すだまさき 曲。 菅田将暉/あいみょん『キスだけで』歌詞の意味を解釈。女だからが意味するものとは?

菅田将暉の歌詞一覧リスト

すだまさき 曲

MEMO こちらで紹介するランキングは「レコチョク」「JOY SOUND」「有線リクエスト回数」など、 2019年最新の情報を元に作成しています。 この曲は、フジテレビ系で現在放送中のドラマ「 パーフェクトワールド」の主題歌となっている曲で、あの米津玄師さんが作詞・作曲、プロデュースを手がけました。 この『まちがいさがし』を歌った菅田将暉さんは、「 自分は間違い探しの間違いの絵の方に生まれたのかも知れない、だからこそ今目の前の人との出会いがある」という米津玄師さんからの曲の意図を聞いたとコメントしています。 『さよならエレジー』は、「 主人公の孤独と過去の恋愛への後悔、そしてこれから恋をする時には同じ失敗をしないという決意」が歌われているように思えます。 『ロングホープフィリア』は、「 一生懸命に何かに挑戦しても挫折や敗北感を味わう、そんな時に支えてくれる大切な友が近くにいる」と歌った曲に感じました。 『見たこともない景色』は、「 どんなにみっともなくてもゴールが見えなくてもあきらめずに挑戦することで見えてくる世界がある」この歌詞はそういった解釈が出来るのではないでしょうか。 この曲は、「 無理して恋にがんじがらめになってきたけど、恋が終わって自由になれたことで、本当の愛の意味に気づけた」という意味の歌詞に思えます。 この曲の作詞をした菅田将暉さんは、「 自分が望んでやっている仕事でも、忙 せわ しない毎日に疲れていてイラつく、そんな自分が嫌になって、そんな2017年のフラストレーションを書いた」とのこと。 この曲は、「 青春時代に一緒に過ごした仲間たちとの絆や友情」を歌った曲になっています。 この曲を作詞・作曲した菅田将暉さんは、「 迷っている時間が好きなんですよ。 迷っている時間を大切にしたいという菅田将暉さんの感情が込められた歌詞になっています。 忙しい時にこそ、このゆったりした曲調の『ゆらゆら』を聴くと落ち着けるかも知れませんよ。 この曲は、「 好きな人のことばかりを考える自分の恥ずかしさや情けなさ」を歌った曲となっています。 この曲の作詞をした菅田将暉さんはこうコメント「 渋谷ですれ違った男の子がいて、その子のことを勝手に妄想して書いた詞」とのこと。 暑い夏の日常風景と菅田将暉さん自身がその男の子と重なって見えたことを歌詞にした曲に思えます。 軽快な曲調でノリのいい曲に仕上がっており、個人的には菅田将暉さんの曲の中でもかなり上位に入る好きな曲です。 「まちがいさがし」解禁という事で、非常にドキドキしています。 どうか、ドラマを筆頭に宜しくお願いします。 ありがとう。 — 菅田将暉 sudaofficial 今回は、菅田将暉さんの人気曲をランキング形式にして、1位~10位までご紹介しました。 菅田将暉さんが歌う曲は、聴く人の背中を押してくれるような曲が多いですし、菅田将暉さんの歌声も素晴らしいですよね! 最後にランキングの中から、個人的に聴いて欲しいオススメ曲を3曲ご紹介しようと思います!• 人気曲第1位の『 まちがいさがし』• 人気曲第4位の『 見たこともない景色』• 人気曲第7位の『 雨が上がる頃に』 上記の3曲は是非聴いて欲しいオススメの曲です! 7月には、2ndアルバム『LOVE』のリリースも決定している菅田将暉さん。 2019年のアーティストとしての活動からも目が離せませんね!.

