ライフ コンシェルジュ 違法。 ライフコンシェルジュで権利収入とは女性にピッタリのビジネス?体験者に聞いてみた!!

違法勧誘:ライフコンシェルジュに立ち塞がる最大の壁

ライフ コンシェルジュ 違法

Contents• ライフコンシェルジュ以外にも副業で権利収入を得る方法。 種類は? ライフコンシェルジュ以外にも副業で権利収入を得るにはたくさんの種類があります。 販売権のよる営業収入、不動産の賃料や貸金の利息、株の配当収入、著作権など。 そんな数多くの種類の中、現実には何かを販売して得られる営業収入が初期投資も少なく誰にでも参加できるのではないでしょうか。 副業とはいえ権利収入や自己実現、とても魅力的な働き方のできるライフコンシェルジュですが誰にでも参加できるとはいえ人から人への口コミで勧誘の種類は一般的にはなかなか続かない場合もあります。 そんな場合でもアップやグループからの協力、自分から広がったグループのおかげで大変な時を乗り越えて副業だったけれども本業で権利収入だけで生活が出来るようになったと言う人も少なくありません。 副業でもライフコンシェルジュは仲間での分かち合いでしか権利収入を得ることができないようです。 副業の種類はたくさんありますがどれも権利収入は地道にコツコツと積み上げていくしかありません。 それは信用と一緒です。 信用を得るためには時間がかかるのと一緒です。 信用があるか無いかは通り一編にはわかりません。 正直に地道にコツコツとそれしかないようですね。 ライフコンシェルジュで権利収入のはずが詐欺被害? たくさんの権利収入を得る方法の一つに今は「『SNSを使ったネットワークビジネス 』ができる会社も増えてきました。 スマホ1台あればネットワークビジネスに付き物の『リストアップが100名』が自分の周りだけでは無理でも『SNS』のおかげで見込みを見つけられネットワークビジネスができるなんて可能性が広がりますよね。 しかしながら『SNS』での集客を可能としている会社があってもノウハウのある会社はまだまだ多くはありません。 ノウハウを法外な金額で販売するような詐欺まがいの会社もあります。 権利収入を得るために始めたライフコンシェルジュなのに集客をするために詐欺まがいの会社にかかわってしまい中身の伴わないノウハウで借金を作って何のために…と後悔するようなことがあり、注意が必要ですね。 ライフコンシェルジュで権利収入を得るという事はその会社と一生お付き合いをするという事だと思います。 組織を構築してから良い条件の会社に移るディストリビューターはネットワークビジネスの業界にはたくさんいます。 しかしながらディストリビューターについていくといった事で会社がコロコロ変わるのは混乱もありやはり詐欺にあったと思う人がいてもおかしくないでしょう。 権利収入を得ることは一生涯続けるつもりで始めてアップについていくのではなく自分にとって合っている会社を選ぶことがとても重要です。 ライフコンシェルジュで権利収入を得るには勧誘が必要?5つのポイント• ライフコンシェルジュはお金を払って商品、権利やサービスを購入しなければ権利収入どころかビジネスにさえ参加できない。 ライフコンシェルジュで勧誘行為はネットワークビジネスであり国が認めている合法的なビジネススタイルであるため後ろめたさなど何も感じることはありません。 ライフコンシェルジュは博打でもなければ投資でも詐欺商法でもない。 嘘、偽りなく正しく真実を伝え勧誘を続けることで権利収入になる。 ネットワークビジネスは所属する会社、グループ選びを間違わなければ、勧誘とはいえ人に分かち合いをして少しずつ権利収入になるビジネスである。 独り占めや自分さえよければという気持ちで勧誘をし続ける人で一時的には財を成してもネットワークビジネスのように継続的、複利的に権利収入になる人はいない。 ライフコンシェルジュで勧誘することはためらうこともありますが権利収入以外の自己実現、ネットワークビジネスは自分らしい働き方や夢をかなえる、家族や仲間とみんなで幸せになるといった自分や人を大切にする気持ちと権利収入になる事は比例しています。 権利収入の仕組みをきちんと理解できていればライフコンシェルジュは、権利収入を得る以外にも人や製品との出会い、やりがい、誰にでもできる単純でシンプルな夢のあるビジネスで女性にピッタリなんですね。 そして将来に向けて複利的に権利収入があると経済的な心配がなくなります。 それは今を一生懸命に生きることにつながっていきますね。 女性のみならず自分が生涯続けられるネットワークビジネスとの出会い、権利収入を得られるビジネスで豊かになっていく。 とても大切ですね。 勧誘したくない…でも権利収入は得たい。 その悩み解決しましょう! ネットワークビジネスで友達や仲間を勧誘し断られ続け自分を見失っているアナタ。 この機会に勧誘することをやめてみませんか。 ネットワークビジネスで成功するためには『間違ったやり方』をしないこと。 その間違いで一番怖いことは悪いイメージや噂が広がってしまうこと。 そして信用すら失ってしまったら大変です。 ネットワークビジネスで成功するためには正しい集客とダウン育成を身に付けて組織を大きくすることです。 そのためのノウハウを身に付けること! 集客した相手の方から「話を聞かせてほしい」と言ってくるとしたら、あなたは興味ありますか?.

