ラーメンズ。 ラーメンズが好き!片桐 仁も小林 賢太郎も好きだけど、もう一度ライブ・コントが観たい!解散なの?

ラーメンズが好き!片桐 仁も小林 賢太郎も好きだけど、もう一度ライブ・コントが観たい!解散なの?

ラーメンズ

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 が不足しています。 の記事は特に、を満たしている必要があります。 ( 2014年10月)• が含まれているおそれがあります。 ( 2014年10月)• した節があります。 ( 2015年6月) ラーメンズ RAHMENS メンバー 結成年 事務所 スタジオコンテナ(小林賢太郎) (片桐仁) 活動時期 1996年 - 影響 出会い 現在の活動状況 コンビでの活動はなし(共にドラマ・舞台などで活動) 芸種 ネタ作成者 小林賢太郎 現在の代表番組 (不定期出演) 過去の代表番組 など 同期 、 公式サイト - 受賞歴 ・審査員特別賞 YouTube チャンネル 目次• メンバー [ ]• (こばやし けんたろう、 - ) 身長182cm、体重70kg、血液型A型、趣味:手品、副業:グラフィックデザイナー。 (かたぎり じん、 - ) 身長176cm、体重62kg、血液型B型、趣味:ガンダム、粘土。 副業:彫刻家、粘土造型士、俳優。 概要 [ ] 二人は版画科の同級生。 二人とも同大学の絵画科を志していたが落ちてしまい、版画科へと進学した。 在学中、以前存在していた研究部を復活させるかたちで「オチケン」を設立。 学業そっちのけでお笑いに打ち込んだ。 1996年、卒業間近になったとき、からに対して「絵を売りたいのならば名前を売ってからでも遅くない」と口説きラーメンズを結成した。 結成当時は所属だったものの、1998年に同社のお笑い部門の独立に伴いに移籍。 、に第一回から参加、一気に知名度を上げる。 同番組のチャンピオン大会などで優勝することはなかったが、審査員のの定義する芸術というものに最も近いという理由で、審査員特別賞を受賞している。 この時は201KBだった。 小林は脚本・演出を担当、・(も含む)・を得意とする。 片桐は天然のセンスで面白い動きを担当。 小林はラーメンズの脚本家・演出家・俳優。 片桐はラーメンズの御神体・俳優 超ワタクシ日記より小林談。 また、片桐は・を、小林は・などをにもつ。 どちらもをかけていることがあるが、小林は伊達めがねである。 また、その事について片桐は「伊達眼鏡かけてる人間は嫌いだが小林は別」と語っている(おしえてなぜなら知りたがりだからより)。 二人とも既婚であり、小林は大学時代の同級生と2000年に、片桐は元モデルの村山ゆきと2003年に結婚している。 2017年に小林が著作物の版権を管理する新事務所「スタジオコンテナ」に移籍。 ラーメンズの情報は小林の個人サイトに一元化された。 これに従いトゥインクル・コーポレーションからプロフィールが削除され、ラーメンズの公式サイトも閉鎖されている。 2020年現在も小林の個人サイトでラーメンズは紹介されており、少なくともプロフィール上は未だコンビが存続していることになる。 活動 [ ] 主にで活動。 は過去に『』 ・『』()などに出演していたが、近年は舞台公演を中心としている。 小林は「自分がやりたいことだけやりたい。 そのためには舞台が1番。 評価もすぐわかる。 そこがいい」「自分の目の届く範囲でやりたいんです」としている。 現在は単独活動も増えている。 片桐は役者として舞台や、で活躍し、同じで時代からの友人であるとのユニット「」としてもやの活動をしている。 小林はとともに映像製作ユニット「」を組むほか、ライブ「」などを行っている。 過去には()とともにユニット「」を組んでいたが、升野の多忙なども重なり2009年以降活動は行われていない。 ラーメンズとしての舞台の本公演はを最後に行われておらず、長らく事実上の活動休止状態にある。 6月26日にで放送された小林による年1回のコント番組『』に片桐が初出演し、7年ぶりに2人が共演。 2016年7月27日から行われた小林の新作舞台『カジャラ 1「大人たるもの」』にも片桐が出演し、舞台でも共演した。 今後について小林は「解散はありえない。 継続していきたい」と話している。 、各地の復興支援として、映像ソフト化されている自身のコント映像100本をに公開した。 この動画で得るはを通じ寄付される。 に小林賢太郎が著作物及びマネジメントを行う個人事務所「スタジオコンテナ」を設立してトゥインクルから独立。 互いに所属事務所が異なるコンビとなった。 これに従いラーメンズの公式サイトは小林の個人サイトに吸収されている。 作品の傾向 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2011年6月)• (本人たちの回顧によると)最初期にはも行っていたが、今はのみで活動している。 