ケアマネ勉強。 ケアマネの勉強はいつから始めるといい?始める時の時期について

ケアマネ 試験勉強方法別での費用比較【2020年度(第23回)試験対応】|独学・通学・通信講座|介護の資格 最短net

ケアマネ勉強

早すぎるデメリット 売れ残りの本しかない 本屋さんに行ってみてください。 今、売られている本(参考書や問題集)は、今回の試験対策用です。 来年の試験対策で使えるとは限りません。 ケアマネ試験直前になっても、試験対策本はたくさん店頭に残っています。 ケアマネ試験が終わっても残っています。 売れ残りの本でも使えるんじゃないの?と思っていませんか? 全く使えない訳ではないです。 が、足を引っ張ってしまう事になるのです。 二度手間になってしまう 10月~年内に売られている試験対策の本は、その年の対策用です。 次回の試験までに法改正があって、正解が変わってしまう事があります。 せっかく苦労して覚えたのに、法改正のために覚えなおしてしまう手間が増えてしまいます。 仕事や家事の合間に勉強する事が多いでしょう。 手間だけならまだしも、頭が「どっちだったけ?」と混乱してしまいます。 始めるのが早すぎたがために、貴重な1点を失う事にもなりかねないのです。 売れ残りには手を出さず、新刊を待つ 受験するのは今回ではなく次回ですよね。 次回試験対応の本が出るまで待ちましょう。 変更されているのに、変更される前の事を覚えて、本番で失点してしまっては意味がありません。 リンク 勉強開始は5月開始がおすすめ ケアマネ試験勉強を始める時期は、 5月頃がおすすめです。 各出版社の新年度対策本が揃っておらず、購入はおすすめできません。 問題演習量を増やす=合格率を高める、です。 Amazonなどのレビューも、発売直後よりは増えてきて、活用のしかたの参考になります。 書店の店頭で見比べる 余裕のある方は書店の店頭で実際の本を見比べて下さい。 ネットで評判を調べておいて、実物を手に取って決めるのが最強です。 これから半年ほどじっくりお付き合いする相手です。 相性の良い本を選びたいものです。 「福祉」コーナーがある大きい書店で確認しましょう。 多くの出版社かつ多くの在庫があります。 小さい書店にはまず置いてないか、売れ筋が1~2冊置いてある程度です。 その1~2冊が売れてしまうと、店頭での確認ができません。 文字や本の大きさや濃さ 文字の大きさに注目しましょう。 老眼が始まって小さい文字が読みにくくなっているかも知れません。 読みやすく、疲れない、適度な大きさの文字で印刷されているか確認しましょう。 本の大きさにも注目してみましょう。 大きい本だと、開いたまま勉強しやすいうえに、書き込みもしやすいです。 その反面携帯性には欠けます。 全体的な配色 色使いもチェックして下さい。 薄めの朱色で 2色刷りされている本が多いです。 晶文社の本は モノクロ印刷です。 こちらも読みやすく疲れにくい、重要な所は目立つように配色がされている、等がポイントです。 色が付いていると集中できないタイプの方、色を自分でつけて勉強を進めたい方は、 モノクロの本が良いでしょう。 試験経験者<リベンジ>勢は6月 リベンジ勢は 6月頃から、新しく本を 買い直して始めましょう。 試験の経験者は、一度は勉強をした分、勉強を有利に進められる利点があります。 初回受験者よりも、1~2か月遅く勉強をし始めても間に合います。 過去の本は参考の参考程度にしましょう。 むしろ処分しても良いくらいです。 早すぎると再び悲劇になる 勉強再開があまり早いと、今度は中だるみをしてしまい、更なる悲劇となります。 次回の再受験者に向けて、リベンジ熱がまだ熱いうち(年内)に攻略を進めていきたい!という気持ちは分かります。 超難関の試験や、毎年ほぼ同じ過去問が繰り返し出題される試験なら、早めに再開して勉強を続行する意味があります。 しかしケアマネ試験は、超難関試験でもないし、同じ問題が繰り返し出題される試験でもありません。 集中力が続かず、試験前に疲れてしまう、実力のピークをもっていけない可能性が高まります。 リセット期間が必要 間違った試験対策で合格ができなかったのですから、一度やり方をリセットする必要があります。 頭の中をリセットさせる・まずはお疲れ様、という意味でも、一度勉強から離れておく事も大切です。 距離を置いた後に、再度取り組む事で、見えてくるものがあるはずです。 まとめ ケアマネ試験の対策本は、年明けから発売されます。 初受験なら 5月頃から、再受験なら 6月頃から始めましょう。 間違って覚えてしまう事を避けるため、過去試験対策本の再利用はやめましょう。

