スカーレット 出演 者。 【スカーレット】出演俳優、女優 登場人物まとめ(前半)

スカーレットのキャスト相関図に出演者やゲスト一覧(朝ドラ)|ENTAMENOTE

スカーレット 出演 者

吉本新喜劇では、茂造じいさんやヤクザ役が代名詞的なキャラクター 役 となっています。 ちなみに以前にも朝ドラに出演したことがあり、第93作目「あさが来た」で、無駄なことを一切しない山崎平十郎役を演じました。 吉本新喜劇の出演者2人目:未知やすえ 未知やすえさんが出ると漂いまくる"吉本新喜劇"感。 照子を誘拐しそうになった男? をボコボコにして、「怖かった」と乙女チックに言う場面を妄想中。 — Kenzy KenzyPowell 主人公・川原喜美子 戸田恵梨香 の幼なじみ・熊谷照子 大島優子 の母親で、教育ママの和歌子を演じたのは、吉本新喜劇の座員である未知やすえさんです。 おしとやかな感じから共演者たちにイジられ、「~~や!ゴラァ!! 」と逆ギレするのが代名詞的なギャグとなっています。 ちなみに旦那さんは、吉本新喜劇の元座長で現座員である内場勝則さんです。 調べてみると、1986年下半期に放送された朝ドラ「都の風」に女中のお康という役で過去にも朝ドラに出演していました。 吉本新喜劇の出演者3人目:井上安世 よしもと新喜劇視聴なう。 井上安世ちゃんがJK姿で登場。 吉本新喜劇ではマドンナ役を演じることが多いですが、意地悪な女性など悪役的な立ち位置の役を演じることもあります。 ちなみに2019年1月にお笑いコンビ「吉田たち」のゆうへいさんと結婚しました。 スポンサーリンク スカーレットのキャストにはお笑い芸人 コンビ が多数出演! きもっちゃん! 前、朝ドラ出てたよ。 なんやったっけ? 相方の木下さんもチラッと 出演されてたな。 ここからはまとめて紹介します。 お笑い芸人1人目:村上ショージ 今度の朝ドラ「スカーレット」の村上ショージさんがすごくいい! なんかこう、涙が出てくるぐらい自然な演技なのです。 秋元康さんプロデュースの吉本興業のアイドルグループ「吉本坂46」のメンバーであることでも知られる有名なお笑い芸人ですよね。 「何を言う、早見優」などが有名なギャグです。 吉本興業所属の大御所漫才コンビ「オール阪神・巨人」のツッコミ役で有名ですよね。 今年 2019年 、学術やスポーツ、芸術分野における優れた人物に天皇から授与される「紫綬褒章」を受章したことでも有名です。 お笑い芸人3人目:渋谷天外 【渋谷天外】丸熊陶業社長と待遇面で揉めている 絵付職人 城崎組の親方・城崎剛造。 演じているのは 渋谷天外さん。 実は松竹新喜劇の三代目の代表で、3歳の頃から新喜劇の舞台に立っている大ベテランの喜劇役者です。 では萬福夫婦がラーメン研究の為に訪れた屋台の店主でした。 — ひぞっこ musicapiccolino 喜美子の師匠である深野心仙 イッセー尾形 が「丸熊陶業」で絵付け師をする前に絵付け師をやっていた人物で、社長の丸熊秀男 阪田マサノブ と揉めていました。 その城崎剛造役を演じたのは、「松竹新喜劇」で代表を務める渋谷天外 三代目 さんです。 代々喜劇俳優をしている家系で、父親は「松竹新喜劇」を創立した二代目 渋谷天外さんです。 これまでも朝ドラに出演しており、1986年下半期の「都の風」で忠七役、1989年下半期の「和っこの金メダル」、2018年下半期の「まんぷく」では屋台の店主・熊倉源三郎役で出演しています。 お笑い芸人4人目:芦屋雁三郎 あしやがんさぶろう で芦屋雁三郎という見慣れない名前があって、古い役者さんかと思ったら雁之助さんの息子さん。 天外さん、こういう名前の敬称にも気配りしてて、まさに座長という風格。 元々は「塩の屋きくお」という名前で、「新生松竹新喜劇」の旗揚げ当初に入団した喜劇俳優のひとりです。 先に紹介した渋谷天外さんの後押しで、2018年9月に父の芸名であった「芦屋」の名を継ぎ、「芦屋雁三郎」に改名しました。 お父様は、「裸の大将」で有名な芦屋雁之助 あしやがんのすけ さんです。 お笑い芸人5人目:前田絵美 ケータリングコーナーが充実してるのは最初からやけど、その勢いが止まらな過ぎて怖い。 幸せやけど誘惑に負けて体型を維持できるか不安。 