軽減 税率 デリバリー。 軽減税率適用のデリバリー、飲食店が熱い視線 「売り上げ減を抑えたい」

消費税10%:飲食店、デリバリーに注力 軽減税率「8%」追い風 「リピーターが重要」

軽減 税率 デリバリー

いよいよ10月より消費税が10%に上がります。 今よりも2%も多く消費税を払うとなると、支出が多くなることが気になりますが、「軽減税率制度」によって、飲食料品や新聞などでは8%に据え置かれるものもあります。 「軽減税率制度」は増税による家計への影響を、できるだけ少なくする目的で導入されるわけですが、その適用範囲ついては「よくわからない」という声が多いよう。 8%と10%を見分ける基準はどこにあるのか、知っておくと安心と思われるポイントをまとめてみました。 8%に据え置かれるのは「新聞」「飲食料品」の2分野 Image: Shutterstock. com 「軽減税率制度」は「生活防衛」の視点に立っているとはいえ、8%に据え置かれるのは「飲食料品」と「新聞」の2分野のみとなっています。 ただ、この2分野の全てが対象というわけではありません。 対象になるかならないか、見分け方を知っておきましょう。 新聞の定期購読のみ対象、電子版は対象外 まず、新聞は週2回以上発行される、定期購読契約に基づくものが対象です。 ただし、電子版は除かれます。 つまり毎日郵便受けに届く新聞は8%ですが、コンビニで購入した新聞は対象にならないということです。 お酒と外食(イートイン・ケータリング)は対象外 飲食料品は、「酒類・外食等を除く飲食料品」とされています。 酒類は「酒類」に分類されているかどうかで見分けられます。 酒税法では調理に使う「みりん」も酒類に含んでいますので、純粋なみりんは対象外となります。 ただし、「みりん風味調味料」は酒類に含まれないので、軽減税率制度の対象となります。 外食の定義は「単なる譲渡」か否か 少しわかりにくいのが外食です。 お店で食べる純粋な外食のほか、私たちはケータリング、出前(デリバリー)、テイクアウト、イートインなど、外食に近い形で食事ができるサービスがあります。 これらが外食に分類されるのか、されないのかが、見分けにくいのです。 どちらに分類されるかどうかは、「役務の提供」を受けるものか「単なる譲渡」となるものかにより判断できます。 軽減税率の対象になるのは「単なる譲渡」の場合。 お店で食べず、 テイクアウトをする、出前(デリバリー)を注文してお店の味を楽しむことは、単なる譲渡とされるのです。 では、対象とはならない役務の提供とは、どういったことなのでしょうか。 これはテーブル、椅子、カウンターなど、食事をする設備が提供され、食事をするためのセッティングもしてくれる、ということです。 ケータリングも様々に準備がされるので、対象外です。 どうですか? なんとなくイメージが付いたでしょうか。 他にも知っておきたい飲食料品の軽減税率 Image: Shutterstock. com 「役務の提供」か「単なる譲渡」かの判断が難しいお店で購入するとき、いつ、どちらであるのかを判断されるのでしょうか。 これは飲食料品をお店が提供するときです。 よく、ファストフード店では「店内でお召し上がりですか(消費税10%)?お持ち帰りですか(消費税8%)?」と聞かれますよね。 この時に判断されます。 増税後は、コンビニでも同じように聞かれるようになるはずです。 また、健康食品なども食品になるのか、医薬品扱いなのかにより税率が変わります。 その商品が単なる健康食品であれば食品に分類されますが、「医薬品」「医薬部外品」「再生医療等制品」の場合は、対象外の商品ということになります。 また、同じ食事でも 有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅で提供される食事(1食640円以下、1日の金額が1,920円に達するまで)や、 小中学校の義務教育における給食は軽減税率の対象です。 このような例外の話をすると、病気で入院中の食事は対象なのか? 気になるかもしれませんが、 病院入院中の食事の提供については以前より非課税となっていますので、関係ありません。 また、 大学や職場での学食、社食については、通常の外食とみなされ、軽減税率の対象にはなりません。 特別な環境下以外の外食は、軽減税率の対象にならないと考えておいた方がよさそうです。 <軽減税率対象になるもの>• お酒以外の飲食料品(購入して持ち帰るもの)• 新聞(対面販売、電子版は対象外)• 飲食店、コンビニなどでのテイクアウト(店内でのイートインは対象外)• 宅配、出前(デリバリー)、Uber Eats(ウーバーイーツ)• 有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅で提供される食事(1食640円以下、1日の金額が1,920円に達するまで)• 小中学校の義務教育における給食 増税分が戻る「ポイント還元制度」も活用しよう Image: Shutterstock. com 今回の消費税増税では、 「ポイント還元制度」も見逃せません。 こちらも生活防衛と消費の落ち込みを防止する目的で、「軽減税率制度」とあわせてスタートします。 ポイント還元が受けられるのは、2019年10月から2020年6月までの9ヵ月間。 「中小・小規模事業者」の小売店や飲食店などの支払いで 「キャッシュレス決済」をした場合に、消費税込みの支払い金額の5%(フランチャイズ店の場合は2%)が還元されます。 還元の原資には税金が使われるそうです。 対象となるキャッシュレス決済 クレジットカードの他、スマートフォンを用いたQRコード決済、電子マネーなど。 口座振り込みや収納代行サービス、使い切りのプリペイドカードなどは対象外です。 ポイント還元により 貯まったポイントによる決済も、ポイント還元の対象になります。 少し混乱する部分もあるかもしれませんが、消費税は多く払うことになったけれど、その分、ポイントで増税分以上がもどってくると考えてみてください。 このポイント還元制度も大いに活用したいところです。