「爆笑だけがおもしろいわけじゃない」として幅広くコントを追求しており、しばしば「お笑いとの中間」とされる。 を手がける小林はコントのについて、「自分たちのコントはの中の非日常ではなく、非日常の中の日常。 コントに出てくる人物にとっては当たり前のこと」と語っている。 そのため「」「」といった役割がないコントが多く、「バカ二人」(小林談)というスタンスを保っている。 小林は「コントは生き物だ」と述べている。 も多々あり、公演の時は地元ネタを演じるなど、を大切に考えている面が見受けられる(不思議の国のニポン など)。 が非常にシンプルで、ほとんどをで表現するのが特徴。 演者はモノトーンの衣装に裸足を基本とし、髪型や眼鏡、声やしぐさを巧みに使い分けて役柄を演じる。 最近は様々な舞台装置を扱って公演しているが、主として「箱」を中心としたコント作りである。 ラーメンズのコントには「歌」が入ることが多い。 歌の幅は広く、シンプルな音に不思議な歌詞を載せるものから、に至るまで、様々な音楽が取り入れられている。 コント全てが歌で占められているものもある。 異国人に扮した設定で行うコントも多く見られる。 作品をもじったコントや、な言葉など、観客側にある程度の知識が要求されるネタも多い。 「ドーデスと言う男」「ネイノーさん」「ホコサキ」などに代表される奇人キャラを扱うコントや、「怪傑ギリジン」「路上のギリジン」「タカシと父さん」「現代片桐概論」などに代表される、一人だけが良く喋り動くがもう一人はほとんどセリフを話すこともなく静止しているだけの形式のコントも多々ある(小林は「やってはいけないことではないのに、誰もやっていないこと」と称する)。 その作風から、しばしばと比較される。 小林はシティボーイズを大好きと語っており 、また舞台「」のインタビューの際、の「俺たちの影響を受けているという感じがうれしい」というコメントに対し、片桐は「完全に影響されている」と返している。 同世代の芸人であるのコントにも影響を受けており、片桐は「バナナマンがいなかったらラーメンズを解散していた」と発言している。 ちなみにバナナマンとは「genico」、「」というユニットを組んだ事がある。 でと一緒に出場した回において、人形劇、それも一人が一つずつ腕にはめたネタを行うという暴挙を行ったことがある。 その際、オンエアバトルではめったに見られない会場のどよめきが起こり、また不運にもパペットマペットはこの回はオフエアだった。 「人を傷つけない笑いであること」を重視しており、彼らのコントとは、小林曰くアートである。 その他 [ ]• コンビ仲がよく、お互いにいたるところで相方を褒めちぎっている。 業界関係者のファンも多い。 ミュージシャンのはファンを公言しており、ラーメンズの声をした楽曲がある。 のライブにゲストとして招かれたこともある。 小林個人では「」のPVへ出演している。 他に、 、もラーメンズのファンであることを話している。 また、のがの企画で片桐と対談し、ラーメンズのファンであると語っている。 その模様はにも収録されている。 小林が『』へ出演したのをきっかけに知り合ったという。 などのは"good design company"のが手がけている。 彼もの出身で、ラーメンズの2人とは学生時代からの知り合い。 小林・片桐とのの3人は、かつて同じ()をしていた。 『』に、第1回目から出演。 第1回目の放送では『現代片桐概論』のネタを披露。 番組内における高評価の代名詞である「オーバー500」を初めて記録し、トップで合格した。 その後も出演を重ね15回目の挑戦で『心理テスト』のネタで2度目の「オーバー500」を獲得。 しかし、その後16回目の挑戦では413KBの好記録だったが6位オフエア、17回目の挑戦 最後の挑戦 では221KB 自己最低kb と初の連敗を記録したが、17回の挑戦のうち13回のを獲得。 オンエア率は約7割6分となり、にも認定された。 これらの記録から、2008年の番組公式ホームページ内の『オンバト名勝負百選』というコーナーで「爆笑オンバト初期の立役者といえば、漫才のとコントのラーメンズと言える」と番組から評された。 また、『爆笑オンエアバトル』の最終回ではこの2組が「爆笑オンエアバトルのレジェンド」と紹介された。 もファンを公言している 内の小林との対談より• 以前自身のライブ CHERRY BLOSSOM FRONT345 内で解散ドッキリを行った際に、その本格さから泣き出すファンも存在 はける際に小林がドッキリであることをバラした。 ライブ [ ] 本公演 [ ] 第5・6・7回は英文字三部作、第8・9・10回は漢字三部作。 初期は非常に短期間の間に新作公演を発表。 尚、第7回公演「news」は、ラーメンズ初の全国ツアーである。 特別公演「零の箱式」では、客演として・・三宅信太郎の3人が複数のコントに参加している。 