喜美子が幼少期に通っていた「信楽小学校」の教師で、喜美子の担任の先生だった望月先生を演じたのは、喜劇女優の前田絵美さんです。 「松竹新喜劇」では、元気いっぱいの女性で、顔に面白いメイクなどをして舞台に立っています。 2006年下半期に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」にも出演しました。 三林京子さんはお笑い芸人という訳ではありませんが、落語家「三代目 桂すずめ」としても活動しています。 これまで数多くの朝ドラに出演しており、1996年下半期の「ふたりっ子」で米原桂子役、2011年下半期の「カーネーション」では、オハラ洋装店を訪れる清川澄子役など、多数に出演しています。 お笑い芸人7人目:木本武宏 TKO 【スカーレット】木本武宏、すっとぼけたキャラ「やりすぎ注意」(写真 全4枚) — ORICON NEWS(オリコンニュース) oricon 喜美子が大阪に出て働いた「荒木荘」の住人で、映画俳優を目指して活動している謎の多い人物という役をTKOの木本武宏さんが演じました。 松竹芸能所属のお笑いコンビ「TKO」のツッコミ役で、Googleのストリートビュー「世田谷区砧3-5-3」に写り込んでいたことをブログで公表したことでも有名なお笑い芸人です。 2013年下半期に放送された朝ドラ「ごちそうさん」に建築課長・藤井耕作役で出演しました。 お笑い芸人8人目:田中章 プリンプリン 坂田利夫師匠の息子さんかと思ったら芸人さんだったし坂田師匠結婚してなかった — 雅 masssssa82 喜美子が働くことになった「丸熊陶業」で、番頭を務める加山役をプリンプリンの田中章さんが演じています。 うな加藤さんとコンビを組んでいる三木プロダクション所属の芸人で、「プリンプリン」ではボケを担当。 過去には、2017年に放送された大河ドラマ「おんな城主 直虎」に山伏役で出演しています。 お笑い芸人9人目:石田明 NON STYLE あれ???石田さん??? スカーレットに出演します NON STYLE 石田明オフィシャルブログ Powered by Ameba — ウ!!! どんちゃん Dondonuriuri 信楽の実家に戻った喜美子に父親の常治 北村一輝 が勝手に話しを持ってきたお見合い相手という役をNON STYLE ノンスタイル の石田明さんが演じました。 井上裕介さんとコンビを組んでいる芸人で、主にボケを担当。 過去には、所属している吉本興業の「吉本男前ランキング」で3位を獲得したこともあります。 元お笑い芸人1人目:阪田マサノブ 阪田さん!!!! 阪田マサノブさんだよ!!!!!! え!? — みゆ 絶滅危惧種のホッカイロ bugiardomm 喜美子の幼なじみで親友の照子の父親で、喜美子が働くことになった「丸熊陶業」の社長でもある秀男役を演じるのは、阪田マサノブさんです。 実は阪田マサノブさんは、1988年から俳優活動を開始する2000年代前半頃 ? まで、お笑いコンビを結成して活動していました。 1988年から1992年まで「Z-BEAM ズ・ビーム 」、1993年から1995年頃 ? まで「PART TIMEガンジー」、1996年からは「GO・JO」というコンビで活動していましたが、現在は解散しているようです。 元お笑い芸人2人目:イッセー尾形 \新キャラクター紹介/ さんが演じるのは、東京市長(現在の東京都知事)。 関東大震災の復興事業に生涯を通じて尽力したことから「復興市長」と呼ばれました。 1人で劇をする「一人芝居」の第一人者で、アメリカやヨーロッパなど国外でも巡業を行い、活躍しています。 喜美子の師匠・深野の一番弟子で、「深野組」が解散後に京都で絵付け教室を開く池ノ内富三郎役を演じるのが、夙川アトムさんです。 2017年には、2016年下半期の朝ドラ「べっぴんさん」のスピンオフ作品「恋する百貨店」に出演しました。 NHK大阪放送局が制作している朝ドラだけあって、たくさんの吉本興業所属の芸人や松竹芸能所属の芸人たちがキャスティングされていますね。 恐らくこの先のストーリーでもたくさんの芸人たちが登場すると思うので、どんな芸人が出演するのかすごく楽しみです。

次の

朝ドラ『スカーレット』のキャスト相関図!原作や出演者、登場人物まとめ

