キバナ鈴木達央。 アニメ「ポケットモンスター」 人気のキバナ役に鈴木達央が抜擢

テレビアニメ「ポケットモンスター」ガラル地方ドラゴンジム・ジムリーダーのキバナ役は鈴木達央に決定!

キバナ鈴木達央

ドラゴンタイプの使い手で、ガラル地方ドラゴンジム・ジムリーダーでもあるキバナは、パートナーポケモンのジュラルドンと共に一気にマスターズエイトの1人となった実力者です。 最強ライバル同士のバトルの行方は……? ダンデの絶対的エースであるリザードンと、キバナのパートナーポケモン、ジュラルドンの大迫力のバトルにも注目です! また、5月31日まで期間限定で全話公開中。 YouTubeのプレイリストはです。 さらに、キバナ役・鈴木達央さんからコメントが到着しました。 キバナ役・鈴木達央さんコメント• テレビアニメ『ポケットモンスター』にキバナ役として参加させていただきます。 キバナがとても愛されている男だということは耳にしていたので、大きなプレッシャーを感じていました。 バトル中の彼の表情に引っ張られて、自分も高揚感が収まりきらない程だったので、ものすごく有意義な時間を共に歩めたと思いますし、それがフィルムにも表れていると思います。 キバナの登場を楽しみにして頂き、是非これからもテレビアニメ『ポケットモンスター』の世界を愛して頂けたら嬉しいです。 メーカー: ポケモン• 対応機種: Switch• ジャンル: RPG• 発売日: 2019年11月15日• メーカー: ポケモン• 対応機種: Switch• ジャンル: RPG• 配信日: 2019年11月15日• メーカー: ポケモン• 対応機種: Switch• ジャンル: RPG• 発売日: 2019年11月15日• 対応機種: Switch• ジャンル: RPG• 配信日: 2019年11月15日• メーカー: ポケモン• 対応機種: Switch• ジャンル: RPG• 発売日: 2019年11月15日• メーカー: ポケモン• 対応機種: Switch• ジャンル: RPG• 配信日: 2019年11月15日•

次の

「ポケモン」キバナ役に鈴木達央「皆さんのキバナに対する愛情がもっと大きくなれば」|アニメ・ゲーム・声優イベントなどのチケット情報ポータルサイト

キバナ鈴木達央

TVアニメ『ポケットモンスター』に、ガラル地方ドラゴンジム・ジムリーダーであるキバナの登場が発表。 声優・鈴木達央がキャストを務め、出演にあたりコメントが到着した。 アニメ『ポケットモンスター』では、ライバル・ダンデとのバトルが行われるとの情報が。 ダンデの絶対的エースであるリザードンと、キバナのパートナーポケモン・ジュラルドンとの戦いにも注目が集まる。 そんなキバナを演じるのは、鈴木達央に決定。 コメントも到着している。 <以下、コメント全文掲載> 【キバナ役・鈴木達央】 キバナ役・鈴木達央 テレビアニメ「ポケットモンスター」にキバナ役として参加させていただきます。 キバナがとても愛されている男だということは耳にしていたので、大きなプレッシャーを感じていました。 バトル中の彼の表情に引っ張られて、自分も高揚感が収まりきらない程だったので、ものすごく有意義な時間を共に歩めたと思いますし、それがフィルムにも表れていると思います。 キバナの登場を楽しみにして頂き、是非これからもテレビアニメ「ポケットモンスター」の世界を愛して頂けたら嬉しいです。

次の

ポケモンのキバナ役声優(CV)は誰?鈴木達央の経歴やイケメンな画像は?

キバナ鈴木達央

ソニー・ミュージックエンタテインメントが藤沢文翁と立ち上げた3. 5次元音楽朗読劇ブランド「READING HIGH」の第5回公演『THANATOS〜タナトス〜』が、2020年8月1日(土)〜2日(日)に開催。 この度、4人からコメントも到着。 以下にて紹介する。 今回のお話は登場人物が限られているので、今から緊張もしますが、楽しみにしております。 精神分析を用いて記憶を辿る、安楽椅子探偵の推理を楽しんでいただければ幸いです。 事件の鍵を握るルナ・ワルポールを演じさせていただきます。 さまざまな表情を持つ彼女をどのように作り上げていこうかと、今から楽しみな気持ちでいっぱいです。 彼女の記憶の中にいったいどんな真実が隠されているのか、ぜひご注目くださいませ。 皆さんをしっかりと作品世界へトリップできるよう全力を尽くしたいと思います。 スコットランドヤードの警部デイヴィッドを演じさせて頂きます。 ルナの記憶を紐解き事件の深層へとドクター・エドムントと共に迫ります。 素敵な共演者と音楽と朗読で展開される極上のミステリーをご堪能ください! 本日より、配信視聴チケットの販売が開始となった。 作品概要 【ストーリー】 1899年 霧の都、ロンドンは幽霊船事件の話題でもちきりだった。 事件の鍵は、唯一の生存者である彼女の記憶の中に・・・。 1899年、大富豪アーサー・ポールが個人所有していた豪華な船が、みるも無残な漂流船として発見された。 生存者はたった一人の女性。 他の乗組員の姿はなく、女性は記憶を失っていた。 この事件は「幽霊船事件」として、ロンドン中を駆け巡った。 全ての答えは封印された彼女の記憶の中にある。 天才心理学者エドムント・アインハルト スコットランドヤードのデイヴィッド・スウェイン警部が挑むサイコサスペンス。 彼女の記憶は再び海を漂流する。 【イントロダクション】 2018年にソニー・ミュージックエンタテインメント50年記念作として再演された 「HYPNAGOGIA〜ヒプナゴギア〜」は僕のデビュー作でもあり非常に思い出深い物語です。 本作は、「HYPNAGOGIA」の姉妹作として書かれた作品で「HYPNAGOGIA」の語源のヒプノスは、ギリシャ神話に登場する眠りの神その双子の兄弟がタナトス死の神です。 人の心の中を描いた全くトーンの異なるこの二作。 しかし、「HYPNAGOGIA」には愛おしさの中に恐ろしさがあり「THANATOS」には恐ろしさの中に愛おしさがあり、まさに姉妹作と呼ぶのに相応しい二作となっております。 今回は、作曲・音楽監督の村中俊之が「HYPNAGOGIA」の旋律を、「THANATOS」の旋律に忍び込ませ、そういった要素をさらに色濃く描写しています。 人の心は、幾重にも重なった層になっているといいます。 その面白さをリーディングハイで二作上演できることを幸せに思います。 イープラス「Streaming+(ストリーミングプラス)」にて各公演を生配信いたします。 生配信終了後、期間限定でアーカイブ配信をご覧いただけます。 予めご了承ください。 予めご了承ください。

次の