おすすめ 動画 編集 アプリ。 直感的に!無料のおすすめ動画編集アプリ7選

無料動画編集ソフトのおすすめ人気ランキング14選【初心者でも簡単に使えるのはどれ?】

おすすめ 動画 編集 アプリ

プロのデザイナーによって、設計されたテンプレートが数多く用意されているので、オープニングムービー、エンドロールムービー、結婚式ムービー、誕生日動画など、さまざまな場合に利用できるYouTube動画を簡単に作成できるアプリです。 メリット:• 豊富な動画テンプレート• 動画の作成は無料• 使い方が簡単• 写真と動画両方を対応 デメリット:• 動画のダウンロードが有料 2 Enlight Videoleap 次に紹介するYouTube動画編集に利用できるアプリはEnlight Videoleapです。 こちらは高機能で使いやすいビデオエディターで、三日間の無料ためしがあります。 動画の取りきり、結合、テキスト追加から、クロマキー合成やキーフレームアニメーションの活用まで、幅広いニーズに対応しています。 直感的な使い方なので、初心者にもおすすめできるYouTube用の動画編集アプリです。 メリット:• クロマキー合成機能あり• キーフレームアニメーション使用可能• 日本語フォントが充実 デメリット:• 無料試しは三日間だけ• 無料版には一部機能の制限がある 3 InShot InShotはYouTube、InsなどのSNSに超人気の動画編集アプリです。 アプリストアでの評価も高いので、たくさんのYuoTuberさんにも愛用されています。 スタンプやBGM、サウンドエフェクトなどの機能を搭載して、バラエティ番組のような賑やかなYouTube動画が作れます。 メリット:• 豊富なデコる素材• アプリ内におすすめの曲がある• 写真と動画両方に対応 デメリット:• 複雑な編集ができない• 一部の素材はPro版へアップデートする必要がある 4 BeeCut BeeCutは多機能搭載のYouTube用無料の動画編集アプリです。 初心者のための動画編集アプリで、トリミング、回転・反転、フィルター、テキストとBGM挿入など、一通りの機能を搭載しています。 直感的に使う機能が多くので、英文でも戸惑うことがなく、簡単にYouTube動画を編集できます。 メリット:• 完全無料で、1080P画質ロゴなしで動画を作成• 5種のアスペクト比の動画が作れる• トランジション効果が豊富 デメリット:• 日本語言語非対応• たまに落ちることがある 5 VLLO VLLOは新しく出たYouTube向けの動画編集アプリで、もとの名前はVimoでした。 使いやすいだけでなく、デザインもかわいいので、女性利用者に人気です。 動くスタンプで動画をデコレーションして、色々な表現ができます。 メリット:• 800種類以上のモーションステッカー• 写真とビデオを接続してビデオを作成できる• 4Kの高画質の動画が作れる デメリット:• 無料版は一部の機能に制限がある• 日本語フォントが少ない 6 Animoto VideoMaker Animoto VideoMakerは写真とビデオクリップだけで素晴らしい動画が作れるYouTube用のビデオエディターです。 テーマを選択して、写真または動画をインポート、BGMを追加すれば、素敵な動画が作成できます。 動画編集のスキルがなくても、簡単にYouTube動画が作れます。 メリット:• 使い方が簡単、短時間でスライドショーが作成• 様々なテンプレートを用意• メッセージを入れることができる デメリット:• 無料版は生成された動画の長さに制限がある• 日本語言語非対応 7 VUE VUEはビデオ・カメラ機能付きのYouTube用の動画編集アプリです。 複数のカットをつなげて、モンタージュが簡単に作れるので、今YouTubeでてとも人気のvlog動画も簡単に作成できます。 上下に黒い余白をつけることができるので、まるで映画館で見ているような仕上がりになります。 メリット:• 映画の雰囲気を再現したフィルターを豊富に用意• vlog動画作成にも利用できる• コミュニティ機能搭載 デメリット:• 無料で利用できますが、ロゴがある• 複雑な編集ができない 8 FilmmakerPro FilmmakerProは初心者でも使えるYouTube向けの本格的な動画編集エディターです。 アプリ内に課金項目もありますが、無料版でも無制限にアプリを利用することができます。 動画のカット、コピー、スロモーション、音量調整、フィルター、クロマキーなど、さまざまな機能がいっぱい積み込まれています。 メリット:• 横画面で編集作業が行える• 無制限にプロジェクトを作成及び管理• 4K動画をサポート デメリット:• Androidスマホに利用できない• ウォーターマークが入る 9 VivaVideo VivaVideoも評価の高いYouTube用の動画編集アプリです。 トリミング、再生速度変更、テキスト挿入などの基本機能はもちろん、効果音やステッカーなど著作権フリーで使える素材も数多く提供します。 多機能ですが決して複雑ではなく、初心者でも使いやすいYouTubeむけの動画編集アプリです。 メリット:• ビデオカメラ機能付き• コミュニティ機能搭載• 美肌効果がある デメリット:• 無料版では書き出せる動画の長さが5分以内• 広告が表示される 10 Video Editor for Youtube 最後に紹介するVideo Editor for Youtubeは、名前を見ればわかると思いますが、YouTube向けのビデオディターです。 カット、結合、ステッカー、エフェクト、テキスト、音楽、スローモーションなどYouTube動画編集に必要な機能が備えています。 メリット:• 写真スライドショー作成機能付き• 20種以上の動画エフェクト• 劣化なしで1080P画質動画出力 デメリット:• 日本語言語非対応.