スカーレット 出演 者

朝ドラ『スカーレット』のキャスト相関図は?原作や出演者、登場人物情報も教えて欲しい! NHK連続テレビ小説101作目にあたる 『スカーレット』 陶芸の世界に魅了された川原美喜子を演じる大女優戸田恵梨香を主演ヒロインにむかえ豪華キャストでおくるヒューマンドラマ! 記念すべき101作目はどのようなストーリー、ドラマ展開になるのか。 気になる内容もさることながら出演者、登場人物も気になる情報です。 このブログでは スカーレットのキャスト相関図が気になる方に スカーレット出演者と役柄、ドラマの見どころなどについて調べていきたいと思います! スカーレットのあらすじネタバレ情報もご紹介していきますので、、ぜひブログを読み進めていただけたら幸いです。 スカーレット 放送時間と原作 先程発表がありましたが、この度NHK 2019年度後期 連続テレビ小説「スカーレット」に出演することになりました。 久々の連ドラ、しかも朝ドラと言うことで既に緊張しておりますが、西川貴教の挑戦は続きます。 作品ともども引き続き応援のほど何卒よろしくお願い申し上げます。 — 西川貴教 TMR15 まず初めに スカーレットの放送時間についてです。 放送:NHK 期間:2019年9月30日 — 2020年3月28日 時間:8時00分 — 8時15分 NHK大阪放送局が製作を担当し、2019年度後期放送として流れるスカーレット。 そんな スカーレットの原作についてですが、原作は存在せず、戸田恵梨香さん演じる女性陶芸家「川原喜美子」は実在モデルの「神山清子」さんの半生を参考に制作されています。 スカーレット キャスト相関図 それでは早速 スカーレットのキャスト相関図についてご紹介していきます。 — りほ@戸田恵梨香? — Erika Toda Staff erikatodastaff スカーレットの主演ヒロインで川原家の長女川原喜美子を演じるのが「 戸田恵梨香」さん! 大阪生まれで9歳の時に滋賀県の陶芸の街「信楽」へ移り住む。 幼少期の頃から陶芸に触れ、陶芸の世界に魅了され、当時は男性ばかりの世界だった陶芸の「女性陶芸家」の草分け的存在へと成長していく。 同業の男性と結婚、2児の母となっても弟子を持ち育てていく姿は共感、働く女性に勇気を与える存在に。 情熱にあふれ、愛にあふれたパワフルな女性を描く珠玉のヒューマンドラマ。 先日行われた茨城県つくば市でのイベントの模様が放送されます?? 歌もダンスもとても頑張りました! 放送を是非ご覧ください?? 家の手伝いを熱心に頑張る姿や好奇心旺盛な性格は共感を呼ぶこと間違いなし。 川原常治/北村一輝 喜美子の父川原常治を演じるがの「 北村一輝」さん! 大阪府大阪市出身の北村一輝さん。 これまでに数多くの映像作品に出演し、刑事役や時代劇、コメディにも挑戦し、俳優としての演技の幅は非常に広いベテラン俳優の一人。 そんな北村一輝さんは今回の朝ドラ「スカーレット」が朝ドラ初出演!ヒロインの父親役で破天荒で亭主関白な一面を持つも、娘に対する愛情は人一倍強い良き父親。 喜美子の情熱あふれるパワフルかつ明るさは父親譲りの性格なのかもしれない。 川原マツ/富田靖子 喜美子の母親川原マツを演じるのが「 富田靖子」さん! 福岡県糟屋郡志免町出身の富田靖子さん。 NHK作品にも主演を務めた経験があり、大河ドラマにも時代劇に挑戦。 ドラマだけでなく、映画や舞台など現在も50歳という年齢ながら現役で数多くの作品に出演するベテラン女優の一人。 そんな富田靖子さんはヒロインの喜美子の母親役を朝ドラスカーレットでは演じる。 おっとりとした性格でいつもニコニコ笑顔を振りまき、亭主関白な川原常治とは相性が良さそうなのが伝わってきます。 川原直子/桜庭ななみ 本日、三田警察署交通安全キャンペーンで、三田警察署一日署長を務めさせて頂きました?? NHK大河ドラマ「西郷どん」や人気NHKドラマにも出演経験のある女優。 若干20代ながらすでに存在感、表現の幅はベテラン女優の域に達し、今後の活躍にも注目が集まります。 そんな桜庭ななみさんが演じる次女川原直子は、喜美子と違い家事が苦手。 自由奔放でわがままな性格。 