第11回公演「CHERRY BLOSSOM FRONT345」は3,4,5月に桜前線と共に公演されたことが名前の由来である。 第17回公演「TOWER」においては公演箇所が13箇所と最多であった。 演目タイトルはのちに発売された「小林賢太郎戯曲集」と異なるものもあるが、ここではDVD・VHSのエンドロールにあるものを表記する。 第1回公演「箱式」 1998年6月27日-6月28日• 第2回公演「箱式第二集」 1998年11月28日-11月29日• 第3回公演「箱よさらば。 」 1999年5月28日-5月30日• 第4回公演「完全立方体〜PERFECT CUBE〜」 1999年9月3日-9月5日• タワーズ1• シャンパンタワーとあやとりとロールケーキ• 名は体を表す• ハイウエスト• やめさせないと• 五重塔• タワーズ2 プロデュース公演 [ ]• Rahmens presents Golden Balls Live(2005年8月3日-9月19日)• コンビでの出演は「」「」のみ• コンビでの出演は「 1 『大人たるもの』」のみ その他の公演 [ ]• ラーメンズ・テツ&トモ合同ライブ「源氏、博、丈太郎、歌」(1999年10月)• (、とのユニット)• genico (とのユニット)1st live 「Setagaya genico」(2000年10月3日-4日)• ライヴ! (、とのユニット)(2002年3月2日-3日)DVD化 出演 [ ] コンビでの出演に限る テレビ [ ]• NHK 戦績13勝4敗 最高512KB ゴールドバトラー認定• オフエア4回のうち3回がボール1個差か2個差の僅差である。 通常回においては2002年1月12日放送分が最後の出場となったが、その後2008年12月30日放送分の爆笑オンエアバトル10周年企画「ヒーローたちの伝説ネタSP」で約7年振りに2人揃って番組に出演し、インタビューに答えていた。 また同回では2001年6月23日放送分において披露したネタ「心理テスト」もフルで流されていた。 番組第1回目に出場して 初の1位通過及びオーバー500を記録(1999年3月27日放送分、512KB)。 第1回チャンピオン大会 予選4位敗退• 第2回チャンピオン大会 決勝9位 審査員特別賞受賞• ()キャッチコピーは【芸術知能犯】• NHK - コーナーで不定期出演• (日本テレビ)• (日本テレビ)• () - 小林のソロ番組にコンビ名義で出演 映画 [ ]• 『』 映像作品• 『』 CM [ ]• - 役割は片桐がパソコン、小林がMac。 Macとパソコン篇• ウイルス篇• iLife篇• 年賀状篇• 再起動篇• 円グラフ篇• セキュリティ篇• ステップ篇• iMovie篇• オフィスの仲間篇• 膨張篇• 絵の練習篇• 『』 DVD発売告知• 企業CM• 「」 ラジオCM• 舞台客演 [ ]• ニッキーズパビリオン(故林広志 作・演出)• 鈴木の大地() ラジオ [ ]• 発売日順。 『Rahmens 0001 select』 (2002年8月21日)• 『The Box Set of Four Titles Rahmens』 (2002年9月29日)• 『The Box Set of Four Titles Rahmens(2)』 (2004年12月15日)• 第15回公演『ALICE』 (2006年5月17日)• 第5回公演『home』(2009年3月18日)• 第16回公演『TEXT』 (2009年4月1日)• 第6回公演『FLAT』 (2009年5月8日)• 第7回公演『news』(2009年6月3日)• 第8回公演『椿』(2009年7月1日)• 第9回公演『鯨』(2009年7月1日)• 第10回公演『雀』(2009年7月1日)• 特別公演『零の箱式』 (2009年7月1日)• 第11回公演『CHERRY BLOSSOM FRONT 345』(2009年10月21日)• 第12回公演『ATOM』(2009年10月21日)• 第13回公演『CLASSIC』 (2009年10月21日)• 第14回公演『STUDY』(2009年10月21日)• 第17回公演『TOWER』(2010年9月15日) その他の公演• 『ライヴ!! 