やまき レバー 生。 西成「島ホルモン」噂の 女やまき とはこの店のことだっ!!

ディープな西成ホルモン焼き屋さんの海外の反応

やまき レバー 生

2017. 11 【西成潜入記 その1】 大阪の超ディープゾーン・西成に潜入しました。 地元の食に詳しい飴屋さんに事前にアドバイスされたのは「お金は裸でポケットに」。 置き引き・スリは日常茶飯事とのことで財布も鞄も宿に置いて、4,000円だけ持ってのスリリングな旅となりました。 最初に向かったのは今池の「やまき」。 阪堺電気軌道のボロ電車が走るガード下のホルモン鉄板焼きという、最も西成らしいディープな場所。 マジで。 そんな店に慣らし運転なしの無謀な挑戦です。 11:00開店ということで11:10に行ったら準備が始まったばかり。 先に並ぶ4人と30分ほど準備風景を眺めながら待ちます。 おじさんの「ええよ。 」との合図でカウンターにかぶりついたのは10人ほど。 ただ日曜日とあって、ほとんどが地元大阪からの観光客か、出張ついでにやってきたというサラリーマンのグループ。 期待したどろどろの阿鼻叫喚の世界とはちょっと違って残念です。 準備が整い、一斉に鉄板を囲むとまずは「キモ レバー 」から。 握り拳くらいあるふわふわのレバーが1人前70円。 焼けたら鉄板の私の前に置いてくれますからそれを竹串でつつきます。 辛いたれをつけて食べるとおいしい。 ぷりぷりしてて新鮮です。 ホルモンは串に刺された状態で鉄板で焼かれ、焼き上がると客が鉄板からそのまま自分で取って食べる。 ぷりっぷりで1本70円。 にんにくと唐辛子まみれのタレがまたおいしく、二度づけ禁止。 やっぱり大阪です。 アブラという部位も別注文で70円。 ホルモン3本にキモ・アブラ、缶ビール2本でしめて950円と、まさに「センベロ」の世界がここにはありました。 でもほんとにおいしかった。 西成ディープゾーンの探検はまだまだ続く…。

次の

ディープな西成ホルモン焼き屋さんの海外の反応

やまき レバー 生

大阪地下鉄フリー切符はしご酒ツアー7軒目。 こちらのお店は、今回どうしても行きたいという同行者の希望。 どうやらテレビで取り上げられたみたいですね。 私もその存在は知ってはいました。 ただ、大正駅からは相当歩く(15分ちょっと)し、 雰囲気が萩ノ茶屋今池の「やまき」にそっくりなんよね。 だから、ここまで来なくても、「やまき」に行けばええやんと、 今回ようやく初訪問となりました、ホルモン「ちから」です。 はい、「やまき」ご存じの方なら、 めっちゃ外観似てるやんって思いますでしょ(^^) それに、店前の鉄板もこんな感じです。 ますます、「やまき」そっくりやんって声があちこちから聞こえますね~ メニューもこんなのです。 はい、こちらも全く一緒のメニュー構成で値段も一緒、 ホルモン、キモ共に1串60円です。 あと、アルコールは缶ビールが300円。 とりあえずお試しにと、ホルモンとキモを私は1本ずつ。 鉄板のとこに置いてある、タレにずぼりとくぐらせます。 んん?味に全くパンチがありません。 このタレはやまきと違い、色合いがどぎつくないなって思いましたが、 明らかにまろやか過ぎます。 あのにんにく・唐辛子がパンチを効かせた風味を感じられない。 それに、キモがカスカスに焼き過ぎ。 やまきでは串にささず、レア状態に大きいのを出されるので、 生レバー好きな私には、あのキモの方が好きです。 ホルモン、キモ、1本ずつ食べた時点で、もういいやって状態。 「やまき」を知ってる私はそれで終わらせましたけど、 同行者はまだ食うと2本目いっとりました。 はい、欲求不満な私です・・・ さーて、どうやって続きますか・・・・ 参考記事) 旨さ…………10点 安さ…………18点 店の雰囲気… 9点 B級度………19点 印象度……… 5点 総合評価……61点 評価Cランク 住所:大阪市大正区泉尾2丁目12-15 電話:なし 営業時間:15:00~19:30 定休日:月曜.

次の

やまき(今池・西成萩之茶屋商店街)立ち飲みホルモン鉄板焼き 大阪B級グルメ

やまき レバー 生

大阪地下鉄フリー切符はしご酒ツアー7軒目。 こちらのお店は、今回どうしても行きたいという同行者の希望。 どうやらテレビで取り上げられたみたいですね。 私もその存在は知ってはいました。 ただ、大正駅からは相当歩く(15分ちょっと)し、 雰囲気が萩ノ茶屋今池の「やまき」にそっくりなんよね。 だから、ここまで来なくても、「やまき」に行けばええやんと、 今回ようやく初訪問となりました、ホルモン「ちから」です。 はい、「やまき」ご存じの方なら、 めっちゃ外観似てるやんって思いますでしょ(^^) それに、店前の鉄板もこんな感じです。 ますます、「やまき」そっくりやんって声があちこちから聞こえますね~ メニューもこんなのです。 はい、こちらも全く一緒のメニュー構成で値段も一緒、 ホルモン、キモ共に1串60円です。 あと、アルコールは缶ビールが300円。 とりあえずお試しにと、ホルモンとキモを私は1本ずつ。 鉄板のとこに置いてある、タレにずぼりとくぐらせます。 んん?味に全くパンチがありません。 このタレはやまきと違い、色合いがどぎつくないなって思いましたが、 明らかにまろやか過ぎます。 あのにんにく・唐辛子がパンチを効かせた風味を感じられない。 それに、キモがカスカスに焼き過ぎ。 やまきでは串にささず、レア状態に大きいのを出されるので、 生レバー好きな私には、あのキモの方が好きです。 ホルモン、キモ、1本ずつ食べた時点で、もういいやって状態。 「やまき」を知ってる私はそれで終わらせましたけど、 同行者はまだ食うと2本目いっとりました。 はい、欲求不満な私です・・・ さーて、どうやって続きますか・・・・ 参考記事) 旨さ…………10点 安さ…………18点 店の雰囲気… 9点 B級度………19点 印象度……… 5点 総合評価……61点 評価Cランク 住所:大阪市大正区泉尾2丁目12-15 電話:なし 営業時間:15:00~19:30 定休日:月曜.

次の