光 回線 値下げ 総務 省。 総務省、NTTの光ファイバ接続料にさらなる値下げを要請

夜になると激遅になる「フレッツ光」問題、総務省があまりにも仕事をしていなかった

光 回線 値下げ 総務 省

[画像のクリックで拡大表示] 総務省は細かい内訳を公表していないが、ドコモ光の契約数は2018年3月末時点で476万2000件だったので、シェアは42. 前年同期比で3. 9ポイント拡大した。 ソフトバンクはSoftBank 光の契約数を同497万4000件としているが、これにはWireless City PlanningのBWA(広帯域移動無線アクセスシステム)回線を活用したSoftBank Airが含まれる。 総務省の公表値とドコモ光の契約数から割り出すと、SoftBank Airを除いたSoftBank 光の純粋な契約数は同309万8000件。 シェアは27. 9%とみられ、同1. 4ポイント減少した。 SoftBank Air単体の契約数は同187万6000件となる。 この記事は有料会員限定です。 次ページでログインまたはお申し込みください。

次の

総務省、NTTの光ファイバ接続料にさらなる値下げを要請

光 回線 値下げ 総務 省

総務省の「全家庭に光ケーブル導入」計画ってどんなの? 最近原口さんが言ってますが、この数年でなにがなんでも全家庭のNTTの電話線を光ケーブルに置き換えたいようですが、、、 1.各家庭の工事費負担無償でケーブルを置き換えてくれるってこと? 2.従来の電話線は完全に廃止されて使われなくなるの? 3.従来の電話機やFAXはそのまま使えるの? 4.ネットは強制的にフレッツ光にされるってこと? 5.安いからADSLにしてるのに無理矢理光にされたら困るんだけど、じゃあ光値下げしてくれるの? 6.さしあたって必要性がないなら今すぐ電力系などの光ネットに入るのは止めてこれがどうなるか様子見した方が賢明? 専門的ご見識のある方、御推測でも構いませんのでお教え下さい。 6~7年に前に総務省が発表していましたが、NTT電話網をすべてIP化にする構想です。 現在の電話回線網は、NTT局舎用局用交換機が使用されていますが、局用交換機も機械ですから10年周期ぐらいで取り替えをしなくてはいけないのですが、費用が1台何十億も掛かります。 また、電話配線も10年周期ごとに配線劣化により交換する事になっていますが、これも莫大な費用が掛かります。 現在のNTTでの方向性はこの構想からきている事を知っておく事で、その上のお答えになりますが、私はNTT社員や総務省職員でも無いのでお答えが正解で無いかもしれませんし、その後の方向転換によって施策が変わるかもしれません。 1.各家庭の工事費負担無償でケーブルを置き換えてくれるってこと? 現状のNTT(民間企業)ではあり得ません。 2.従来の電話線は完全に廃止されて使われなくなるの? 将来的には、完全廃止になるかもしれませんが何十年もの時間が掛かるでしょう。 3.従来の電話機やFAXはそのまま使えるの? その頃には、従来機器に変わり専用の電話機やFAXが発売していると思います。 また、従来機械は耐用年数を迎え交換時期にあると考えられます。 4.ネットは強制的にフレッツ光にされるってこと? ネット接続は個人の自由ですので、ひかり電話のようにネット接続しなくともIP電話を使える環境の整備が拡大されると思い ます。 5.安いからADSLにしてるのに無理矢理光にされたら困るんだけど、じゃあ光値下げしてくれるの? 価格については、随時見直しがあると思いますが、将来的にはADSLは廃止の方向に進むでしょう。 6.さしあたって必要性がないなら今すぐ電力系などの光ネットに入るのは止めてこれがどうなるか様子見した方が賢明? NTT以外の光方式では、現在はIP電話網を利用するためにはネット利用が必要ですので、将来NTTのようなネット利用以 外でもIP電話利用できるかは、各企業の方向性と総務省の指導によりますので分かりません。 いいかげんな御見識の人が答えます ちゃっかり金もらってるので張り切ってますが米軍基地問題と同じでそう簡単に進むもんでない 原口総務相側、500万円未記載 NTT労組献金「訂正する」 こんなだから地デジだって来年7月に間に合わないでしょう 1.各家庭の工事費負担無償でケーブルを置き換えてくれるってこと? >いいえ 有償で促すつもり 2.従来の電話線は完全に廃止されて使われなくなるの? >まだまだ先の話です 3.従来の電話機やFAXはそのまま使えるの? >使えるのと使えないのが出てきます 4.ネットは強制的にフレッツ光にされるってこと? >まだまだ先の話です 5.安いからADSLにしてるのに無理矢理光にされたら困るんだけど、じゃあ光値下げしてくれるの? >まだまだ先の話ですが値下げされる 6.さしあたって必要性がないなら今すぐ電力系などの光ネットに入るのは止めてこれがどうなるか様子見した方が賢明?>そうです 専門的ご見識のある方、御推測でも構いませんのでお教え下さい。

次の

NTT光回線の値下げ案が認可へ。2011年4月開始?

