親指 付け根。 足の親指?もしくは付け根が痛い?

足の親指の付け根が痛い!腫れ・違和感を感じる原因と対策は

親指 付け根

親指は他の四本の指と向かい合うことができる指で、何か他の指と違った雰囲気があります。 親指は、末節骨・基節骨・第一中手骨という3つの骨と、IP関節・MP関節・CM関節という3つの関節で形作られています。 この3つの関節によって、親指独特の動きをすることになります。 第一関節がIP関節で、親指の付け根の第二関節がMP関節にあたり、CM関節は掌の中にあります。 この親指をしげしげと見ることは、あまりないのではないでしょうか。 よくよく見てみるとほくろがあったりします。 ほくろ占いで親指を見る場合、第一関節より上、第一関節と第二関節の間といった形で、関節のシワなどで領域分けて見ていきます。 ほくろは体中にできますが、親指でも、第一関節や第二関節、手の甲側や手の平側といろいろな位置に現れます。 その現れる位置で意味合いも変わります。 手相でもほくろ占いでも親指は家族や親族、先祖や生活力を表す指として知られています。 親指にほくろが現れている人は、基本的に精神が安定し、しっかりとした生活を送っているとされます。 運気の流れが良い方向に向かっているはずです。 何事もじっくりと取り組むことができ、恋愛面では素晴らしい相手と巡り合えるとされます。 一方で、親族などの身内との関係に支障が出ることもあります。 これにプラスして現れている位置によって意味の解釈が変わってきます。 また同じ位置でも右手か左手かで意味が異なります。 この他、突然できた親指のほくろは、何らかの体調の危険を知らせるサインの場合もあります。 その意味を把握していれば、事前に危険が回避できたり、病気の早期発見になったりもします。 親指のほくろでは、人生で役立つメッセージがいろいろと読み取れるわけです。 それでは、この親指のほくろの意味についてパターン別に解説していきます。 これは右手親指の第一関節より上で指先までを指します。 ここにほくろが現れている場合、意志が固く頑固者とされます。 右手の場合、長年の人生の中で培われてきた意志の固さがあるようです。 考え方がブレないので、人から信頼されます。 柔軟性に乏しく、融通が効かない面があります。 途中で失敗に気付いても軌道修正がうまくできないことが考えられます。 時代の変化に取り残されることもあります。 どちらかというと人の面倒見が良く親分肌な面がありますが、周りの意見を聞かない一人よがり人と見なされることもあります。 ここで親指の側面を見た場合、親指の外側にほくろがあると、性格的にどうしても自己中心的になりがちで、人を無理やり縛り付けていることもあります。 親指の内側では、意思を貫くことでトラブルを招きやすくなります。 いずれにしましても柔軟さが吉となります。 左手親指の第一関節より上で指先までを指します。 左手でここにほくろが現れている場合、生来の素質として頑固さが際立つことになります。 生まれ持って意思が固いので、なかなか柔軟な対応ができないようです。 保守的な考えを持ち、しきたりや慣習を大事にします。 本人はそれほど頑固とは思っていないのですが、幼少期から染みついた頑固さは、何事にも強いこだわりを持つことにつながります。 自分の考えや意志を人に押し付ける傾向にあり、人から嫌われやすくなります。 ここで親指の側面を見た場合、親指の外側にほくろがあると意思を通すことでその場の空気を悪くします。 親指の内側では、こだわったことで失敗を招きやすくなります。 自分の言動には注意が必要なようです。 右手親指の第二関節よりも上で第一関節までを指します。 右手でここにほくろが現れている場合、後天的に培われてきた対人関係や家族の不和が起きやすいとされます。 家族や親族との縁が薄くなり、支援などが受けにくくなるようです。 自分が親族に迷惑をかけたり、親族などから迷惑を被ることも考えられます。 家族を見捨てて出て行ったり、自分が原因で家が傾くこともあるので注意が必要です。 恋愛面では、愛情のコントロールが効かなくなるとされます。 周りが眉をひそめても一途に愛を注いだり、感情のままに行動するようです。 