次の

【おすすめ勉強法】ケアマネ試験勉強法 【良いスタートを切る為】

ケアマネ勉強

ケアマネ試験に合格するためには、それなりの勉強時間や期間が必要となります。 では、実際に1日に必要な時間はどれ位必要なのでしょうか? この答えは、言うまでもなく、どれ位の勉強期間によっても異なります。 試験まで1ヶ月しかなければ、1日に5~6時間くらいは欲しいでしょうし、 私のように7ヶ月もの勉強期間があれば、1・2時間程で大丈夫かもしれません。 ですから、必要な勉強時間と言うのは一概には言えないのですが、 最低限必要な時間の目安だけは書いておきますね。 もちろん、あくまで目安ですから、参考程度にしてください。 もちろん、1日10分とかでは、まず間違いなく落ちます… 勉強方法も、個人的な意見から書いておきますので、参考にしてください。 勉強期間が1ヶ月程度しかない場合 もはや、仕事なんかしている場合では無いかもしれません(笑) とにかく、勉強に集中する必要があるでしょう。 最短で合格するためには、とにかく重要なことを暗記、暗記の連続です。 苦痛ですが、自業自得です。 頑張るしかありません。 小難しい本は絶対に避けて、簡単な参考書を数冊購入し、 その本に書かれている重要なことは、全て暗記するつもりで読んで下さい。 また、2~3年間分の過去問は一度はやっておいた方が良いでしょう。 過去問から全く同じ問題が出ることはありませんが、傾向はつかめます。 どんな問題が出るか分かるだけでも、勉強の仕方も上達するはずです。 とにかく、満点を目指すのではなく、最低ラインの合格を目指すしかありません。 そのためには、無駄で効率の悪い方法は避けると同時に、最大限の努力をして下さいね。 そして最後に、もう一つだけ、一番重要なことをお伝えしておきます。 それは、 介護支援分野に一点集中するくらいの気持ちで勉強して下さい。 他の分野は、簡単な問題が多いですから、比重を置かないようにしましょう。 もちろん、受験者の受験項目は人によって違いますし、年度によっても難しさは変わってきます。 しかし、ケアマネ試験受験者の一番の壁は、やはり介護支援分野なのです。 この分野を超えてこそ、合格への道のりが開けると言っても過言ではないのです。 以上のことを踏まえ、勉強期間1ヶ月程度の人は、1日5時間以上は必要と考えます。 ちょっと辛いでしょうが、仕方ないですね。 頑張ってください。 ちなみに、1ヶ月しか勉強期間が無い人は、こちらの教材をおすすめします。 勉強期間が3ヶ月程度ある場合 3ヶ月位ある人は、1ヶ月間しか無い人に比べたら、随分楽ですね。 系統だてて勉強することも出来ますし、人によっては通信講座も利用できます。 とにかく焦らずに、自分なりの計画を立てて、間違った勉強方法をしないようにしましょう。 また、勉強期間が3ヶ月ある人は、少し難しめの参考書での勉強も良いと思います。 難しくて細かいことが書いてある参考書を1,2冊購入しておけば、分からないことが合った時にも困らないですし、何よりも安心感があります。 また、優しい参考書と平行して、少しづつ勉強すれば、理解度も深まっていくはずです。 ただし、難しい本は、量が膨大なので、暗記にはあまり向いてません。 あくまでも、理解を深めたり、辞書代わりに使ったりするようにしましょう。 だたし、大切だと思うところには、マーカーなどで印を付け、暗記するようにして下さい。 また、過去問も平行して行うことも大切ですから、過去5年間分の問題を解いて、すべて理解するようにして下さい。 勉強期間が3ヶ月程度ある人は、間違った方法で勉強しないよう、十分計画して下さい。 そして、効率よく吸収することが出来れば、比較的少ない時間でも大丈夫だと思います。 もちろん、覚えることは沢山ありますから、それでも最低2,3時間位は取るようにして下さい。 勉強期間が6ヶ月以上ある場合 半年以上ある方は、特に言うこともありません… と言うのは冗談ですが、本当に安心して勉強に取り組む事が出来ます。 勉強方法としては、上記の3ヶ月程度の期間の勉強方法と、基本的には同じ方法で良いのですが、 よりじっくり取り組むようにし、慌てずに少しづつ前進して行きましょう。 とにかく間違った方向にさえ行かなければ、比較的少ない勉強時間でも合格は可能です。 しかし、どうせ勉強するのであれば、やはり絶対に合格はしたいですよね。 ですから、期間が長いと言っても、勉強時間を極端に減らすのではなく、なるべく沢山勉強して下さい。 そしてその時に役立つのが、です。 この教材自体、結構なボリュームがありますから、じっくりと学ぶ人には最適です。

