今後のご活躍を。 結びのあいさつ

山口真帆 AKB不在事務所に移籍へ→今後は更なる活躍をなさるでしょう。

今後のご活躍を

Hey! Say! JUMPはオワコン!? 2007年、 メンバー全員が平成生まれで平成の 時代を高くジャンプしていくのキャッチコピーの もと華々しいCDデビューを飾った彼らだったが、 13年の時を経ても人気は一定水準を保ったまま でめぼしい活躍は未だ見られない。 酷な言い方をすれば、 Hey! Say! JUMPのピークは も はや過ぎ た とも言え るだろう。 途中、伊野尾革命などという奇跡の成り上がり劇 を起こした彼も幸運と状況が上手いこと重なった 産物にしか過ぎなかったわけだし、 今やキンプリ、SixTONES、Snow Manの台頭で 今まで以上にジャニーズ全体がハイクオリティ 化、競争激化な現状となっていて、 グループはおろか1人ひとりが名をはせていくに もきびしい時代へと突入している。 今後とも若手グループが依然どおり輩出されてい けば、いつしかJUMPも 中堅グループの本格的な 仲間入りを果たすことになるだろうし、 かつて自分たちのファンだった人も若い世代の台 頭により担降り・乗り換えしていく未来も起こり うるだろう。 活躍や人気も今後右肩上がりになることはないだ ろうし、既存のファンに囲まれつつもコンサート や個人での活動に徹していくことになる。 スポンサーリンク Hey! Say! JUMP今後の方向性について! Hey! Say! JUMPの名で国民的アイドルグループの 地位を獲得することはおろか、グループとしての 大々的な活躍もキンプリに取って変わるだろう。 デビュー当初〜2010年ピーク時辺りまでは 順調そのものであったし楽曲のテイストも万人ウ ケする王道ソングが多めだった印象もある。 彼らの活躍を振り返ったとき良くも悪くも 山田涼 介一強のグループのイメージが強く、世間一般に おいての知名度は山田と他メンバーとでは大きな 格差が生じている。 さらにはメンバーの高齢化を考えた上でも可愛い 路線でやっていくにはもう無理があるだろうし、 大人の魅力を放つグループへの路線変更を考えて いい時期が きている。 自分としては 中島裕翔が今後のJUMPを支えてい くキーパーソンになるのではないか?とも考えて いて、彼のドラマでの演技力は従来のジャニーズ らしさをまったく感じさせない1人の俳優として の姿がそこにはある。 中島を例に取ってもメンバー1人ひとりがグルー プ外での活躍の場を広げ、それが合わさって1つ の力を発揮していくのが今のJUMPのベスト。 既存のファンを大切にしつつ冠番組やコンサート 、完全身内向けのエンターテイメントを披露して いくというスタイルも良いんじゃないか?と自分 は思っている次第だ。 関連記事.

