あかるい よる に 歌詞。 あかるいよるに back number 歌詞情報

back number「あかるいよるに」歌詞の意味を解釈!淡麗グリーンラベルCMソング(主題歌)

あかるい よる に 歌詞

back number バックナンバー が CDアルバム『MAGIC』をリリース。 4曲目に収録されている 新曲「あかるいよるに」について。 歌詞は矛盾に満ちていますが 結局何を言いたかったのでしょうか? 今回は「あかるいよるに」の 歌詞の意味を解釈していきます。 それでは、さっそく見ていきましょう。 back number「あかるいよるに」歌詞 あかるいよるに 作詞 清水依与吏 作曲 清水依与吏 雲が避けてアスファルト照らして それだけの灯りでもう十分だったり 時を超えて探し回ったところで とても見つからない物じゃなきゃ嫌だったり 生まれた時からずっと一緒にいるわりに ずいぶん息の合わない 心と私 とめどなく溢れたならいいのに 誰にでも分けられたらいいのに ああ色味も形も 人と違ったっていいんだよ だからもうどこにも行かないでね 私も離さないようにするから ああ芝生の緑に 寝転ぶようにそっと育てられたら 好きになろう 嫌いになれたらな 努力してもダメね結局は 恋も愛も憧れも夢も信念も 呼び方が違うだけ かかった人にだけ価値が生まれる魔法 の話 アブラカタブラ テクマクマヤ リンリロン スリートゥーワン ララララ これからも毎日ずっと一緒にいるんだし どうせなら楽しい方がいい そこは同じね なにも恥ずかしい事じゃないのに 羨む必要なんてないのに ああリズムも匂いも 誰と似ていたっていいんだよ だからもうどこにも行かないでね 私も離さないようにするから ああ芝生の緑に 寝転ぶようにそっと育てられたなら 言う事は聞かないまでも 少しくらい仲良くなれたら back number「あかるいよるに」歌詞の意味を解説 雲が避けてアスファルト照らして それだけの灯りでもう十分だったり 時を超えて探し回ったところで とても見つからない物じゃなきゃ嫌だったり 雲の間から差し込む光は、 そんなに大きな光ではなく。 むしろ、とても小さな光。 でも、そんな些細なことでも 満足だと思える日。 反対に、目の前にある光じゃ 満足出来なくて、探しても探しても 見つからないような大きな光が 欲しい時もある。 生きてるとありがちな めんどくさい感情を表してます。 生まれた時からずっと一緒にいるわりに ずいぶん息の合わない 心と私 この歌では、 自分の心と体の対話が描かれてます。 生まれた時から、 自分には付き合ってきたつもり。 でも、なかなか分かり合うことが出来ない。 自分対相手の歌はよくありますが、 自分の心と体の対話は すごく珍しいと思います。 とめどなく溢れたならいいのに 誰にでも分けられたらいいのに ああ色味も形も 人と違ったっていいんだよ 皆と同じように生きなくても良い。 ただ、優しさを持てる人になれたらいい 人に優しさを分けれたらいい。 自分の心に体が語りかけてます。 だからもうどこにも行かないでね 私も離さないようにするから ああ芝生の緑に 寝転ぶようにそっと育てられたら 大切にするから。 ただ、どこにも行かないでほしい。 ゆっくりゆっくり自分の大切な心と 向き合っていきたい。 この歌詞にはそんな願いが込められてます。 好きになろう 嫌いになれたらな 努力してもダメね結局は 努力して嫌いになろうと思ってもなれなくて。 努力して好きになろうとしてもなれなくて。 だけど、どちらの自分も愛していけたらな。 そんな願いを語ってます。 恋も愛も憧れも夢も信念も 呼び方が違うだけ かかった人にだけ価値が生まれる魔法の話 生きてくうえで、色々な困難は起こります。 だけど、どんな悩みも、迷いも きっと魔法で。 その魔法がかけられた人には 価値が生まれる素敵な経験。 きっと、何かで思い悩んでいる 自分の心に体が 寄り添ってるんだと思います。 アブラカタブラ テクマクマヤ リンリロン スリートゥーワン ララララ これからも毎日ずっと一緒にいるんだし どうせなら楽しい方がいい そこは同じね 一生付き合っていく私たち。 それなら、毎日楽しい方がいいよね。 きっとその気持ちはお互い変わらないよね。 そう心に問いかけてます。 なにも恥ずかしい事じゃないのに 羨む必要なんてないのに ああリズムも匂いも 誰と似ていたっていいんだよ 先程は、皆と同じように生きなくても良い。 と言っていましたが、 こちらでは、誰と似ていても良いんだよ と言っています。 先程は、自分の中の葛藤を歌ってましたが こちらでは、人と比べて悩む心を 歌ってるんだと思います。 言う事は聞かないまでも 少しくらい仲良くなれたら なかなか 自分の心は言う事を聞いてくれません。 だけど、そんな私の心と仲良くしたい。 そんな言葉で歌は終わってます。 最後に この歌を私は 自分の心と体の対話だと言いました。 しかし、歌詞を見ていくと 大切な人に寄り添っていきたい。 お母さんから子供に向けた言葉。 そんな風な解釈も出来ると思いました。 人によって 受け取り方が変わる歌だと思います。 この歌は、常に矛盾してます。 皆と同じように生きなくても良いと言ったり。 皆と同じように生きても良いと言ったり。 好きになりたい、嫌いになりたいと言ったり。 結局生きていくのって矛盾だらけなんです。 白か黒か決めれない事ばかり。 だったら決める必要も無くて。 ただ、自分なりに生きていけたらな。 きっとそれをbacknumberさんは 伝えたかったんだと思います。 -Author by ひな- 関連記事.

