アンクルサム。 アンクル・サム

【アンクルサム】今、相武台グルメがキテる?美味しい佐世保バーガーを食べて来ました@『Uncle sum』

アンクルサム

アメリカを象徴するキャラクター、アンクル・サム 「I WANT YOU FOR U. ARMY」のポスターは高校の美術の教科書で見たことあると思います。 これは1917年にイラストレーターのジェームス・モンゴメリー・フラッグによって描かれたもので、第一次世界大戦の新兵募集のポスターです。 絵画作品としても非常に美しく、一度見たら忘れない強烈なインパクトがあります。 この中央に描かれている人物が、アメリカを象徴する人物アンクル・サム。 略してUS(Uncle Sam)で、アメリカの愛国心をキャラクター化したものです。 アンクル・サムのモデルは諸説ありますが、最も有力なのがサムウェル・ウィルソンという人物です。 アンクル・サム以前のアメリカのキャラクター アメリカの愛国心を象徴するキャラクターは、アメリカ建国以前から存在しました。 最も古く1738年に登場したのが、「コロムビア」という名がついた女性のキャラクター。 アメリカ国旗を身にまとい、「自由と独立」を表現したキャラクターでした。 このキャラクターは後のアンクル・サムが登場して以降も使われていましたが、1920年に映画配給会社「コロムビア・ピクチャーズ」が自社のキャラクターに用いて以降は、一般的に使われなくなっていきました。 映画が始まる前の画面で大変馴染み深いですね。 独立戦争の時代から登場したのが、男性キャラクターの「ブラザー・ジョナサン」。 シルクハットと蝶ネクタイ、モーニングを羽織り、縞々のパンツに革靴という出で立ち。 典型的な「アメリカの資本家」のイメージです。 白黒なのでよく分かりませんが、先程のコロムビアが身にまとっていた星条旗カラー、ブルー、ホワイト、レッドで色づけると、既にアンクル・サムに見た目が近いです。 戦時ビジネスで成功したサミュエル・ウィルソン さて、ここからが本題です。 アンクル・サムのモデルになったのは、サミュエル・ウィルソンという人物というのが定説となっています。 サミュエルの写真がこちら。 うーん、ポスターと似てるような、似てないような。 大きなところでいうと、立派なあごひげがありません。 あと、それほどカーリーヘアーでもありませんね。 1789年、ウィルソンとは兄弟エベニーザー(Ebeneezer)と共にニューヨーク州トロイに引っ越してきて家を立て、肉を取り扱う商社「E. ウィルソン」を設立しました。 1812年に米英戦争が勃発。 アメリカ政府と牛肉と豚肉の独占的な販売契約を結んだE. ウィルソンは大成功し、兵士たちに提供する肉を樽に詰め込んで出荷する仕事に兄弟は大忙しとなりました。 伝説によると、彼らは出荷する樽の上に「US」とマークを入れて出荷しました。 アメリカ軍の所有物であるので、もちろん意味は「United States」です。 ある兵士が 「なあ、このUSってのはなんて意味なんだい?」と尋ねた。 すると同僚の兵士が 「ああ、そりゃサムおじさん(Uncle Sam)からの提供って意味さ」と冗談を言った。 この冗談がなぜか兵士の間で広がり、アメリカ製の品物はすべて「サムおじさん」のものとなり、それがさらに広がってアメリカそのものを表すようになった、というものです。 もっともらしい伝説なのですが、反論もあり、樽の上に「US」と書き出したのは1842年からなので、それ以前にはなかったはず、というものです。 ただし、アンクル・サムという言葉は米英戦争の時代から出現していることは確かなので、どういう経緯かは定かではありませんが、兵士たちはアメリカのプロダクトを「サムおじさん」と呼ぶようになり、後にアメリカという国自体を指すようになりました。 1813年の段階でアンクル・サムは公共印刷物によって言及され、その後1830年5月12日にニューヨーク・ガゼット紙の報道でサミュエル・ウィルソンが初めて言及され、「アンクル・サムとはサミュエル・ウィルソンのことなのだ」という認識が広がったとされます。 アンクル・サムがキャラクターとしてビジュアル化したのはもっと後で、1852年3月13日のニューヨークランタン紙に投稿された漫画家フランク・べリューの挿絵が一番始めです。 以下の絵は1861年12月21日にハーパーズ・ウィークリー紙に掲載された挿絵。 ごく初期のアンクル・サムは、アメリカンカラーやシンボルの衣服を身にまとっているのは共通ですが、まだあごひげがなく、これといった特徴がありません。 PR 3. アメリカを象徴するキャラクターに 1876年までに、アンクル・サムのイメージは今我々が想像できるスタイルに落ち着きました。 シルクハット、痩せた頬、モーニング、蝶ネクタイ、縞パンというスタイル。 下記は漫画家トーマス・ナストが描いた、1876年11月24日のハーパーズ・ウィークリー紙の表紙。 一番大きな変化が顔で、「初老のあごひげの男」になったことです。 これはおそらく、 エイブラハム・リンカーンの顔に寄せられたためと思われます。 今一般的なアンクル・サムの顔も、どことなくリンカーンの顔に似てませんか? さて、19世紀後半まで「ブラザー・ジョナサン」と「アンクル・サム」の両方が使われていました。 ところが次第に両者の特徴が溶けていき、どちらがどちらか見分けがつかなくなっていきます。 (上)1886年に描かれた「ブラザー・ジョナサン」 (下)1897年に描かれた「アンクル・サム」 そして、決定的にアンクル・サムがアメリカを代表するキャラクターになったのは、冒頭で上げたジェームス・モンゴメリー・フラッグによって描かれた第一次世界大戦の新兵募集のポスターによってです。 このポスターの元となったのは、キッチナー卿が描かれたイギリス軍の新兵募集ポスター。 人物がこちらに指を刺すレイアウトは同じですが、前者のほうがよっぽど力強く、見る者の心を動かす力を持ってるのはどういうわけでしょうかね。 このポスターは第二次世界大戦中も使われ、アメリカ国内のみならず、国外でもアメリカを代表するキャラクターと認識されるようになったのでした。