次の

【消費税】ネット通販の送料・配送料は軽減税率の対象?

軽減 税率 デリバリー

POINT• 食品表示法に規定されている「飲食料品」は軽減税率8%。 ただし、酒類や医薬品等は、軽減税率の対象外• 飲食店での「外食」は標準税率10%• 飲食店でのテイクアウトやレジ前の菓子の購入、ピザなどのデリバリーは軽減 2019年10月1日から始まる軽減税率の概要 最初に今回の軽減税率制度の概要について説明しましょう。 消費税の税率は、2019年10月1日から標準税率10%へ引き上げられ、一定の品目については軽減税率制度により税率8%となる複数税率が予定されています。 軽減税率8%が適用になるのは、次の2品目の譲渡です。 なお、後述しますが、この飲食料品の譲渡には、「外食」や「ケータリング」は含まれません。 また、飲食料品の輸入(保税地域からの引き取り)についても、軽減税率の対象となります。 食品表示法では、「食品」はすべての飲食物(食品衛生法に規定する「添加物」を含む)をいいますが、いわゆる「医薬品」、「医薬部外品」、「再生医療等製品」を除くとされています。 例えば、コンビニで買える栄養ドリンクでも、清涼飲料水である「Red Bull」は軽減税率の対象となり、医薬部外品である「ユンケル」は軽減税率の対象となりません。 軽減税率8%の対象となる飲食料品の概要は次のとおりです。 国税庁「」から引用。 飲食店における軽減税率8%、標準税率10%の判断基準は? ここからは、飲食店における軽減税率の判断ポイントを見ていきましょう。 飲食店での「外食」やカラオケボックスでの飲食は標準税率10% 「外食」は軽減税率の対象とならないとされています。 ここでいう外食とは、テーブルなどが置いてある店で飲食をすることをいいます。 この飲食設備は、事業者自らが設置したもののほか、設備設置者から使用許可を受けている場合も含みます。 一般的にはレストランや居酒屋、喫茶店、フードコートなどでの食事の提供がこれにあたりますね。 おでん屋やラーメン屋の屋台のように事業者が飲食設備を設置している場合も軽減税率の対象とはなりません。 また、カラオケボックスや映画館、ホテルのルームサービス等で飲食する場合は、部屋や座席といった飲食設備を使用することになりますから、これら特定の施設での飲食料品の提供は軽減税率の対象となりません。 飲食店での「テイクアウト」や「レジ前の菓子」の購入は軽減税率8% 飲食料品を持ち帰りのための容器に入れ、または包装を施して行う譲渡、いわゆるテイクアウトは外食に含まれないため、軽減税率の対象となります。 また、飲食店で飲食し、その後残りを持ち帰った場合などは、提供時点では外食であるため軽減税率の対象になりません。 その飲食料品の提供等を行った時点で判定することとなっています。 回転寿司店などでは、お客様が案内された席で寿司をパック詰めして持ち帰ることができる場合がありますが、店内での飲食と区別されない状態での食事の提供は軽減税率の対象となりません。 