次の

ケアマネ 試験勉強方法別での費用比較【2020年度(第23回)試験対応】|独学・通学・通信講座|介護の資格 最短net

ケアマネ勉強

・看護師の実務は約15年 ・退院支援を扱う地域包括ケア病棟に4年ほど勤務 ・育児休暇中4月に勉強開始。 勉強期間は育児の合間に約半年間。 ・ 勉強時間は最初のころは毎日30分~60分まで。 最後の1か月ほどは焦ってきたので1~2時間ほど ・使った参考書 晶文社シリーズ となっております。 もともと持っている経歴についてはほとんど役立たずでした。 次に詳しく述べたいと思います。 私は半年前から勉強を初めて合格までたどり着けましたので、どんな感じで勉強したのかも書いていきますね。 私の職業のスペック「看護師」はほぼ役立たず・・・でした。 ある意味どの職種もみんなスタートラインは同じです。 私は看護師としては総合病院で16年目。 育児休暇・病気休暇を除くと実質14年間ほど働いてきました。 もともとの性格がぽーっとしていてあまり看護師の能力に自信はないんですが・・・一応経験年数だけで考えればやや上席よりの中堅レベルだと思っています。 ある程度ではありますが、疾患の知識もあります。 検査データを読むことも看護師レベルならば人並みにはできます。 さらに職場がら普段から介護度やサービスのことなど耳にする機会が多く、認定調査を実際によく受ける立場で、患者さんの退院時期になると担当のケアマネさんたちとカンファレンスを日常的に行っていたので、ケアマネの試験に関しては少しくらいわかる問題もあるかな?と甘い考えをもちつつはじめて問題を解きました。 結果・・・ 惨敗! そんなことですから、ケアマネを受ける様々な職種の方に言いたい。 みんなスタートライン同じだよ!って。 看護師の方にお伝えしたいこととしては 現場での医療の知識、そんなには役に立たないよって。 じゃあ、ケアマネ合格なんてなおさら無理なのでは?! …って思いたくなりますが、思わないでくださいね。 問題、確かにすごく難しいんですが、勉強をすすめるうちになんというか・・・ 合格するためのコツがあるなって気が付いたのです。 最初からの知識はそんなに関係ない。 コツを掴んである程度真面目に取り組めば合格できると感じました。 コツも知らなかったまっさらな状態の私でも半年の勉強でなんとなくケアマネ試験のコツを掴み合格ラインに到達できたので、ケアマネを目指してみようという方は合格率に尻込みせず是非チャレンジしてほしいなって思います。 ケアマネ試験勉強 独学でも合格できちゃうコツ3つ 半年間勉強して自分が気が付いた勉強のコツ、を今日は書いていきたいなと思います。 どなたかの参考になれば・・・。 介護支援専門員 実務研修受講試験の問題数は全部で 60問です。 内訳としては まぁどこの出版社の参考書も同じかと思いますが、晶文社さんも合格テキストはなかなか分厚い参考書です。 その分厚さに購入時は圧倒されますが、出題される分野はだいたい決まっています。 怖気づかずに各項目の知識を深めていきましょう。 今日は生活保護について理解するぞー!財政安定化基金のことならもう全部わかるぞ!みたいな感じでしょうか。 でも実際のところは試験問題はかなりひねった表現で出されます。 3つくらいわかれば、自信ないけどこれでいいかな?くらいには答えられるようになるかな。 基本的なところが分かっていないと話にならないので知識の積み重ねは大事です。 私は合格テキストを眺めているだけでは知識が頭に入ってきませんでしたので、問題を解きながら覚える、または動画を見ながら覚えるという方法をとりました。 試験問題の全体像を把握する こちらは2番目の各項目を深めると同時進行がいいのですが、ケアマネの試験ってだいたいこの分野からこんな感じで試験問題がでるんだな・・・っていう感覚を掴むことです。 それには過去問を解くのがおすすめです。 晶文社さんの過去問は問題解説に問題の解き方…つまりどういう思考回路で選択肢を選ぶか書いてあります。 この思考回路を学ぶのもコツのひとつかなと思います。 ぜひ解説を読んでみてくださいね。 開設を読んでみると 「こんな問題、意地悪でしょ!消去法で行くしかないわ」 「これは基本的な問題だから自信持って選ばないとね?」 みたいな感じで解説されていますね。 本を作られた方の人間味あふれる愛を感じるのは私だけでしょうか。 私は最初はこれくらい答えられないとね?って書かれていた問題も分からなくて挫けてましたが、3回目くらいになるとだいぶ分かるようになりますよ。 前半の介護支援分野の数字の羅列もパターン化していることが見えてきます。 