川原百合子/福田麻由子 ままゆと美味しいホットドッグを食べた日?? マネージャーより — 福田麻由子 fukudama1994 川原家の三女川原百合子を演じるのが「 福田麻由子」さん! 東京都出身の福田麻由子さん。 「まゆゆ」の愛称で親しまれ、若干24歳ながら「白夜行」や「女王の教室」など多くの話題作に出演。 映画デビュー作は「下妻物語」。 大河ドラマにも出演した経験があり、幅広い役をこなす演技の評価も高い今後の活躍が気になる女優さん。 そんな福田麻由子さん演じる三女の川原百合子は、優しくて穏やかな性格で母親の性格を色濃く受け継ぐ女の子。 次女の直子とは対照的な性格にあたる。 草間宗一郎/佐藤隆太 川原家の居候で謎の人物草間宗一郎を演じるのが「 佐藤隆太」さん! 東京都目黒区出身の佐藤隆太さん。 ヒット作「ROOKIES」のドラマ、映画に出演し、その他数えきれない映像作品に出演してきた人気の俳優。 そんな佐藤隆太さんはスカーレットでは謎の旅人を演じ、川原家に居候。 喜美子とはどんな関係で、どんな影響を与えるのか。 ドラマの展開のキーマンと言っても過言ではない。 今や人工知能という言葉が溢れてる世の中。 それは一体なんなのか、いっしょに考えて、知れるサポートを私がいろんな方にインタビューしてきました。 5月5日 19:00放送です?? シングル曲ではセンターを務めた経験もあり、アイドル卒業後は女優に転身。 これまでにも映画やドラマ、舞台など幅広い役を演じる女優へと成長。 また、バラエティー番組にも出演する機会が多く、その天真爛漫な性格からファンになる人が多い。 そんな大島優子さん演じる熊谷照子は、喜美子の幼馴染で信楽の窯元「丸熊陶業」のお嬢様。 プライドが高く、負けず嫌い。 喜美子とはどんな仲になるのか、見どころも一つでもある。 大野信作/林 遣都 照子同様に喜美子の幼馴染大野信作を演じるのが「 林 遣都」さん! 滋賀県大津市出身の林 遣都さん 現在放送中のNHK人気ドラマ「いだてん」にも出演し、映画出演も多い注目の俳優。 その甘いマスクにルックスの良さから女性ファンが多いイケメン俳優。 大ヒットドラマ「おっさんずラブ」が映画化決定するなどますます林 遣都さんの名前は全国にわたることになる。 そんな林 遣都さんが演じる喜美子の幼馴染大野信作は、信楽にある大野雑貨店の一人息子。 喜美子とは性格が正反対で気が弱く、引っ込み思案な性分。 しかし、大人になって喜美子との関係にも注目。 スカーレット あらすじネタバレ情報 キャスト相関図が分かったところで スカーレットのあらすじネタバレ情報もご紹介していきます。 舞台は戦後間もない大阪。 父常治の借金が原因で大阪の家を離れ、ツテを頼りに滋賀県信楽へと移り住む。 そこで、喜美子は陶芸の世界に出会う。 一度は就職で大阪に戻るもその後信楽へ戻り陶芸「信楽焼」に魅了され陶芸の世界へ飛び込むことに。 しかし、当時はまだ男性がやっている芸術で目立つ女性はおらず、喜美子が陶芸の「女性陶芸家」の草分け的な存在になる。 その後、同業の青年陶芸家に恋に落ち、夫婦になって子供に恵まれるも離婚。 しかし、陶芸に対する情熱や子供への愛情は子供の頃からの父、母の血を色濃く受け継いだため、芯の通った力強い女性として成長し続けるヒューマンドラマ。 家族の支え、絆、そして周りの登場人物との関りから一人の女性の生き様が描かれた共感必須の珠玉のドラマ。 スカーレットの全あらすじネタバレ情報は以下ブログ記事でまとめていますので、気になる方、見逃した方はぜひご覧ください! スカーレットキャスト相関図まとめ スカーレットのキャスト相関図に関する情報をまとめてきました。 朝ドラ100作目のなつぞらの後に放送される101作目「スカーレット」 大人気女優戸田恵梨香さんをむかえて豪華キャスト、出演者でおくる珠玉のヒューマンドラマ。 どんなドラマになるのか、そして喜美子の陶芸と波乱万丈な人生はどのように描かれるのか。 放送前からすでに話題騒然の注目のドラマについて、新しい情報が入り次第更新していきます! また、キャスト相関図や登場人物についても新しい出演者が決まり次第、情報を更新していきます。 朝ドラ「スカーレット」のキャスト相関図が気になる方は、ぜひチェックしてみてください!.

次の

「スカーレット」八郎役に大反響!松下洸平とは?

