小泉 純一郎。 小泉純一郎の総理大臣としての功績を教えてください。

小泉純一郎の家系図が知りたい!政界引退後も「反原発」で大注目

小泉 純一郎

記事内容早見• えげつない!! 小泉純一郎、新・家系図【石原慎太郎・エスエス製薬・自民党】 今回小泉家の家系図をまとめたことで、本当に色々と考えさせられた。 PGN(このサイトの名前です)はおバカさんばっかりだけど、今まで記事にした事納得させられた気がする。 今から小泉進次郎と結婚を考えている人はマジで心の底から、そして先祖代々含めて政治家と親戚になるとはどういう事かを覚悟した方がいいかもしれない。 小泉家の新・家系図 小泉家の家系図の気づき ・政治家一として受け継いだ血。 そして関わる人ほとんどが政治に関与している人ばかり。 ・結婚している人達を辿ると、小泉進次郎が迂闊に結婚できない理由がわかる。 そして恋人になる人もきっとこういう事を調べるんだと思う。 ・ 石原慎太郎(石原裕次郎)と親戚だった事にびっくり!!! だから小泉孝太郎が俳優を目指すのがわかる。 ・小泉純一郎の元妻、佳代子さんの兄弟の 泰道三八さん(一発変換で出て来て!! )も自民党(千葉から無所属で出馬当選、後、自民党に所属)に所属していた事、そして逮捕歴がある事にびっくり。 ・ 神奈川は小泉家、東京は石原家、千葉は泰道家、と関東一円を小泉家を中心に構成されていた?? ・小泉純一郎と佳代子さんの間に生まれた 三男の佳長さんが記載されていない家系図ばかりだったので付け足した。 (知らない人いないけどね) ・小泉純一郎の父、小泉純也は 鹿児島出身で婿養子だったこと。 書ききれないけど、家系図にする事でかなり整理されてきた。 今後もアップデートを楽しみにしててね!!! PGN XOXO.

次の

歴代内閣ホームページ情報:小泉純一郎 内閣総理大臣(第87代)

