オセロニア 絶望!曹操。 【オセロニア】曹操(絶級)の攻略とおすすめデッキ【絶望】|ゲームエイト

【オセロニア】曹操|評価・闘化・ステータス・スキル

オセロニア 絶望!曹操

この記事のもくじ• 絶望!曹操の難易度 時限スキルが強力ですが、 全体的には過去の絶望決戦に比べて低い難易度です。 さらに時限スキル発動時に出てくる駒も強くないため、全部の時限スキルを防ぐ必要はありません。 ヒアソフィアかロスカがいることが望ましいですが、コスト190でも絶級を高確率でクリアすることが可能な難易度です。 デッキ作りのポイント デバフもカウンターも出してこないため、基本的には属性による制限は受けませんが、相手の攻撃が強力なため、 神属性でないとなかなか耐えることが難しいと思います。 また、 貫通スキルが多く出てくるため、カウンターや罠、シールドなどはほとんど効果がありません。 5倍で4665ダメージ 1. 石像 2000の自傷。 石像 1500の自傷。 HPが減るほど最大2. HPが減るほど最大1. HPが減るほど最大1. 7倍のダメージ 攻略法 相手が角マスを取らない限りは初手でダメージBマスを踏むことになります。 相手が角マスを取ればこちらも角マスを取れるので、置きバフスキルを配置できればベストです。 毎ターン自傷するため、ヒアソフィアなどで相手の攻撃を防ぐだけで、HP差を広げることができます。 ステージ2で回復が可能なため、あまり残りHPを気にせず戦いましょう。 ステージ2の攻略 敵のHPは13000です。 ゼーレン 攻略法 相手のHPは13000しかありませんが、盤面全体が回復マスなので、かなりの長期戦になります。 ヒアソフィアを入れている場合は、 アメリアが出てくる最後の時限スキル発動のタイミングで出すと効果的です。 ヒアソフィアのコンボスキルを含めて、コンボ要員が何体かいる場合は、盤面が全て埋まってしまってもHP差で勝つことができます。 ステージ3の攻略 敵のHPは22000です。 5倍のダメージ 5ターン後に3. グレリオ[1893] 攻略法 初手はX打ちにならないマスで、 次のターンに曹操に繋がらない場所に置きましょう。 曹操と次ターンに出てくるレグスが繋がると1万を超えるダメージを受けてしまいます。 ヒアソフィアを使うタイミングは6ターン目の 金色牙刀が出てくるターンがおすすめです。 サマー香蘭、グレリオは繋がらない限りダメージが出ないため、金色牙刀を抑えるとかなり優位に立つことができます。

次の

【オセロニア攻略】カップ戦「シルバーエクレール杯」に向けたデッキ考察。おすすめキャラクターも紹介![PR]