次の

アンクルサム(群馬県安中市)さんからのお便り

アンクルサム

典型的な「アンクル・サム」。 当時の陸軍募兵ポスター。 画 1917。 アンクル・サム(Uncle Sam)は、政府をしたキャラクター。 また、一般的にアメリカ自体をさすこともある。 新聞の政治風刺漫画などでは、自由の女神像とともにアメリカの擬人化としてよく登場する。 星柄の・紺のに赤い蝶、紅白縦縞のといったを意匠化した服装のとして描かれる。 はUnited States(アメリカ合衆国)と同じU・Sである。 起源 [編集 ] アンクル・サムの起源ははっきりしていないが、一般的に言い伝えられている説は以下のようなものである。 当時、アメリカ陸軍に納入している精肉業者にのという人物がおり、「アンクル・サム」と呼ばれて兵士から親しまれていた。 ウィルソンは、納入する肉のに「 U. (United States)」の焼印を押していたが、兵士達は「アンクル・サムの略だ」と冗談を言っていた。 そこから、アメリカ合衆国を「アンクル・サム」と呼ぶようになった。 には、「ニューヨーク州トロイのアンクル・サム・ウィルソンを、アメリカ合衆国のシンボル『アンクル・サム』の起源として称える決議」を採択している。 また、ウィルソンの生誕地であるに、ウィルソンのが立てられている。 米英戦争以前は、 ブラザー・ジョナサン ()というがアメリカ合衆国のシンボルだったが、のころにアンクル・サムに取って代わられた。 アンクル・サムが最初に政治漫画に使われたのはによって描かれたものとされる。 南北戦争の後、アンクル・サムにはに似た髭がつけられるようになった。 関連項目 [編集 ]• - アメリカ合衆国を擬人化した女性キャラクター。 - を擬人化した架空の人物。 - を擬人化した架空の人物。 - に開催されたの公式キャラクター。