もちろん、持ち帰り用として注文を受け、パック詰めをして提供するものは軽減税率の対象となります。 また、キッチンカーや弁当の露店販売など、飲食設備を設置しておらず、公園のベンチなど顧客以外の者も自由に使用できるもので使用許可(お祭りなどの催しで講演を占有する場合は公園使用許可が必要です)を取っていない場合などは、軽減税率の対象となります。 それから、飲食店であっても、レジ前での菓子の販売など、持ち帰りを前提とした飲食料品の販売は軽減税率の対象となります。 「ケータリング」は標準税率10% 外食と並んで、ケータリングも軽減税率の対象とならないとされています。 ケータリングとは、相手方が指定した場所において行う加熱、調理又は給仕等の役務を伴う飲食料品の提供をいいます。 出来上がった料理を宅配するのとは違い、ケータリングは現地で調理や給仕というサービスも料金に含まれるため、それが自宅であっても外食に準ずるものとして、軽減税率の対象とはならないのです。 ただし、有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅などでの飲食料品の提供や、学校給食として行う飲食料品の提供などのうち、同じ日の間に同じ者に対して行う飲食料品の提供の税抜き対価額の金額条件など一定の要件を満たすものについては軽減税率の対象となります。 具体的な対象範囲や要件について詳しくは 国税庁 「」を参照ください。 飲食料品の「出前」、「デリバリー」は軽減税率8% そば屋の「出前」やピザの「デリバリー」などは、できあがった飲食料品を単に届けるだけであるため、軽減税率の対象となります。 「果物狩り」や「潮干狩り」は標準税率10% 果樹園での果物狩りや潮干狩り、釣り堀等の入場料については、お客様が果物を収穫するなどし、その場で飲食するといったイベントとしての役務の提供になりますので、飲食料品の譲渡に該当せず、軽減税率の対象となりません。 ただし、収穫した果物等について別途対価を受け取る場合には、飲食料品の譲渡として軽減税率の対象となります。 例えば、あるぶどう農園での料金システムは次のようになっています。 入園料500円• 粒もぎ取り食べ放題30分毎に1,000円• おみやげ販売1kg1,000円 この場合、園内での収穫や飲食の対価である入園料、食べ放題料金は軽減税率の対象となりません。 一方で、持ち帰ることが明らかで別途対価を受け取るおみやげ販売は、軽減税率の対象となります。 まとめ 一言で飲食料品といっても飲食店の場合、外食なのかテイクアウトなのかといったシチュエーションによって税率が異なる場合もあります。 わかりやすい例を挙げると、ファーストフード店で店内で食べれば10%、お持ち帰りだと8%と、同じ商品でも税率が分かれるようになるのです。 軽減税率は対象品目の線引きが難しいですが、正しく理解するために、新しい情報を入手することを意識していきしましょう。 【関連記事】• photo:Getty Images.

次の

出前の適用税率(消費税軽減税率)

