フェデラー 奥さん。 フェデラーの姉ダイアナの子供も双子だった!やはり遺伝子の問題?

フェデラーの姉ダイアナの子供も双子だった!やはり遺伝子の問題?

フェデラー 奥さん

🎾本記事のサマリー• 【プロフィール】ジョコビッチの美人妻 エレナ・リスティッチ ・名前:エレナ・リスティッチ Jelena Ristic さん ・生年月日: 1986年6月17日 29歳 ・生まれ: セルビア ベオグラード ・配偶者: ノバク・ジョコビッチ 2014年から ・結婚した場所: モンテネグロ スヴェティ・ステファン ・子: ステファン・ジョコビッチ ・学歴: モナコ国際大学 2011年卒 、 ルイージ・ボッコーニ商業大学 2008年卒 Jelena Djokovic was born in Belgrade, Serbia. She went to Sports high school in Belgrade, after which she moved to Italy, where she graduated in Business Administration studies at Bocconi University in Milan. In 2011, she got her Master degree in Luxury Management and Services from International University of Monaco. — 2. 【経歴】エレナは石油会社の人事・コンサルタント・モデルとして活躍 イタリアの名門大学卒業 エレナがミランの名門ボッコーニ大学を卒業後、ジョコビッチと共にモナコ公国のモンテカルロに移り住み同棲生活を始めます。 (現在も住居はモナコです。 ) 欧州の大手石油会社の人事(HR) そこでエレナはヨーロッパの石油会社「Tamoil the Libyan oil company」で 人事としてキャリアをスタートさせました。 水着ブランドのモデル 2013年には、その美貌とスタイルを活かして、高級ランジェリー・水着ブランドの「」のサマーコレクションの 水着モデルに起用されています。 当初、エレーナ自身は水着モデルの仕事をすることは乗り気じゃなかったそうですが、Figleaves社が売上から財団に寄付をするということで引き受けたらしいです。 コンサルタント 3年間に渡りデジタルマーケティング・ブランディング・コミュニケーション分野のコンサルタントとして活躍していました。 【才色兼備】ノバク財団のCEOを務めたMBAホルダー NOVAK DJOKOVIC FOUNATION HPより ノバク財団の理事 エレナはジョコビッチのパートナーとして彼の跳躍を支えるのは勿論のこと、現在 (役員理事)も務めビジネスサイドでも支えになっています。 ノバク財団は世界中の恵まれない子供達を支援する目的でジョコビッチが設立した財団です。 当初はエレナが CEOを務めていましたが、現在は役員の一人として活動しています。 国から表彰を受ける人格者 2014年にはセルビアで子供達へのチャリティー開催などの熱心な支援活動を表彰されました。 MBAホルダー エレナは、 ビジネス系の学位と修士(MBA)を持つ才女です。 彼女が卒業したルイージ・ボッコーニ大学は、イタリアのミラノに位置する歴史的なビジネス大学で、イタリアで最初に経済学部を開始した大学です。 世界およびヨーロッパで最も優秀なビジネススクールの一つとして認められています。 その後石油会社でビジネスキャリアを積み、2011年にはモナコ唯一の大学であるモナコ国際大学(IUM)でMBA(経営学修士号)を取得しています。 IUMは2006年の世界のビジネススクールランキングで75位に入る高い教育プログラムを誇ります。 7つの言語を使いこなすマルチリンガル 母国のセルビア語、英語、イタリア語を含む7つの言語を使いこなすことが出来きます。 夫のジョコビッチもセルビア語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語を操るマルチリンガルでです。 ジョコビッチとエレナの「出逢いは高校時代」 ジョコビッチとエレナが出会ったのは高校時代です。 ジョコビッチの1つ年上でした。 8年の交際を経て2014年7月10日に結婚しました。 ジョコビッチが2014年からスポンサー契約しているワインメーカー「 ジェイコブス・クリーク」のの第二弾キャンペーン動画に夫婦で登場しています。 「 笑いこそが人生の幸せ、ノバクとエレナの初デート」と題して、2人の初デートの思い出がコミカルに描かれています。 ネットでも大人気の素敵な動画です。 ジョコビッチとエレナの「結婚式」 2014年7月にはアドリア海に面する小国モンテネグロで結婚式を挙げました。 モンテネグロのスヴェティステファンというリゾート地で、 家族と親しい友人のみの小規模な結婚式でしたが総額は7,000万円と言われてます。 当日は、スヴェティステファンとその周辺は、報道陣が入れないように外部から遮断され、リゾート地の従業員やウェイター、スタッフは挙式中に携帯電話を使用しないという署名をし、厳戒態勢だったそうです。 地元メディアによれば、結婚式にはコーチのボリス・ベッカー氏とマリアン・ヴァイダ氏、またテニス選手のマリア・シャラポワやアンディ・マレー、そしてデビスカップでもチームメイトのヴィクトル・トロイキ、ネナッド・ジモンイッチら140人が招待されたそうです。 そして、ライバルでもあり友人でもある マレーが結婚式のベストマン(新郎の世話人であり、結婚指輪や結婚証明書を運ぶなど、挙式進行のサポートをする重要人物で)をつとめました。 「息子ステファン君」が生まれ父親になる ステファン君と遊ぶジョコビッチ 挙式から3か月後の2014年10月には、 第1子のステファン君が誕生ました。 子供の誕生はジョコビッチを精神的に成長と安定をもたらし、様々なコメントをメディアに残しています。 「正直なところ、先週父親になり、すでにナンバーワンを獲得したような気持ちだよ」 「もちろん、心理的な面での変化はあったよ。 でも、誰かとプレーするということと、子育てをするということは特別なモティベーションになるものなんだ」 「僕たち夫婦は子供を授かって、親になった。 これは最高に美しい経験だよ。 パリは親になって初めての大会だった。 そして、僕はそこで失セットゼロで勝った。 これはもっとたくさん子供をつくらないといけないと思ったよ」 「来年は赤ちゃんにとって何がベストなのかを考えてシーズンをスタートすることになるね。 それが最優先だ」「もちろん、父親として子供の人生に関わっていきたいし、それができるといいなと思っているんだ」 「(子どもの誕生は)僕たちに愛の素晴らしさを違う視点からみせてくれて、エネルギーを与えてくれた。 おかげで家族の絆はより一層強まった」 「家に帰れば、僕はもうテニス選手じゃない。 父親で、夫だ。 それが絶妙なバランスを作り出していて、その影響でプレーが良くなっているんだと思う」 「結婚し、父親になって以来、僕はほとんど負けてない。 いろんな大会で優勝した。 すべての選手に伝えたいよ。 結婚して、子どもを作ろうってね」 ジョコビッチは父親であり選手であることに関して、フェデラーからアドバイスを受けているそうです。