スカーレット 出演 者

朝ドラ『スカーレット』キャスト一覧!追加出演者や子役は? 朝ドラ「スカーレット」の登場人物のご紹介です。 追加キャストの情報が公開され次第、追記していきたいと思います。 ヒロイン 川原喜美子:戸田恵梨香 【信楽焼きの女性陶芸家】 昭和12年大阪生まれの三人姉妹の 長女。 9歳の頃に大阪から滋賀県・信楽に移住し、貧しい川原家を支えるしっかり者。 幼少の頃から信楽焼きに触れ、成長と共に 男性ばかりの陶芸界で、女流陶芸家の第一人者として歩みはじめる。 そして同じ陶芸家の男性と結婚し、独自の信楽焼きを確立しようと奮闘する。 また 二人の子供をそだてるも、最愛の息子とは別離に・・・。 多くの弟子にも愛情をかけ陶芸への道をまい進していく。 細かいことにはこだわらず、お人好しな性格で、絵と柔道が得意。 喜美子の家族 喜美子の父 川原常治:北村一樹 【明るく楽天的な喜美子の父】 大阪出身で、戦争などで家族は亡くなり小学校を卒業後は、丁稚奉公にでる。 亭主関白で、しつけも厳しいが、三人の娘を可愛がっている。 様々な商売に手を出すが、見栄っ張りで酒をおごったり、困った人をほっとけないためお金が溜まらない。 借金から逃げるため、信楽に引っ越し火鉢の運搬の仕事を始める。 性格は明るく、楽天家。 【北村一輝さんプロフィール】 1969年大阪府生まれ。 映画『皆月』『日本黒社会 LEY LINES』、大河ドラマ『北条時宗』『天地人』などに出演。 悪役からコミカルな役までこなす実力派俳優。 喜美子の母 川原マツ:富田靖子 【おっとりした喜美子の母】 大阪の 大地主のお嬢様だったが、商売で出入りしていた常治と知り合い、駆け落ちをして結婚。 おっとりし、粘り強い性格で、夫のやることに文句ひとつ言わずについてきた。 体が弱く、しっかりものの喜美子を頼りにしている。 裁縫の腕が良く、学問もできる。 【富田靖子さんプロフィール】 1969年に神奈川県に生まれる。 大河ドラマ『毛利元就』、朝ドラ『あさが来た』、近年では『逃げるは恥だが役に立つ』、『白衣の戦士! 』に出演。 映画、ドラマを支える名脇役女優として地位を確立しつつある。 喜美子の妹(次女) 川原直子:桜庭ななみ 【自由奔放な喜美子の上の妹】 3歳の時に空襲で一人になったことがトラウマになっている。 わがままで自由奔放な性格で、家の手伝いを嫌い、信楽を飛び出してしまうが、ことあるごとに戻り喜美子にトラブルを持ち込んでくる。 喜美子に比べ、自分は損をしていると思いこんでいる。 【桜庭ななみさんプロフィール】 1992年、鹿児島出身。 ミスマガジン2008グランプリ受賞。 NHK大河ドラマ『西郷どん』、映画『進撃の巨人』に出演し、劇場アニメ『サマーウォーズ』で声優として準主演をつとめている。 川原家の居候 草間宗一郎:佐藤隆太 【謎の旅人】 常治が信楽に連れてきて川原家に居候していた男。 東京出身で大阪の大学を出て、満州に渡り引き上げてきた。 心に傷を負い、空襲で別れた妻・聡子をいまも探し続けている。 喜美子に優しく、温かく接してくれ、子供たちに柔道を教えてくれる。 信楽を去ったあとも、喜美子の人生にかかわっていくキーマン。 【佐藤隆太さんプロフィール】 1980年東京都生まれ。 ドラマ『ROOKIES』、『コンフィデンスマンJP 』、『ミストレス〜女たちの秘密〜』、など人気作に次々に出演。 近年では映画『今日も嫌がらせ弁当』、『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』などにも参加。 信楽の人々 喜美子の幼なじみ 熊谷照子:大島優子 【勝気な喜美子の幼なじみ】 信楽で一番大きな窯元「丸熊陶業」のお嬢様であり、喜美子の同級生。 プライドが高く、ちやほやされるが友達は少ない。 喜美子とは仲が良いような悪いような不思議な関係。 兄が戦死しているため、 婿をとり家業を継ぐことがきまっている。 【大島優子さんプロフィール】 1988年栃木県に生まれる。 アイドルグループAKB48で絶大な人気を誇り、卒業後は映画『紙の月』、ドラマ『東京タラレバ娘』など人気作に出演。 アメリカにも語学留学を果たし、今後さらに活躍が期待されている女優の一人。 丸熊陶業社長 熊谷秀男:阪田マサノブ 【照子の父】 信楽の町でいちばん大きな窯元「丸熊陶業」の社長。 照子には婿養子をとり、次期社長になってもらいたいと願っている。 【阪田マサノブプロフィール】 1965年3月13日大阪府生まれ。 元タイタン所属のお笑い芸人(Z-BEAM)。 『あなたの番です(2019)』早苗の夫役、大河ドラマ『おんな城主 直虎』菅沼忠久役で知られる。 