ここで親指の側面を見た場合、親指の外側では駆け落ちをしたり、不倫や略奪愛などをする可能性が高くなります。 これはほくろが付け根に近い程、傾向が強まるようです。 親指の内側では幅広く感情の抑制が利かなくなるとされます。 左手親指の第二関節よりも上で第一関節までを指します。 左手でここにほくろが現れている場合、生来、人付き合いが苦手で対人トラブルに遭いやすいとされます。 幼少期から家族との縁が薄く、家族愛が希薄なようです。 親などに降りかかる災いなどによって、不遇の生活を強いられることもあります。 感情的になりやすく、職場や家庭で孤立しやすいとされます。 生まれつき、感情を優先しやすく、人を傷つけることでも、平気でしてしまうので注意が必要です。 恋愛では感情や欲求を優先しがちで、長く続くことが少ないかもしれません。 ここで親指の側面を見た場合、親指の外側にほくろがあると情熱的な面が際立ち、親指の内側では自分の家族愛の少なさがきっかけで離婚しやすくなります。 これは右手親指の手の甲側全体を指し、第一関節、第二関節と分けない読み取り方です。 右手でこの領域にほくろが現れている場合、後天的に培われた中で、愛情に深くなり、豊かな感情を持つようになったとされます。 誰に対しても分け隔てなく、愛情が注げるようです。 相談事などは親身になって話を聞いてくれるので、人から信頼されます。 人と接する際は、円滑にすることを心がけているので、対人関係は良好なはずです。 外見上も、態度や仕草に親しみやすさがあり、人気者になりやすいとされます。 恋愛でもどうすれば相手を惹きつけられるか知っていて、モテるとされます。 優しいと言えども、自分をしっかりと持っているので、騙されにくくなります。 これは左手親指の手の甲側全体を指し、第一関節、第二関節と分けない読み取り方です。 左手でこの領域にほくろが現れている場合、生来の性格として、感情が豊かで、ユーモアのセンスがあるとされます。 人の興味を引きやすい話し方が自然にできるので、何かと人気者になりやすいようです。 人とトラブルになりかけても、ユーモアで切り抜けられるので、対人関係もスムーズとされます。 性格的に嘘が付けないので、正直で素直な面が強調されます。 初対面の人でも気軽に打ち解けられるので、幅広い人脈が築けます。 恋愛面でも、優しさにあふれているので、モテるはずです。 ただ優しい分、相応しくない相手に言い寄られたり、騙される可能性が高くなります。 これは右手親指の手の平側全体を指し、第一関節、第二関節と分けない読み取り方です。 右手でこの領域にほくろが現れている場合、人生経験を積むに従い、親切心と愛情にあふれるようになったとされます。 男女を問わず誰にも親切なので、人が寄ってきやすいようです。 親切のしどころを心得ているので、接する人は気分が良くなります。 若干打算的な面もありますが、見返りを求めることはほとんどありません。 恋愛では、好きな人に対して情熱的に愛情を注ぐのですが、冷めやすい面があります。 また自分でもわかっているのですが、感情的な面でコントロールが効きにくいので注意が必要です。 精神面で不意を突かれたり、情に流されて損することもあります。 これは左手親指の手の平側全体を指し、第一関節、第二関節と分けない読み取り方です。 左手でこの領域にほくろが現れている場合、生まれつき、人に優しく愛情にあふれているとされます。 気配りが上手で、協調性があり人と協力することで、大きな業績が残せるようです。 自分が前に出るというよりは、縁の下の力持ち的な役回りで活躍が期待できます。 さりげなく人を助けることに長け、的確にチームワークをこなせるはずです。 人から頼りにされる存在になります。 恋愛面では、生来、情熱的な面があり喜怒哀楽がハッキリとしていて、素直さがあります。 ひとたび恋愛関係になると、全力で愛情を注ぐ傾向にあります。 人に尽くすことに喜びを感じています。 これは第二関節の下辺りで手の甲側を指します。 右手でここにほくろが現れている場合、長年培われてきた中で、ここ一番に力が発揮できるようになったとされます。 力が発揮できなかった時の悔しさなどを知っているので、慎重さがあり、確実性が高くなります。 