次の

フェデラーが結婚した妻との馴れ初めは?二組の双子が可愛すぎる件

フェデラー 奥さん

ラファエル・ナダルってどんな人? プロフィール 生年月日 1986年6月3日 出身地 スペイン 身長 185cm 体重 85kg 略歴 1990年 4歳からテニスを始める 1994年 8歳でスペインの12歳以下の大会で優勝 2001年 15歳でプロ入り 2003年 4月16歳10ヵ月で世界ランキング100位入り 2003年 8月17歳2ヵ月で世界ランキング50位入り 2004年 オレンジ・ワルシャワ・オープンでシングルス初優勝 2005年 19歳2日で全仏オープン初優勝 世界ランキング2位になる 2006年 全仏オープン2連覇達成 2007年 全仏オープン3連覇達成 2008年 全仏4連覇、全英初優勝・五輪金メダル、世界ランク1位になる 2009年 全豪オープン初優勝 2010年 全仏5度目の優勝 全米オープン初優勝 キャリア・グランドスラム達成 2011年 全仏オープン6度目の優勝 2012年 全仏オープン7度目の優勝 2013年 全仏オープン8度目の優勝 2014年 全仏オープン9度目の優勝 2016年 リオ五輪ダブルスで金メダル獲得 ラファエル・ナダルが結婚しない理由とは? ナダル選手の彼女は、 マリア・フランチェスカさん( Xisca シスカ)です。 長身でスタイルバツグンの美人さんです! — 10月 23, 2015 at 11:01午前 PDT マリア・フランチェスカさんとは、2005年頃から付き合いだしたようです。 このニュースが流れた時、ナダル選手の女性ファンはかなりがっかりしたようですね・・・。 そしてその頃からナダル選手は急激に成長して、2005年の7月には19歳1ヶ月でロジャー・フェデラー選手に次ぐ、世界ランキング2位にまで上り詰めています! これは完全にマリア・フランチェスカさんが幸運の女神と言ってもいいのではないでしょうか! その後も2007年には全仏オープンで3連覇。 翌年の2008年には、全仏オープンで4連覇、全英オープン初優勝、北京オリンピック金メダル、世界ランク1位獲得と勢いが止まりません! そして2010年には、キャリア・グランドスラムを達成し、男子2人目の 「キャリア・ゴールデンスラム」を最年少で達成してキャリア最高の成績を残しています。 ここまで来ると、もう一段落して結婚しても良さそうなものですが、実は2011年に一度破局したような情報流れます。 これは恐らく、マリア・フランチェスカさんがナダル選手の試合に顔を出さなくなったので、別れたのではないか?と言う噂が流れた為だと思います。 しかし、それはまったくのデタラメで、2人は現在も変わらずラブラブのようです! しかし、これだけ長く付き合っていながらなぜ結婚しないのでしょう? 結婚しないのはマリア・フランチェスカが原因!? マリア・フランチェスカさんは、有名になるとか、あまり目立つのが好きでは無い人のようです。 なので、出来れば有名人のような生活はしたくないと思っているみたいですね。 これは憶測ですが、ナダル選手と結婚すると、完全に有名人の妻として常に追い掛け回されるハメになるので、それを懸念しているのかも知れません。 とはいえ、今でも十分追われてると思いますが・・・ そして、マリア・フランチェスカさんはとても献身的な方で、ナダル選手が試合に集中できるようなサポートを日々続けているようです。 やはりこう言うパートナーが居てこその、ナダル選手の活躍があるのですね! 結婚はいつされるかは分かりませんが、ひょっとしたらナダル選手が引退してから結婚しようと決めている可能性もあると思います。 ナダルとマリア・フランチェスカの馴れ初めは? マリア・フランチェスカさんは、1988年7月7日生まれなので、2017年の誕生日で29歳になります。 ナダル選手よりも2つ年下です。 彼女もナダル選手と同じスペイン・マヨルカ島出身で、ナダル選手とは幼馴染だったのようです。 幼馴染と言っても、家が隣とかでは無く、学校で初めて会ったとの事なので、クラブの先輩後輩のような関係だったのかも知れません。 マリア・フランチェスカさんの愛称 「 Xisca シスカ」は、彼女のペットの愛称から取られたみたいですね。 そして、マリア・フランチェスカさんは、地元の学校を卒業するとイギリスへ飛び、経営管理と英語を学んで現在は 「ラファエル・ナダル財団」の社会統合担当ディレクターとして働いているようです。 と言う事は、プライベートのパートナーでもあり、仕事上のパートナーでもあるのですね。 そんなナダル選手と、ずっと知り合いの関係だったものの、2005年頃から恋人関係になって行きました。 そうなるずっと前から、お互い意識はしていたのかも知れませんね! 現在も変わらす仲は良いようなので、恐らく2人は籍が入ってないだけで、ほぼ事実婚状態だと思います。 何か考えがあっての事だと思いますが、近いうちに盛大な結婚式を挙げるかも知れません。 その時はやっと結婚したか!と祝福してあげましょう! こちらの関連記事もどうぞ! 女子テニス選手 終わりに これだけ長い間付き合っていて、仲も良いのに結婚していないのも不思議ですが、子供が出来たりすればすぐに入籍という流れになるのかも知れません。 そして、これだけ名前も顔も知れ渡っていれば、マリア・フランチェスカさんも、もはや一般人とは言えないでしょう。 少なくとも世間の間では、マリア・フランチェスカさんが、ナダル選手のパートナーと認識されてるはずです。 これで突然ナダル選手が違う女性と結婚したら、事件級の扱いを受けそうですが、恐らく近い将来に2人の結婚の報告が聞けるのではないかと思います!.

