング

2012年夏には、埼玉で「青」と「黒」の2つの対立するカラーギャングがぶつかり合い、3月末までに大量の逮捕者を出すという事態が起きた。 カラーギャングはそれまでの不良集団とは違い、恐ろしい凶暴性を持っている。 不良文化に詳しいジャーナリストが指摘する。 「かつての暴走族や愚連隊とギャングが違うのは、組織の構造です。 一方、暴走族らは先輩・後輩の上下関係が厳しく、組織に規律や掟がある。 徒手格闘で正々堂々とケンカする」という文化があった。 しかし、「銃社会アメリカ」にルーツを持つギャングたちに、そんなヤワな話は通用しない。 「同じ色のバンダナをすることが俺たちの唯一のルール。 ケンカに勝てれば何でもいい。 金属バットや鉄パイプに、ナイフやスタンガンは当たり前。 研いだ模造刀や金属の特殊警棒、革に砂を詰めた警棒を振り回す仲間もいた。 どこから調達したのか、ウチのリーダーは抗争のときに拳銃を持って来たな」(20代後半の黒ギャングOB) また、ギャングには旧来の日本のアウトローが持っていた「弱者は狙わない。 強い相手に勝って名を上げる」という発想が薄い。 「大勢対大勢のケンカはほとんどない。 去年の抗争事件のように、大人数で取り囲んで、少人数をボコボコにすることが多い。 たとえば、敵対チームの街に行って、カラーを身につけているやつをクルマで拉致する。 ひたすら暴行を加えて、身ぐるみ剥がして放り出す。 今度は自分の街の誰かがさらわれて、ヤラれて帰ってくる。 そしたらまたやり返す」(30代の青ギャングOB) 暴力の対象は敵対するギャングだけではない。 女性や高齢者などの弱者も躊躇なく標的にすることが、ギャングの恐ろしいところだ。 「抗争のとき、自分のチームとつるんでいる女が拉致されたことがあった。 バットで殴られて、顔が丸くなって帰ってきた」(前出・黒ギャングOB) 2004年には千葉の青ギャングが女子高生を拉致してわいせつ行為を繰り返した末に惨殺するという凄惨な事件も起きている。 埼玉・桶川市をホームタウンにする青ギャングのメンバーは、高齢者をターゲットにした窃盗事件に関与していた。 ショッピングセンターで「黒」に殴られた被害者の15歳(当時)の少年は、抗争事件の捜査の過程で、63歳や80歳の女性のバッグを路上でひったくった窃盗容疑が持たれ、逮捕されていたのだ。

次の

BAD HOPのメンバー紹介!レペゼン川崎元不良グループの大躍進とは?

川崎 ギャング

野球のイレギュラーバウンドという意味です。 グラウンド状況により、予測と違った方向に弾がバウンドすることを指します。 「予測不可能なヒップホッパーになりたい!」ということですね。 T-Pablow 出典:instagram 本名 岩瀬達哉 ニックネーム T-Pablow 生年月日 1995年11月3日 学歴 川崎区 川中島中学校 同じメンバーのYZERRと双子で兄。 過去には高校生ラップ選手権にYZERRと組んだユニットで『2Win』で出場をしていて、第1回、4回優勝しています。 その後ZEBBRAのレーベルGRAND MASTERと契約してHIPHOP界を登っています。 AbemaTVの『フリースタイルダンジョン』でもモンスターを務めていて、BAD HOPの知名度をあげた第一人者といっても過言ではないメンバーです。 YZERR 出典:twitter 本名 岩瀬雄哉 ニックネーム YZERR 生年月日 1995年11月3日 学歴 川崎区川中島中学校 同じメンバーのT-Pablowと双子で弟。 過去には高校生ラップ選手権に出場していて、第5回目で優勝をしています。 特徴的なのは、全身タトゥーで包まれた姿でインパクトがあります。 怖い印象はありますが、HIPHOP専門ラジオでは意外としゃべりがおもしろいYZERRです。 BAD HOPではリーダーを務めていて、勢いのあるラッパーです。 Yellow Pato 出典:yahoo 本名 関根流星 ニックネーム Yellow Pato 生年月日 1995年 学歴 川崎区川中島中学校 T-PablowとYZERRとは幼馴染で小学校からの付き合いです。 中学3年の頃につるんでいた友達が一斉に捕まって、残ったのがYellow PatoとTiji Jojo、T-Pablowでした。 その頃にこのままじゃ、全員捕まって悪い方向にしか進まないと思ったのがきっかけでHIPHOPを始めたと言っています。 影響を受けたラッパーはAK69で、ヒップホップシーンにおいて印象に残るラッパーになりたいそうです。 Tiji Jojo 出典:Twitter 本名 吉村敦也 ニックネーム Tiji Jojo 生年月日 1996年2月12日 学歴 川崎区川中島中学校 韓国人とのハーフでTiji jojoもT-PablowとYZERRの幼馴染。 過去のMVでは、YZERRが撮影をして、Tiji Jojoが編集担当していました。 Tiji Jojoは高校1年の時に少年院に入っていて、それからでてきたらT-Pablowが高校生ラップ選手権の 第1回で優勝してて、ラップを始めたようです。 Bark 本名 日野原ゆうき ニックネーム Bark 生年月日 1995年 学歴 川崎区桜本中学校 唯一メガネをしているメンバーで、ギャング感が強いBarkですが、優しい一面も垣間見える。 BarkはHIPHOPに出会って無かったら保育士になりたいと言っていたことがあります。 メンバーたちもBarkの人となりを知っているからか、好意的に納得していました。 T-Pablowがツアー先で高熱を出したときずっと看病していたのもBarkだったそうです。 G-k. youtube. d 生年月日 1995年 学歴 川中島中学校 メンバー内で唯一ヤクザの子供として知られています。 G-k. dは、HIPHOP専門ラジオでは、『ブラックパンサー』のCMをフリースタイルで披露してくれた。 初期の頃は音楽活動が少なめのメンバーとも言われていたが、最近はスキルもあがってきているようです。 学生時代は、嘘つきで有名だったらしく「ぱちかず」とも呼ばれていた。 今では、「T-Pablow」のゴーストライターを務めるほどスキルが高い!? ちなみに、インスタに興味があってインスタに憧れているが手をだせないでいるらしい。 VINGO 出典:Twitter 本名 あべしんのすけ ニックネーム VINGO 生年月日 1995年 学歴 高卒 VINGOは初期メンバーではなく途中参加のメンバーで唯一川崎出身でもない。 ライブ会場でYZERRと仲良くなったのがきっかけで、BADHOPに加入したようです。 このメンバーの中に、途中から入れる人はかなりメンタルの持ち主のような気もします。 VINGOはプレイボーイとしても有名で外国人系が大好きらしいです。 BAD HOP おすすめの曲 強面でアウトローなBADHOPの繰り出すリリックやメロディーラインはかっこいい! 武道館ワンマンライブを大成功させたBATHOPの曲を一度聞いてみてはいかがですか? BAD HOPが一躍有名にーLIFE STYLE 出典:Twitter LIFE STYLEはBAD HOPを一躍有名にした曲と言っても過言ではないと思います。 この曲はYoutubeにあげて、すぐに話題になり再生回数1000万回数を突破していますね。 声にエフェクトをかけているのも印象的です。 BAD HOP 爽やかなMVが印象的なOcean View!! com 正直、悪くいえば陰険でクールなMVが多いBAT HOPが爽やかなラグジュアリーなイメージのMVを出しています。 それが、『Ocean View』。 曲も爽やかで夏におすすめ!.

次の