小泉 純一郎

小泉純一郎の結婚、結婚生活、離婚について 小泉純一郎さんは1978年のころ、当時青山学院大学4年生であったエスエス製薬の元会長の孫、宮本佳代子さんと結婚しています。 お見合いで二人は結ばれましたが、その時点で小泉純一郎氏さんは政治家としてのキャリアをスタートしています。 お見合いと聞くと政略的なものがあるのでは?と思われる人もいるかもしれませんが、一概にそうとは言い切れません。 特に小泉純一郎さんは決断力が早く思い切りの良い事で知られていますからね。 小泉純一郎さんの決断力の早さを表すエピソードとして、小泉純一郎さんは、 お見合いの当日に宮本佳代子さんにプロポーズをしたと言われています。 凄い決断力ですよね。 あなた出来ますか? その日初めて出会った女性にプロポーズですよ? 僕にはできません・・・。 そしてエスエス製薬の元会長、佳代子さんの祖父である祖父の泰道照山さんはこの結婚に猛反対だったそうですが、それを押し切る形で結婚が決まりました。 結婚生活は順調で、佳代子さんは二人の息子を出産、子育てに奮闘しながら夫の政治活動を支え続けています。 ただ、この結婚生活は5年で幕を閉じました。 はっきりとした離婚理由は公開されていませんが、1982年に二人は離婚、孝太郎さんと進次郎さんの二人の息子は小泉純一郎さんが引き取ることになりました。 実はこの時、佳代子さんのお腹の中には3人目の子供がいて、離婚後の1983年に男の子を出産しています。 小泉純一郎さんはこの3男の親権も主張しましたが、調停の結果親権は佳代子さんが勝ち取りました。 なせ孝太郎さん、進次郎さんは小泉純一郎さんが親権を得ているのに、3人目の子供は佳代子さんが親権を持つことになったのでしょうか。 やはり生まれてくる子供には母親が必要だから、という配慮でしょうか。 謎です。 スポンサーリンク 小泉純一郎の離婚理由1.創価学会について 小泉純一郎さんの離婚理由には様々な情報が噂されていますが、その中には 宗教に関するものもあります。 元妻の宮本佳代子さんが創価学会員で、その考え方の違いで離婚に至ったのではないか?というものです。 小泉純一郎さんは結婚の際に「政治家の世界は何も知らなくていい」と佳代子さんに伝えています。 政治活動に関しては小泉さんの母親や姉が取り仕切ることが多く、佳代子さんにその必要性は求められていなかったわけです。 とは言え、政治家の妻として何かと夫を支える行動を起こした佳代子さん、創価学会出身ということも関係して親族からの反感を買った可能性も考れます。 もちろん、明確な離婚理由について小泉純一郎氏も元妻の佳代子さん側も何も話をしていないので実際のはどの情報が正しいのかはわかりません。 実際に、宮本佳代子さんが宗教にのめりこんでいたのかどうか分かりませんが、根強い噂の一つとして残っています。 確かに自民党議員の身内に創価学会員のものがいる、というは、悪いわけではありませんが、少し不自然な感じもしなくもないですよね。 創価学会といえば、やはり 「公明党」と頭に浮かぶ人の方が多いでしょうから。 政教分離を考えるうえでも、小泉純一郎の今後のキャリアとしても、身内に創価学会員はちょっとまずかったのではないでしょうか。 スポンサーリンク 小泉純一郎の離婚理由2.姉との確執について 小泉純一郎さんの 離婚理由にはもう一つ、小泉純一郎さんの姉との確執が噂されています。 先にも挙げたように、小泉純一郎さんの政治家活動は女系家族で発言力の強かった母親と姉・信子さんとが取り仕切っていました。 政治家・小泉純一郎さんの周りを身内で固めて、不要な心配事は遠ざけるようにしていたようです。 姉の信子さんは小泉純一郎さんの秘書としても活動し、夫を支える嫁としての立場がなかったのでは?と予想されます。 元妻である宮本佳代子さんは、元青山学院大生のお嬢様、政治家を支えるための常識など知らないも当然です。 とは言え、妻として夫を支えないわけにもいかず、佳代子さんなりに家事や子育て、政治活動のサポートなどに奮闘していた時期があったのは確かです。 逆にその事が、小泉信子さんを始めとする小泉家の姉達との確執が生まれてしまったのではないでしょうか。 他人に小泉家の事を触れられたくない小泉家と、その中に入ろうとする宮本佳代子さん。 そんな構図が浮かびます。 結局、離婚に至るほど宮本佳代子さんと小泉信子さんとの関係は、相当ぎくしゃくしていたのではないでしょうか。 どこの家庭でも小姑と嫁との確執は多少なりともありますよね。 ただ、小泉家は代々政治家の家系で、一般家庭に比べて取り決めやルールが厳しい部分はあったかもしれません。 その厳しさに外部の人間ながら、小泉純一郎さんの元妻となった宮本佳代子さんが入っていけなかったのか、あるいは小泉信子さんがよそ者として「小泉家」に入れなかったのか、今となっては分かりません。 もし小泉信子さんと宮本佳代子が仲良く協力できる関係だったなら、小泉純一郎さんは一体どうなっていたんでしょうか。 想像してみるのも面白いですね。 スポンサーリンク まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は「小泉純一郎の離婚理由がヤバい!妻は創価学会で姉との確執だった!」について紹介しました。 小泉純一郎さんの離婚の原因には様々な噂が流れています。 中でも有力候補として挙げられるのが今回紹介したこの二つ。 「宮本佳代子さんの創価学会説」• 「宮本佳代子さんと小泉純一郎の姉たちとの確執」 でしょうね。 もちろん、この二つの理由が絶対に正しいとは言いきれません。 本当の理由を当人が発言しないので公にはなっていません。 ただ、これだけ世間で噂になっているという事は、それなりの信憑性があるのでは?と考えられますよね。 火のない所に煙は立たぬ、つまりはここで挙げた理由に近い事実が過去に合ったということだと思います。 あなたはどう思いますか? 本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。 小泉純一郎さんについてはこちら• をご覧くださいね。 小泉家長男である小泉孝太郎さんについてはこちら• をご覧ください。 小泉家次男の小泉進次郎さんについては• もご覧下さいね。