次の

iPhoneの動画編集アプリのおすすめ13選【2019最新版】

おすすめ 動画 編集 アプリ

iPhone 11• Xperia 1• Xperia 5 コスパに優れたiPhone 11 画像引用元: まずおすすめするのは、2019年に発売された最新iPhone、「iPhone 11」です。 3 mm 重さ 194g ディスプレイ 6. 上の画像はiPhone 11の動画編集画面です。 一目見ただけではアイコンばかりでよくわかりませんが… 適当でも良いのでアイコンをタップしていくと、明るさやシャドウ、彩度などの変化が動画上に反映されます。 また、動画にストーリー性を持たせてくれるフィルターも9種類用意されており、カラーの強度も調整可能。 動画の傾き補正機能などもできるので、 簡単な編集であれば、他の動画編集アプリは不要です。 処理能力もiPhoneならでは! 動画編集アプリには、高い処理能力が求められます。 しかし、iPhone 11は 全てのスマホの中でも最高峰の処理能力を誇る機種ですから、どんな動画編集アプリでもサクサクと動かせるでしょう。 高度な編集ができるアプリほど、スマホの処理能力が重要になりますが、iPhone 11はそれに応え得る能力を十分に持っているということです。 動画編集だけならiPhone 11で十分! iPhone 11には上位機種の「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」があります。 しかし、動画編集をするだけなら、iPhone 11で十分でしょう。 なぜなら、iPhone 11 ProとiPhone 11のカメラ機能の違いは望遠レンズの有無だけで、ほかの性能はすべて同じだからです。 ので、 本体価格も安いiPhone 11の方がおすすめです。 スマホ最強の撮影能力!Xperia 1 画像引用元: より本格的な動画作成に挑みたい場合におすすめなのが、Xperiaシリーズのフラッグシップモデル「Xperia 1」です。 2 mm 重さ 178g ディスプレイ 6. 当時は、スマホには過剰とも言えるカメラや動画撮影機能を持つことから、「マニアック向けの尖った機種」としての評価を得ていました。 しかし、発売後はそのような評価をいい意味で裏切り、各地で売り切れが続出し、 入手困難になった時期も。 発売から数ヶ月後に新たなXperiaシリーズが早くもリリースされるなど、Xperiaシリーズの復活を象徴する1台であると言えるでしょう。 ハリウッドも認める実力!Xperia 1の行き過ぎた性能 なぜ本機がマニアック向けの機種と言われたのか、その理由は以下のとおりです。 映画撮影のプロが使用するマスターモニターの技術を投入した「クリエイターモード」• プロ向けデジタルシネマカメラの機能を搭載した「Cinema Pro」 このように、普通の生活では必要ないほどの高性能な機能が詰め込まれています。 特にマスターモニターは、 1台100~400万円もするプロ仕様のこと。 そんなプロ向けの技術を結集したのがXperia 1というわけです。 また、これらの撮影機能を十全に生かすため、Xperia 1のディスプレイ画面比には、一般的なスマホとは異なる「21:9」が採用されています。 この画面比は「シネマワイド」と呼ばれるものです。 映画を見るのに最適な比率とされています。 このように、Xperia 1には動画撮影者向けのこだわり要素が随所にちりばめられているのです。 最近では、Xperia 1の性能がハリウッドに認められ、複数のスタッフが個別に利用する小型マスターモニターとして採用されています。 世界最高峰のクリエイター集団に認められたという事実だけを取っても、Xperia 1の実力がよくわかりますよね。 Xperia 1をおすすめする理由 Xperia 1をおすすめする理由は、 スマホNo. 1とも言える撮影機能にあります。 しかし一方で、動画の編集機能はそこまで優れていないので、他の専用アプリを使うことになるでしょう。 とはいえ、今は優秀なアプリが非常に充実しています。 「良い編集アプリがなくて困る」ということは、まずないはずです。 「高品質な動画が撮れる」ことが最重要 編集アプリがどれだけ優れていても、もともとの動画が質が悪ければ、良い動画はなかなか作れません。 撮影する動画の品質は、スマホのカメラ能力に依存します。 