朝ドラ出演は、本作で3度目となります。 照子の母 熊谷和歌子:未知やすえ 【照子の母】 丸熊陶業の社長を夫を持つ、照子の母親。 【未知やすえさんプロフィール】 吉本新喜劇の座員で、吉本興行所属のお笑いタレント。 『都の風』、『ウェルかめ』など朝ドラ出演は、今回で3回目。 番頭 加山:田中章 【丸熊陶業の番頭】 熊谷秀男社長の右腕として丸熊陶業で働く。 秀男に従順で、頭の薄い男。 【田中章プロフィール】 お笑いコンビのプリンプリンの一人。 かつてボキャブラ天国で一世を風靡した。 丸熊陶業の食堂勤務 八重子:宮川サキ 【丸熊陶業の食堂のおばちゃん】 丸熊陶業の食堂に勤務する女性。 噂好きだが、明るく喜美子のことをなにかと気にかけてくれる。 【宮川サキプロフィール】 1969年11月1日生まれの兵庫県尼崎市出身の女優。 朝ドラには、これまで「わろてんか」「ごちそうさん」「カーネーション」「ウェルかめ」など数多くに出演。 短編オムニバスの一人芝居『宮川サキのキャラクター大図鑑』にはファンも多い。 喜美子の幼なじみ 大野信作:林遣都 【大野雑貨店の息子で喜美子の同級生】 川原家の住まいを信作の両親が世話をしたことで知り合った大野雑貨店の息子。 喜美子の同級生であり、性格は 引っ込み思案で気が弱い。 信楽町の役場で働いている。 喜美子が大阪から信楽に戻ってくると、思わぬ変貌をとげていた・・・。 【林遣都さんプロフィール】 1990年滋賀県出身。 映画『バッテリー』で主演として俳優デビュー。 朝ドラは『べっぴんさん』いらい二度目の出演。 喜美子の幼なじみ(幼少期) 大野信作:中村謙心 【中村謙心プロフィール】 2007年10月21日生まれ、兵庫県出身。 アミューズ所属。 信作の母 大野陽子:財前直美 【大らかな性格の信作の母】 信楽の商店街にある大野雑貨店をきりもりしている、信作の母親。 祖母の住まいを川原家に貸してあげたり、世話好きな一面も。 マツの良き相談相手で、喜美子たち姉妹も何かと気にかけてくれる存在。 息子の信作の器量が良いのが自慢で、将来を期待している。 【財前直美プロフィール】 1966年大分県生まれ。 ドラマ『お金がない! 』、『お水の花道』などのヒット作品やNHK大河ドラマに多く出演し、近年ではWOWWOWドラマ『対岸の彼女』、映画『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』に出演。 常治に戦時中に助けられた恩から、信楽の生活を世話する。 常治の良き友人であり、飲み仲間。 【マギーさんプロフィール】 1972年兵庫県出身。 映画『ALWAYS 続・三丁目の夕日』、『探偵はBARにいる』ドラマ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜 』、『家康、江戸を建てる』など出演多数。 朝ドラは初出演。 信作に好意をよせる女性 田畑よし子:辻本みず希 【信作にアタックする女性】 「お見合い大作戦」で信作のことを気に入り、つきまとっている。 【辻本みず希プロフィール】 2002年放送のドラマ「ピュア・ラブ」に13歳で出演するなど子役時代から活動。 朝ドラは、「カーネーション」ドアガール役、NHK連続テレビ小説「純と愛」、新婦役大河ドラマでは「おんな城主 直虎」ヒサ役などに出演。 主に舞台で活躍している。 慶乃川善:村上ショージ 【丸熊陶業の陶工】 照子の家が営む丸熊陶業で、働く陶工。 喜美子に信楽焼について、初めて教えた人物。 【村上ショージさんプロフィール】 愛媛県今治市出身。 吉本興業のお笑い芸人。 黒岩富子:飯島順子 【喜美子の近所の住人】 喜美子の家の近くに住む住人。 【飯島順子さんプロフィール】 朝ドラ「あすか」、「カーネーション」、「純と愛」、「マッサン」など多数に出演する名脇役。 黒岩次郎:溝上空良 【近所のガキ大将】 喜美子の同級生。 喜美子が信楽に来て早々に喧嘩をし、ボコボコにやられてしまう。 【溝上空良プロフィール】 ジョビィキッズ所属の12歳。 「火曜ドラマ きみが心に棲みついた」(TBS)星名漣幼少役、映画「ちょっと今から仕事やめてくる」などに出演。 若い陶工 十代田八郎:松下洸平 【謎めいた若い陶工】 喜美子と同じ丸熊陶芸に勤める新入社員。 大阪出身の美術大学を出て、丸熊陶業の商品開発室に採用された。 真面目でミステリアスな雰囲気を持つ青年で、喜美子に大きな影響力を持つ。 釉薬の先生 掛井武蔵丸:尾上寛之 【信楽窯業研究所の武志の先生】 武志の大学の釉薬の先生だったが、信楽窯業研究所に講師としてうつってきた。 武志は、師と仰いでいる。 【尾上寛之プロフィール】 1985年生まれ、大阪府茨木市出身。 