君の席-SPECIAL SIX SEATS-』(、2003年5月21日)• 小林賢太郎プロデュース公演『good day house』(ポニーキャニオン、2005年4月20日)• 小林賢太郎プロデュース公演『PAPER RUNNER』(ポニーキャニオン、2005年4月20日)• 小林賢太郎プロデュース公演『Sweet7』(ポニーキャニオン、2005年8月3日)• Rahmens presents 『GOLDEN BALLS LIVE』NAMIKIBASHI Satellite mix(ポニーキャニオン、2008年3月19日)• 小林賢太郎最新コント公演 カジャラ 1『大人たるもの』(ポニーキャニオン、2017年3月15日) その他• 『爆笑オンエアバトル ラーメンズ』(ポニーキャニオン、2001年5月16日)• 『笑いの巣PRESENTS 君の席1』(バップ、2001年6月21日)• 『笑いの巣PRESENTS 君の席2』(バップ、2001年8月22日)• 『笑いの巣PRESENTS 君の席3』(バップ、2001年10月24日)• 『完売地下劇場 REVENGE Basement1 無源/Basement2 煩悩』(ポニーキャニオン、2005年8月18日)• 『完売地下劇場 REVENGE Basement3 我流/Basement4 天命』(ポニーキャニオン、2005年10月19日)• 『完売地下劇場 REVENGE Basement5 武感/Basement6 触界』(ポニーキャニオン、2005年12月22日)• 『完売地下劇場 REVENGE Basement7 喜受/Basement8 渇愛』(ポニーキャニオン、2006年2月15日)• 『完売地下劇場 REVENGE Basement9 奪取/Basement10 混迷』(ポニーキャニオン、2006年4月19日)• 発売日順。 第6回公演『FLAT』(ポニーキャニオン、2000年8月19日)• 第7回公演『news』 (バップ、2000年11月22日。 現在絶版)• 『news-NEWS』 (バップ、2000年11月22日)• 第5回公演『home』 (オメガA. ミュージック、2001年3月7日。 現在絶版)• 第8回公演『椿』(2001年6月20日)• 第9回公演『鯨』(2001年11月21日)• 特別公演『零の箱式』(2001年12月19日)• 第10回公演『雀』 (2002年8月21日)• 第11回公演『CHERRY BLOSSOM FRONT 345』(2003年2月19日)• 第12回公演『ATOM』(2003年7月2日)• 第13回公演『CLASSIC』(2003年12月3日)• 第14回公演『STUDY』(2004年6月30日) その他• 『ネタde笑辞典ライブ Vol. 4』(日本コロムビア、1998年5月21日)• それまでの作品は全てVHSかDVD-BOXでの発売のみに限られていたが、本作品からDVD単体で発売されるようになった(後に以前の作品も単体で発売されるようになる)。 この公演以降は、blu-rayでも発売されている。 編集上、複数の公演を繋いでいるため、あるコントの中で片桐がシーンによって眼鏡をかけていたりいなかったりする(プーチンとマーチンなど)。 結成初期に披露していたコントの作品集。 公演当日に行われていた6番目のコント「マニアな二人」はVHS・DVDには収録されておらず 後に発売された戯曲集も 、また収録されていないこと自体説明されていない(このコントは手品の種明かしや、のな知識が織り込まれたものだった)。 そのため同VHS・DVDは実際の公演より時間が短く、その代わりに「バニーボーイ」の別バージョンがされている。 第5回公演「home」〜第7回公演「news」までは全て販売会社が異なり、特に第7回公演「news」は他の公演とは違って版権がにあったため、長らくこの三部作をDVDとして発売することは難しいとされていたが、2009年に第5-7回公演のすべてがによりDVDで発売された。 第7回公演『news』の舞台裏を映像化したもの。 2015年現在、DVD化はされていない。 本作品と第7回公演『news』のVHSは制作会社の都合上絶版となっている。 その後、『news』と共に本作品は2009年3月にDVD発売されている。 本作品ではがおかしい部分が多々ある(具体的には、複数ので撮影した同じを連続して繋げてあったり、と映像があっていない等)。 以前発売された『ラーメンズの日本語学校』に新録作品を加えて再発された。 出典 [ ]• 2020年7月11日閲覧。 2017年1月1日. 2017年1月3日閲覧。 2003年9月号 130-141ページ(小林賢太郎インタビュー)• 2014年2月15日号• 2003年9月号 128ページ、134ページ など。 広告批評 2003年9月号 111-112ページ• 広告批評 2003年9月号 113ページ• 広告批評 2003年9月号 114-115ページ• 『林原めぐみの愛たくて逢いたくて…ファイナルシーズン』()66-75ページ• 広告批評 2003年9月号 66ページ• 広告批評 2003年9月号 102-103ページ、広告批評 2006年8月号 9ページ• 『新刊展望』(日販発行)2006年5月号 8ページ• 爆笑オンエアバトル公式本第1巻ではますだおかだとラーメンズの対談が収録されており、2002年の正月スペシャルではこの2組が合同コントを行っている。 289KBで初のオフエアとなった回ではが番組史上初のパーフェクトを達成している。 外部リンク [ ]• - (閉鎖)• - チャンネル• (閉鎖).