この部分において最高のパフォーマンスを発揮するXperia 1は、 よりクオリティの高い動画を作成したい方にとって、最高のスマホとなることでしょう。 撮影した動画はプロクオリティの非常に美しい動画に仕上がります。 他のスマホとは一線を画す動画作りが楽しめますよ。 Xperia 1と同等の撮影能力を持つXperia 5 画像引用元: Xperia 5はXperia 1の小型モデルです。 しかし、撮影機能などはXperia 1と同等の性能を持ちます。 2 mm 重さ 164g ディスプレイ 6. 本体価格は表のとおり約87,000円。 10万円を超えるXperia 1に比べ、およそ2万円ほど安くなります。 この本体価格にもかかわらず、肝心の動画撮影機能はXperia 1と変わりません。 また、 Cinema Proについては、Xperia 5の方が操作性に優れているので、スマホでよく動画撮影をするのであれば、こちらの機種もおすすめですよ。 次の章では、動画編集におすすめのアプリをご紹介していきます。 おすすめ動画編集アプリはこれ! ここからは、動画編集に優れた5つのおすすめアプリをご紹介します。 特に、Xperia 1やXperia 5は編集機能に乏しいため、この動画編集アプリが必須です。 Adobe Premiere Rush 画像引用元: 本アプリは、 多くのYouTuberが愛用している「Adobe Premiere Pro」の廉価版にあたります。 アプリに収録されている音源のほか、スマホに入っている音源なども自由自在に追加することが可能です。 また、複数の動画を繋ぎ合わせることもできます。 本アプリがあれば動画編集で困ることはほとんどないでしょう。 ただし、無料版は3回までしか動画の書き出しができません。 有料版は月額1,100円と少々高めです。 無料版でも編集機能はすべて使えるので、まずは試しに使ってみて、気に入ったら継続利用するのが良いでしょう。 Magisto 画像引用元: Magistoは、 スマホ内の動画や写真を複数選択し、テーマに沿ったショートムービーを自動で作成してくれるアプリです。 ユーザーは動画や写真などの素材を選択して、本アプリに用意されているテーマやサウンドを選ぶだけ。 ビデオ時間も調整できるので、好みの長さの動画を手軽に作成することができます。 できた動画の編集も、スタイルさえ選べばアプリが自動で処理。 とにかく簡単・お手軽におしゃれな動画を作成したい方におすすめです。 KINEMASTER 画像引用元: KINEMASTERは 自分好みの動画を作成できる、本格的な編集機能を搭載したアプリ。 有料版と無料版がありますが、基本的な編集だけなら無料版で十分です。 スマホに保存されている動画を選び、そこに音楽や効果音を追加して、オリジナルの動画を作成します。 編集に使うスタンプなどの素材は、KINEMASTERアセットストアに無料で使えるものが豊富に用意されているので、自前で用意する必要はありません。 また、インターフェースが非常に優れているのも特長のひとつです。 数分いじれば、ほとんどの操作がわかってしまうのではないでしょうか。 動画編集中に新たな動画も撮影できます。 とにかく使いやすいアプリですよ。 InShot 画像引用元: Inshotは 手軽に使える動画編集アプリです。 まずは編集する動画を選択。 次に、動画に使う音楽やテキスト、フィルターを編集します。 複数の動画を繋ぎ合わせることもできますよ。 編集した動画は、そのままInstagramなどのSNSアプリに投稿することが可能です。 このアプリはInstagramとの親和性が非常に高いので、 Instagramによく動画を投稿している方に適しています。 Quik 画像引用元: Quikは スマホ内の動画や写真でショートムービーを作成できるアプリです。 動画や写真の数が多すぎて選びきれない選べない場合でも、「フラッシュバック」機能が動画の撮影日時や場所を分析して、まとめてくれます。 あとは、まとめられた動画や写真に合ったスタイルを選ぶだけ。 完成したショートムービーはスマホに保存できるほか、LINEなどのSNSでシェアすることもできます。 また、動画は自分でも自由に編集可能です。 テキストの挿入やフィルター、グラフィックの調整などが行えます。 動画に合わせる音楽は、100種類以上を用意。 もちろん音源は無料で使えます。 動画編集は自分の目的にあった機種とアプリを 今回は、動画編集におすすめのスマホとアプリをご紹介しました。