次の

【実録】ライフコンシェルジュで権利収入は無理!詐欺の手口を解説!

ライフ コンシェルジュ 違法

口コミビジネスとしてのライフコンシェルジュ ライフコンシェルジュのようなネットワークビジネスは、口コミによって商品を流通していくビジネスです。 すなわち、 ライフコンシェルジュでは、あなたが友だちに商品を伝え、その友だちが商品を友だちに伝え、その友だちがまた友だちに伝えていきます。 こうして人と人との「輪=ネットワーク」をつくり上げ、それを拡大させながら、それぞれが直接購入して商品を広く流通させていくのです。 この時に決定的な役割を担うのが、 ライフコンシェルジュの一人ひとりの会員によって行われる 勧誘です。 ネットワークビジネスの勧誘の特徴 ライフコンシェルジュのようなネットワークビジネスの 勧誘には、以下のような共通したパターンがあります。 知人の中から見込み客リストを作り連絡してくる。 カフェなどに呼び出し、将来不安じゃないと聞いてくる。 そして、不安を解消できる方法があると言ってくる。 成功者の存在をほのめかし、会わせたい人がいると言ってくる。 勧誘目的だと告げない。 金銭的なリスクには触れない。 誰でも簡単に儲けられると言ってくる。 こうした 勧誘は、 勧誘される側だけでなく、 勧誘する側にとっても大きなストレスを感じるものなのです。 勧誘する側にとっての問題 通常、 ライフコンシェルジュのようなネットワークビジネスを始めるにあたり、メンバーたちは次のことを行います。 知っている人全員の名前をかき集めて、少なくとも100人をリストアップする。 リストアップした人に1人ひとり連絡して、商品を売るか、ビジネスのシステムを説明する。 多くの人は100人をリストアップするのも大変でしょう。 だんだんと長い期間付き合いのなかった知り合いにも連絡をとり、目的を隠して、不自然なアポとりをせざるを得なくなってしまいます。 こうした 勧誘では、 勧誘する側の人たちの多くは、以下のような問題を抱えるようになります。 問題 説明 1 人からどう思われているかの心配 その背景には、多くの人が ライフコンシェルジュのようなネットワークビジネスへの偏見があり、ねずみ講と混同していることが挙げられます。 2 友達を失くすことへの不安 商品やビジネスの売り込みを嫌がる友達から、嫌われてしまうのではないか、と心配する人が多くいます。 3 断られることへの恐れ 商品に対する拒絶を個人的なものとして受け取ってしまい、ショックを受けるのです。 4 人脈が少ない 普通、100人をリストアップして、1人ひとり連絡してそのほとんどの人から断られるうちに人脈は尽きてしまいます。 5 トークが苦手 ライフコンシェルジュでは、会社の商品やビジネスチャンスを相手にうまく伝えることができるようなコミュニケーションスキルが必要とされます。 この能力が不足している場合、集客は難しくなります。 6 時間がない 新規会員を獲得するために常に 勧誘し続けなければならず、絶えず多忙で自由な時間を確保できない場合が多くなります。 7 経費がかかりすぎる 勧誘のためのお茶代やセミナーへの参加のための交通費等、活動のための経費が少なくありません。 