明石 市 学校 再開。 明石市立大蔵中学校

何かにつけてまず子どもにしわ寄せする社会にNO❗️明石市が3/16に学校再開🧒👦|前田晃平

明石 市 学校 再開

日頃から、手洗いやマスクの着用等の一般的な感染予防対策を徹底させることは、新型コロナウィルス感染症の予防においても重要であると考えています。 ご家庭でも、今一度、お子様への声掛けをお願いします。 【マスクを着用しましょう】特に、人にうつさないように「咳エチケット」を徹底しましょう。 ただし、熱中症には十分に気をつけ、 呼吸が苦しいと感じるときは、友達との間隔を取ったうえで、マスクをずらすようにしましょう。 尚、 マスクを置く際の清潔なビニールや布等を用意しておきましょう。 6 月• 01 日 月 授業再開 短縮4校時 朝会(放送で)• 02 日 火 短縮4校時• 03 日 水 2年以上平常校時開始 給食開始(2~6年) 短縮校時 スクールカウンセラー来校• 05 日 金 身体測定(全学年) 学校諸費振替• 08 日 月 1年給食開始• 09 日 火 避難経路確認(各クラスで) 視力(5年)• 10 日 水 短縮校時 L委員会 視力(6年)• 11 日 木 視力(4年)• 12 日 金 視力(3年)• 15 日 月 1年平常校時開始 代表委員会 こども安全の日• 16 日 火 地区別一斉下校(5校時) 視力(2年)• 17 日 水 3年以上6校時 視力(1年)• 18 日 木 教育相談日 視力(なかよし)• 22 日 月 学校諸費振替• 23 日 火 色覚検査 4年希望者• 24 日 水 3年以上6校時• 29 日 月 スクールカウンセラー来校.

次の

児童ら「休み長かった」 2週間ぶりに学校再開の自治体 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

明石 市 学校 再開

日頃から、手洗いやマスクの着用等の一般的な感染予防対策を徹底させることは、新型コロナウィルス感染症の予防においても重要であると考えています。 ご家庭でも、今一度、お子様への声掛けをお願いします。 【マスクを着用しましょう】特に、人にうつさないように「咳エチケット」を徹底しましょう。 ただし、熱中症には十分に気をつけ、 呼吸が苦しいと感じるときは、友達との間隔を取ったうえで、マスクをずらすようにしましょう。 尚、 マスクを置く際の清潔なビニールや布等を用意しておきましょう。 6 月• 01 日 月 授業再開 短縮4校時 朝会(放送で)• 02 日 火 短縮4校時• 03 日 水 2年以上平常校時開始 給食開始(2~6年) 短縮校時 スクールカウンセラー来校• 05 日 金 身体測定(全学年) 学校諸費振替• 08 日 月 1年給食開始• 09 日 火 避難経路確認(各クラスで) 視力(5年)• 10 日 水 短縮校時 L委員会 視力(6年)• 11 日 木 視力(4年)• 12 日 金 視力(3年)• 15 日 月 1年平常校時開始 代表委員会 こども安全の日• 16 日 火 地区別一斉下校(5校時) 視力(2年)• 17 日 水 3年以上6校時 視力(1年)• 18 日 木 教育相談日 視力(なかよし)• 22 日 月 学校諸費振替• 23 日 火 色覚検査 4年希望者• 24 日 水 3年以上6校時• 29 日 月 スクールカウンセラー来校.