次の

back number

あかるい よる に 歌詞

主人公は人と異なる個性を 出したっていいと言っています。 1番では控えめな主人公と 主張の強い主人公の心(本音)が 描かれていました。 しかし実は 主人公自身も 個性を出したいと思っているのです。 「色味や形も人と違っていい」 というフレーズからも Aメロでは全く違った 主人公と主人公の心(本音)の 価値観がサビでは近くなっている ことが分かりますね。 人と違ったらいけないなんて もう決めつけないから心(本音) の価値観はなくならないでほしい• 心(本音)の価値観も大事にする という決意が込められているように 見えますね。 ここでの育てるという行為は 自分自身の心を満たすこと と解釈できます。 主人公は主人公の心(本音)を そっと満たしていきたいと言っています。 もし主人公の心(本音)だったら 「そっと」なんて控えめには 言わないですよね。 サビの中にもAメロで描写されていた 控えめな主人公の価値観は しっかりと存在しています。 決して自分の好きなことを やりたいようにやっていくぞ! という感じにはしていないんです。 2番Aメロ 好きになろう 嫌いになれたなら 努力してもダメね結局は 嫌いなものを好きになろうとすること 好きなものを嫌いになろうとすることは 努力しても無理だということ。 誰にも自分の「価値観」があって その「価値観」は隠すことも 偽ることもできないということです。 2番Bメロ 恋も愛も憧れも夢も信念も 呼び方が違うだけ かかった人にだけ価値が生まれる魔法 の話 2番ではAメロに続きBメロでも 「価値観」について歌われています。 実は『あかるいよるに』が 収録されているアルバム「MAGIC」は 当初 「価値」というタイトルにしようと していたとインタビューで話しています。 「価値が生まれる魔法の話」 アルバムのタイトルにしようとしていた 「価値」と実際にタイトルとなった 「魔法(=MAGIC)」が一緒になっています。 つまり『あかるいよるに』の 2番Bメロ部分は アルバム『MAGIC』のキーと考えても 過言ではないでしょう。 手品とかで良く言われるやつ? 3番Bメロ これからも毎日ずっと一緒にいるんだし どうせなら楽しい方がいい そこは同じね 2番では「価値観」について 歌われていましたが3番で再び 心(本音)と向き合っています。 主人公も主人公の心(本音)も 楽しい方がいいというのは同じだから まあ楽しく生きていこうということです。 ラストサビ なにも恥ずかしい事じゃないのに 羨む必要なんてないのに ああリズムも匂いも 誰と似ていたっていいんだよ だからもうどこにも行かないでね 私も離さないようにするから ああ芝生の緑に 寝転ぶようにそっと育てられたなら 言う事は聞かないまでも 少しくらい仲良くなれたら ラストサビの前半部は と同様な内容を角度を変えて 言っています。 1番サビではやりたいことが 人と違ってもいいという内容でしたが ラストサビでは やりたいことが 既に誰かがやっていることでもいい という内容になっています。 どうして『あかるいよるに』 というタイトルなんだろ〜 「あかるいよる」という状況をイメージしてみよう 実は「夜」に関連する言葉も ほとんど使われていないんです。 月に掛かっていた雲が避けて 月の光がアスファルトを照らす 情景が浮かびますね。 この情景こそ「あかるいよる」と 解釈できます。 月が明るい夜って 人によっては夜なのに明るいと感じるし 月が明るくても夜だから暗いは暗いと 感じる人もいますよね。 つまり『あかるいよる』は 価値観によって印象が異なるものです。 曲をとおして主人公が価値観の違う 主人公の心(本音)と向き合っています。 『あかるいよるに』というタイトルには 価値観によって感じ方が異なるものの象徴 という意味が込められていると解釈しました。 うぇあミュ〜的まとめ 曲をとおして、 主人公は価値観の異なる 自分自身の心(本音)に寄り添おうと しています。 うぇあミュ〜的に 『あかるいよるに』という楽曲から 本音が持つ価値観との距離感を 上手く取っていくことが大事という メッセージを受け取りました。 『最深部』の歌詞の考察も してるから是非見てみてね〜• しかし 別の候補曲として『あかるいよるに』が あって結構ギリギリまで揉めたらしいです。 『あかるいよるに』と 『オールドファッション』は 同時期に作られていて 最終的に『オールドファッション』の方が キラキラした感じがドラマに合っている という話になったとのこと。 ボーカル清水依与吏さん的に 『オールドファッション』は良い曲ができた という感覚があって 『あかるいよるに』はやりたい曲ができた という感覚があったそうです。 『あかるいよるに』を推すのは 自分の意地になってしまうというのもあり 結局『オールドファッション』に 落ち着いたとのこと。 確かに『オールドファッション』の方が 王道のラブソングでドラマに合っている 気がしますね。