『ぴあの(1994)』で子役デビューし、その後「カーネーション」「ひよっこ」など朝ドラ7作に出演。 事務員 石井真奈:松田るか 【信楽窯業研究所の事務員】 信楽窯業研究所の事務員で明るく、ひょうきんな一面を持つ女性。 武志と互いに惹かれあっていく・・・。 【松田るかプロフィール】 1995年生まれ(現在24歳)、沖縄県出身。 「仮面ライダーエグゼイド」のポッピーピポパポ役、「賭(か)ケグルイ」シリーズの皇伊月役で知られる女優。 芸能界に入っての目標は朝ドラに出演することだったが、「スカーレット」の真奈役で叶った。 照子の息子 熊谷竜也:福崎那由他 【照子の息子】 武志と同じ信楽窯業研究所に通う照子の息子。 金髪姿で両親らに反抗している。 【福崎那由他プロフィール】 2001年生まれ、茨城県出身。 幼い頃からキッズモデル・子役として活動し、ドラマ「遺留捜査」で俳優デビュー。 ドラマ「チート〜詐欺師の皆さん、ご注意ください(2019)」、映画「もういちど(2014)」などに出演。 喜美子の弟子 松永三津:黒島結菜 【喜美子の弟子】 喜美子が結婚した後にかまえた「かわはら工房」に弟子入りした若い陶工。 別れた、陶芸家の元カレのことが忘れられない・・・。 芸術家一家で生まれ育ち、東京の美大を卒業し、全国の焼き物を見てきた。 性格は物おじせずハッキリした性格で、川原家に波乱を巻き起こす。 【黒島結菜プロフィール】 1997年3月15日生まれ沖縄県出身。 『マッサン』で朝ドラに初出演、NHKドラマ『アシガール』速川唯役で主演を好演。 喜美子の担任 寺岡先生:湯浅崇 【喜美子の担任】 中3時の喜美子の担任で、百合子も受け持っている。 喜美子や百合子の進学を進めるために、川原家を訪れるが父・常治に反対されてしまう。 【湯浅崇プロフィール】 1998年より関西小劇場で役者を始める。 朝ドラでは、カーネーション』、 『ごちそうさん』、『あさが来た』、『わろてんか』など多数出演。 信楽の絵付師 深野心仙:イッセー尾形 【喜美子の師匠】 喜美子の師匠で、丸熊陶業の社長・秀男に招かれ信楽焼きの絵付師になった元・日本画家。 ユーモアあふれる人物で、弟子の名前もろくに覚えない適当な性格で喜美子をとまどわせる。 しかし心の内に、強い創作意欲を秘めている人物。 【イッセー尾形プロフィール】 1952年福岡県出身。 日本での一人芝居の第一人者であり絶大な支持を得ている名優。 朝ドラ『つばさ』、『まんぷく』などに出演し本作が4回目の出演。 大河ドラマ『いだてん』、NHKスペシャル『 詐欺の子』などNHKとの作品にも多数出演している。 美術学校首席で卒業後、深川のもとで住み込み&無給で働き、1年ほどで一人前の絵付け職人となる。 修行中はよく泣いていたらしい。 【夙川アトムプロフィール】 兵庫県出身の俳優で、R-1グランプリに出場し2009年大会で2位になるなど元芸人でもあった。 『べっぴんさん(2017) 』小山小太郎役、『4分間のマリーゴールド(2019)』岡部医師などに出演。 歌唱力があり、「お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル」では決勝まで勝ち進んだ。 磯貝忠彦(2番さん):三谷昌登 【深野心仙の2番弟子】 陶工として働きながら深野のもとで寝る間も惜しんで3年修行し、絵付師になった。 体型はぽっちゃりしており、優しい性格 【三谷昌登プロフィール】 京都府出身の俳優・脚本家。 NHK大河『篤姫(2008)』、『西郷どん(2018)』勅使・柳原前光役、NHK時代劇『ちかえもん(2016)』銀介役、朝ドラ『ごちそうさん(2013)』ガス屋・吉村役、『とと姉ちゃん(2016)』出版社社員・扇田役など多数出演。 気が強い直子には頭が上がらないが、お調子者で明るく憎めない青年。 【正門良規(まさかどよしのり)プロフィール】 Aぇ!group(関西ジャニーズ)メンバー。 大阪府出身で舞台『少年たち』などの出演をきっかけに高校卒業後、ジャニーズに入所。 ドラマ出演は『恋の病と野郎組(2019)』以降2作目で、朝ドラは初出演(12月下旬より出演)。 大阪での出会い 新聞記者 庵堂ちゃ子:水野美紀 【大阪での喜美子の新聞記者の友人】 大阪の下宿先で知り合った女性新聞記者。 大ざっぱで、身なりに執着しないが、仕事には一生懸命に取り組む。 喜美子の友人で、女性が社会進出することについて喜美子に影響を与えていく。 自身もあらたな道へと進んでいく・・・。 【水野美紀プロフィール】 1974年に香川県高松市に生まれる。 『踊る大捜査線』シリーズに柏木雪乃役で知名度が上がり、近年では、映画『恋の罪』、ドラマ『奪い愛、冬』、『ミストレス』など幅広い役をこなしている。 