れいわ天皇 誕生日。 新天皇陛下の誕生日と御年齢、2020年の天皇誕生日祝日変更、お名前について

天皇誕生日|日本大百科全書(ニッポニカ)|小学館

れいわ天皇 誕生日

明治天皇は「文化の日」(11月3日)、昭和天皇は「昭和の日」(4月29日)と、それぞれ祝日になっているが、上皇さまの誕生日である12月23日については平日のままだ。 なぜなのか。 (2017年12月21日)の取材に政府関係者がこう証言している。 「上皇の誕生日を祝日にすれば権威付けになりかねない。 上皇に感謝する民間行事が開かれる可能性もある。 少なくとも上皇在位中の祝日化は避けるべきではないか」 なお、大正天皇の誕生日である8月31日は平日。 戦前には命日の12月25日が休日だったが、1948年以降は平日になった。 今年の祝日は計17日 天皇誕生日のない2019年の祝日は例年より少なくなるわけではない。 即位の5月1日や、即位礼正殿の儀の開かれる10月22日が休日になる。 このため祝日はむしろ、2018年の16日よりも多い17日となる。 なお、2020年2月23日は日曜日のため、24日が振替休日の三連休となる。

次の

皇太子の誕生日と御年齢は?天皇誕生日の変更と即位後の秋篠宮様の呼称は?

れいわ天皇 誕生日

スポンサーリンク 皇太子様の身長が156㎝で低すぎる? 皇太子さまの年齢や身長を調べてみますと、 ご年齢は 2017年時点で57歳でいらっしゃいました。 身長についてですが、 皇太子さまは163㎝くらいだそうです。 ただ、そのなかで 身長156㎝で低すぎる!との噂もありますが、これは秘密の靴のことをさしているようです。 靴の下敷きみたいなものとしてインソールをはいて身長が高いようにみせるものなんです。 その話が発端で、実は身長が低いのでは!とささやかれましたが、公表されているのは163㎝になります。 雅子様とよく並んで歩いていらっしゃるのを見ていると、皇太子様ってかなり低い感じがしますよね。 これは雅子様のすらっとしたスタイルも関係していると思います。 また、 雅子様の身長ですが、164㎝だそうなのですが…基本的に雅子様はヒールをはいていらっしゃるため、皇太子様よりぐっと身長が高いように感じてしまうんですよね。 ただ、雅子様もできるだけ高い帽子をかぶったりはしないようにと皇太子様とへの気配りもされているとか…。 週刊新潮によると、 皇太子殿下は背が低いので、背が高い雅子様は自分を小さくみせようと首をすくめ前屈みになっていることが多いようで、この姿勢は首に負担。 しかし、ここで気になるのは、この身長の情報は皇太子さまが17歳の誕生日時点での163㎝という情報。 体重は53㎏なんだそうです。 現在皇太子様の年齢が50代にはいったこにより、人間の摂理上、人が老いていくにつれ身長は縮んでいくと言われています。 私の予想です、163㎝も今はないのではないかと考えているんです。 天皇になると誕生日は改ざんされる? 皇太子さまが即位されたとなると、 誕生日って改ざんされるのでしょうか?そういった声も国民から疑問が飛び買っています。 現時点で考えられるのは、 皇太子さまの誕生日が2月23日が天皇の誕生日として祝日へと改ざんされる可能性はないとはいえません。 現在は12月23日のクリスマス前が一般的に知れ渡っている天皇の誕生日であり祝日です。 おそらく、12月23日はそのまま祝日として残り、2月23日が新たに祝日となるのでは?と考えています。 祝日増えるかもしれませんね!! このように考えるのは、これまでの天皇のお誕生日が祝日として残っているからです。 昭和天皇の誕生日である4月29日や明治天皇のお誕生日11月3日はそのまま残っているんですよね。 2018年皇太子さまがが即位された時にいつに改ざんされるかについての発表となるでしょう! なにより国民にとって祝日は大事な日。