次の

菅田 将暉の楽曲一覧

すだまさき 曲

デビューシングル「見たこともない景色」がストリーミング再生回数1,200万回を突破。 最新シングル「さよならエレジー」は配信ランキングで1位を獲得するなど、 音楽アーティストとして大きな注目を浴びる菅田将暉のDebut Albumが遂に完成!! Debut Albumのタイトルは『PLAY』。 歌う、奏でる、演じる、食らわす、楽しむことに 俳優・菅田将暉が、音楽アーティストとして取り組んだ ファースト・ステップを一言で表すタイトルになっている。 プレイすることによって菅田将暉自身が楽しみ、 その楽しさを伝えたいという思いがこもった、 バラエティに富んだ作品に仕上がっており、 菅田自身が一緒に音楽をプレイしたいアーティスト、 秋田ひろむ(amazarashi)、石崎ひゅーい、 柴田隆浩(忘れらんねえよ)、渡辺大知(黒猫チェルシー)らが楽曲提供。 菅田将暉のファーストアルバム『PLAY』はとても強い一貫性を持ったロックアルバムである。 フォークロックを基調にした曲調、飾るところのない全身全霊のヴォーカル、日々の迷いや苛立ちが刻まれた歌詞に至るまで、 全12曲にわたって、「菅田将暉」という人間の生き様がダイレクトに歌われている。 強烈にドキュメント的な作品だ。 彼の生き様がすべての息遣いから伝わってくるのだ。 先日菅田将暉にインタビューをさせてもらった。 彼は「雑味を残したかった。 それしかできない」と話してくれた。 僕はそれを、菅田将暉にとっての誠意だと解釈したが、音楽というものは実際、「それしかできない」瞬間の連続である。 「それしかできない」という無防備で不器用な歌が、時代の空気や才能が花開くきっかけとの出会いによって、 「こうでなければならなかった」という必然的な表現に生まれ変わっていく。 彼はきっとこれまでもこうやって「菅田将暉」になってきたのだろう。 その軌跡が音楽になった本作は、やはり最高のロック・ドキュメントアルバムなのだ。 いいんだよ、きっと 作詞:菅田将暉 作曲:• ピンクのアフロにカザールかけて 作詞:菅田将暉 作曲:• 風になってゆく 作詞・作曲:• 台詞 作詞・作曲:• スプリンター 作詞・作曲:• ゆらゆら 作詞・作曲:菅田将暉• ダウンロードアルバム収録曲• いいんだよ、きっと 作詞:菅田将暉 作曲:• ピンクのアフロにカザールかけて 作詞:菅田将暉 作曲:• 風になってゆく 作詞・作曲:• 台詞 作詞・作曲:• スプリンター 作詞・作曲:• ゆらゆら 作詞・作曲:菅田将暉• さよならエレジー Acoustic ver. 秋田ひろむ(amazarashi) 「スプリンター」は理想に向かって走り続ける愚直な青年をイメージして作りました。 菅田君のイメージに近いのではないかと自分としては勝手に思ってるんですが、どうでしょうか。 いずれにしても、聴く人の胸にささくれを残すような彼の声は、僕自身もなにか駆り立てられる気持ちになります。 ありがとうございます。 衝撃的でした。 繊細で力強く、今にも死にそうで無骨で儚くてそれなのに美しい姿は僕の目指す表現と凄く似ているなと、とてもおこがましい話ですが、なにかものすごい引力に引き寄せられる感じがしました。 ある日僕らは隕石の衝突みたいに赤坂の蕎麦屋で沢山話をしました。 音楽の話、女々しい話、家族の話、人生の話、お互いの美について、どうでもいい話、なにか一緒に作れたらいいねって話を。 それから僕らは、やれスタジオで、やれ菅田君の家で、やれ僕の家で、やれカラオケで、やれ道端で、音楽で、とことん遊びました。 音楽制作という名の最高のおもちゃを見つけてしまった僕と菅田君はざっと15曲くらいを夏休み徹夜でゲームを全面クリアする少年のように作りあげました。 本当に素敵な時間でした。 しかし、その遊びの代償として菅田君家の白いカーペットが1枚死にました。 もつ鍋による溺死です。 でも僕らは笑っていました。 これでまた1曲できるねって。 『PLAY』そう、音楽は最高の遊びです。 それを菅田君に思い出させてもらいました。 感謝しきれません。 柴田隆浩(忘れらんねえよ) 菅田さんのムックに僕が寄稿させてもらって、そんときに「歌詞ください、曲書きたいです」って書いたんです。 そしたら速攻携帯に歌詞が送られてきて。 そしてそれがめっちゃ面白かったんです。 ほんとうのことが書いてあった。 ほんとに思ってること、心の叫び、つまり歌詞が書かれていた。 そんなもん見たら超テンションあがって、僕も速攻で曲付けて送って、気付いたらこんなことになってました。 僕はあんまり楽曲提供した気分ではないです。 菅田さんとバンドをやった、という感じ。 スタジオで一緒に、録ったオケのわけ分かんなさに爆笑して、みんなで「ワンツースリーゴー!」って叫んで、歌録りのときに「この歌詞こっちのほうがいいかも」って相談してその場で変えたりして、そんで打ち上げでまた爆笑して。 バンドをやった。 一緒にモノ作った。 誰も一度も嘘をつかなかった。 だからこれ、間違いなくロックンロールですよ。 キラキラしてる。 渡辺大知(黒猫チェルシー) 菅田くんと初めて会って話したとき、自分と好きなものの空気が似ている気がしました。 想像だけど、夏の夜のちょっと生温かいけど寂しい感じとか、好きなんじゃないかなとか。 柔らかいよりは硬くて尖ってる感じを選びそう、でも怖くなくて優しい感じ、とか。 そういう会ったときの印象を大事にしてヒリヒリとした曲が作れたらなぁと思って作りました。 菅田くんには、まだ誰もやってないことに挑戦してやろうという覚悟を感じます。 彼が歌を歌うことは、新しい表現に飢えてる下の世代の刺激になると思う。 そういうドキドキできることに自分も突っ込んでいきたい。 アルバム発売をお楽しみに!.