次の

KENTARO KOBAYASHI WORKS

ラーメンズ

概要 との2名で構成されるコンビ。 多数の若手芸人を輩出した『 NHK爆笑オンエアバトル』に第一回から参加し、審査員を務めたの称賛を受けて審査員特別賞を受賞するなど、番組における代表メンバーとしての頭角を現す。 以後はテレビ、ラジオ番組を中心に活動を展開していたが、小林賢太郎の希望から徐々に舞台に比重を置くようになり、現在では活動の大半が舞台公演となっている。 構成 やなどを模索していった末に寸劇に落ち着き、以降は一貫してコントを演じ続けている。 衣装やなどの舞台美術をシンプルにまとめ、によって様々な役柄を演じ分けるのが特徴だが、近年では大型の舞台装置を用いるコントにも挑戦している。 各人物の詳細についてはリンク先を参照されたい。 代表作 コントに登場するキャラクターは総じて強烈な印象を与える者が多く、pixiv内部でも多数取り上げられている。 ・日本語学校シリーズ ・現代片桐概論 ・バニー部 ・怪傑ギリジン ・ ・ホコサキ ・ネイノーさん 等 少数ながらコントの中の「」等も取り上げられている。 その他 や、など、小林賢太郎の単独活動による作品に対してもラーメンズのタグが付与される場合があるが、これは広範的な意味で両者の活動を総括する目的で用いられているためである。 他の記事言語 関連記事 親記事 pixivision• 2020-07-16 18:00:00• 2020-07-16 17:00:00• 2020-07-15 18:00:00• 2020-07-15 17:00:00• 2020-07-14 18:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-17 06:39:33• 2020-07-17 06:37:20• 2020-07-17 06:33:40• 2020-07-17 06:31:55• 2020-07-17 06:29:28 新しく作成された記事• 2020-07-17 04:28:37• 2020-07-17 04:29:48• 2020-07-17 03:16:27• 2020-07-17 01:30:20• 2020-07-17 06:12:20•

次の

ラーメンズ初心者におすすめ!名作ネタ動画14『採集』『条例』など

ラーメンズ

ラーメンズとは、とによるである。 在学中にを結成。 左 …版画科卒。 もじゃもじゃな長での貌が印的な怪優。 多数の作品を作成、出展もしている。 活動は幅広くラーメンズ以外では、、などにも出演している。 右 …同卒。 ラーメンズ作品の脚本、及び演出を担当している。 をえるである。 はダテ、視は2. という題名でを書いているでもある。 活動は幅広くラーメンズ作品以外にも 脚本演出 、、、S 活動? など行っている。 10分以内の短い物から分近くの物までの長さは不規則、そして内容に関しても一般的なから、等の要素を持った物まで、様々なで展開される。 には「」「売地下劇場」等、番組に出演することも多かった。 においては、 「 」や 「」など、にが集中しているが、決してそれだけが彼らの魅ではなく、 「」や 「新噺」といったの中にちりばめられたを消化していくも魅的である。 また、 「ドーと言う男」「ネーさん」に代表されるを扱うや、 「と」「現代概論」「怪傑」「部」等、一人だけが良く喋り動くがもう一人はほとんどを話すこともなく静止しているだけの形式のも多々ある く「やってはいけないことではないのに、もやっていないこと」らしい。 また、内ではラーメンズのを元にした作品 以下と記述する が多数存在する。 詳細は「」の項を参考のこと。 この二人はをうたわれているほどお互いを尊敬し合っているらしい。 関連動画 単独公演• 「式」• 「式第二集」• 「全~ECT ~」• 1 ~ 6. 特別演• 特別演「R1」 関連商品 関連コミュニティ 関連項目• 外部リンク•

次の