次の

明仁

れいわ天皇 誕生日

2020年2月のカレンダー 2月23日が祝日になることで、2月の祝日は2日になります。 天皇誕生日の変更で祝日は増えるの? 「2019年以降、 12月23日は平日となり、2020年から2月23日が天皇誕生日の祝日になる。 」とのこと。 「皇室典範特例法」附則第10条に「国民の祝日に関する法律」の" 天皇誕生日 十二月二十三日を削る"と規定されているので、祝日ではなくなってしまうのだそうです。 今後、「国民の祝日に関する法律」を改正し、12月23日を何らかの祝日にするという可能性はありますが、どうなるかはまだ分かりません。 ちなみに・・・ 過去の天皇の誕生日は、天皇誕生日とは異なる祝日として残る場合もあります。 昭和天皇の誕生日は4月29日ですが、これは現在の「昭和の日」にあたります。 また、明治天皇の誕生日は11月3日ですが、これは現在の「文化の日」になります。 しかし、大正天皇の誕生日8月31日は現在祝日にはなっていません。 12月23日はクリスマス付近かつ年末ということもあり、そわそわして仕事に身が入らない時期だったので、個人的には今後何らかの祝日として残して貰いたいです。 賛否両論ありそうですが・・・(笑) スポンサーリンク 天皇陛下の生前退位と、皇太子様の天皇即位について 冒頭でも紹介していますが、2019年(平成31年) 4月30日に 天皇陛下が退位され、 5月1日に皇太子様が新天皇に即位されました。 存命中の天皇陛下の退位は1817年の光格天皇以来、約200年ぶりの事だそうです。 新元号は「 令和(れいわ)」です。 2019年(平成31年)の新天皇即位に関わる祝日について 2019年5月1日に皇太子様が新天皇に即位され、今までの天皇誕生日であった12月23日が天皇誕生日ではなくなります。 皇太子様の誕生日が2月23日であるため、2019年は天皇誕生日が存在せず祝日が1日減るのではないかと心配する人もいるかもしれませんが、実は2019年限りの祝日があります。 2019年限りではありますが、 5月1日(天皇の即位の日)と10月22日(即位礼正殿の儀の行われる日)の2日が祝日になります。 「国民の祝日に関する法律」には祝日と祝日に挟まれる日は休日にするとの規定があるため、2019年のゴールデンウィークは10連休になりました。 皇太子様の御名前、年齢は? 皇太子様の御名前は「徳仁(なるひと)」様です。 2019年1月時点での御年齢は58歳で、天皇に即位される2019年5月には59歳ということになります。 まとめ 御高齢になってまで国の為に公務に励まれた陛下には、少しでも自分の身体を大事に今後の生活を送っていただきたいです。 皇太子様も天皇に即位されても御無理はなさらず、御身体を大事にしながら公務に臨んでいただければと思います。 こちらも読まれています 皇族の方々だって同じ人間なのに、公務を担うというレールがしかれ、自分の考えを自由に述べる権利、職業選択の自由、プライバシー、海外に移住する自由など、国民が当たり前にもっている自由もないというのはかわいそうです。 生前退位ができるようになったとしても、生まれながらにして皇室という特別な身分であること、皇位継承1位の方は働き世代に天皇として人生を送らなければならず自由に職業を選べないので、人権との矛盾は消えません。 もちろんイギリスの王制にも反対です。 『英国王のスピーチ』のジョージ6世も本人はイヤだったのに国王になったという世襲制では避けられない運命になったので、かわいそう、こんな制度早く撤廃されてほしいと思いました。 日本では戦前まであった華族・士族も廃止されたことだし、カースト制度のあるインドでさえも憲法でカーストによる差別を禁止し、君主制ではなく共和制をとっているんだから、日本も皇室を廃止して、国民が大統領を選ぶ共和国になるべきだと思います。 国民投票で王制を廃止し共和制に移行したイタリアやギリシャのように、日本でも天皇制の是非を問う国民投票を実施すべきだと私は思います。

次の