後天的に勝負運を授かり、勝負をものにしているようです。 無謀な勝負はしないので、失敗は少なくなります。 精神面での強さも年を重ねるごとに増していき、感情に左右されない安定した判断ができるとされます。 恋愛では、ちょっとした行き違いがあっても、冷静に収めることができるので、恋愛の危機に強いと言われています。 恋愛は長続きし、結婚につながりやすいとされます。 人生は全体的にエネルギッシュになるはずです。 これは第二関節の下辺りで手の甲側を指します。 左手でここにほくろが現れている場合、生来の資質として、運が強く勝負強さがあるとされます。 特に念じていなくても、いつの間にか勝負を制していることが多いようです。 仕事面では、絶好のビジネスチャンスをものにしたり、出世のチャンスを逃さないと言われています。 ここ一番の際に力が発揮できるので、人から頼りにされる存在になります。 精神面も強く、何事も積極的に携わるので、成功する可能性が高くなります。 恋愛でもこの特質は活かされ、充実した恋愛や結婚につながるはずです。 公私共に好調となります。 ただ生まれ持っての強運や勝負運を過信していると、予期せぬ失敗を招くこともあります。 これは第二関節の下辺りで手の平側を指します。 右手でここにほくろが現れている場合、後天的に感情が豊かになったとされます。 感情表現が上手で、喜怒哀楽の演出に優れているようです。 ある程度制御の利く感情なので、行動は洗練されています。 何事も積極的に熱意を持って携わるのですが、引き際はあっさりとしていて、こだわりは少なくなります。 恋愛では主導権を握りやすいのですが、過去の恋愛から学んだものを大切にしているので、 押しつけがましさはなく無理が少ないとされます。 愛情表現に優れ、恋愛相手を魅了させることが多くなります。 特に男性の場合、女性のことを第一に考える気配り上手な人が多いとされています。 女性も恋愛に積極的なので充実した恋愛となります。 これは第二関節の下辺りで手の平側を指します。 左手でここにほくろが現れている場合、生まれつき、情熱的な心を持ち、感情が豊かとされます。 特に自分で意識していなくても、感情が高ぶりやすく、時として冷静な判断が鈍ることがあります。 好きな異性には、自分からアプローチすることが多く、常に攻めの恋愛となります。 恋愛相手から見ると押しつけがましいと感じられることがあるかもしれません。 ひとたび好きになると、かなり情熱的な恋愛をするのですが、熱しやすく冷めやすい面があります。 その分、別れてもサッパリとしていて後を引くことはありません。 美的センスに優れ、ファッションや芸術関係の才能がある場合もあります。 魅力的でモテる人が多いとされます。 これは左右の手の爪の下もしくは爪の縁辺りにほくろがあるものを指します。 このほくろは色合いによって意味合いが大きく異なります。 薄かったり、白っぽいほくろの場合、家庭でいろいろな吉事が起こるとされます。 恋愛では最良の結婚相手に巡り会え、上手くすれば玉の輿に乗れる可能性も高くなります。 結婚していれば、子供が生まれたり、待望の新居を購入することが考えられます。 結婚相手が出世して、家計が潤うこともあるはずです。 一方で黒っぽいほくろの場合、思いもかけない災いが降りかかりやすくなるとされます。 職場でミスがあったり、近所で犯罪があった場合、濡れ衣を着せられることも考えられます。 関係のない憎悪の標的となったり、身内に不運が起こる可能性も高くなります。 何らかのお守りや守護的なことをしておいた方が良いかもしれません。 ほくろ占いでは、ツヤが良く形が整い濃いものを活きぼくろ、ツヤがなく薄茶色で形が整っていないもの死にぼくろとしています。 これは見た目の印象が主体なので、どの程度のツヤから活きぼくろかなどの明確な区分けはないようです。 基本的にほくろは薄い程、意味合いが弱まり、濃い程運勢などにも大きな影響を与えるとされます。 また白いものは吉を呼び込むと言われています。 親指のほくろでは、その現れている位置によって様々な意味を持ちますが、その解釈は活きぼくろか死にぼくろかでも変わります。 活きぼくろの場合、良い要素がより一層強まるのですが、死にぼくろだと、ネガティブな要素が強まり、良い面は弱まることになります。 