次の

無料のおすすめ動画編集アプリ10選!SNSに簡単投稿【iPhone・Android】

おすすめ 動画 編集 アプリ

スマホやiPadでできるオススメの動画編集アプリって何があるのかな?アプリごとの特徴や機能についても詳しく知りたい!できれば、なるべくお金をかけないで動画編集をはじめてみたいな! といった疑問を持つ方のために、アプリ好きの筆者が実際に使用している動画編集アプリを中心に10個ランキング形式でご紹介していきます。 動画の編集って、PCでやるというイメージを持つ方が多いと思いますが、最近の動画編集アプリは機能も素晴らしく、スマホだけでも十分クオリティの高い動画を作れますよ! ぜひ参考にしてみてください! ちなみに、アプリ名の下に貼ってある 上記のボタンからアプリ公式のページへ飛べます。 ボタンをタップするだけで、勝手にアプリがダウンロードされることは絶対にないのでご安心くださいね。 それではさっそくいってみましょう〜!! ポイント• 700種類以上の豊富なモーションステッカーと、60種類以上のモーションテキストを使用可能• 動くスタンプやアニメーション付きのテンプレも実装• 無償版でも、ウォーターマークなしの動画作成が可能 シンプルでスマートな操作性が人気の動画編集アプリが「VLLO」です! 基本無料で動画作成に必要なほとんどの機能を使えるのもありがたいですね。 豊富なモーションステッカーやモーションテキストから、自分の思い通りの動画作成ができることでしょう。 課金コースはなんと1回500円払えば、ずっとすべての機能が使い放題なのが控えめに言って最高です。 有料版では、テキストを1文字づつ色変えできたり、アプリに入っている音源を使うことができます。 なにかとコスパの良い動画編集アプリだと思いますね。 9位:Magisto ポイント• 全世界1億人以上がインストールしている大人気動画編集アプリ• 基本ステップは動画のテーマと音楽を選ぶだけ!自動で雰囲気のある動画作りができる• シェア機能で、SNSやメール、ウェブサイトやブログに直接動画をシェアできる 世界中の人が使っている人気動画編集アプリ「Magisto」も外せないアプリのひとつです! とにかく簡単操作で雰囲気のあるオシャレな動画作りが可能です。 なんと「Magisto」では、高度なAI機能を使って、映像から最適な部分を自動で選び抜き、動画に合うようにフィルターやエフェクトをかけてくれるのです。 無料版では、作れる動画の再生時間が1分15秒までなので、長い動画を編集した場合は課金するか、他のアプリを使うのがいいと思います。 SNSなどの短い動画をデコってシェアするのにピッタリかと思います。 時間をかけずにオシャレな動画を作りたい!という方は、ぜひチェックしてみてほしいですね。 8位:iMovie ポイント• Apple純正の動画編集アプリの決定版!• 無料最初から使えて、難しい操作がないので初めての動画編集におすすめ• iTunesの楽曲や録音した音声もBGMとして使用できる iPhoneユーザーなら誰しもが一度はこのアイコンを見たことあるんじゃないでしょうか? 洗練されたデザインと、直感的な操作性で動画編集ができる、Apple純正の動画編集アプリ「iMovie」が8位にランクインです。 良くも悪くもシンプルな動画編集アプリですね。 簡単な動画編集(カット編集やフィルタ効果)だったら、とりあえずコレ使っておけばOKです。 ただ他の動画編集アプリに比べて、テキストの位置を変えたり枠線をつけたりができないのがネックですね。 細かい調整をするには使いづらいので、簡単な編集をiMovieでおこなって、細かい編集は他の動画編集アプリでやるといいかもしれません。 7位:Cute CUT ポイント• 30種類以上の絵画ツールでムービーに直接ペイント!凝った編集も可能だぞ• インターフェスは画面縦横どちらにも対応!• 本棚式のムービー管理であとからチェックもしやすい 「ムービーを直接描くことができる」という、今までにない新しいタイプの動画編集アプリが「Cute CUT」です! 動画編集に必要な機能は一通りそろっていますし、ピクチャー・イン・ピクチャーといったYoutubeなどの動画編集にかかせない機能があるのも嬉しいですね。 