結婚 しない ほうが いい 女。 女性は、自分から追いかけないほうがいいの?

後悔先に立たず! 結婚相手に妥協しないほうがいいこと3つ(2020年6月10日)|ウーマンエキサイト(1/3)

結婚 しない ほうが いい 女

近年晩婚化の風潮がさらに強まり、若い人に結婚願望がある人も少なくなってきました。 私の周りでもバリバリ働いて忙しそうにしている女の子は 「一人でも十分楽しいから」と言って、あまり恋愛に積極的ではないような子が多いような気もします。 生涯未婚率も「 20%前後()」ですよ。 まあ、そりゃそうもなるよね……。 ただ、女性目線で見ていて、 「この人は早く結婚した方がいいな」と思う人が結構いるので 結婚した方がいいと思う人の特徴について話してみるよ。 一人で頑張れる人 男女かかわらず、「 一人でも大丈夫」「 一人でも頑張れる」という気持ちを持っている人は早く結婚した方がいい人です。 というのも、「 一人で大丈夫」という人の方が実はいつも虚勢を張っている人が多いから。 本当に強い人なんて、人類でどれくらいいるのでしょうか。 きっと少ないよね。 絶滅危惧種だと思う。 そういう人は、 ここぞという大事な場面で潰れてしまう人が多いです。 意外と人間はもろいものなんですよ……。 普段から人に甘えるのが苦手な人はストレスを溜め込みやすく、他人に頼ることがうまくできないため 多くのことを一人で抱えがちになってしまうんですね。 「 あー!もう無理!」と家の中で独り言を言っている人も多いでは……。 私か……。 ただ、こういう人は結婚してからもうまくいく人だと思います。 「 他人に配慮して自己犠牲が強くなってしまうタイプ」なので、いつもそばにいてくれる甘えられる人を作ることによってバランスがうまくとれるようになり より自分の生活や感情が安定する。 甘えるのが下手な人も、 他人に甘えるのはハードルが高いかもしれませんが 結婚することによって結婚相手には甘えることができるようになると思うんですよね。 一緒に生活する人がいる、というだけで変わってくるものなのですよ。 絶対的な味方ができるだけで変わるものです。 なので「 一人で頑張りすぎてしまう人」は「 早く結婚した方がいい人」なんですね。 私の経験からはそう思う。 感情的すぎない人 意外かもしれませんが「 感情的すぎない人」は結婚した方がいい人です。 バランスが大事なんですけどね……。 感情的すぎない、ということはやはりどこかで自分の感情を我慢してしまっているようなところがある人なんですね。 自分から沸き起こる感情をそのままぶつけられる人がいないと、最悪の場合感情が乏しい人はうつ病になってしまう危険性もあります。 実は感情が薄い、というのは立派なうつ病の初期症状でもあるんです。 ただ、感情的過ぎない、という事は「 感情をコントロールする事が得意な人」ということだと思いますので 結婚をしてもうまくいくことが多いケースの人だと思います。 感情をコントロールすることができない人と結婚すると大変ですよ……。 感情がコントロールできる人は結婚生活においてもきちんと話し合いができる人、ということなので 喧嘩も少なく、円満な家庭を築くことができると思う。 緊張感のある仕事をしている人 「 緊張感のある仕事をしているという自覚がある人」は結婚した方がいい人ですよ。 緊張感のある仕事というのはとてもやりがいのある仕事だと思います。 