次の

back number

あかるい よる に 歌詞

メルトが人間になったことはとても喜ばしいことなのに、二年間一緒に過ごした家族との別れにショックを隠しきれない。 唐突な別れというのは、どんな時だって慣れない。 昔、元気だった爺ちゃんが急逝した時も、何も準備もしていない中でもう会えないと言う悲しみが一気に流れ込んできて泣き喚いた。 悲しい、というか、受け入れられないという気持ちを急スピードで現実が突きつけてくるため、ぐちゃぐちゃになった感情を泣くという行動でどうにかするしかなかった。 それに似た状態が、今おきている。 ・・・猫と今のメルトを別の存在として心がまだ捉えてしまっているためかもしれない。 いくら何を思ったって仕方がないのに。 感情というものは簡単に切り替えられるスイッチのような機能を持ち合わせていない。 最後に・・・お別れくらいはしたい。 そうしないと、この行き場のない感情を抑えられそうにない。 「・・・なあ、メルト」 「!」 突如口を開いた俺に、慌てた様子で俺の目を見つめる。 先ほどから何の反応も示さなかった俺が突如自分の名前を呼んだのだから、驚いて当然だ。 「な、なに?どうしたのエイスケ?」 こちらの我儘にもほどがある考えなど、目の前のメルトは考えもしていないだろう。 「・・・も、」 ・・・もう一度だけ、猫に戻ってくれないか? 「っ・・・」 口のすぐそこまで出かけた言葉を、俺はすんでのところで止める。 「?」 どうしたのと、キョトンとした顔で俺の顔を覗き込むメルト。 俺は、なんてことを言おうとしていたんだ。 やっとの思いで人間に戻れたと言うのに、俺のちぐはぐになった心を安定させようとするためだけにまた猫になってとお願いしようとした自分が、とても最低に思えた。 さっきのメルトの表情を見ただろ。 例え猫になっていた時は人としての記憶が立ち入らなかったとしても、少なくとも二年は自分としての生活が消滅していたんだ。 どうして猫にされたのか、どうして今になって人間の姿に戻れたのかはまだわからない。 わからないけれど、やっとの思いで新たなスタートを切ろうとしているメルトに、自分勝手な意見を言おうなんてとんだ阿呆だ。 きっと、俺がそう言っただけで、メルトは悩んでしまうだろう。 二年間お世話になった身でもあるし、俺の心境を察して仕舞えば、例え一日だろうと戻ろうとするだろう。 ああ、自分が嫌になる。 「なにか、悩み事?」 「・・・」 「・・・も、もしかして私と同居することが・・・今になって嫌になった?」 「!」 俺がずっとだんまりを決めていることで、ひょっとしたらと思ったのだろう。 あわあわと長い金髪が揺れて、明らかに動揺しているのがわかる。 表情も、だんだんと曇り始めてきた。 「ち、違う!」 昨日から、俺は深夜になんてご近所迷惑なんだと思ってしまうほど、軽く大きな声が出てしまった。 何を不安にさせているんだ。 メルトをこれ以上心配させてどうするんだ。 自分の身勝手さが本当に嫌だ。 彼女は・・・姿が変わっても、メルトだろ。 俺が大きな声をあげるとは思ってもいなかっただろうメルトは目を見開いて固まっている。 「ごめん、メルト。 君が心配するようなことはないさ」 メルトの表情は先ほど同様に曇ったまま。 多分、俺の表情もそうしてしまっている原因の一つかもしれない。 白い猫じゃらしがふと目に映る。 それを手にしているのは、ブルーの短毛でもなく、俺の腹の上に収まるサイズでもなく、ぶんぶんと振る尻尾もない。 でも、鮮やかな碧眼は、ずっと変わらない。 「メルトは・・・この家の住人で、城野家の大切な・・・家族だ。 