このように、 ライフコンシェルジュのようなネットワークビジネスの 勧誘は、 勧誘する側に多くのストレスがかかってきます。 それだけでなく、 勧誘者の違法行為によって、 勧誘される側も被害をこうむる場合があり、最悪の場合は 勧誘者を訴えることにもなりかねません。 違法な勧誘行為 勧誘の際に用いられる違法行為には以下のようなものがあります。 違法行為 説明 1 勧誘目的を告げないままアポを取る 「めったに会えない人がいる」や「〇〇さんに合わせたい人がいる」などは ライフコンシェルジュのようなネットワークビジネスの典型的な 勧誘文句ですが、「氏名などの明示」という規定に反しており、違法です。 2 「誰でも簡単に稼げる」「絶対儲かる」と誇大表現を使う 実際に ライフコンシェルジュのようなネットワークビジネスで稼げているのは全体の一部です。 また、絶対儲かるビジネスなどありえません。 こうした表現は、誇大広告などの禁止規定に反しており違法です。 3 一度断られたのにまた 勧誘する 断られているのに何度も 勧誘するのも違法です。 4 家で 勧誘する 勧誘員や勧誘員の知り合いの家など、公共の場所以外でライフコンシェルジュに 勧誘するのは違法です。 あくまでファミレスやホテルのラウンジなど、他の人がいるところで契約をせねばなりません。 5 契約するまで帰らない、帰らせてくれない 勧誘が長時間にわたったり、なかなか帰らせてくれなかったりする場合も法律に触れます。 断っているのに帰らせてくれないのは違法です。 6 クーリングオフの説明をしないまま勧誘する クーリングオフに関する説明をしないなど、重大なことを事前にあえて説明しない行為を事実の不告知といいます。 7 「これを飲むとガンが治る」「アトピーが治る」「疲れが取れる」等の表現を使う 栄養補給食品(サプリとか)の説明をする際には、「医薬品だと勘違いさせるような説明」をすると違法になります。 このように、 ライフコンシェルジュのようなネットワークビジネス自体は合法ですが、 勧誘方法に問題が多いため、色々な規定によって活動は厳しく制限されているのです。 違法行為の原因 では、なぜこうした違法な 勧誘をする人たちがでてくるのでしょうか?原因は3つあります。 第一に、 ライフコンシェルジュのようなネットワークビジネスの会員は、法律の知識に関する訓練をほとんど受けていません。 他方、ブラック企業は別として、普通の企業に雇われている営業マンの場合、問題のある 勧誘方法をすると企業が困るため、研修を受けることが義務付けられています。 第二に、 ライフコンシェルジュのようなネットワークビジネスでは、人を 勧誘しないと儲けられない仕組みになっています。 会員は自分の傘下組織を大きくしないと、収入は増えません。 このため、一人でも早く、多く 勧誘しようと焦って、ついつい違法行為をしてしまうのです。 第三に、多くの人は ライフコンシェルジュのようなネットワークビジネスへの偏見があり、ねずみ講と混同しています。 