次の

様々なビジネスシーンで使える「ご活躍」の意味と類語、その例文

今後のご活躍を

ビジネスシーンでは、退職や転勤をされる方に「応援しております」という意味を込めて送られる言葉です。 メールや文書、寄せ書きやお手紙で使われることが多いフレーズです。 たとえば「短い間でしたが、本当にお世話になります。 更なるご活躍をお祈り申し上げます。 」「今までありがとうございました。 〇〇さんの更なるご活躍をお祈り申し上げます。 」というように使われます。 目上の方にも使いやすいフレーズの一つです。 こちらも「頑張ってください」「応援しております」という意味の言葉になりますので、退職や転勤される方は送るメッセージとしてふさわしいでしょう。 たとえば「この度はご栄転おめでとうございます!部長の更なるご活躍をお祈りいたします。 」「今までお世話になりありがとうございました。 〇〇さんの更なるご活躍をお祈りいたします。 」と使います。 名前などを入れると相手へのメッセージとして、より心に届きやすくなるのでおすすめです。 「祈念しております」も「お祈りしています」と同じような、丁寧な使い方になります。 「お祈りいたします」や「お祈り申し上げます」を使う方が多いので、「祈念しております」を使うと被らずにすむでしょう。 たとえば「末筆ながら、〇〇さんの更なるご活躍を祈念しております。 」「突然の辞令でとても驚きましたが、〇〇さんの新天地での更なるご活躍を祈念しております!」といったように使われます。 より丁寧な印象を与えることができるフレーズです。 「ご期待申し上げます」は「期待しています」を丁寧にした表現です。 目上の方に送るメッセージとしては、適切な表現でしょう。 たとえば「ご栄進おめでとうございます!更なるご活躍をご期待申し上げます。 」と使います。 ただし「期待しています」だけでは、「仕事の成果を出すことを期待している」という意味になり、上から目線に取られてしまいます。 目上の方に使うには失礼なフレーズとなりますので、ご注意くださいね。 「益々の」とは、「以前よりも一層」「程度がはなはだしくなる様子」のことを表しますので、「益々のご活躍を」は「より一層ご活躍を」という意味になり、同じ意味の類語として使うことができます。 使い方は「更なるご活躍を」と同じで「末筆ながら、〇〇さんの益々のご活躍をお祈り申し上げます」「この度はご栄転おめでとうございます。 益々のご活躍をお祈りいたします。 」「これまで本当におせわになりました。 益々のご活躍を祈念しております。 」と激励の言葉を伝えたいときに使います。 「一層」は1つ目でご紹介した「益々」と同じ意味になりますで、「更なるご活躍を」と同じように使える類語となります。 使い方は相手に応援のメッセージを送りたいときに使いましょう。 たとえば「この度はご栄転おめでとうございます。 寂しくなりますが、部長の新天地での一層のご活躍を祈念いたしております。 」となります。 「今後の」は「これから」という意味がありますから、これからの将来や仕事の成果を期待しているという意味で使われます。 使い方は目上の方には「〇〇さんの今後のご活躍を、心よりお祈り申し上げます。 」というように使います。 目下の方に使うには、「社長賞の受賞おめでとう!〇〇さんの今後のご活躍をチームメンバー一同、楽しみにしています。 」「〇〇くんの今後のご活躍を期待しています!」と使うことができます。 目下の方には「楽しみにしている」「期待している」という言い回しをしても問題ありません。 意味は「見えないところから応援しています」となります。 「おります」は謙譲語なので、「陰ながら応援しております」は丁寧な敬語になっています。 使い方は転勤や転職などの別れのシーンでよく使われます。 使い方は「先輩のようになれるように私も精進していきます。 陰ながら応援しております。 」「今までありがとうございます。 〇〇さんのことを陰ながら応援しております。 」「〇〇さんならこれとったらもご活躍されることでしょう。 陰ながら応援しております。 」となります。 メッセージやメールの締めで使うと良いでしょう。 「新天地」は新しい土地や環境のことを表していて、会社では新しい部署や会社に行くことを表します。 ポジティブに送り出すときに使う言葉なので、理不尽な人事で異動になる場合などには使わない方が良いでしょう。 使い方は「この3年間、大変お世話になりました。 〇〇さんの新天地でのご活躍をお祈りしています。 」「頼れる先輩がいなくなってしまうので寂しいですが、新天地でのご活躍を祈念しております。 」と使います。 「ご健勝」は「身体が健康なこと」という意味がありますから、「健康でいてくださることをお祈りします」という意味合いになります。 「ご活躍」のように、相手を気遣ったり、応援する気持ちから使われる類語です。 使い方は「これまでお世話になり、ありがとうございました。 