例え人間になっても、それは変わらない。 だから・・・そんなこと言わないでくれ」 「家族・・・」 「そう。 家族だろ?」 口に出して、やっとわかった。 メルトは、いつだってメルトだ。 俺の大事な家族だ。 猫だろうが人間だろうが魔女だろうが、そこは変わらないはずだ。 「今ままでもこれからも、俺にとっての大事な存在だよ」 「!」 バッ! 目の前にはブカブカのパーカー。 俺の胸に飛び込んできたメルトを、どうにかして支える。 昨日に引き続き、また美女に抱きつかれるとは人生わからないものだ。 どうやら、込み上げてくる喜びを全身で表現してくれているようだ。 「ありがとう・・・エイスケ!あなたは私の命の恩人。 これからあなたにどんな災難が待っていても、私の命に代えても守るわ」 「大げさだって・・・」 恩人と言われる筋合いは俺にはないのだが、メルトがぎゅっと俺の背中を掴むので、否定する気も失せてしまう。 まだ人間のメルトと出会って一日しか経っていない。 だけど、なんとか、これからも一緒に頑張っていける。 なんだか、そう思えた。 「改めて、よろしくなメルト」 「ええ、こちらこそよ、エイスケ!」 元気一杯の返事が帰って来て、これから慌ただしくなりそうだなと、未来を考えると笑みが溢れた。 彼女に振られ、酔っ払って帰って来た日に突如として起きた非日常。 最初は夢ならば覚めてくれと思いもしたが、案外人は順応することができる生物のようだ。 例えそれが、魔女とかいうおとぎ話やファンタジーの存在だろうと。 もう人生でこれから昨日と今日以上に驚くことはないだろう。 でも、ぎゅっと俺を離さずにいる彼女が、もしかしたらまだまだ考えようもしない驚きを俺に見せてくるかも。 ・・・なんか、ここまで来ると楽しくなってくるな。 ただの大学生である俺の身に現在進行形で起きている出来事に、不安はもちろんだが、少し楽しみになりつつある自分がいる。 ピカッ!!! 「「・・・え?」」 驚きというのは、常に予想もつかない時に現れる。 変な声をハモらせて、二人して顔を見合わせせる。 この・・・眩い光を、俺は数時間前に見た。 パランッ!! 今にして思えば、この聞いたことのない不思議な音の正体は、魔術が行使される時の音なんだな。 そりゃ、21年間の人生で聞いたことのないのも納得するわ。 強く俺を抱きしめる手が、感触が、一瞬で消え去る。 ブカブカのサークルの景品でもらったパーカーが、ヨレヨレと床に落ちていった。 「・・・まさか」 モゾモゾと、パーカーの中で何かが蠢いている。 出口はどこだと探し回っているようだ。 外の光を見つけたのか、「そいつ」はパーカーの頭から、ひょこっと顔を覗かせた。 「・・・ナァー」 馴染みのある、甲高い声。 さっきの俺の思いは何だったのか。 へなへなと、俺は全身の力が抜けていくのをなすすべもなく感じ、そのまま座り込む。 「・・・結局かよぉ・・・」 ぶんっ ブルーの短毛の猫が、勢いよく尻尾を振っていた。 〜第一章 完〜 *拙い文だったと思いますが、ここまで読んでいたただき本当にありがとうございました。 応援して下さった方、コメントして下さった方、フォローして下さった方には感謝の言葉しかありません。 第一章完結と書きましたが、現実の忙しさもあって第二章は完全な白紙状態です。 メルトと英介の日常を中心にするか、魔術が飛び交うファンタジー路線へと行くか、大学の友人や元カノと絡みあったトラブルなどを書くか、ここで終わりにしてしまうか・・・。 全然わかりませんが、第二章か、全く別の物語かでまた皆さまに私の小説を読んでいただくことがあれば幸いです。

次の