次の

アンクル サム ヴィラ. シェムリアップ, カンボジア

アンクルサム

Uncle Sam Villaはシェムリアップ中心部にある静かな宿泊施設で、テラス付きの専用庭園に囲まれています。 レストラン、館内全域での無料WiFiを提供する Uncle Sam Villaは、パブストリートとオールドマーケットから徒歩6分、川沿いまで徒歩1分です。 Uncle Sam Villaからアンコールワットまで6km、最寄り空港のシェムリアップ国際空港まで8kmです。 お部屋にはエアコン、専用バルコニー、シーティングエリア(薄型ケーブルテレビ付)、専用バスルーム(シャワー設備、ヘアドライヤー、スリッパ、無料バスアメニティ付)が備わります。 フロントデスクは24時間対応で、多言語を話すスタッフがレンタカー、ツアー、チケットの手配を行っています。 客室数: 3• Booking. com B. はオランダ・アムステルダムに本社を置き、世界70ヶ国以上に198の支社を持つグローバル企業です。 オフィス所在地:アクラ、アテネ、アトランタ、アムステルダム、アンタルヤ、アンマン、イスタンブール、イズミル、インスブルック、ウィーン、ヴィリニュス、ヴェローナ、エディンバラ、オークランド、大阪、オスロ、オーランド、海口、カイロ、カサブランカ、カターニア、カルガリー、カンクン、キエフ、グアダラハラ、クアラルンプール、クタ(バリ島)、クラクフ、グランドラピッズ、ケープタウン、ケンブリッジ、広州、コペンハーゲン、コロンボ、ザグレブ、札幌、サムイ島、サランシュ、ザルツブルグ、サンクトペテルブルク、サンティアゴ、サンディエゴ、サントドミンゴ、サンパウロ、サンフアン、サンフランシスコ、サンホセ、シアトル、シェムリアップ、シカゴ、ジッダ、シドニー、ジャカルタ、上海、ジョグジャカルタ、シンガポール、ストックホルム、ストラスブール、スプリト、西安、成都、セビリア、ソウル、ソチ、ソフィア、ソレント、台北、ダブリン、ダラス、タリン、済州島、チューリッヒ、青島、テサロニキ、テルアビブ、デュッセルドルフ、デンバー、東京、ドゥブロヴニク、ドバイ、トビリシ、トラブゾン、トロント、ナイロビ、ナタール、那覇、ニース、ニューオーリンズ、ニューデリー、ニューヨーク、ノーウォーク、パナマシティ、ハノイ、バルセロナ、パリ、パルマ・デ・マヨルカ、バンガロール、バンコク、バンクーバー、ハンブルク、ヒューストン、ビルバオ、ファロ、フィレンツェ、フェニックス、ブエノスアイレス、プーケット、ブカレスト、福岡、ブダペスト、フライブルク・イム・ブライスガウ、ブラチスラヴァ、プラハ、フランクフルト、ブリスベン、ブリュッセル、ヴェネツィア、北京、ヘラクリオン、ヘルシンキ、ベルリン、ホーチミン、ボゴタ、ボストン、ホノルル、ボルツァーノ、ポルト・アレグレ、ボルドー、香港、マイアミ、マドリッド、マニラ、マラガ、マラケシュ、マンチェスター、ミラノ、ミュンヘン、ムンバイ、メキシコシティ、メルボルン、モスクワ、モントリオール、モンペリエ、ヤンゴン、ヨハネスブルグ、ラス・パルマス・デ・グラン・カナリア、ラスベガス、リオデジャネイロ、リガ、リスボン、リマ、リマソール、リミニ、リール、リュブリャナ、リヨン、レイキャビク、レンヌ、ローマ、ロサンゼルス、ロンドン、ワシントン、ワルシャワ.

次の