どことれ。 遅延時の到着見込み時刻を案内 「どこトレ」に機能追加 JR東日本

AndroidでGPS(位置情報)が取得できない時の原因と対処法は?

どことれ

・この左側上部に表示される「駅」は、 位置情報を読み取った場合は「最寄駅」を自動的に表示しているようです。 (例:新前橋、宇都宮、水戸などがOK。 この部分はクリックするだけで選択できます。 もしその駅が「複数路線」運転している駅なら、ご自分が知りたい 路線を選択するよう、選択画面が現れますのでその中から選びます。 すると、検索ウィンドーが登場。 一例として、ここでは羽越本線の「あつみ温泉」を検索してみます。 画像では一つも写っていませんが・・・。 水色のマークが列車と進行方向を表しています。 カーソルを重ねてみると 「いなほ5号秋田行き平常運転」と表示されました。 こうして、あつみ温泉駅での下り特急情報を求めていた人にとっては、一安心ということになります。 そんな人にとって便利な使い方が2つあります。 【1】 次の列車がどこまで来ているか確かめられる! 路線の運行状況を示した部分にカーソルを合わせてドラッグして左右に動かすと、もっと遠い駅の情報が簡単に見られます。 この画像では右の方へとスクロールすることによって「勝木駅」よりさらに新潟寄りの駅を4つ先まで表示できています。 すると、次の列車が来ていることが確認できました。 これを見ると、次にくる列車以外の列車も確認できて便利ですね。 (上り・下りのボタンも必要に応じてクリックしてください)。 合計5つの駅を登録できます。 例えば、撮り鉄旅行に出かけるようでしたら、その撮影地の最寄駅をMYリストに登録しておくと、お目当ての列車が何分遅れで走っているかが分かったりしますね。 よくあることとして、「トイレに行きたくても行けずにガマンしていたら1時間も遅れていた!」といった悲劇が回避できるんですね~。 どこトレの高い精度 ・このどこトレサービスがどれくらい信頼のおけるものかを確かめるべく、弊社(西大崎駅まで車で2分)の窓から陸羽東線を見てみました。 画面に映る通り、列車の位置は岩出山駅から西大崎駅に向かっております。 出発時刻、到着時刻とも、ほぼ完璧なまでにリアルタイムでした! ・もっとも、このサービスでは「 リアルタイムを保証しているわけではない」ですので、そこはご注意を。 自己責任のもとに活用したいですね。 やっぱりどこトレは便利!どんどん使おう! 私はこのサービスを提供してくれたJR東日本さんに本当に感謝しています。 このサービスそのものがJR東日本に利益をもたらしているわけではないと思いますが、信頼と安心を提供するという点で大きく貢献するサービスだと思います。 千葉エリアとシステム統一してくれたのは大きな利便性向上でしたね! ぜひ、行き届いていない区間にもいきわたらせてほしいと思いますし、できれば第3セクターの鉄道との連携も拡大してもらいたいところですね。 ??首都圏にはどこトレってないの?? ・このどこトレエリアに首都圏が含まれていないことを不思議に思う方も多いことでしょう。 でもご安心ください。 を使用すると、 「列車位置情報」が使えるだけでなく、駅構内の情報なども簡単にGETできてとても便利です。 首都圏でのご利用が多い方はぜひ 「JR東日本アプリ」をご活用くださいね。 0以上、Android OS 4. 4以上。 また、信越本線・越後線・白新線の 新潟駅は案内対象外となります。 (2020年3月14日現在) JR東日本アプリの位置情報対象路線 東海道線(東京~湯河原) 湘南新宿ライン(高崎~小田原、宇都宮~逗子) 横須賀線(東京~久里浜) 山手線 京浜東北線・根岸線(大宮~大船) 上野東京ライン(黒磯・神保原~湯河原、羽鳥~品川) 中央線快速(東京~高尾)中央本線(立川~甲府) 青梅線 五日市線 中央線・総武線各駅停車(三鷹~千葉) 総武快速線(東京~千葉) 宇都宮線(上野~黒磯)高崎線(上野~神保原) 相鉄線・埼京線・川越線(羽沢横浜国大大崎~高麗川) 常磐線快速・普通(羽鳥~品川) 常磐線各駅停車(綾瀬~取手) 京葉線(東京~蘇我)武蔵野線(府中本町~西船橋) 南武線(川崎~立川) 横浜線・根岸線(八王子~大船).