ただ、それと同時に「 ストレスや疲れのたまりやすい仕事」なんですね。 みなさんの中にもいるでしょう?そういうストレスの溜まりやすい仕事をしている人。 自分が楽しいと思っている仕事だと、アドレナリンが出ているので、仕事をしている時には「 自分がどれだけ疲れているのか?」という事がわかりません。 自覚がないんですね。 ただ人間の生活のうち、多くの時間を「 仕事時間」が占めますよね。 そうすると、必ず「 ほっとできる場所」というものが必要になってくるのです。 「 ホッ」とすることができる家庭、人間関係を作るために結婚した方がいいんですね。 趣味・友達の多い人 趣味や友達が多い人は一見「 結婚した方がいい人」とは程遠く感じるかもしれませんが、 実は趣味や友達の多い人は結婚に向いている人なんですよ。 自分の時間を充実させることができる人は、「 結婚相手の時間も尊重してあげることのできる人」です。 なので、結婚してからも結婚相手と良好な距離感を保つことができ、結婚生活が安定したものになりやすいんですね。 趣味や友達が多く、「 一人でいてもよく外に遊びに行く人」こそ結婚した方がいい人なんです。 兄弟姉妹が近くに住んでいない人 少し現実的な話になりますが、兄弟姉妹が近くに住んでいない、もしくは一人っ子だ、という人は結婚した方がいいです。 結婚する、ということは「 生涯一緒に暮らす」ということですよね。 少し現実的な話になってしまいますが、若いうちは一人で良いと思っていても、 年をとってから一人で生活する、となるととても条件が悪くなってきます。 自分が怪我をした時• 病気の時 を想定すると、近くに兄弟姉妹がいない環境で生きている人はやっぱり結婚した方がいいんですね。 現実的すぎる話に聞こえると思いますが、人生を長い目で見た時に必要なことなのです。 家にこもってしまいがちな人 これも結婚した方がいい人の特徴だと思うんですよね。 家にこもりがちな人は、結婚というものからは縁遠いと思ってしまいがちなのですが、 こういう人こそ、結婚した方がいいと思うんですよね。 家にこもりがちな人は、一人でいると、仕事がない限りは ずっと家にいてしまう可能性があるわけなんですよね。 私もこういうタイプなんですよ・・・ もちろん、「 家にこもる事」が悪い事だとは思いませんが、家にこもりがちだと本来であれば出会える人やモノ、 そして場所から遠ざかってしまうわけよ。 しかし、結婚をしていれば、相手と共に家の外に出て、 たくさんのモノに出会うチャンスが出来るのです。 本来の自分であれば、家でずっと過ごしている、という人でも、 パートナー次第でいくらでも変わってくるのですよ。 私の知り合いでも、元々は家にこもりがちだった人がいるのですが、結婚を機会に海外旅行に行く事が増えたりとか、 新しいお店や土地に行く事が増えたんですよね。 だからこそ、こもりがちな人こそ結婚した方がいいと思っています。 結婚を機会にたくさんの面白い発見が待っている事だってあるのです。 婚活するなら 婚活をするならがついている楽天オーネットがおすすめです。 オーネットの結婚チャンステストはプロフィールや条件などを入力するだけで 自分にマッチする相手のプロフィールを無料で紹介してくれるんですね。 項目はこのようになっていてかなり細かいので、より自分に合ったお相手が見つかると思います。 楽天オーネットの紹介動画もあります。