次の

小泉純一郎には三男が!?宮本佳長の画像・職業・現在など情報まとめ

小泉 純一郎

小泉首相の所信表明演説 小泉首相の所信表明演説(米百俵の引用) 2002年5月7日 小泉内閣が発足し、最初の所信表明演説のむすびで、『米百俵の故事』を引用した。 明治初期、厳しい窮乏の中にあった長岡藩に、救援のための米百俵が届けられました。 米百俵は、当座をしのぐために使ったのでは数日でなくなってしまいます。 しかし、当時の指導者は、百俵を将来の千俵、万俵として活かすため、明日の人づくりのための学校設立資金に使いました。 その結果、設立された国漢学校は、後に多くの人材を育て上げることとなったのです。 今の痛みに耐えて明日を良くしようという『米百俵の精神』こそ、改革を進めようとする今日の我々に必要ではないでしょうか。 新世紀を迎え、日本が希望に満ち溢れた未来を創造できるか否かは、国民一人ひとりの、改革に立ち向かう志と決意にかかっています。 小泉純一郎首相 米百俵の群像(長岡市) 小林虎三郎 10月に行われる米百俵祭 凛々しい森長岡市長 小林 虎三郎 文政11年(1928)、長岡藩士小林又兵衛の三男として誕生。 河井継之助より1歳年下。 佐久間象山に学び、吉田寅次郎(松蔭)と「象山塾の二虎(にとら)」といわれる英才である。 ペリー提督の黒船を見て、下田より神奈川(横浜)開港が良いとの意見書を、老中であった藩主に差し出し、蟄居を命ぜられ表舞台から消えた。 継之助とは縁戚関係にあるが、藩の政治に対する考えはことごとく違った。 戊辰戦争の敗戦後、復興を目指す長岡藩の文武総督に任命され大参事となった。 明治3年(1870)、三根山藩(巻町)から救援の米百俵が届いた。 虎三郎は反対を押し切って、これを藩士に分配せず、国漢学校の建設資金にあてた。 虎三郎は生来病弱で、国漢学校が開校した翌年には「病翁(へいおう)」と改名し、明治10年(1877)信念を貫いた50歳の生涯を東京で閉じた。 山本 有三 「路傍の石」、「真実一路」、「米百俵」の小説や戯曲で知られる。 明治20年(1887)生まれ。 有三は海軍軍人でありながら、日米開戦に反対する山本五十六の不思議な人間性に興味を持った。 五十六が戊辰戦争に敗れた長岡の出身と知り、この五十六が尊敬している悲劇の英雄「河井継之助」を執筆する準備を進めた。 現地で調査している過程で米百俵の話しを知り、戦争に反対した小林虎三郎の戯曲を書くことになったという。 昭和18年、戯曲「米百俵」の発表直前に、五十六は南海の空に散った。 当時は軍部の支配下にあり、反戦戯曲と弾圧を受け絶版、自主回収の憂き目をみた。 昭和50年長岡市が復刻出版することになり、歌舞伎座でも上演され大きな反響を呼んだ。 河井継之助、山本五十六、小林虎三郎に共通するものは、戦争に反対し平和を求める姿勢であろう。 いま米百俵の精神は日本よりも、海外の発展途上国で評価が高い。 三鷹市の玉川上水のほとりに「山本有三記念館」がある。 ちょっと違う「米百俵の精神」 長岡市のホームページでは、「国がおこるのも町が栄えるのも、ことごとく人にある。 食えないからこそ学校を建て、人物を養成するのだ。 」という小林虎三郎の主張は、「目先のことばかりにとらわれず、明日をよくしよう」となっている。 これが誤解され、政治家には「国民に我慢を強いること」のように取られているむきがある。 長岡藩は三根山藩から藩士にきた米を、彼らの既得権を放棄してまで、明日の繁栄のために教育資金に廻したのである。 領民に痛みを求めてはいない、むしろ設立した国漢学校では今まで藩士の子弟だけだった教育の機会を、町民、農民にも門戸を開放した。 小林虎三郎も立派であるが、明日のために家族に食べさせる米を諦めた藩士がむしろ尊いのである。 また、送り主の 三根山藩が戦争の後遺症で苦しむ中から、血の滲む中で捻出した百俵であることを忘れてはならない。 そして 三根山藩の地元である巻町や岩室村(双方とも現新潟市)には、米百俵を贈った美談は彼らの記録になかったことを知ってほしい。 長岡藩士は2月の旧正月までけっして新米を食べなかったという。 領民の汗の上に藩士の暮らしがあることを自覚していたことによる。 また幕末に長岡藩が禄高の均衡化の改革を実施し、上士の禄高を大幅に減らし、多くの下士の禄高を上げた。 これも明日のために門閥達が既得権を放棄したのである。 改革のためには藩主も、進んで大切な家宝をことごとく売り払い、国漢学校の設立には多額の寄付をした。 みんなが「常在戦場」の教えを、一途に守り通している。 いまこそ「民はくにのもと、吏(り)は民の雇(やと)い」という河井之助が残した言葉を噛み締めたい。 構造改革を推進するために、従来の特権をそのままにして、国民に忍耐と我慢を求める議員がいたとしたら、それこそ真の米百俵の精神を見習って欲しいものだ。 今の政治家、官僚や役人が自らの給料を減らし、その金を教育費に回すことができるのか。 小泉総理の「米百俵」の故事の引用が空回りにならないことを祈りたい。

次の