だんだん濃くなる場合は、ほとんど問題はないのですが、だんだん薄くなる場合は、もたらされる良い意味が弱まっていくので注意が必要かもしれません。 手の親指は比較的よく目にしているものですが、ある日気が付いたら親指にほくろが現れているようなこともあります。 突然親指にほくろが現れた場合、手相でも医学的に見ても何らかの危険を示唆している可能性が高くなります。 成人前では、成長に伴いほくろが増えることもありますが、成人後にほくろが急に増えるのは、運勢上の意味ばかりでない意味があるようです。 医学的には腫瘍の可能性があります。 特にそれが日を追うごとに大きくなっている場合、医療機関で見てもらう必要があります。 腫瘍の一種であるメラノーマは、ほくろとよく似ていますが、だいたいほくろは境界線がはっきりとし、メラノーマは境界線がギザギザでいびつな形をしています。 またある日気が付いた黒いほくろ状のもので、大きくなっていったとしても、そこから毛が生えていたら、メラノーマの可能性はほとんどありません。 メラノーマだと毛穴が破壊されているからです。 ほくろ占いで親指のほくろは、第一関節より上、第二関節より上で第一関節まで、手の甲側、手の平側など、見る領域がいろいろとあり、多種多様な読み取り方があることがわかります。 基本的に親指にほくろが現れている人は、精神が安定し運気が良い方向に向かっているとされます。 何事もじっくりと取り組むことができ、モテるといった面もあります。 これに加えて右手や左手、現れている位置によっていろいろな解釈ができるわけです。 大まかに言って第一関節より上では意思の固さがあり、第一関節と第二関節の間では家族との縁が薄くなるとされます。 手の平側では愛情に深く、手の甲側では、感情の豊かさがあるとされます。 親指の付け根辺りでは、勝負強さや気配り上手な面が強調されます。 また急にほくろが現れた場合は、医学的な危険の可能性を示唆していることもあります。 親指に現れたほくろを的確に理解して、人生や生活に役立てたいものです。

次の

足の親指の付け根が痛い・腫れる!痛風の症状と原因・治療方法

親指 付け根

「足の親指の付け根の足裏側に体重がかかると痛い!」 と歩いたり走ったりするたびに、足裏の親指の付け根あたりの痛みで悩まれている方は、スポーツをされている方に多い障害の 『母趾種子骨障害(ぼししゅしこつしょうがい)』 について知っておかれると良いと思います。 足の親指の付け根の足裏側に 『種子骨(しゅしこつ)』 と呼ばれる花の種のような骨があります。 ここに過剰な負担がかかったことで『痛み』が出ることをいいますが、その起こり方は様々です。 「病院に行ったら種子骨障害って診断された~うわぁ~どうしよ~」 「種子骨が傷んでいるようだけど、自分はどう対処していったらいいんだろう・・」 など、不安が襲ってくると思いますが、それも多少の知識を持っておくことで冷静に対処することができるようになります。 そこで、今回はみなさんが足裏の親指の付け根あたりが痛いってなったときに 『母趾種子骨障害』 に当てはまるかどうか、もしそうだったとしたら自分はどのように対処していけばいいのかを知っていただければと思います。 母趾にある種子骨とは 今回は足の親指の付け根にある『種子骨』について考えていきます。 まずは、この『種子骨』って種のようなちっちゃい骨がなぜ足裏にわざわざついているかについて考えていきましょう! もちろん、みなさんにあるわけですから人体の構造上何かしらの必要性があってついているはずです。 この『種子骨』は足の指が大きく曲がるところについています。 このカーブのところにあるというのがポイントで、その役割とは• 筋肉の腱の摩擦軽減 そのまま床面に当たると床との摩擦で腱が傷みやすくなってしまいます。 そこで、この種子骨を挟むことで直接筋肉の腱がこすれないようにしてくれています。 足底圧の吸収・分散 足裏にかかる衝撃を吸収・分散することで負担がかかりにくくしてくれています。 力学的な支点 大きくカーブするように筋肉がありますのでそのままでは力が発揮しにくくなります。 そこで間に種子骨を挟むことで力をしっかり発揮できるようにしています。 