飛行ロトム 育成論。 スピンロトム : 【物理受け&起点作り】スピンロトム

スピンロトム育成論 : 積みアタッカー+DM枯らし+受け崩し|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

飛行ロトム 育成論

ウォッシュロトム みず・でんき 少ない弱点で何でもできる器用さん 採用率1位のロトム いいところを上げ出すとキリがなく、悪いところを見つけようとしてもあまりない。 耐久性に優れながら、攻撃能力も高く、弱点も少ないため、相手が能力上昇ハッスル中でなければ、ほぼまず1撃で落ちることはない。 ヒートロトム ほのお・でんき 構築の優秀な補完役 採用率2位のロトム 構築に必要な、炎と電気タイプをタイプ一致で共有できる唯一のポケモン。 弱点は2つに増えたが、水ロトムと同じ良いところは健在。 カットロトム くさ・でんき 構築単位で草タイプが欲しい時に 採用率3位のロトム 水と炎タイプロトムがタイプ相性的に弱いとされている「水と地面」の複合タイプに刺すために使用される。 構築単位で「水地面」複合タイプが重い場合に対策として採用されるが、技の通りは上記の水と炎タイプのロトムに負ける。 弱点も多い為、ロトムの重要な役割の一つのクッションとしては使用しづらいのが難点。 スピンロトム ひこう・でんき 加速する新たなロトムの可能性 採用率4位のロトム 飛行タイプがついたことで、飛行技の「エアスラッシュ」を覚え、ダイマックス技のダイジェットでの抜き展開が可能になった。 技範囲が狭く電気タイプにタイプ一致技が通らないため、「わるだくみ」を搭載したり、「いのちのたま」を持たせて火力を上げないと、いくら加速しても止められてしまう。 「ギャラドス」や「トゲキッス」対策のポケモンについでに止められてしまう悲しい存在。 ロトムの強いところ 固有タイプと「ふゆう」で弱点が少ない 水ロトムは弱点が1つ。 草のみ 炎ロトムは弱点が2つ。 岩と水のみ 高い耐久と相まって一撃で落とされることが少ないです。 絶妙な種族値 フォルムチェンジロトムの種族値 HP 50 攻撃 65 防御 107 特攻 105 特防 107 素早さ 86 合計種族値 520 特殊攻撃力は100を超えアタッカーとしてかなり優秀 物理と特殊防御力は100を超え、耐久力もかなり優秀。 素早さも86と、中速アタッカーとしてとても良い数地で、有名なダイジェットアタッカーの「ギャラドス」や「トゲキッス」より早く動くことができます。 良い技をたくさん覚える 攻撃技 攻撃技は電気技フォルムチェンジ時に覚えるタイプ一致技がメインウエポン サブウエポンとして「あくのはどう」「シャドーボール」「たたりめ」が採用されることがほとんどです。 変化技 「トリック」で受けポケモンなどの対策 「わるだくみ」「みがわり」で抜きエースとして 「でんじは」「おにび」で機能停止も狙える 「リフレクター」「ひかりのかべ」で後続のサポート 型が豊富 前の記事でも書きましたが、ロトムはとにかく何でもできます。 アタッカー型から耐久型、クッションなど。 構築の足りない役割を埋めるエキスパートと言っても良いでしょう!! 水と炎ロトム対策ポケモンは? ウォッシュ・ヒートロトム共通 「ドリュウズ」「オノノクス」 この2匹は特性「かたやぶり」により、特性「ふゆう」を無視して地面技をロトムに当てることができます。 素早さもロトムより早く、タイマンを作ることができればかなり有利です。