〇〇さんの今後のご健勝とご活躍をお祈りします。 」と使います。 「ご活躍」と一緒に使うこともできますので、相手の健康も気遣いたいときに使うと良いでしょう。 「発展」とは、栄えていくことの意味がありますから、仕事の成果が出たり、さらに物事が伸びていくことを表しています。 それに「御」の丁寧な表現がついているので、目上の方に使うのにぴったりな類語です。 使い方は「〇〇さまの更なるご発展を祈念しております。 」と使います。 また、会社に対しても使うことができますので、「貴社の更なるご発展をお祈り申し上げます。 」という、ビジネスメールやビジネス文書での締めの言葉にも使うことができます。 「飛躍」とは大きく進歩、向上、発展して活躍することという意味がありますから、「ご活躍」と同じ意味のある類語として使うことができます。 使い方は「〇〇さまの更なるご飛躍を祈念しております。 」「いつも温かいお言葉をかけてくださりありがとうございました。 〇〇さんの更なるご飛躍をお祈り申し上げます。 」となります。 飛躍を使う方はなかなかいないので、寄せ書きなどにあえて「飛躍」を選ぶのはおすすめです。 「成功」は物事を自分の目的どおりに成し遂げることを意味しますので、ビジネスパーソンを応援するときのメッセージとしてぴったりのフレーズになります。 使い方は「この度のご栄転、心よりお祝い申し上げます。 今後の更なるご成功を祈念いたします。 」「ご昇進おめでとうございます。 〇〇さんの更なるご成功をお祈り申し上げます。 」となります。 まずはお祝いの言葉を伝えてから、相手の活躍をお祈りする言葉を続けると良いでしょう。 「ご多幸」は相手の幸せを願って、健康でいられますようにという願いを込めて使う言葉です。 「ご多幸」はそのままでも使うことができますが、「ご健勝」とセットで使われることが多いです。 使い方は「今までお世話になりありがとうございました。 〇〇さんの更なるご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。 」「この度のご栄転、おめでとうございます!部長の更なるご多幸を祈念いたします。 」となります。 ビジネスだけでなく、結婚や出産などのお祝いのメッセージにも使うことができます。 「your success」は「あなたの成功」という意味がありますので、「今後のご活躍を」「益々のご活躍を」と相手に伝えたいときに使うことができる英語表現です。 たとえば「あなたの更なるご活躍をお祈りします」は「I pray for your continued success. 」となります。 「今後のご活躍をお祈りしております」は「I'm praying for all of your success in the future. 」と表現することができます。 「更なるご活躍を」の類語として代用されたり、一緒に使われる「ご健勝」ですが、英語では健康の意味がある「health」と表現されます。 たとえば「今後ますますのご成功とご健勝をお祈り申し上げます。 」と伝えたいときには「I wish you continued success and health. 」と伝えることができます。 「the best of luck」は「幸運を祈ります」「うまくいきますように」と別れの言葉として使われる言葉になりますので、「益々のご活躍を」と応援する気持ちを伝えられます。 そこで使い方は「益々のご活躍をお祈り申し上げます」と伝えたいときには、「I wish you the best of luck. 」と使うことができます。 この場合はメールや手紙の文末に添える言葉としておすすめです。 祈るという意味のある「pray」を使うと、「陰ながら」の「secretly」をつけなくても「陰ながら応援しております」の意味を使った表現にすることができます。 使い方は「陰ながらあなたのご成功をお祈り申し上げます。 」は「I am praying for your success. 」となります。 「更なるご活躍を」を使って応援している気持ちを伝えよう! 「更なるご活躍を」は、相手に「頑張ってください」という応援している気持ちを伝えることのできるフレーズです。 特にビジネスでは転勤や退社など、会えなくなってしまう人に使うことができます。 気持ちよく送り出すためにも、またご縁があったときにいい印象を残しておくためにも、上手に使っていきましょう。 ビジネスシーンでは、独特の言い回しやルールがまだまだ存在しています。 一度覚えてしまえば使い回しがきき、仕事も円滑に進めてくれるので便利です。 「恐縮ですが」や「ビジネルメールの件名のマナー」も押さえておくと使えるマナーとなりますので、ぜひこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