そのため、自分の所属先である ライフコンシェルジュや 勧誘の目的、ビジネスの実態を明らかにすれば、相手から拒絶されるだろうという考えや思い込みを持ちやすく、それが違法行為と結びつくこともあるでしょう。 このように、違法行為の原因を理解すれば、違法行為を行う勧誘者だけを責められないことがわかります。 違法行為はネットワークビジネス全体の問題として捉えるべきではないでしょうか。 人間関係を壊さない上手な断り方 勧誘を断りたければ、キッパリと「できません」と言えばよいのですが、 勧誘者との人間関係を壊したくなければ断り方に工夫が必要になります。 勧誘者の中には良い製品やビジネスをあなたに伝えたいと本気で思っている人もいるからです。 上手な 勧誘の断り方に関する基本公式は以下の様になります。 でも実は・・・」と感謝の言葉を添えます。 またNOの理由を言った後にも「誘ってくれてありがとう」と気遣いの言葉をいえば、相手に与える印象が違います。 理由に関しては、人の誘いや依頼を断る理由としては大体次の4つが定番です。 特に、次のような理由は最も効果的です。 「実は親戚のおじさんがそれをやっていてね。 やるならそっちでやらないとまずいんだ」 この理由だったら、勧誘者もあきらめざるを得ないですよね。 結論:勧誘とネットワークビジネスの悪い評判 これまで述べてきた 勧誘の問題は、 ライフコンシェルジュのようなネットワークビジネスの悪い評判に大きく関わっています。 ネットワークビジネスの悪い評判の理由は、少なくとも2つあります。 一つ目は、ネットワークビジネス全般に対する多くの人たちの偏見があります。 この偏見は、ネットワークビジネスに関するどんな客観的な事実を突き付けても無くなりそうにありません。 「それって、 ねずみ講でしょう?!」という言葉が必ずかえってくるだけです。 2つ目の理由は、ネットワークビジネスに携わっている一部の人たちの行動です。 勧誘に際して身元や目的を明かさない、誰でも儲けることができるといった事実と異なる 勧誘文句で誘う、ビジネスをやる時のリスクや経費といった不利なことを説明しない、などの 勧誘方法がよく見られます。 こうした違法な手段を使って新規会員を獲得しようとする人たちがいることが、ネットワークビジネスの評判の悪さを強めていることは間違いないでしょう。 では、こうした評判の悪いネットワークビジネスの中で、気持ちよくビジネスを展開するにはどうすればよいのでしょうか。 そのためには、今までの勧誘のやり方を根本的に変える必要があるようです。 インターネットの活用が、一つの解決策となるでしょう。 あなたは集客に困っていませんか? あなたは友人を勧誘するとき、人間関係が壊れはしないかと心配ではないですか?ネットワークビジネスの評判が悪い中で、「人からどう思われているか」気になりますよね!もし嫌われるのが怖くて友人を誘わなければ、声をかける人はいなくなってしまうのでは? こうした集客の問題に悩むあなたに朗報です!友人を誘う必要はありません!人脈は無限で、相手の方から「詳しい話を聞かせて欲しい」と頼んでくるような、新しい集客方法が編み出されました。 しかも、空いた時間に在宅で仕事ができるとしたら、あなたは興味ありますか?.