軽減 税率 デリバリー

いよいよ10月より消費税が10%に上がります。 今よりも2%も多く消費税を払うとなると、支出が多くなることが気になりますが、「軽減税率制度」によって、飲食料品や新聞などでは8%に据え置かれるものもあります。 「軽減税率制度」は増税による家計への影響を、できるだけ少なくする目的で導入されるわけですが、その適用範囲ついては「よくわからない」という声が多いよう。 8%と10%を見分ける基準はどこにあるのか、知っておくと安心と思われるポイントをまとめてみました。 8%に据え置かれるのは「新聞」「飲食料品」の2分野 Image: Shutterstock. com 「軽減税率制度」は「生活防衛」の視点に立っているとはいえ、8%に据え置かれるのは「飲食料品」と「新聞」の2分野のみとなっています。 ただ、この2分野の全てが対象というわけではありません。 対象になるかならないか、見分け方を知っておきましょう。 新聞の定期購読のみ対象、電子版は対象外 まず、新聞は週2回以上発行される、定期購読契約に基づくものが対象です。 ただし、電子版は除かれます。 つまり毎日郵便受けに届く新聞は8%ですが、コンビニで購入した新聞は対象にならないということです。 お酒と外食(イートイン・ケータリング)は対象外 飲食料品は、「酒類・外食等を除く飲食料品」とされています。 酒類は「酒類」に分類されているかどうかで見分けられます。 酒税法では調理に使う「みりん」も酒類に含んでいますので、純粋なみりんは対象外となります。 ただし、「みりん風味調味料」は酒類に含まれないので、軽減税率制度の対象となります。 外食の定義は「単なる譲渡」か否か 少しわかりにくいのが外食です。 お店で食べる純粋な外食のほか、私たちはケータリング、出前(デリバリー)、テイクアウト、イートインなど、外食に近い形で食事ができるサービスがあります。 これらが外食に分類されるのか、されないのかが、見分けにくいのです。 どちらに分類されるかどうかは、「役務の提供」を受けるものか「単なる譲渡」となるものかにより判断できます。 軽減税率の対象になるのは「単なる譲渡」の場合。 お店で食べず、 テイクアウトをする、出前(デリバリー)を注文してお店の味を楽しむことは、単なる譲渡とされるのです。 では、対象とはならない役務の提供とは、どういったことなのでしょうか。 これはテーブル、椅子、カウンターなど、食事をする設備が提供され、食事をするためのセッティングもしてくれる、ということです。 ケータリングも様々に準備がされるので、対象外です。 どうですか? なんとなくイメージが付いたでしょうか。 他にも知っておきたい飲食料品の軽減税率 Image: Shutterstock. com 「役務の提供」か「単なる譲渡」かの判断が難しいお店で購入するとき、いつ、どちらであるのかを判断されるのでしょうか。 これは飲食料品をお店が提供するときです。 よく、ファストフード店では「店内でお召し上がりですか(消費税10%)?お持ち帰りですか(消費税8%)?」と聞かれますよね。 この時に判断されます。 増税後は、コンビニでも同じように聞かれるようになるはずです。 また、健康食品なども食品になるのか、医薬品扱いなのかにより税率が変わります。 その商品が単なる健康食品であれば食品に分類されますが、「医薬品」「医薬部外品」「再生医療等制品」の場合は、対象外の商品ということになります。 また、同じ食事でも 有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅で提供される食事(1食640円以下、1日の金額が1,920円に達するまで)や、 小中学校の義務教育における給食は軽減税率の対象です。 このような例外の話をすると、病気で入院中の食事は対象なのか? 気になるかもしれませんが、 病院入院中の食事の提供については以前より非課税となっていますので、関係ありません。 また、 大学や職場での学食、社食については、通常の外食とみなされ、軽減税率の対象にはなりません。 特別な環境下以外の外食は、軽減税率の対象にならないと考えておいた方がよさそうです。 <軽減税率対象になるもの>• お酒以外の飲食料品(購入して持ち帰るもの)• 新聞(対面販売、電子版は対象外)• 飲食店、コンビニなどでのテイクアウト(店内でのイートインは対象外)• 宅配、出前(デリバリー)、Uber Eats(ウーバーイーツ)• 有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅で提供される食事(1食640円以下、1日の金額が1,920円に達するまで)• 小中学校の義務教育における給食 増税分が戻る「ポイント還元制度」も活用しよう Image: Shutterstock. com 今回の消費税増税では、 「ポイント還元制度」も見逃せません。 こちらも生活防衛と消費の落ち込みを防止する目的で、「軽減税率制度」とあわせてスタートします。 ポイント還元が受けられるのは、2019年10月から2020年6月までの9ヵ月間。 「中小・小規模事業者」の小売店や飲食店などの支払いで 「キャッシュレス決済」をした場合に、消費税込みの支払い金額の5%(フランチャイズ店の場合は2%)が還元されます。 還元の原資には税金が使われるそうです。 対象となるキャッシュレス決済 クレジットカードの他、スマートフォンを用いたQRコード決済、電子マネーなど。 口座振り込みや収納代行サービス、使い切りのプリペイドカードなどは対象外です。 ポイント還元により 貯まったポイントによる決済も、ポイント還元の対象になります。 少し混乱する部分もあるかもしれませんが、消費税は多く払うことになったけれど、その分、ポイントで増税分以上がもどってくると考えてみてください。 このポイント還元制度も大いに活用したいところです。

次の