次の

遅延時の到着見込み時刻を案内 「どこトレ」に機能追加 JR東日本

どことれ

本サービスは、新潟駅、新津駅、長岡駅に設置された発車時刻案内板の情報をライブカメラ画像としてウェブサイト上に提供するものです。 ご利用上の注意• 最新の情報を提供しておりますが、実際の運行状況と本ページの情報が異なる場合があります。 あくまで目安としてご利用ください。 画像は1分毎に自動更新されます。 手動で更新する場合には、画面上またはブラウザの「更新」ボタン等から行ってください。 更新日時は、ライブカメラより画像を取得した日時を表示しています。 画像が表示されない場合には、しばらく時間を置いてから再度アクセスしていただくようお願いいたします。 以下のような表示となっている場合は運休や遅れ等が生じている可能性があります。 発車時刻を過ぎても列車が表示されている。 遅れが生じている可能性があります。 全ての表示が消えている。 列車の運行が大幅に乱れている可能性があります。 行先や種別に「運休」と表示されている。 列車が運休となっている可能性があります。 通常と異なる行先が表示されている。 行先が変更となっている可能性があります。 お客さまのご利用環境によっては、本サービスがご覧いただけない場合があります。 本サービスの利用又は利用不能から生じるすべての損害に関して、当社および鉄道事業者は一切の責任を負わないことをあらかじめご了承ください。

次の

JR西日本 列車運行情報アプリ:JRおでかけネット

どことれ

どこトレ概要~JR東日本の運行列車位置情報サービス 「どこトレ」の名の通り、今 どこに列車( トレイン)が走っているのかを教えてくれるサービスです。 そのどこトレが2020年3月に千葉エリアの情報システムを統合し、対象路線が 56路線へになりました。 各線区の 遅れ事由の表示と、 遅延証明書の発行機能はもちろんのこと「次の列車情報」が 4つ先の列車まで表示されます。 スマホ版は縦向きが使いやすいようです。 ・左から、【MYリスト】【駅名検索】【現在地最寄駅】【遅延証明】【ヘルプ】の各ボタンです。 ちなみに 位置情報を許可すれば最寄りの駅が表示されます。 (例:日光、宇都宮、水戸などがOK。 ・この部分はタップするだけで選択できます。 もしその駅が「複数路線」運転している駅なら、ご自分が知りたい路線を選択するよう、選択画面が現れますのでその中から選びます。 すると、検索ウィンドーが登場します。 そこに駅名を入力します。 ここで、間違えても【MAPから選ぶ】を押しちゃぁダメですよ。 トップ画像に戻ってしまいますから。 遅延情報の類はとってもコンパクトに左側中段くらいにまとめられています。 運行状況はフッターではなく右側に縦表示されます。 次の列車情報が4つ先まで表示され、便利です。 その日の状況によっては「遅延・運休など」の情報とその理由が簡潔に書かれます。 結構いっぱい走っている様子がわかりますね。 その列車が特急であれば、列車マーク(青い矢印)に触れると 「列車名」「行き先」「平常運転」などと表示されます。 こうして、希望する駅での情報を得られて一安心ということになります。 そんな人にとって便利な使い方が2つあります。 【1】 次の列車がどこまで来ているか確かめられる! 路線の運行状況を示した右半分の部分でドラッグして指を上下に動かすと、右半分がスクロールし、もっと遠い駅の情報が簡単に見られます。 これを見ると、次にくる列車以外の列車も確認できて便利ですね。 (上り・下りのボタンも必要に応じてクリックしてください)。 ・この時刻表の素晴らしいところは、臨時列車を含めた 「その日の時刻表」が表示されることですね! ・また、 特急・快速などの種別が表示されるようになり、さらに便利になっています。 合計5つの駅を登録できます。 例えば、撮り鉄旅行に出かけるようでしたら、その撮影地の最寄駅をMYリストに登録しておくと、お目当ての列車が何分遅れで走っているかが分かったりしますね。 よくあることとして、「トイレに行きたくても行けずにガマンしていたら1時間も遅れていた!」といった悲劇が回避できるんですね~。 スマホ版どこトレだけのボタン ・スマホ版とPC版では何か違いがあるんだろうか?と、見比べていたところ、ちょっとボタンのアイコンが異なっていることに気付きました。 赤丸内の部分。 これはいったいなんなんだろう? 実は、 位置情報に基づいて案内される最寄駅のボタンなのです。 ですから、我が日本海ファクトリーの事務所にてこのボタンを押すと「陸羽東線・西大崎駅」が表示されます。 ちなみに、PC版のメニューはこんな感じ。 「駅名検索」のボタンが一つ右にずれて、その部分が広域マップボタンになっていますね。 その一番簡単な方法はこちらです。 「どこトレアイコンをタップ」。 かんたんでしょ。 スマホ版ではあのマップ画面がトップページですから。 【次のページは】どこトレの高い精度.

次の