次の

ライフコンシェルジュがネズミ講だ?マルチ商法である?と時代の変化に対応するヒント

ライフ コンシェルジュ 違法

Contents• ライフコンシェルジュなどのネットワークビジネスとネズミ講の違いって? ライフコンシェルジュなどのネットワークビジネスの特徴• 商品愛用者からの口コミ宣伝が原則(商品販売)• 報酬は誰もが平等に受け取れる (先に始めた方が有利ということはない)• 販売および勧誘にノルマがない• 商品の解約や返品(クーリングオフ)に応じる• 必要在庫は自己の判断と責任で持つ• 最近は会社と直接取引(購買型)が主流 そのため在庫を抱える必要がない ネズミ講の特徴• 商材がない金銭配当組織(マネーゲーム)• 会員が複数の子、さらに孫へと会員をネズミ算式に増殖させ、上位の会員の一部が優位に配当を受け取れる• ライフコンシェルジュなどのネットワークビジネスとマルチ商法の違いとは? 今度は、 ライフコンシェルジュなどのネットワークビジネス の元となった マルチ商法 Multi-Level Marketing )についてご説明します。 マルチ商法の販売形態は、加盟者が新規加盟者を誘い、その加盟者がさらに別の加盟者を誘引するという連鎖により、階層組織を拡大する仕組みです。 このようにピラミッド型を形成することや、新たな参加者の勧誘などの販売展開の方法がねずみ講と類似していますが、マルチ商法は、連鎖販売取引あるいはそれに類似した販売形態の通称で、特定商取引に関する法律その他関係する法律を遵守する限り、違法なものではありません。 マルチ商法は特定商取引法の中で連鎖販売取引と定義されており、一応合法とされています。 1 特定商取引法の規制対象となる「連鎖販売取引」 (法第33条) 特定商取引法は、「連鎖販売業」を次のように規定しています。 物品の販売(または役務の提供など)の事業であって 2. 再販売、受託販売もしくは販売のあっせん(または役務の提供もしくはそのあっせん)をする者を 3. 特定利益が得られると誘引し 4. 特定負担を伴う取引(取引条件の変更を含む。 )をするもの 引用元: わかりやすく言うのであれば、「このサプリは質がいいですよ。 」と商品を販売したり、 「権利収入を得られますよ。 」と、組織に勧誘したりすることを連鎖販売取引といいます。 ライフコンシェルジュなどのネットワークビジネス マルチ商法 断り方 今に時代、収入の柱を増やそうと必死な方が多いですから、あなたもいつ信頼していた友人からマルチ商法やネズミ講に勧誘されるかわかりません。 まるで誰でも不労所得を得られるような勧誘をしますが、実際は夢を叶えられていない人の方が多数です。 さらに、成果を出すまでには自分で商品を購入したり、セミナーに参加したり、知り合いを食事に誘ったりと今までの生活にプラスのコストもかかります。 詳しい実態は会員になるまで教えてもらえないことが現状でしょう。 ここでは、被害を未然に防ぐために知っておきたいことについて見ていきましょう。 楽に簡単に儲けられる仕事はない 勧誘時に『誰でも簡単に儲けられる』と言われることもあります。 しかし、よく考えてみてください。 本当に儲けられる話があるならわざわざ人に教えず自分でやっているはずです。 本当に儲けられるなら、頭がよくお金もある人がすでに取り組んでいるはずです。 上記でも述べたように誰でも儲けられるわけではありませんし、コストもかかります。 楽に儲けたい人は、自分で努力しないで誰かになんとかしてもらいたい気持ちがどこかにあるのではないでしょうか。 誘ってきた人が以前と違う行動をしていないか観察する 例えば、以前はそんなに親密な関係ではなかったのに、食事にいきなり誘われるのは不自然です。 その人が以前と違った行動を取っていないかを観察しましょう。 他にもマルチ商法やネズミ講にハマっている人には以下のような兆候があります。 夢や将来について話すようになった• ビジネスの話をするようになった• 変にポジティブになった• 「感謝」や「ご縁」という言葉をよく使うようになった• 以前よりも人に合うようになった• なぜか自信を持つようになった• 権利収入という言葉を使う あなたに声をかけていきた人がこれまでと様子が違っており、なおかつ上記に複数当てはまるのであれば警戒した方がいいでしょう。 まとめ 収入の柱を増やしたい方はたくさんいますよね。 本当に権利収入を構築していけるのか、先見の明を磨いて見つけていけるようになることが大切ですね。 誘う友人知人、リストアップした人脈が尽きてしまたら・・・ そこであなたの収入もストップ!するのです! でももし、その人脈リストが無限に増え、しかも相手の方から 「その話聞かせて!」という方法があるとしたら あなたは興味ありますか??.

次の