オセロニア 絶望!曹操

駒評価基準• 5:ガチャ限定駒に匹敵する優秀な性能• 4:特定のデッキやカップ戦で主力として活躍できる• 3:一線級ではないが、使いやすいなどの魅力は持っている• 2:編成するには物足りない性能だが、闘化素材などで需要がある• 1:残念ながら使いどころがない 難易度基準• 最高:対策デッキで挑んでも、安定攻略が難しい• 高:対策に特化したデッキでないとクリアが難しい• 中:決戦に適した駒がいくつかあればクリアできる• 「強い駒が入手できるが、決戦が難しい」といったものも当然あるので、まずは自分の手持ちの駒でクリアできそうなものから挑戦していくといいだろう。 なお、 一部の期間限定で開催されていた決戦に関してはこの一覧からは除外している。 決戦で有利な毒や吸収スキルを持った駒は種類も多いので、比較的対策デッキも組みやすい。 まだ持っていない方はぜひ入手しておこう。 ほかには、優秀な神駒アタッカーであるマニアレやジェド・マロースがおすすめ。 や、 などを持っていない方は代役で使ってみよう。 ダメージBマスを8個も生成するモルアナや、S駒初の毒オーラ持ちのフランケンなどは、現状唯一無二の存在だ。 毒やダメージマスといった特定のコンセプトを持ったデッキで使ってみよう。 汎用性でいうと、ルエドやモアパルデ、ヒカキソなどがおすすめ。 特に進化ヒカキソはA駒で編成しやすく、デバフスキルとライフバースト系のコンボスキルという、かみ合った性能になっている。 属性に依存せずに発動できることもあり、さまざまなデッキで活躍してくれるだろう。 竜属性 決戦駒 駒評価 難易度 特徴 闘化素材になる駒 3 中 ・進化は序盤に出せると強力 ・闘化はすべてのマスが対象の火炎スキル リカルド、フィリア、ヴェルトリンデ 3 中 ・進化は決戦駒初の自分にかかるアンデッド ・闘化は速攻竜デッキで使えるアタッカー なし 4 中 ・進化は使いやすい竜鱗スキル ・闘化は囁き貫通スキル なし 2 中 ・進化は自身が呪いのときに倍率アップ ・闘化は対魔リーダーのときのみ発動 トレグレニグ、ヘルヴォル、アグアレーゲン、メイレン 4 中 ・進化は表になっている間発動する盤面バフ ・闘化は貴重な手駒バフ バレンタイン・サルース、バレンタイン・スパルム 5 中 ・スキル、コンボスキルともに使いやすい ・竜デッキの貫通役がない人におすすめ グランティス、桜骸丸 3 低 ・1. その中で輝くのは、無条件で貫通スキルを使えるシェ・スーミン。 コンボスキルも優秀なので、竜デッキの貫通駒が手薄な方は入手しておこう。 ほかには、竜駒リーダーバフであるアラニ・カラミッドが有用。 や入手までのつなぎとして、はじめての竜単色デッキのリーダーにすえてみよう。 絶望決戦駒 評価一覧 絶望決戦は、どれも非常に難しい。 クリアするためには、出現するギミックに対応可能な、その決戦専用に最適化されたデッキが必須となるが、それでも安定攻略が難しいほどだ。 最初は超級や激級などに挑戦して、手持ちの駒で戦える決戦かどうかを試しておくといいだろう。 現状まだ数が少ないので、3属性をまとめて紹介していく。 決戦駒 駒評価 難易度 特徴 4 高 ・進化は4ターンの連続特殊ダメージ ・闘化は盤面の駒数依存の特殊ダメージ 4 中 ・進化は最大2. 普段の対人戦でも使いたいほど強力 5 高 ・進化はほかの駒に貫通を付与できるバフスキル ・闘化は強力な貫通アタッカー 5 高 ・進化は出すだけで4,000を超えるダメージ ・闘化は2ターン50%の強力デバフ。 コンボスキルで攻撃にも転じられる 4 高 ・進化は25%減少の強力なデバフスキル ・闘化は敵用ダメージBマスを5個生成する 4 高 ・進化は最大1. 4倍の神駒バフ。 コンボも生かせると大ダメージ ・闘化は周囲に3個封印マスを生成するが、なかなか使いどころがない 4 高 ・進化は貴重なリーダー毒バフ ・闘化は200%を返せる通常攻撃カウンター。 コンボの吸収も非常に優秀 4 最高 ・進化は相手にかかるアンデッド。 コンボスキルで敵用Bマスを5つ作れる ・闘化は魔単色デッキなら実質無条件で相手の手駒2つを呪いにできる 3 高 ・竜駒最高峰の火力が出せるが、貫通スキルではないので対策されやすい ・暗黒スキルは現環境では運用が難しい 絶望決戦駒は入手難易度が高い分、ガチャ限定駒をしのぐような強力な性能を持った駒ばかり。 コストが30であるため、普段の対人戦ではなかなか編成しにくいところはあるが、月末のカップ戦では毎回なにかしらの駒がコスト減少の対象となる。 カップ戦上位を目指す場合は、必ず入手しておきたい駒といえるだろう。 ただし、闘化シャイターンに関しては、たとえコスト30でも使いたいほどの凶悪な性能。 出すだけで2,200の吸収ができる上、コンボスキルも強力。 名だたる絶望決戦駒の中でも、最優先で入手しておきたい存在だ。 C 2016 DeNA Co. ,Ltd. and Megahouse•

次の

『逆転オセロニア』×『転スラ』コラボ開催! ログインでリムル(S+)もらえる

オセロニア 絶望!曹操

封印マスは、スキルが発動しないマスとなり、上手く使えば相手の決め手を封じることができる。 また、コンボスキルの「ルナティッククイーン」は、発動条件のない特殊ダメージ。 ひっくり返した駒数に応じてダメージが上昇し、1枚ごとに1200ダメージ(スキルLv. Max時)を与えることができる。 デバフにも強い為、ダメージを与えやすい汎用性が魅力。 ちなみに進化と同じく、闘化のカルディアも4月カップ戦「チェリーフリューリング杯」では、コストが-15されるキャラクター。 御伽印の為、こちらもカップ戦では実質10コストで組み込める。 祈りの女神像 貫通:攻撃力アップ:盤面で表になっている間、自分の神駒のATKが1倍になる。 さらに自分の神駒の通常攻撃ダメージは、相手の防御・罠・カウンターの効果を受けない。 祈りの女神像 アンデッド:盤面で表になっている間、相手の受ける回復は毒ダメージとなり、毒ダメージは回復となる。 祈りの女神像 時限:発動した9ターン後のターン開始直後に以下の効果を誘発する。 攻撃力アップ:そのターンのみ、自分の手駒の神駒のATKは2. 5倍になる。 祈りの女神像 罠:相手が1100未満の通常攻撃ダメージを与えてきたときに発動できる。 出現キャラクター.

次の