730円買い切りの有料Pro版と無料版の2種類があるので、動画編集がはじめてという方は、まず無料版でスタートして編集に慣れたら有料版を買えばいいと思います。 ちなみに有料版では、動画編集の長さに制限がなくなり、ウォーターマークもなしにできます。 国内507万ダウンロード突破の最人気Youtube動画編集アプリ• 4:3、1:1、9:16など様々なサイズでビデオ編集が可能• 個人的には、BGMの挿入ができるバックミュージックがたくさんあるのがGoodポイントだなと感じました。 動画のフィルターも多いので、面白系の動画や弾いてみた、踊ってみた系の動画でも威力を発揮してくれそう。 基本無料ですが、年間1,800円のサブスクリプションサービスに加入すると、さらに豊富なラインナップのアイテムが使用可能になります。 普通に動画編集したいだけなら、無料版でも十分かなって感じもしますね。 5位:Adobe Premiere Rush ポイント• 映像のプロ達にも愛用者が多い本格派動画編集アプリ• スマホ、iPad、Macまであらゆるデバイス上で操作が可能• アプリ上から複数のソーシャルチャンネルに作品を公開できる プロの映像クリエイターからの信頼も厚い動画編集アプリといえば「Adobe Premiere Rush」でしょう! アプリは一応無料で使えますが、無料の場合は書き出しが3回までなのと、クラウドストレージも2GBまでしか使えません。 このアプリを使う場合は、本格的に動画編集をやるんだ!という気持ちを持って、最初から有料版を買うべきですね。 編集も直感操作で簡単だし、何より映像の品質がめちゃくちゃ高いです。 筆者の場合は、外出時にタブレットで編集して、自宅に帰ってからMacで細かい部分を調整するという使い方をしていました。 本格的なムービー作成を考えている方は、使う価値アリの動画編集アプリだと思います。 4位:キネマスター ポイント• Youtube、TikTok、Instagramなど、様々な動画サービスで愛用者続出の人気動画アプリ!• 豊富すぎる編集機能で、自分だけの個性的なオリジナル動画を作ろう!• 無料で最大4Kの解像度での無制限のエクスポートも可能 多くの多彩な効果とあらゆる編集機能を無料で使用できるアプリが「キネマスター」です! 可愛らしいスタンプや、動画に雰囲気を与えてくれる「テーマ」も多数用意されています。 iPhoneだけでなく、iPadでの編集も可能なので、普段タブレット使いの方でも気軽に使えるのは嬉しいですね。 また、動画を作っている途中でも新たな動画を撮影して、はめ込むことができるのも大きな特徴です。 アプリ初心者でも使いやすいインターフェースと操作性なので、世代を問わずオススメできるアプリかと思います。 アプリマニア厳選!スマホでできるおすすめの動画編集アプリランキング、トップ10(3位〜1位) 3位:InShot ポイント• スタンプや絵文字などのデコレーションアイテムがとにかく豊富!動画を盛りたい方におすすめ• Instagramで使える正方形のオシャレ加工ができる専用モード搭載• 各種SNSサービスへの動画投稿にピッタリ 動画と写真のどちらにもデコレーション対応している万能編集アプリが「InShot」です! 豊富なフィルター加工をはじめとして、絵文字やスタンプ、音楽からテキストまで、とにかく盛りに盛れる編集アプリです。 カラフルでキュートな動画や写真を作りたい!という方にはピッタリのアプリではないでしょうか! 動画編集に必要なカットやトリミングといった、基本機能もしっかりついています。 長時間の動画を編集するというよりは、インスタのストーリーやTwitterへの動画投稿など、各種SNSサービスと相性が良い編集アプリだと思いますね。 「InShot」を使って、他の人より一歩上のオシャレな動画作りを目指してみませんか? 2位:動画編集 Perfect Video ポイント• わかりやすいインターフェースと操作性で、初心者でも楽々編集!• スマホの縦画面で編集できるのが、非常に便利!