次の

こんな女とは結婚できない!彼女または妻にしないほうがいい30代40代女性の特徴

結婚 しない ほうが いい 女

近年晩婚化の風潮がさらに強まり、若い人に結婚願望がある人も少なくなってきました。 私の周りでもバリバリ働いて忙しそうにしている女の子は 「一人でも十分楽しいから」と言って、あまり恋愛に積極的ではないような子が多いような気もします。 生涯未婚率も「 20%前後()」ですよ。 まあ、そりゃそうもなるよね……。 ただ、女性目線で見ていて、 「この人は早く結婚した方がいいな」と思う人が結構いるので 結婚した方がいいと思う人の特徴について話してみるよ。 一人で頑張れる人 男女かかわらず、「 一人でも大丈夫」「 一人でも頑張れる」という気持ちを持っている人は早く結婚した方がいい人です。 というのも、「 一人で大丈夫」という人の方が実はいつも虚勢を張っている人が多いから。 本当に強い人なんて、人類でどれくらいいるのでしょうか。 きっと少ないよね。 絶滅危惧種だと思う。 そういう人は、 ここぞという大事な場面で潰れてしまう人が多いです。 意外と人間はもろいものなんですよ……。 普段から人に甘えるのが苦手な人はストレスを溜め込みやすく、他人に頼ることがうまくできないため 多くのことを一人で抱えがちになってしまうんですね。 「 あー!もう無理!」と家の中で独り言を言っている人も多いでは……。 私か……。 ただ、こういう人は結婚してからもうまくいく人だと思います。 「 他人に配慮して自己犠牲が強くなってしまうタイプ」なので、いつもそばにいてくれる甘えられる人を作ることによってバランスがうまくとれるようになり より自分の生活や感情が安定する。 甘えるのが下手な人も、 他人に甘えるのはハードルが高いかもしれませんが 結婚することによって結婚相手には甘えることができるようになると思うんですよね。 一緒に生活する人がいる、というだけで変わってくるものなのですよ。 絶対的な味方ができるだけで変わるものです。 なので「 一人で頑張りすぎてしまう人」は「 早く結婚した方がいい人」なんですね。 私の経験からはそう思う。 感情的すぎない人 意外かもしれませんが「 感情的すぎない人」は結婚した方がいい人です。 バランスが大事なんですけどね……。 感情的すぎない、ということはやはりどこかで自分の感情を我慢してしまっているようなところがある人なんですね。 自分から沸き起こる感情をそのままぶつけられる人がいないと、最悪の場合感情が乏しい人はうつ病になってしまう危険性もあります。 実は感情が薄い、というのは立派なうつ病の初期症状でもあるんです。 ただ、感情的過ぎない、という事は「 感情をコントロールする事が得意な人」ということだと思いますので 結婚をしてもうまくいくことが多いケースの人だと思います。 感情をコントロールすることができない人と結婚すると大変ですよ……。 感情がコントロールできる人は結婚生活においてもきちんと話し合いができる人、ということなので 喧嘩も少なく、円満な家庭を築くことができると思う。 緊張感のある仕事をしている人 「 緊張感のある仕事をしているという自覚がある人」は結婚した方がいい人ですよ。 緊張感のある仕事というのはとてもやりがいのある仕事だと思います。 ただ、それと同時に「 ストレスや疲れのたまりやすい仕事」なんですね。 みなさんの中にもいるでしょう?そういうストレスの溜まりやすい仕事をしている人。 自分が楽しいと思っている仕事だと、アドレナリンが出ているので、仕事をしている時には「 自分がどれだけ疲れているのか?」という事がわかりません。 自覚がないんですね。 ただ人間の生活のうち、多くの時間を「 仕事時間」が占めますよね。 そうすると、必ず「 ほっとできる場所」というものが必要になってくるのです。 「 ホッ」とすることができる家庭、人間関係を作るために結婚した方がいいんですね。 趣味・友達の多い人 趣味や友達が多い人は一見「 結婚した方がいい人」とは程遠く感じるかもしれませんが、 実は趣味や友達の多い人は結婚に向いている人なんですよ。 自分の時間を充実させることができる人は、「 結婚相手の時間も尊重してあげることのできる人」です。 なので、結婚してからも結婚相手と良好な距離感を保つことができ、結婚生活が安定したものになりやすいんですね。 趣味や友達が多く、「 一人でいてもよく外に遊びに行く人」こそ結婚した方がいい人なんです。 兄弟姉妹が近くに住んでいない人 少し現実的な話になりますが、兄弟姉妹が近くに住んでいない、もしくは一人っ子だ、という人は結婚した方がいいです。 結婚する、ということは「 生涯一緒に暮らす」ということですよね。 少し現実的な話になってしまいますが、若いうちは一人で良いと思っていても、 年をとってから一人で生活する、となるととても条件が悪くなってきます。 自分が怪我をした時• 病気の時 を想定すると、近くに兄弟姉妹がいない環境で生きている人はやっぱり結婚した方がいいんですね。 現実的すぎる話に聞こえると思いますが、人生を長い目で見た時に必要なことなのです。 家にこもってしまいがちな人 これも結婚した方がいい人の特徴だと思うんですよね。 家にこもりがちな人は、結婚というものからは縁遠いと思ってしまいがちなのですが、 こういう人こそ、結婚した方がいいと思うんですよね。 家にこもりがちな人は、一人でいると、仕事がない限りは ずっと家にいてしまう可能性があるわけなんですよね。 私もこういうタイプなんですよ・・・ もちろん、「 家にこもる事」が悪い事だとは思いませんが、家にこもりがちだと本来であれば出会える人やモノ、 そして場所から遠ざかってしまうわけよ。 しかし、結婚をしていれば、相手と共に家の外に出て、 たくさんのモノに出会うチャンスが出来るのです。 本来の自分であれば、家でずっと過ごしている、という人でも、 パートナー次第でいくらでも変わってくるのですよ。 私の知り合いでも、元々は家にこもりがちだった人がいるのですが、結婚を機会に海外旅行に行く事が増えたりとか、 新しいお店や土地に行く事が増えたんですよね。 だからこそ、こもりがちな人こそ結婚した方がいいと思っています。 結婚を機会にたくさんの面白い発見が待っている事だってあるのです。 婚活するなら 婚活をするならがついている楽天オーネットがおすすめです。 オーネットの結婚チャンステストはプロフィールや条件などを入力するだけで 自分にマッチする相手のプロフィールを無料で紹介してくれるんですね。 項目はこのようになっていてかなり細かいので、より自分に合ったお相手が見つかると思います。 楽天オーネットの紹介動画もあります。