医学生 酒田圭介:溝端淳平 【まじめな医学生】 喜美子が働く下宿屋に住む医学生。 育ちが良く、真面目で、一生懸命働く喜美子にも優しく接する。 おかしな下宿屋に住む人の中では、唯一まともな人物 笑。 「第19回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリ受賞。 映画『赤い糸』、『君が踊る、夏』、ドラマ『仮面同窓会』など出演作多数。 また蜷川幸雄演出の舞台『ヴェローナの二紳士』に主演したときには、初めて女性役を務める。 圭介が恋をする 泉田あき子:佐津川愛美 【大手企業の令嬢】 泉田工業の会長・泉田庄一郎の娘。 父の代わりに犬のゴンを散歩させているところ、喜美子からフンの処理について注意するように頼まれた酒田圭介が一目ぼれしてしまう。 【佐津川愛美さんプロフィール】 14歳の頃にスカウトされホリプロに所属の現在31歳。 「あさが来る」、「家売るオンナの逆襲」、「コンフィデンスマンJP」、など人気ドラマに出演。 NHK「赤ひげ2」、「おっさんずラブ~in the sky~」にも出演を控えている、今注目の女優。 あき子の母 泉田庄一郎:芦屋雁三郎 【あき子の父】 泉田工業の会長。 一人娘のあき子を可愛がっている。 【芦屋雁三郎プロフィール】 ドラマ「裸の大将」であなじみの芦屋 雁之助の三男。 松竹新喜劇に13年間所属し、その後個人事務所を設立。 松竹新喜劇時代の師匠、渋谷天外の勧めで、塩の屋きくおから、芦屋雁三郎に改名。 現在は一人芝居などで活躍中。 謎の下宿人 田中雄太郎:木本武宏(TKO) 【喜美子の癒しの下宿人】 喜美子が働く下宿に住む引きこもりがちな男性。 家賃を滞納している。 もともとは市役所につとめていた。 つかみどころのない性格だが、じつは映画俳優に憧れており端役から挑戦している。 【木本武宏さん(TKO)プロフィール】 1971年大阪府生まれのお笑い芸人。 朝ドラは『ごちそうさん』以来、二度目の出演となる。 女性下着デザイナー 荒木さだ:羽野晶紀 【進歩的な下着デザイナー】 喜美子が働く下宿「荒木荘」の女主人であり、親戚。 戦後の女性ファッションに目をつけ、女性下着のデザインを始める。 進歩的でお嬢様育ちの一面もある女性。 【羽野晶紀さんプロフィール】 1968年京都府出身。 夫は、狂言師和泉元彌さん。 ドラマ『元禄繚乱』、『科捜研の女』、などに出演。 朝ドラは『京、ふたり』以来、二度目の抜擢。 元「荒木荘」の女将 大久保のぶ子:三林京子 【女中業のスペシャリスト】 元「荒木荘」の女中で、喜美子の母さ・だの実家の女中として働いてきた。 今は近所に住んで、たまに手伝いにくる。 喜美子の若さに最初は反対するが、その頑張りを認め女中としてのノウハウを教えていく。 おちゃめな一面ももつ。 【三林京子さんプロフィール】 1951年大阪府出身で、文楽の人間国宝の家に生まれる。 NHKの大河ドラマ『元禄太平記』でテレビデビューし、その後はNHK朝ドラに昭和、平成、令和にまたぎ7作も出演している。 時に厳しく、時に優しくヒロインを見守る役を演じてきました。 その他に、一門初の女性落語家となり、三代目桂 すずめを名乗る。 世界的な芸術家 ジョージ富士川:西川貴教 【世界的な芸術家】 フランスの美術学校に留学経験もある芸術家。 こてこての大阪弁を話し、「自由は不自由やで!」が口ぐせ。 信楽で喜美子と再会し、新しい風を吹き込む。 【西川貴教さんプロフィール】 1970年滋賀県生まれのミュージシャンでT. Revolutionとして知られる。 俳優経験は少ないものの『NHK紅白歌合戦』に7回出場、『おかあさんといっしょ』のスキッパーの声や、『天才てれびくんYOU』などNHKへの出演は多い。 ちや子の上司 平田昭三:辻本茂雄 【デイリー大阪編集長】 荒木荘の住人ちや子のが勤務する夕刊専門「デイリー」大阪の編集長。 ちや子の信頼する上司で、喜美子の働きぶりが気に入り引き抜こうとする。 【辻本茂雄さんプロフィール】 吉本興業大阪本社所属のお笑い芸人。 NHK朝ドラ「あさが来た」山崎平十郎役に出演。 さえずりマスター:オール阪神 【歌える喫茶さえずりのマスター】 荒木荘の下宿の近くにある喫茶店「さえずり」のマスター。 歌声喫茶とは違い、店内のステージで誰でも歌える楽しいお店を営む。 寡黙に働きながら、お客様をよく観察している。 【オール阪神さんのプロフィール】 吉本興業大阪本社所属の大阪府出身62歳のお笑い芸人。 NHK「ごちそうさん」、「マッサン」、「ちかえもん」などに出演。 ドラマの語りは、今回、初挑戦。

次の