覚えづらいものはyoutubeで動画配信されている授業を見ると、スッと頭に入ってきたりするので単調に問題を解き続けたり、テキストを眺めるのではなく、勉強にメリハリをつけて暗記しやすくしていくと効果があります。 ある程度各項目の知識が深まってくると、試験の全体像も見えてきます。 私が思ったのはこれまでの傾向からみて最初の2問はかなり難しくて勉強の効率が悪いので諦める…というもの。 条例の細かい文章が出題されたりほんとに難しい。 反対に24、25問目あたりは事例問題が出るのですが、そこは常識の範囲でこたえられることが多いラッキー問題です。 保険福祉サービス分野の最初数問は医学系の知識が問われます。 後見人制度、生活保護についてはだいたい何かしら出題されることが多いです・・・といった具合。 前半後半でそれぞれ合格ラインをクリアしなければいけませんから、全体像をつかんだうえで自分の不得意な分野を重点的に学習するなどの調整が最後のほうになると必要になってくるかと思います。 こっちの分野のつめが甘いな・・・とか自分で理解できるようになることが大事だと覆います。 過去記事でものでよかったらご覧ください。 私は子育て中でセミナーにも通えませんでしたし、収入も少ない時期なのでなるべくお金のかからないように勉強しましたよ。 ケアマネ合格までの効率的な勉強スケジュールはこれ! 以上から私が考える効率的な勉強スケジュールをあげてみますね。 1:過去問5年分を解きながら、合格テキストでざっくり学習 2:過去問5年分をもう一度解く 3:基本テキストを見ながらYouTubeにて授業を受けるようなスタイルで学習 4:基本問題集上下巻を解く 5:苦手なところを動画で復習したり、他の問題集を解いて最終の押さえをする こんな流れで理解が深まればOKと思います。 私はコツを理解するのに時間がかかったので、前半はあまり知識が深まっていませんでした。 後半で巻き返したな・・・って思います。 最初のころはあまり集中もできていませんでしたから、ポイントを押さえた学習方法で毎日1時間みっちり集中して勉強できるならば最短で2か月でも間に合うのかもしれませんね。 実際には仕事と勉強の両立も大変なので、 私のように半年前くらいには勉強開始したほうがいいとは思います。 毎日寝る前に30分だけ!と習慣づけることができればこっちのものです。 私は基本問題集上下巻を各3回、過去問3回に加えて、ほかの問題集として1問1答を2回、予想問題集を2回やりました。 最終的にはやればやるほど不安な時期に突入してしまうのですが、それくらいになれば合格ラインに達してきていると言えるのかなと感じます。 試験合格後は研修がまっている このケアマネ試験 介護支援専門員 実務研修受講試験という正式名称でして・・・つまり ケアマネの実務研修を受ける資格がもらえるよっていう試験です。 このままではケアマネになることはできません。 実務研修は私の住む都道府県では2期に分かれていて私は来年度に受ける予定です。 また実務研修の様子も記事していければと考えています。 しかし受講料・・・結構高額なんですよね。 私の地域では50000円ほどです。 そして研修の日程もけっこう多く、仕事をしながら受講するには職場の理解が必要です。 でも研修はすごく楽しみです。 同期のケアマネの卵のみなさんとの交流も今から楽しみです。 ケアマネをとった後は・・・?将来の夢 ケアマネをとることができたら、ケアマネとして働いてみたい気はするのですが、実際のところは看護師として働くほうが給料も高いようで、自分がどんなスタイルで働いていけるか具体的にはイメージできてぎません。 兼任とかできるといいのかな?とも思うけど、どちらも中途半端になりそうだし。 とにかく将来は訪問看護に携わりたいと思っているので、そちらの方面で資格を生かしていきたいなと考えています。 それではここまでお読みいただきありがとうございました。 当ブログを書いていますtowaと申します。 どうぞよろしくお願いいたします。 ごあいさつ 家計改善に目覚めて「節約」「お得」「資産運用」など試行錯誤したことを書き残したく、ブログを立ち上げました。 ブログ名の*ためドキ*は家計管理やろう、って思ったその時から「貯め時」なんだ!という意味でつけてみました。 そして成功あり、失敗ありの私の挑戦記録が皆様の生活にも少しでも「ため」になれれば幸いだと考えています。 年齢 アラフォー 家族構成 夫、長男(小学校低学年)、次男(幼児)の4人暮らし どんな人間? 初対面では学級委員っぽい お堅そうってこと? らしいのですが、実際のところは友人によるとかなりの天然らしいです。 自身の学びを深めたくケアマネジャ-も取得しました。 叶うならばケアマネとしても経験を積みたい。 地域の高齢者医療に貢献したいという志で頑張ってみます。

次の