などがあります。 これら『種子骨』は他には• 手の親指の手のひら側の付け根の部分• 膝のお皿の骨(膝蓋骨) などが同じような目的のためにあります。 「膝のお皿の骨って花の種ほど小さくないけど・・」 と思われるかもしれませんが、あそこは筋肉も『大腿四頭筋』という太い筋肉の腱部分についていますので、手や足のように小さかったら役割が果たせません。 そう考えると、分類上はやっぱり『種子骨』で納得の大きさとなるわけですね。 スポンサーリンク 母趾種子骨はどんな形なの? 『母趾種子骨』は、足の親指の付け根にあります。 みていただければおわかりのように• 脛骨側(内側)種子骨• 腓骨側(外側)種子骨 とふたつの種子骨があります。 大きさは、 『脛骨側(内側)種子骨』 の方が大きくてその役割も大きく担っております。 そのため、実際に『種子骨障害』になりやすいのも『脛骨側(内側)』になります。 種子骨障害はどうやって起こるの? 母趾の種子骨障害は、スポーツをしている方に起こる『スポーツ障害』として症状が出ることが多いです。 硬い地面に勢いよく着地したりなど衝撃で『骨折』を起こしたりするような外傷(ケガ)の場合もあります。 『骨折』を起こしている場合と『スポーツ障害』の場合では、• 骨折などのケガ まったくそれまで痛くなかったのに、衝撃がかかってから激痛がある。 幹部はすごく腫れて、歩くときに足をひきずったりまったく足がつけなかったりする• スポーツ障害 徐々に痛みが出てきてスポーツができなくなってくる。 腫れたりすることもありますが、わかりやすく腫れることはあまり多くない と、症状の出方が違います。 ケガの場合はその症状の強さでおおよそ病院に行かれることになると思われます。 そこで適切な処置を受けることになりセルフケアとはなりませんので、こちらでは 『スポーツ障害』 を中心に紹介していきたいと思います。 スポーツ障害としての種子骨障害 実際に『母趾種子骨障害』で痛くなってしまっているので、原則は『スポーツ休止』で対応することになりますが、その原因についてしっかり知って改善しておくことは再発予防などの観点からは非常に大切になってきますので順番にみていきましょう! 1.環境要因 自分のスポーツをしている環境が足に負担をかけるものなのかをまずは確認していきましょう! 例えば• 床の硬いグランドや体育館 床から受ける衝撃が大きいため負担がかかります。 もちろん、スポーツ特性上その環境を変えることができないこともあります。 しかし、スポーツ復帰の前に自主練などするときにはそのような床面の環境を考えた場所でするなどの配慮をすることは可能です。 足にあっていないシューズ シューズを履くスポーツであれば、足にあっていないものを履いていたり、クッション性が低いものを使っている場合などがあります。 インソールを自分で入れたりしてカバーする必要があります。 足のアーチなど環境 自分の足のアーチを含めた環境要因によって母趾の蹴り込みの負荷が強くなってしまっていることがあります。 などの環境について自分で改善できるところは何かチェックしてみましょう! 2.スポーツ特性 原因として1番考えられるのは『スポーツ』での反復した負担でしょう! 例えば、• ダッシュを繰り返す『サッカー』• つま先立ちで練習する『バレエ』• 裸足で踏み込みをする『剣道』 などはなかなか避けられないことです。 この場合には、復帰前には• 特に負担のかかる動作は最初はしないようにする• テーピングやインソールなどで負担を軽減できるようにする などの工夫をしておくことが必要でしょう! これらの影響を受けて、繰り返し『種子骨』に負担がかかることで• 炎症が起こる• 血流障害が起こる• 疲労骨折になる などそれぞれの障害が出てきます。 もちろん、ただ炎症を起こしているだけならまだ休む期間も比較的短くて済みますが、• 疲労骨折• 血流障害(無腐性壊死) などを起こしてしまうとその治療期間は長くなってしまいます。 スポンサーリンク 母趾種子骨障害の症状 1番の症状は『種子骨』のある部分の痛みです。 体重をかけたり、歩いたり、走ったり• 指でその部分を押したり すると痛みがあるので比較的わかりやすいです。 