次の

ヒートロトム 育成論

飛行ロトム 育成論

【良いところ】• 様々なタイプに耐性を持ち、半減技読みで繰り出しやすいポケモンです。 メジャーな水タイプだけでなく、BWで種類が増えた炎タイプにも繰り出せます。 メタグロスを初めとする鋼タイプにも特に強く、特性「ふゆう」で「じしん」も効きません。 その他では、トゲキッスやトルネロスなど飛行タイプにも対応できます。 ウォッシュロトムは様々な相手の対策になるので、パーティの苦手潰しとして優秀なポケモンです。 通常の電気タイプはバンギラスやマンムーなどの物理アタッカーを呼び寄せてしまいがちですが、ウォッシュロトムは「ハイドロポンプ」を覚えるためこれらの相手を呼び寄せません。 バンギラスや地面ポケモンに強い電気タイプは珍しく、ウォッシュロトムならではの活躍ができます。 【悪いところ】• ウォッシュロトムは多くの水ポケモンが習得できる「れいとうビーム」を覚えられず、氷技が「めざめるパワー」しかないためこれらの相手の牽制手段に欠けます。 強力なポケモンが多いドラゴンに弱いのは特に意識しておきましょう。 ラティオス・ラティアスなどの強力なエースが繰り出されてしまうので、補助技やパーティ構成での対策を。 半減技読みで繰り出して一発撃ち逃げという戦法に合った振り方です。 火力を重視し、繰り出す耐久を確保するため素早さでなくHPに振っています。 確定まで振ると努力値が足りなくなる場合、高乱数で妥協する手もアリ。 性格は基本的にひかえめでよいですが、ドラゴンの「りゅうせいぐん」耐え調整をしておきたいならおだやかです。 特殊耐久調整:種族値の低いHPに全振りした上で特防を調整します。 特攻調整:特攻を最低限に抑えることで耐久に多く回せます。 物理耐久調整:HPに全振りした上で防御を調整します。 必須ではありませんが、ガブリアスなどの仮想敵を意識して調整できます。 素早さ調整:一発撃ち逃げ戦法なので理論上素早さは重視されませんが、実戦では抜いておくと便利な相手がいます。 素早さ調整した分だけ耐久や火力が落ちるため、他ステータスの配分と相談です。 しかし、ウォッシュロトムの特攻・特防の種族値差が小さいため、切り捨て計算の誤差により実際にはひかえめの方が努力値が少なく済むケースもあります おだやかにすると特防が条件ピッタリにならず、ムダが出てしまう場合。 ひかえめ・おだやかどちらが努力値が少なく済むかは努力値配分により異なるため、こだわる方はケースごとに計算して決めてください。 こだわりメガネ : 繰り出しやすく、一発撃ち逃げの戦法をとりやすいウォッシュロトムと相性がよいアイテムです。 10まんボルト : 水タイプ全般へのです。 かみなり : 「10まんボルト」より命中は落ちますが、高耐久水タイプを落としやすくなります。 「こだわりメガネ」と特攻調整によりスイクンも落とせます。 雨下で必中化するので、雨パの水タイプにも効果的。 ハイドロポンプ : 炎・地面タイプやメタグロスへの遂行技。 この技を持つためバンギラスも呼び寄せません。 ガブリアスの4倍弱点を突けますが、特防が高いラティアスへのダメージは微妙。 これらのポケモンよりもドラゴンの方が対処が難しいため、通常は氷タイプが優先されます。 これらの相手よりもドラゴンの方が対処しにくいため、やはり氷タイプ優先です。 ボルトチェンジ : 交代読みで使い、交代先の相手を見てからこちらも交代できるサポートです。 「こだわりメガネ」と合わせれば火力も中々。 「とんぼがえり」と異なり、地面タイプに交代されると無効化される点に注意です。 必ずしも安定行動とはいえません。 トリック : 「こだわりメガネ」を相手に押しつけて行動を制限します。 ナットレイなどの物理相手には効果的ですが、呼び寄せたラティオスなど特殊ドラゴンに押しつけても意味がなく、状況によっては相手を強化してしまいます。 ラティオスやラティアスに「こだわりメガネ」を持たせるなら別なアイテムを持たせることになります。 【こだわりメガネ型】に比べ火力は落ちますが、小回りがききます。 地面ポケモンに強くなるだけでなく、鋼ポケモンの「じしん」も効きません。 半減技読みで繰り出したら一発撃ち逃げの戦法をとるため特攻を重視し、素早さではなくHP振りです。 確定まで振ると努力値が足りない場合、高乱数で妥協する手もアリ。 性格は基本的にひかえめですが、ドラゴンの「りゅうせいぐん」耐え調整をかけたいならおだやかです。 耐久調整・素早さ調整は上の【こだわりメガネ型】を参照。 たべのこし : 何度も繰り出せるので相性がよいです。 「いたみわけ」と併用もできます。 オボンのみ : 繰り出せる回数や「みがわり」を張れる回数が増えます。 10まんボルト : 水タイプ全般への遂行技です。 かみなり : 「10まんボルト」より命中が落ち、遂行技としては不安定。 高耐久水タイプにより多くのダメージを見込めますが、スイクンやスターミーへの確定数は「10まんボルト」でも変わりません。 ハイドロポンプ : 炎・地面タイプやメタグロスへの遂行技。 努力値配分によっては特防に振ったメタグロスを半分も削れません。 ボルトチェンジ : 交代読みで使い、交代先の相手を見てからこちらも交代できるサポートです。 「とんぼがえり」と異なり地面タイプに交代されると無効化される点に注意。 みがわり : 交代読みで使い、交代先の相手を見てから行動を選択できます。 いたみわけ : HPが低いウォッシュロトムと相性がよい回復手段。 ラティオス・ラティアスの「りゅうせいぐん」を耐えて回復することもできます。 でんじは : ラティオス・ラティアスなど素早い相手への牽制手段。 素早いドラゴンにマヒが入れば、後続のサポートになります。 おにび : 物理相手を機能停止にできますが、ウォッシュロトムが呼び寄せるのは特殊相手が多いため微妙です。 対メタグロスでは「ハイドロポンプ」よりも強力な流し手段。 ひかりのかべ : ラティオスなどの特殊エースへの交代読みで使い、後続の負担を減らせる技です。 リフレクター : 物理相手に強くなります。 呼び寄せる相手で最も警戒すべきラティオス・ラティアスを対策できないため、「ひかりのかべ」が優先されます。 めざめるパワー : 「こだわりメガネ」無しではなおさら火力不足です。 低威力のため、4倍弱点を突けるガブリアスでも削り切れなかったりします。 役割関係.

