マッスルメモリー。 筋トレを休んで小さくなった筋肉も戻ります!マッスルメモリーとは

マッスルメモリーの仕組み。過去の筋トレ経験は無駄にはならない。

マッスルメモリー

筋トレで増えた細胞数は減らない説• トレーニングの知識やプロテイン等昔より効率が良くなってる説 筋トレで太くなった筋繊維は細くなってしまっても増えた細胞数 核の数 は変わらないため楽に筋肥大ができるという説ですね。 そしてもう一つは昔よりトレーニング方法やマシンが進化し、良質なプロテインが増えため筋トレ自体の効率がグッと上がったため昔より簡単に効果を感じる事ができるという説ですね。 早速覆してきましたw まあ残念ながらこれが絶対に正解と言うのは正直わかりませんでしたが、 個人的には増殖した細胞の核の数が保存されているという説が正しいように思えます。 マッスルメモリーの有効時間は? それでは マッスルメモリーの有効期限はいつまでなんでしょうか? これもはっきりといつまでと言うのは明言されていません。 謎です。 昔聞いたのは10年有効というものでしたが、半永久的という説もあります。 ちなみに ぼくの場合は約10年ぶりに筋トレを再開し、一瞬で全盛期とほぼ同じくらいにまで筋肉は付きました。 ということからも個人差はあるかもしれませんが、10年以上は持ちそうな感じはしますね。 それは 全盛期の筋肉量付近まで仕上がった段階です。 ここから先はマッスルメモリーのボーナスステージは終了で、昔と同じで地道にトレーニングを積み重ねなければなりません。 この段階でトレーニングメニューを変えたり負荷を重くしたりしなければなりません。 その辺りは自分と向き合って管理していくしかありませんね。 ずーっと同じメニューではそれ以上になることはできません。 ほんまやー!すぐにムキムキになれたー! まとめ 草野球でポッコリお腹や筋肉不足で悩んでる方、 『昔はムキムキで…』と言わずに是非筋トレしてみて下さい。 マッスルメモリーが働いて以前より楽に筋肉を付けることができます。 マッスルメモリーとは筋肉が全盛期の筋肉量を記憶しており、筋トレを再開したら全盛期近くまでは比較的楽に筋肉を付けることができるというものです。 原理や有効期間等はまだはっきり解明されていません。 しかし ぼくが体感した感じは明らかに効果があったので本当にあると思います。 これを知っていれば昔しんどかった記憶しかない筋トレにも手を出す気分になれますよね。 ジムにいかなくても色んなトレーニング方法はありますので、そういうものから始めてみるのもいいかもしれませんね!.

次の

マッスルメモリーは都市伝説じゃない!科学的根拠を解説します

マッスルメモリー

マッスルメモリーとは 筋肉作りとは穴の空いたバケツに水を汲む行為の様なものだ。 そんな格言をどこかで聞いたことがある。 確かに、筋肉作りとは筋トレして栄養とって、次のトレーニングまで十分休むの無限ループである。 このループが強制シャットされたらどうなるか? 答えは筋肉が落ちて、体に張りがなくなる。 多忙や、怪我、病気でやむを得ず筋トレを断念する人もいるだろう。 しかし、ある程度まで筋肉を育てた人の筋肉は己の輝いていた頃の筋肉を覚えている。 マッスルメモリーとは筋トレを中断して筋肉が落ちても、筋肉が以前の筋肉量を記憶しており、筋トレを再開すれば以前の筋肉量まで猛スピードで到達する筋肉が持っている特殊技能のことである。 筋トレ再開後、日々マッスルメモリーを実感する 僕は、重度の坐骨神経痛により2017年7月から2018年2月まで筋トレができませんでした。 特に9月、10月は右下半身の激痛と痺れにより、ほぼベッドで寝たきり生活を送っていました。 8ヶ月筋トレができなくなり体は以下のように変化しました。 8ヶ月の筋トレ休養後の体の変化 変化前 変化後 体重 74kg 71kg 胸囲 111cm 105. 5cm 脚 58cm 53. 4cm 腕 37. 5cm 35cm 体重の変化はあまりありませんでしたが写真で見ると一目瞭然です。 明らかに体から発してるテストステロンも違います。 寝たきり生活になってからは、食生活も適当で朝は菓子パンで、毎食のタンパク質をいくら取ろう等は全く計算していませんでした。 食生活クソ 運動ゼロ が8ヶ月続いた結果が右の写真です。 筋トレ再開3ヶ月経過 筋トレ再開3ヶ月後 体重 74kg 胸囲 111cm 脚 58cm 腕 37. 5cm 完全に戻りました。 ただ少しだけ脂肪は乗ってますが。 しかし、筋量は戻っても、筋力は戻りづらいです。 例えばベンチプレス。 怪我前は100kgを15回挙げられましたが、筋トレ再開3ヶ月後の今は9回です。 マッスルメモリーによって、筋量は戻りやすいが筋力はやや戻りづらいようです。 まとめ マリリン・モンローの格言に以下のものがあります。 もしあなたが私の最悪な状態のときにきちんと扱ってくれないなら、私が最高な状態なときに、私と一緒にいる資格なんてない。 高飛車で腹立ちますねこの格言。 筋肉が格言を発するならこう言います。 もしあなたが最悪な状態のときにいようと、すぐに私が最高なときのあなたの状態にお連れします。 今、理由あって筋トレができなくて、日々筋肉が無くなっていき焦ってる人々へ。 あなたの筋肉にはマッスルメモリーがあります。 また、地道にやり直していけばスグに元に戻りますよ。

次の

【マッスルメモリー】筋トレの効果は記憶する?その意味とは?

マッスルメモリー

最近話題のキーワードに、「マッスルメモリー」という言葉があるのをご存知でしょうか? 少し専門的な言葉になりますが、これは「エピジェネティクス」に関係するお話です。 「エピジェネティクス」とは、生命の設計図となるDNA以外にも、個体(人)の身体的特性を定義する要素(食生活や生活習慣、外的環境、心理ストレスなど)があることを解明する学問の1つです。 その研究成果の一部として、筋力トレーニングの記憶は、筋細胞内に残るということが判明しました。 それがいわゆる「マッスルメモリー」です。 筋肉の中には、「筋サテライト細胞」という種類の幹細胞が存在します。 これは筋線維の素になる細胞で、いわば筋肉の赤ちゃんのようなもの。 この「筋サテライト細胞」は、筋肉トレーニングをすることで成長します。 一度つけた筋肉の記憶は、この細胞内におよそ10年ほど残り、運動を再開すると、以前の状態に戻ろうするため、トレーニング成果が早く出やすくなるのです。 難しいお話はさておき、我々の身体には「運動の努力を無駄にしない」という、素晴らしい機能があるということ。 筋肉は加齢に伴いだんだん減少してゆくものですが、体内で唯一、年齢に関係なく成長を見込める器官でもあります。 しかし、使わなければあっという間に減っていくのも事実。 10年後のご自身の健康のため、負担にならない程度のトレーニングから開始してみませんか? 大腰筋や腸腰筋。 股関節周り強化でいい事ずくめ! 近頃、平坦な道でもつまづくことがある……。 そんな時は腸腰筋が衰えている可能性が。 正しい姿勢を保ち、歩く力を衰えさせないためにも股関節まわりのトレーニングが大切です。

次の