次の

結婚しないほうがいい! 「独身向きの男女」タイプ|「マイナビウーマン」

結婚 しない ほうが いい 女

『結婚を考えている彼氏がいるけど、本当にこの人と結婚していいのか不安…』 『結婚はしたいけど、結婚してから後悔したくない』 『こんな男とは結婚しない方がいい!っていう基準が知りたい』 女性にとって、結婚は出産と並ぶ 人生の大イベントですよね? もちろん男性にとっても大きなイベントではありますけど、まだまだ育児や家事を任せられる割合が高い女性にとっては、 『どんな男性と結婚するか?』は、 その後の人生を左右する大事な選択だといえます。 『見た目と性格がカッコイイってだけで結婚したけど、結婚してから家事も育児もまったくやってくれない人だと気づいてすごく後悔した…』 『夫がまさかのマザコンだった…』 『浪費グセがあった…暮らしていけない』 などなど、結婚してから後悔するパターンはたくさんあります。 そこで今回は、 『結婚しない方がいい男の特徴!』 をご紹介します! 目次• 結婚しない方がいい男の特徴1 一人暮らし経験ゼロ男 結婚しない方がいい男の特徴の一つ目は、 『一人暮らし経験ゼロ男』 です。 成人してからも実家暮らし、家事はすべて母親に任せっきりで自分ではなにもしたことがない…。 このような男性は、かなり注意が必要です。 なぜなら、 『家事はやってもらって当然』 と考える男が多いからです。 今までずっと母親にやってもらっていたので、家事の大切さや大変さをまったく理解していないため、結婚してからも、 『なんでオレがこんなことやんなくちゃいけないの?』 と、奥さんを家政婦代わりに使います。 もちろん、 奥さんへの感謝はゼロ。 それどころか、少しでもやり忘れがあろうものなら、 『なんでやってないの?』 と文句を言ってくる男さえいます。 もちろん、一人暮らし経験ゼロの男がすべてそうなるというわけではありません。 なかには親の世話などの事情があって一人暮らししなかったひとや、学業、仕事の都合で実家暮らしを続けていた可能性もあります。 また、特に深い理由がなく実家暮らしを続けていた場合でも、結婚と同時にモードを切り替えて家事や育児を積極的に負担してくれる男性もいます。 が、なかには 『実家の方が楽だから』という理由だけでアラサーになるまでダラダラと実家暮らしを続けていた…などという場合もあります。 この手のタイプは精神的に自立できていないことが多く、結婚すると女性は 『なんでこんな大きなガキの世話してやらなきゃならないの?』と不満を抱える危険性があります。 経済力だけでなく、家事などの生活力も結婚前にキチンと把握しておくことが大切です。 結婚しない方がいい男の特徴2 ギャンブル好き男 結婚して後悔する男性の特徴としていつもアンケート上位に上がるのが、 『ギャンブル好き男』 です。 言うまでもなく、 これはかなりの危険物件です。 あくまで気晴らしの趣味程度に楽しむ程度ならば、まだ目もつむれますが、生活費や貯金を削ってまでギャンブルに散財するような男性とは結婚しない方が良いでしょう。 結婚したあとで生活力が皆無であることに気づき、家計が火の車になって苦しみ続けることになったら後悔してもしきれません。 特に、子供が生まれてからは必要になるお金も多くなるため、家庭の収入がよほど高くないとあっという間に困窮してしまいます。 そのうえ、ギャンブルが好きなひとは計画性がないことが多いので、せっかくお金を稼いできても衝動的に使ってしまったりします。 本当に男らしい男性は、家族ができたら家族のために歯を食いしばって働きます。 単なる遊び人を 『男らしい』と勘違いして結婚すると、待っているのは借金地獄の未来だけです。 結婚しない方がいい男の特徴3 オレ様至上主義男 自分は偉い、と思い込んでいる男性も結婚相手としては選ばない方が良いでしょう。 これは高学歴・高収入や肩書きの高い男性に比較的多く見受けられる特徴で、 とにかく自分が偉いと思い込んでいます。 もちろん、収入が低い男性のなかにもいます。 このタイプの困ったところは 、奥さんを自分と対等な存在だとは思ってくれないところです。 『黙ってオレの言うこと聞いてりゃいいんだ』 と、あたかも自分がすべて正しいとばかりに奥さんを怒鳴ったり、高圧的な態度で支配しようとします。 こういうタイプと結婚すると、 女性は夫の召使か奴隷のような立場にされてしまいます。 ご主人さまの言うことには絶対服従で、自分の意見を持つことは禁止されます。 もしも自分の意見を口にしようものなら、とたんに不機嫌になったり怒鳴ったりします。 自分に自信があることは大事なことですが、行き過ぎている男性は逆に周囲に不幸を撒き散らすだけの存在でしかありません。 …もっとも、心理学的に言うと この手の男性は本当は心の底に劣等感を抱えていることがほとんどです。 会社では出世しているけど人望がない、もしくは、子供のころ親に厳しくしつけられた…などのように、 一見するとエリートなのに劣等感を抱えている場合がほとんどです。 お金目当ての結婚ならば良いのかもしれませんが、安らぎのある生活を求めるなら、結婚しない方が良いでしょう。 結婚しない方がいい男の特徴4 マザコン男 結婚しない方がいい男の特徴として必ず上がるのが、 『マザコン男』 です。 これは、女性に嫌われる男性の定番ですよね 笑 しかし、なかには 『付き合っているときにはマザコンだとはまったく気付かなかった』という場合もあります。 付き合っているときは普通だと思っていたのに、結婚してみたら母親がいないと何もできない典型的なマザコン男だった…などというのは、結婚を後悔するパターンとして非常に多いです。 なかには、 『毎朝、出勤前にお母さんに靴下を履かせてもらっていた』 『毎日何度も母親とメールして家のことをすべて報告している』 『お母さんの手料理じゃないと食べたくないとダダをこねる』 などなど。 本当に成人男性なのかと疑ってしまうような信じられない行動をするマザコン男もいます。 なぜ夫がマザコンだと困るのかというと、ひとつには精神的に自立ができていないことが多いからです。 また、すぐに母親の意見を伺ったり、母親に守ってもらおうとするので、たとえば夫婦ゲンカをするとすぐに母親を味方につけて2対1で攻撃してきたりします。 『私のどこが好き?』 と奥さんが聞いたら、 『ママにそっくりなところ!』 と言われてドン引きした、という話もあります。 結婚を考えている彼氏がマザコンでないかどうか、事前にしっかりとチェックしておくことをオススメします。 結婚しない方がいい男の特徴5 口だけ男 結婚しない方がいい男の特徴の最後は、 『口だけ男』 です。 『命をかけて、きみを幸せにするよ』 『きみのことはオレが守る!』 『一生、きみだけを愛し続ける!』 などと、結婚前には自信満々に言っていたのに、いざ結婚してみたら、仕事はロクにしない、家事も育児もやらない、なにをやらせても中途半端で飽きっぽい。 このような男性は、典型的な 『口だけ男』です。 このような男と結婚しても苦労が増えるだけであり、子供が大きくなって支出が増えるにつれて苦労が増えていくのも目に見えています。 『将来、でかいことをやってやる!』 という大言壮語タイプの男性も同じです。 夢を語るのは良い事ですが、語るばかりで何も努力していない男性は、ただの中年フリーターになる可能性が高いです。 『口だけなら誰でも言える。 行動で示せるのが大人』 ということをしっかり頭に刻んで、今の彼氏と結婚するべきかどうかを判断しましょう。 もしも、彼氏が口だけは立派なのに何も努力していない人間ならば、結婚は思いとどまった方が無難かもしれません。 女性が一生後悔するダメ夫の共通点 ここまで、 『結婚しない方がいい男の特徴』をいくつかご紹介してきました。 これらの男性に共通することは何でしょうか? 答えは、 『精神的な未熟さ』 ではないでしょうか? 家事ができない、親離れできていない、奥さんや周囲の人間に感謝できない、ギャンブルなどを我慢できない、自分の言葉に責任を持たない…などなど。 男性・女性という以前に、 『大人になれば当然、身につけているべきこと』が身についていない人たちばかりです。 つまり、未熟なのです。 だからこそ、こういった男性たちは結婚すると奥さんたちから、 『いつまで独身気分引きずってるのよ!』 と不満をぶつけられるのです。 当たり前ですが、 結婚というのは夢のような甘い生活ではありません。 違う人間同士が一緒に暮らし、子供を育てたり、年老いてからはどちらかを介護したりしなければなりません。 恋人関係の延長、のように考えていると、必ず失敗します。 ですので、結婚相手を選ぶときはただ単に 『好きだから』というだけでなく、 『このひとと一緒に生活していけるか、生きていけるか』という考えも必要になります。 もちろん、恋愛感情だけで結婚して幸せな家庭を築いているひともたくさんいます。 しかし、同じく恋愛感情だけで結婚して大失敗したひともたくさんいます。 普通は一生に一度の結婚なので、燃え上がる恋愛感情とは別に、少しぐらいは冷静な判断も持ってみてはいかがでしょうか? まとめ いかがでしたか? 『結婚しない方がいい男の特徴』 という話をしてみました。 もちろん、ここにあげた男性が必ずしもダメ夫になるわけではありません。 実家暮らしだったけどキチンと家事を手伝ってくれるひともいますし、ギャンブル好きでも結婚したらちゃんと趣味の範囲に抑えてくれるひともいます。 あくまで参考程度にとどめておいてください。

次の