光 回線 値下げ 総務 省

目次(もくじ)• 総務省の調査条件と基本用語、問題点を解説 まずは総務省の 『電気通信サービスに係る内外価格差調査』の内容を一通り確認してみましょう。 総務省の『電気通信サービスに係る内外価格差調査』は、2018年 平成30年 9月19日に公開されました。 国の機関が行う調査結果としては、現時点で最新のものです。 『電気通信サービスに係る内外価格差調査』の調査条件 比較各国 日 東京、 米 ニューヨーク、 英 ロンドン、 仏 パリ、 独 デュッセルセルドルフ、 韓 ソウル 比較データ容量 2GB、5GB、20GB シェア1位のMNO事業者 日本側データは「NTTドコモ」で比較 最も安いMNO事業者 日本側データは、2GB、5GBを「Y! Mobile」、20GBを「au」で比較 MVNO事業者 日本側データは「楽天モバイル」で比較 調査時期 2018年 平成30年 3月 公開時期 2018年 平成30年 9月 最初に言葉の定義を説明しておきますね。 MNO( Mobile Network Operator)とは 移動体通信事業者と訳されます。 日本ではMNOという呼び方をすることが少ないので馴染みが無い言葉だと思いますが、総務省の定義では、 自前で通信設備を持っている事業者のことを指します。 要するに私たちが思い浮かべる、携帯大手3社のことと考えればOKです。 MVNO( Mobile Virtual Network Operator)とは 仮想移動体通信事業者と訳されますが、日本でも「MVNO」と呼ばれることが多くなっています。 総務省の定義では、自前の通信設備を持たずに、 MNOの通信設備を利用して(借りて)いる事業者のことを指します。 調査条件の問題点は安い回線をY! mobileで比較していること Y! mobileは、イーモバイルとウィルコムがソフトバンクに吸収合併された経緯から、自前の通信設備を使っているので、MVNOでは無くMNOに分類するのは「定義上は」間違いでは無いのですが…。 菅官房長官の「携帯料金4割下げる余地あり」発言 日本政府が、政府主導で携帯料金・スマホ料金を値下げする意向であることは、菅官房長官の2018年8月21日の発言によって表面化しました。 菅官房長官は発言の中で、日本の通信料は 「経済協力開発機構(OECD)加盟国平均と比較して」2倍程度と報告を受けていることを根拠としています。 この発言のタイミングでは、政府は総務省の調査結果を把握していたと考えるのが自然かと思いますが、その総務省の調査には、玉虫色的な表現も見えるわけですね。 mobileの料金で比較した、「最も安い通信事業者 MNO の国際比較」では、日本のキャリアもけっこう頑張ってる(安い)とも読めてしまうわけですから。 政官財で何らかの攻防があったことも想像されますね…。 今回紹介したこと• 政府は「携帯値下げ法案」とも呼ばれる、電気通信事業法の改正案を今国会で成立させようとしています。 値下げする必要があるということは、現状が高いという認識があるということですが…。 その認識のもとになった基礎的な調査資料の一つが、総務省の『電気通信サービスに係る内外価格差調査』です。 読み手をミスリードしやすい部分もあるので、読解する際には注意も必要です。 結論としては、日本の3大キャリアのスマホ通信料金だけが国際的見ても高い水準にあることが分かります。 日本政府が、「携帯値下げ法案」とも呼ばれる、電気通信事業法の改正案を推進する背景には、日本のスマホ通信料は経済協力開発機構(OECD)加盟国平均と比較して2倍程度高い、という認識があります。 総務省の『電気通信サービスに係る内外価格差調査』も、部分的に玉虫色の表現があるとは言え、 全体の流れとしては、政府の主張を裏付けるものになっています。 「携帯値下げ法案」を巡る与野党の攻防は、これから本格化してくると思われますが、国会での議論に注目して行きたいと思います!.

次の