あとは、足の親指を反らせる動作をしてみましょう! これだけでも痛みが出たりもしますし、症状の軽い人はこの指を反らせた状態で『種子骨』を押さえてみると確認しやすくなります。 外傷(ケガ)による場合ほど明らかではありませんが、 『腫れている(ちょっと腫れぼったい)』 感じがみられたりします。 母趾種子骨障害の診断 足の親指の付け根の足裏側が痛いとなって病院を受診するとまずはレントゲン撮影が行われます。 それで、• 痛みのある所が腫れているか?• 骨折していないか• 二分種子骨でないか? などの確認ができます。 そこから、疲労骨折や血流障害が起こっているかをきっちり診断するためには 『MRI』 が有効です。 症状だけでもおおよそわかりますが、その障害の細かい内容を知るには詳しく検査する必要があることを知っておいてください。 母趾種子骨障害の治療 外傷(ケガ)で骨折などをしている場合には• 1ヵ月程度体重をかけないようにして(免荷重)• 患部を固定(ギプスや副子) の対処が行われます。 スポンサーリンク スポーツ障害でおこっている場合には、『種子骨』部分に体重がなるべくかからないように• クッションを入れる 『種子骨』部分をあけた状態でまわりに高さを作っていきます• 足底板(インソール)を入れる 足の形状によって少し合わせ方は異なりますが、原則的には内側に体重をかけにくいように入れていきます。 などで対応します。 そして、復帰時期にむけて行う方法に『テーピング』があります。 (持っている人は)横アーチパッドを足裏にあてます。 このときポイントは足のやや親指側につけることです つける前に指でそこを押すと足の親指が少し曲がることを確認してください。 次にクッションパッドを『種子骨』の下にあてます。 ない人はティッシュを丸めてつくったものでかまいません。 それをキネシオテープ(もしくはホワイトテープ)で動かないようにとめます。 パッドやクッションがない人はつけなくても大きな問題にはなりませんので安心してください。 スポンサーリンク• 足の真ん中あたりと親指を軽く1周巻き付けるテープをつけます。 (今回は足の真ん中にすでにテープが巻かれていますので省略しております) キネシオ、ホワイトどちらのテープを使っても構いません(アンカーテープ) 足の真ん中はきつく締めすぎてしまうことがありますので、1回足を床について体重を軽くかけてから巻ききりましょう• ホワイトテープで親指から ・まっすぐ ・斜め ・斜め にテープをつけます。 このとき、親指が反らないように自然な状態で巻き付けてください• 3と同じようにアンカーテープを巻きます。 完成です。 炎症がある方などは、1番下にテープタイプの湿布を貼ってからテーピングをしてもかまいません。 また、全体的なクッションや足底板(インソール)などとの組み合わせで行ってもよいでしょう。 スポンサーリンク 自分の身体の使い方を見直そう 『母趾種子骨障害』になってしまう原因として、 『スポーツなどで過剰に負担をかけている』 ことは大なり小なりあることは確かでしょう! それはスポーツ休止するしかありませんが、ここでひとつ見直しておいていただきたいのが 『歩行時の足先の向き』 です。 これが足先を外側に開く方は、• 足の内側に体重がかかりやすい• 種子骨の内側にストレスを与えやすい 状態にあるかもしれません。 自分の歩行をみてみて、足先が• 左右の開きを比べると傷めている側の方が開きが大きい などが当てはまるようなら、その足の開きぐせについて考え直す必要があるでしょう。 おわりに 『母趾種子骨障害』と病名を耳にするとなんか漢字ばっかりで大変なことになったかのように感じてしまわれます。 もちろん、スポーツ選手で練習量が圧倒的に多くてケアのしようがなく何回も繰り返す人などの特殊な場合には手術でとってしまうこともありますが、基本的には 『おとなしくスポーツを中止して休んでいれば治る』 もので、特別な治療法なども必要ありません。 のんびり待てる方なら、再発予防のための環境のことだけを考えてあとは難しいことを考えずじっとしていたら良くなりますので安心してください。 この場合の治療とは、できるだけ• 『種子骨』にかかる負担を減らして症状が治まるのを早める• 再発しないようにカバーしながら復帰を進めていく ときの処置をどうするかってところが焦点になります。 それも自分のできることを着実に進めていくことだけで、それをしたからって一気に症状がゼロになることもありませんので、そこは過剰な期待はせずに粛々と進めていってストレスのない治療をしていただければと思います。