• 文字の位置や大きさ、種類や枠線まで細かくテキスト調整可能 スマホで動画編集するユーチューバーの中でも、比較的人気が高い動画編集アプリが「動画編集 Perfect Video」です! 動画編集で必要な、カット編集やBGMの挿入、テキストテロップやトランジションまで一通りの機能がそろっている優秀なアプリ。 インターフェースもシンプルなので、とにかく使いやすい!という声が多い印象ですね。 ただ、無料版だと編集した動画の長さが30秒までしか編集できないといった制限もありますので、買い切り600円で使える有料版を使うようにしましょう! 何万円という高価な動画編集アプリが主流の中、たった600円でここまで高いクオリティの、動画作成ができるアプリってなかなかないと思いますよ。 1位:Luma Fusion ポイント• プロ仕様のビデオ編集と本格エフェクトが買い切り3,680円で使い放題• 動画編集における必要な機能をほぼすべて網羅!PC以外で編集したい方には最強の動画編集アプリ• タッチスクリーン操作に特化し、iPhoneやiPadで直感的かつ本格的な動画編集ができる• ショートカットキーでの操作ができたりと、カスタマイズ性も高く、動画の細かい調整もしやすい 「アプリマニア厳選!スマホでできるおすすめの動画編集アプリランキング、トップ10」・・・第1位に選んだのは、iPhoneやiPadの編集において最強のコスパを誇る「Luma Fusion」です! PCの動画編集アプリとしては「Final Cut Pro」や「Adobe Premier」あたりが有名ですが、この辺のアプリってとにかく値段が高いんですよ!!泣 確かにクオリティーの高い動画は作れますが、価格面で初心者は手を出しづらいと思います。 「Luma Fusion」の良いところは、3,680円というお金はかかりますが、マジでプロ仕様の動画編集が、スマホやタブレットで簡単にできてしまうんです。 しかもタッチスクリーンでの操作にすごく最適化されているので、指を使った直感的な操作性が抜群にしやすいです。 映像としての画質も非常に綺麗ですし、かなり細かい編集までできるので、現在ユーチューバーとして活躍しているクリエイターの方でも「Luma Fusion」を愛用している方が増えてきている感じがします。 また、スマホ用の動画編集アプリだと、解像度の設定やフレームレート、コーデックといった細かい設定ができないアプリが多いですが、「Luma Fusion」はしっかり対応しているのもGoodポイントでしょう。 「これから本格的にYoutubeに動画をアップしてユーチューバーを目指したい!!」など、熱い夢を持った方なら、最初から「Luma Fusion」のような有料アプリを買って、ガッツリ使いこなしていくことを強くオススメします! しいてデメリットをあげるなら、Android端末に対応していないところですかね(泣) 筆者も、いろんな動画編集アプリを試してきましたが、現在は外出先で作業することも多いので、タブレット操作に特化した「Luma Fusion」を一番愛用しています。 サクッと気軽にいつでもどこでも動画編集できるというのが、本当に最高ですね。 このくらいクオリティが高いアプリだと、PCで最終調整をすることなくアップロードできるので、控えめに言って便利すぎです。 一生モノの動画編集アプリが手に入るのに、3,680円が高いと思うか、安いと思うかはあなた次第ですよ。 「Luma Fusion」の使い方については、下記動画がオススメです。 わかりやすい! 本記事のまとめ 「アプリマニア厳選!スマホでできるおすすめの動画編集アプリランキング、トップ10」について書いた記事は以上になります。 いかがだったでしょうか? 動画編集アプリと一口に言っても、これだけたくさんの種類があります。 アプリごとに特徴も違うし、動画の出来上がりもけっこう違ってきます。 本記事を参考に、お気に入りの動画編集アプリが見つかってくれたら嬉しいです! ちなみに、 スマホで動画を撮影する場合は動画がブレないように三脚を使うのと、声が聞き取りやすいようにスマホ用マイクを使って撮影するのがオススメです。 筆者が使用しているスマホ用三脚とマイクもリンクを貼っておきますので、ぜひ参考にしてみてください。

次の