次の

送別・退職の寄せ書き文例と参考例

今後のご活躍を

「ご活躍」の意味とは?どんなときに使う? 「ご活躍」の意味は「活発な行動や成果」 「ご活躍」は「活躍」に「ご」をつけて丁寧にした言葉です。 「活躍」には、「めざましく活動する」や「勢いよくはねまわる」などの意味があります。 ビジネスで使われる「ご活躍」は、主に仕事での活発な行動や成果のことをいいます。 「ご活躍」は締めの言葉や挨拶で多く使う 「ご活躍」はビジネス文書やビジネスメールの締めの言葉、挨拶で使うことが多い言葉です。 特に退職や転勤などで遠方に行く方などへエールを送る場合に使います。 新しい職場で活躍することを応援しているという気持ちを込めて、「ご活躍を応援しております」や「益々のご活躍をお祈り申し上げます」などと使います。 「ご活躍」は目上の人に使える? 「ご活躍」は目上の人に使える尊敬語 「ご活躍」は「活躍」に「ご」をつけた尊敬語です。 相手を持ち上げる表現ですので、目上の人に使うことができます。 ただし、「ご活躍を期待しています」など、後ろにつける表現によっては上から目線の発言と感じる方もいます。 「期待している」は、目上の人が目下の人に対して使うことが多い言葉ですので、「ご活躍をお祈りしています」などに変えて使うとよいでしょう。 「ご活躍」は目下の人にも使うことができる 「ご活躍」は、相手を持ち上げる尊敬語ですので、目上の人に使う表現です。 しかし、相手に敬意を表すという意味で上司から部下などの目下の人に使うことも多くあります。 立場にかかわらず相手に敬意を払うことは悪いことではありません。 目下の人や同じ立場の人など、いろいろな場面で使うことができる言葉ですので、覚えておきましょう。 「ご活躍」を使ったフレーズと例文 「ご活躍」は決まったフレーズで使われることも多い単語です。 使われる場面に合わせて紹介しますので、ぜひ使ってみてください。 締めの言葉「今後一層のご活躍をお祈りいたしております」 ビジネス文書やビジネスメールでよく利用される締めの言葉に「今後一層のご活躍をお祈りいたしております」があります。 これは「これからも頑張ってください」ということを伝えるフレーズで、退職や転勤をする人への挨拶に使われることが多いです。 年賀状におすすめ「益々のご活躍をお祈り申し上げます」 年賀状の挨拶にも「ご活躍」を使うことができます。 例えば「本年も、益々のご活躍をお祈り申し上げます」はよく使われるフレーズです。 新しい一年を、昨年よりさらに活躍できるようにとエールを送る言葉です。 現在の活躍を称えるときは「ご活躍を拝見」 「ご活躍」は、これから活躍することを応援する場面で使うことが多いですが、現在の活躍を称えるときにも使うことができます。 例えば「いつもご活躍を拝見いたしております」や「ますますご活躍のことと存じます」などの表現がよく使われます。 ビジネス文書の冒頭の挨拶にも使うことができますので、覚えておくと良いでしょう。 退職や転勤する方に使うフレーズ「新天地でのご活躍」 退職や転勤をする方に使うフレーズとして「新天地でのご活躍」があります。 「新天地でのご活躍をお祈り申し上げます。 」などの表現がよく使われます。 「新天地」とは、新しい場所や環境のことをいいます。 退職や転勤をすることで仕事の場所や環境が変わりますので、「新しい場所や環境で頑張ってください」ということを伝えるフレーズです。 「ご活躍」と「ご健勝」「ご発展」の使い分け 個人へは「ご活躍」会社へは「ご発展」 「ご活躍をお祈りしています」などの表現は、個人へ対して使う表現です。 相手が会社や団体などの場合には使うことができません。 会社や団体に対しての挨拶には、「ご発展」や「ご盛栄」などを使いましょう。 健康には「ご健勝」成果には「ご活躍」 締めの挨拶でよく使われる表現に「ご健勝」があります。 「ご活躍」と同じように、相手を応援したり、気遣う気持ちで使う挨拶の言葉です。 「ご健勝」とは、「身体が丈夫で健康」という意味ですので、「ご健勝をお祈りしています」という挨拶は、「健康でいてください」という意味になります。 ビジネスでの成果を応援する「ご活躍」とは少し意味が異なりますので状況に合わせて使い分けましょう。 まとめ 「ご活躍」は、ビジネス文書やビジネスメールの挨拶で使われることが多い言葉です。 特に、退職や転勤をされる方に「がんばってください」と伝えるときに便利な言葉ですので、覚えておくと良いでしょう。 遠方に行かれる方であっても、何かの縁でその後、長いお付き合いになることもあります。 お互いによい印象を残しておきましょう。

次の