次の

足裏の親指の付け根が痛い!スポーツで起きやすい母趾種子骨障害とは

親指 付け根

ホーム 足の親指が痛い 足に合わない靴を、ずっと履いままでいると、親指の骨が変形してしまい、やがて、赤く腫れてきたり痛みが出るようになってしまいます。 また、それ以外の原因として、血液中の尿酸量が増えてしまう事で、親指の付け根の痛みが生じる事もあります。 親指の付け根?痛みの原因 足の親指の痛みや、親指の付け根の痛みの原因は、 外部からの刺激だったり、食生活などが引き金になる事もあります。 脂っこい肉類中心の食生活も、尿酸を増やしてしまうので、関節内に炎症を起こす可能性も高くなります。 もちろん、それだけが原因ではありませんが、他には、真菌に感染し、それらが悪さをしてしまう場合もありますからね(汗) 真菌感染が原因で、足の親指が痛くなったりするのを防ぐためにも、足を清潔にしておく事も大切ですね。 スポンサードリンク 足の親指の痛みを伴う病気 痛風 足の親指の付け根が、赤く腫れていませんか?痛風の痛みは、指先以外に足首にまで及ぶ事もあります。 また、関節の部分が熱く腫れあがって、しびれる?ような?何とも不快な耐え難い、刺すような痛みがでてきます。 この病気は字のごとく、風が吹いただけでも痛む?と言うところから来ているだけあって、痛みのある時の苦痛は大きいものです。 3日ほどで、炎症が治まるので、それまでの辛抱ですが、血液中の尿酸量が改善されないと、またこの辛い痛みがぶり返してしまうので、治ったからと安心はできません。 健康管理には充分注意しましょう。 しかし、効かない場合は、原因が他にあるので、痒みも伴うのであれば、一度皮膚科を受診しましょう。 外反母趾 足の親指が、内側に曲がり変形していませんか?足の親指の痛みの原因の中では、一番多いのではないでしょうか(汗) 合わない靴を履いてしまわないように注意しましょう。 どこででもできる足指体操として、指を開いたり閉じたりする運動があります。 足指を開く時は、指が反り返らないように注意しながら、水平に広げる感じです。 始めのうちは、思うように力が入らないかもしれません^^;(汗) でも、大丈夫^^そんな時は、少し手も使って足の指を広げてあげれば良いのです。 広げて閉じての動きを、5回から10回くらい繰返しましょう。 毎日続ける事で、手を使わなくても自力でできるようになり、足指の可動範囲も広がってきます。 指先の炎症のため、関節の可動範囲も、かなり狭くなってしまったと思われますので、無理のない程度に、ぼちぼちでかまわないので、動かしていきましょう^^ たまには、靴をぬいで、足の指をグーパーしましょう^^ また、5本指の靴下も良いですね。 そして、家にいる時などは、足の指を開くグッズ系のものも、良く売っていますので、そうゆうものを上手く使って、足の指を広げてあげましょう^^ 足の指先を動かす機会は、なかなかありませんからね・・。 足の親指の痛みが取れてきたら、積極的に足指を動かして、足指の筋肉を鍛えてあげましょう。 例えば、手ぬぐいを引き寄せる足指運動などは、普段使わない足の指をまんべんなく使う事ができますので、お勧めです^^ まず、手ぬぐいを用意しましょう。 用意した手ぬぐいは、足の下に広げた状態で置きます。 イスに座り、足の指先だけを使い、手ぬぐいを手前に、グイグイと、たぐり寄せていきましょう。 簡単そうに思いますが、実際にやってみると、足の指がもつれそう?になります・・・。 まぁ・・・それは良し!として・・。 指先を動かす事で、脳の回転もすこぶる良くなりますし、冷え性の方にもお勧めです。 足先で血液の流れが滞るのを防いでくれますからね。 普段あまり使わない足指を、この機にどんどん動かしてあげましょう^^ スポンサードリンク.

次の