次の

菅田 将暉『LOVE』のアルバムページ|2001539570|レコチョク

すだまさき 曲

リリース [ ] 完全生産限定盤(大判フォトブック付き)、初回生産限定盤(DVD付き)、通常盤(CDのみ)の3形態でのリリース。 完全生産限定盤の大判フォトブックはアルバムに参加したミュージシャンとの制作風景やバンドメンバーとの北海道でのレコーディング合宿の模様を収めてある。 初回生産限定盤のDVDは菅田自身が監督したアルバム収録曲のクローバーをイメージしたショートムービー入り。 完全限定生産版のジャケットとフォトブックはが手がけ、通常版と初回生産限定盤のジャケットは俳優・が撮影している。 背景 [ ] タイトル「LOVE」は様々な人との出会いとその人たちと過ごしてきた時間への愛情という意味でつけられた。 楽曲提供はプライベートで親交のアーティスト達であり、アルバムジャケットや特典映像も含めて友人たちとの交流を楽しみながらつくることがテーマとなっている。 収録曲 [ ]• 初回限定生産版特典のDVDにこの曲をテーマにしたショートムービーが収録されている。 菅田がTVドラマ『』に主演していたときに作られた曲である。 キスだけで feat. りびんぐでっど 作詞・作曲・編曲・プロデュース:() 2016年の映画『』で共演して以来懇意にしている志摩からの提供曲。 の手法で作詞されている。 俳優仲間の永島柊吾と菅田による即興の弾き語りをそのまま収めてある。 初回限定盤DVD [ ] Short Film 『クローバー』 アルバム収録曲『クローバー』をモチーフにしたショートフィルムで、菅田がはじめて映像作品の監督をつとめた。 主演は菅田の親友・。 菅田自身や、楽曲を提供した石崎ひゅーい、編曲のトオミヨウ、アルバムに楽曲も提供している永嶋柊吾も出演している。 スタッフには監督補佐に以前から親交のある、スタイリストにを迎えている。 当初は5分間のMVの予定だったが、自分たちの普段の日常をそのまま収めたかったということで、最終的には47分間のショートムービーになってしまったという。 脚注 [ ] 出典 [ ].

次の