次の

【新型コロナ】学校園の臨時休業について/明石市

明石 市 学校 再開

要点はこんな感じです。 19歳未満の感染者は全体の2. 小中高の一斉休校なんて優先順位からいったら最後の最後。 弊会が全国アンケート(有効回答8339件)を実施したところ、その実態が明らかになりました。 特にダメージが大きいのが非正規雇用で働いているご家庭や、ひとり親家庭、そして、医療的ケア児家庭です。 世帯年収が低いご家庭にとって学校給食は重要なライフラインですし、子どもを家でみようにも仕事を休んだら家計が回らないケースだってあります。 医療的ケア児の家事育児負担を両親(特にお母さん)だけが突如担うのは想像を絶するものがあります… しつこいですが、やっぱり「なんでここからなの…!?」って思ってしまうんです。 「コロナウィルスで尊い人命が失われるリスクがあるからどんなことでもやるんだよ!」っていうご意見もわかりますが そのための誤った対策で人が命を落とす可能性をもう少し考えて欲しいのです。 経済的な困窮による自殺、虐待、栄養失調、いくらだって考えられます。 この国では多くの人が今そういうステージにいるんです。 … でも、こんな政府の不合理な「要請」がありつつも、毅然と自ら考え実行する自治体も出てきています 例えば、兵庫県の明石市。 しっかり準備をされているようです。 とはいえ、もし明石市で感染者が出たらどうするのか? お隣の神戸市ではすでに感染者が出ているようですし… それに対して、泉市長のスタンスは明確でした。 「学校は、子どもにとって安全安心の居場所であるべきで、そうでない状況なら休校も再検討するが、休校は大きな話。 市内で感染者が1人出たからとの理由でシンプルに(学校を)閉める、閉めないという話ではない」 感染リスクとのバランスの問題。 学校に来てもらう方がリスクが高いと判断すれば考える。 状況に応じて(休校は)全域か、地域か、学校単位かという選択肢もある。 インフルエンザでは学校単位、学級単位。 いろいろ方法はある。 つまり、行政がトップダウンで一斉休校を指示するのではなく、地域や学校、もしくは学級といったより小さな単位で自律的に判断していくスタイルです。 これは 「台湾方式」に近いなと感じました。 これ、すごくいい。 この国のあるある話ですけど、こういう政府が音頭を取って自粛を要請しているときに足並みを揃えない人って往々にして非難の的になりますよね。 「みんなで頑張ってるときになにやってんだよ…😒」的な! もうね、そんなバカな話はないですよ 明らかに政府の施策がナンセンスなときに、「自粛して」それに盲従することがいかに多くの人々の生活を脅かしてしまうことか。 今回勢いでnoteを書いてしまった理由はシンプルで、 こういう素晴らしい事例が世間に知られないまま「自粛しろ」だの「自重しろ」だのいう圧力にだけ晒されるのが嫌だったからです。 自分にはありんこほどの力もありませんが、こういう素晴らしい取組は全力で応援したいんです。 こういう、何か問題があるごとに子どもに負担を押し付ける社会に加担するような「自粛」なんて絶対してやらねーぞ!と思うのであります。 ちなみに台湾の事例ですが、ルール設定の他にも、開校時に以下の準備をしています。 ここまでやってる日本の学校があるかな?と思います。 1,毎朝登校時に学校の正門で検温 額温度測定 37. 5度 耳温度測定 38度で出席停止、即病院で医師の診察。 2,教職員は、発熱や呼吸器に何らかの症状が校内で出た場合は、すぐにマスクをして、帰宅まで個室待機。 3,645万個(全国の教職員 生徒学生数 一人一枚)のマスクが全教育機関に予備用として配布済み。 4、アルコール消毒液 8. 4万噸が、教育機関に配布済み。 5,2. 5万本の額体温計を配布 小中学校は配布完了 3月2日までに全校配布完了予定 6,2月23日までに学校の完全消毒完了 7、開校中は、教室の窓を開け、換気を充分に行う 密室空間を作らない 8,感染者に接触したと思われる場合は14日間自宅待機をする 隔離監察 9,学校では大型の活動は中止 入れ替え授業(複数のクラスの交流など)は中止 10、感染者が一人出た場合は学級閉鎖、二人出た場合は学校閉鎖 11、学校に医師を派遣して、感染予防指導や見回りを行う。

次の