次の

【ポケモン剣盾】食べ残しアシレーヌの育成論とおすすめパーティ

飛行ロトム 育成論

ポケモンソード・シールド(剣盾)で 「ロトム」の出現場所、進化フォルムチェンジするためのロトムのカタログ入手方法、各育成論・種族値や強さについて記載していきます。 ヒートロトム・ウォッシュロトムが対戦でも使えるので人気だ。 出現場所・出現条件 電光石火のように動き回る 出現場所:ワイルドエリア 「げきりんの湖」(天候:雨・豪雨のみ) 姿は見えるが小さい光ですばしっこく動き回っている。 出現確率が低いため走り回って小さい光を探そう。 フォルムチェンジの入手場所• シュートシティの右側にある 住宅街の奥から2番目の家に入る• リーグスタッフとバトル。 使用ポケモン:ロトム(3匹)• 勝利すると 「ロトムのカタログ」が入手できる ロトムのフォルムチェンジ(進化) 6種類から選べる 道具>たいせつなもの>ロトムのカタログで 「電球・電子レンジ・洗濯機・冷蔵庫・扇風機・芝刈り機」の6種類から選べます。 そしてカタログは 何度も使用できるので無くなる心配はありません。 フォルムチェンジの姿 全部で6種類ですが、ロトム自転車やスマホロトムなど様々なロトムが今回の旅で役に立っています。 種族値 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計 50 50 77 95 77 91 440 ロトム種類と各育成論 ロトム・電球(電気・ゴースト) 倍率 タイプ ばつぐん 2倍) 地面・ゴースト・悪 いまひとつ 0. 25倍 電気・毒・飛行・虫・鋼 効果なし ノーマル・格闘 ヒートロトム・電子レンジ(電気・炎) 倍率 タイプ ばつぐん 4倍) 地面 ばつぐん 2倍) 水・岩 いまひとつ 0. 5倍 炎・草・電気・氷・飛行・虫・フェアリー ばつぐん 0. 25倍) 鋼 4倍弱点の地面は、特性「ふゆう」で地面は無効になります。 5倍 炎・氷・水・飛行 いまひとつ 0. 25倍 電気・氷・飛行 ポケモン唯一の電気・氷タイプです。 スピンロトム・扇風機(電気・飛行) 倍率 タイプ ばつぐん 2倍) 氷・岩 いまひとつ 0. 5倍 草・格闘・飛行・虫・鋼 効果なし 地面 ダイマックスありきで、飛行の ダイマックス技「ダイジェット」(素早さを上げる)が使える。 また悪だくみ(特攻を2段階上げる)も使えるため人気。 カットロトム・芝刈り機(電気・草) 倍率 タイプ ばつぐん 2倍) 炎・氷・毒・虫 いまひとつ 0. 5倍 水・草・鋼 いまひとつ 0. 25倍 電気 ポケモン剣盾の攻略をまとめました。 お役立てください。

次の