次の

ロジャー・フェデラーの妻(嫁)がやばい!フェデラーの成績は?性格が良い?恐妻家?

フェデラー 奥さん

スポンサーリンク 妻との馴れ初めについて 出典: フェデラー選手は2000年に同じテニス選手のミロスラヴァ・ヴァヴリネックさんと結婚しています。 ミロスラヴァさんは愛称ミルカと言われており、元プロテニス選手です。 世界ランクは最高88位と、かなりの好成績ですよね。 出典: 2000年のシドニー五輪の選手村で出会ったフェデラー選手とミルカさん、フェデラー選手がもう一目ぼれして猛アタック、お付き合いが始まりました。 しかし、当時プロテニス選手だったミルカさん、怪我の影響でなかなか勝てず、家に引きこもりうつ病を発症してしまいました。 そんなミルカさんを案じて、フェデラー選手は自身のマネージャーとしてオファーを出しました。 うつ病で苦しんでいる彼女をそばで支えたいという、彼女をいたわる気持ちからのオファーだったのでしょう。 当時、ミルカさんはこんな風にコメントしています。 「このオファーはロジャーが私に与えてくれた最大限のサポートだった。 彼は私に再びテニスに関わる人生を与えてくれた。 彼の勝利は私達の勝利になった」 彼のオファーが彼女を救ったのです。 テニスの実力だけでなく、ご主人さまとしても素敵なフェデラー選手ですね。 二組の双子が可愛すぎる そんなフェデラー選手とミルカさんの間には子供が4人います。 しかも、なんと双子が2組!双子が2組の6人家族、聞いたことがありますか?私はありません。 相当な確率ですよね。 最初の双子は2009年に生まれた女の子で、ミラーちゃんとシャーリーンちゃんです。 そのミラー&シャーリーンちゃんの写真がこちら。 出典: 抱えているのはミルカさんとお母様でしょうか。 とっても可愛らしいですね。 どちらかと言えば奥さん似でしょうか。 2014年に生まれた次の双子はなんと二人とも男の子!レオ君とレニー君です。 フェデラー選手はレオ君たちが生まれた日、こんな風にツイッターでつぶやいています。 「ミルカと私は今日の夕方、レオとレニーが生まれて来てくれた事に信じられない幸せを感じています。 また双子だなんて・・・奇跡だ!」 女の子の双子と、男の子の双子なんてまさに奇跡的!バランス的にも最高ですよね。 そんなお二人の写真がこちらです。 出典: まだ生まれたばかりで、どちら似かは分かりませんね。 でも、将来は二人の血を受けついだ、素晴らしいテニス選手になってくれそうです。 まとめ ミルカさんと4人のお子さんが原動力となり、34歳の今でもトップ選手として活躍するフェデラー選手、奥さんが一緒にツアーに行きたくなくなったら引退するとコメントしているそうですが、まだまだフェデラー選手の活躍が見られそうですね。 スポンサーリンク.

次の