三井住友visaデビュープラス。 三井住友カード デビュープラスは26歳になると自動的にゴールドカードに切り替え(更新)

三井住友VISAデビュープラスカードでマイルを貯めるのがすごくお得な理由を解説!!|クレカマニアの一人暮らし節約術

三井住友visaデビュープラス

完全解説:三井住友カード デビュープラスが優れている7つのメリット 特典1:18歳~25歳限定のカード。 26歳以降はゴールドカードへ 三井住友カード デビュープラスは、 18歳~25歳の方しか申し込みできません。 25歳を過ぎると、プライムゴールドカード、などに、自動ランクアップできます。 ランクアップ時には、「継続サンクスポイント」がプレゼントされます。 三井住友カード デビュープラスには、 いつでも、ポイントが2倍貯まるメリットがあります。 旅行にあまり行かない方は、ポイントを貯まりやすい、三井住友カード デビュープラスを作るのがおすすめです。 それ以外の年齢の方は、18歳以上(高校生を除く)が申し込める、、を検討しましょう。 なお、三井住友カード デビュープラスには、旅行保険が付帯しません。 旅行保険を付帯したい方も、上記の3つのカードを検討しましょう。 学生でも申し込みできます。 特典2:最短3営業日発行!急な海外旅行でも間に合う 通常、クレジットカードに申し込むと審査だけでも、1週間以上かかることがあります。 しかし、三井住友カード デビュープラスは、最短3営業日発行が可能です。 最短で当日にも審査結果を知らせてくれます。 急な海外旅行、学生旅行で、クレジットカードを発行したい場合でも間に合います。 最短3営業日発行の方法 (1)の公式サイトより、申し込みます。 (2)各銀行のWebサイトで、引き落とし口座の設定(申し込み時)。 (3)審査結果が最短で当日にメールで届きます。 (4)カードが簡易書留で発送されます(ここまでで最短3営業日)。 (5)カードを受け取れば、すぐに使用できます。 郵送期間を含めると、申し込みから約1週間でカードが手元に届き、すぐに利用できます。 特典3:年会費実質無料。 2年目以降は、1,250円かかります。 しかし、年1回以上利用で次年度も無料になります。 年1回以上は、例えば、コンビニで、三井住友カード デビュープラスを使って、100円のパンを買うだけでもOKです。 そのため、実質年会費無料と考えていいでしょう。 2年目以降は、500円かかります。 しかし、年1回、ETCの利用があれば、次年度も無料になります。 ETCカードの利用でも、通行料金1,000円につき1ポイントが貯まります。 また、に登録すれば、ETCポイントを貯めることもできます。 貯めたポイントは、通行料金の支払いに利用できます。 、、は、1,000円につき1ポイント(還元率0. 入会後3ヵ月間はポイント5倍 入会後3ヵ月間はポイント5倍になります。 つまり、1,000円につき5ポイント貯まります(還元率2. これも、三井住友カード デビュープラスだけの特典です。 大学生で一人暮らしをはじめるときに、家具や生活用品をまとめて買うのにおすすめです。 ココイコ対象店で最大18倍 とは、三井住友カード利用者が使えるサイトです。 以下のような対象店舗でお買い物をするときは、ココイコでエントリーしておきましょう。 Amazon、楽天市場、Yahoo! ショッピング、ヤフオク! 、セブンネットショッピング、ロハコ、DHC、ドクターシーラボ、楽天トラベル、Yahoo! トラベル、じゃらん、HIS、エクスペディア、一休. 特典5:マイルやギフト券の交換も可能!ポイントの使い道が多彩 ポイント1ポイントは5円相当として、アイテムやギフト券に交換できます。 貯まったポイントは、以下の特典に交換できます。 ・Amazon、VJAギフトカード、ハーゲンダッツなどのギフト券・商品券 ・ポイント(楽天ポイント、nanaco、WAON、Tポイント、Pontaポイント、ヨドバシカメラのポイントなど) ・USJのチケットや家電、食品、日用雑貨などのアイテム ・ANA、シンガポール航空「クリスフライヤー」、アリタリア-イタリア航空「クラブ・ミッレミリア」マイル ・キャッシュバック ・寄付 交換したい商品がなくとも、 キャッシュバックなら1ポイント=3円で換算し、カード利用代金に充当されるので無駄がありません。 また、Amazonや楽天ポイント、nanaco、Tポイントなど、他社のポイントやギフト券にも交換できます。 三井住友カード デビュープラスは、交換できる他社ポイントの取り扱いが多いです。 ポイントをマイルに交換できる ポイントは、以下の航空会社のマイルへ交換できます。 しかし、三井住友カード デビュープラスは、永久不滅ポイントの有効期限がなく、ポイントUPモールやココイコ加盟店での利用で、ポイントを貯めやすいメリットがあります。 使い方によっては有効な手段です。 特典6:三井住友カードの充実した付帯サービス 三井住友カード デビュープラスは、三井住友カードの会員が利用できる多彩なサービスがうけられます。 セキュリティへの対策は、他のカードよりも力を入れています。 VJデスク 世界主要都市に設置されたVJデスクを 日本語で利用できます。 ・ホテルやレストラン、チケットの予約の代行 ・観光情報、交通機関の案内 ・ガイド・通訳の手配 ・パスポート紛失・盗難などのトラブル ホノルルのVJデスクは、無料で休憩できるラウンジを利用できます。 ソフトドリンクサービス、手荷物一時預かりサービス、WiFi接続サービスなどもあります。 顔写真付きのカードが選べる カードの裏面に、本人の顔写真入りのカードを発行できます。 不正利用防止に役立ちます。 ICチップ搭載 カードの表面に、ICチップ搭載されています。 そのため、偽造が困難で、不正利用防止に役立ちます。 お買物安心保険(動産総合保険) 三井住友カード デビュープラスで購入した商品が破損・盗難などの損害にあえば、購入日から90日間、年間最高100万円まで補償。 海外での利用および国内でのリボ払い・分割払い(3回以上)のご利用のみ対象。 バーチャルカード バーチャルカードは、ネットショッピングなど、インターネットのみで使えるカードのことです。 利用枠は10万円までと低額に設定された、バーチャルカードを発行できます。 「使ったことがないサービスや海外のネットショッピングで、クレジットカードの番号を入力するのが怖い」という場合に有効です。 不正利用について 紛失や盗難で、クレジットカードや会員番号を他人に不正使用されてしまうことはあるでしょう。 しかし、三井住友カードは、24時間365日、不審カードの利用をチェックしています。 さらに、会員保障制度により、特別なケースを除き、紛失・盗難の届け出日から60日前にさかのぼり、それ以降の不正利用分を補償してくれます。 安心してクレジットカードを利用できます。 とはいえ、本会員とほぼ同様のサービスを受けられます(一部特典は対象外)。 配偶者(専業主婦、パート)や学生の子ども(高校生を除く18歳以上)など、審査に通りにくい家族もクレジットカードの特典をいかせます。 旅行保険が付帯しない 旅行傷害保険とは、海外・国内旅行中の傷害死亡やケガ、病気などの傷害事故を保証してくれる保険です。 三井住友カード デビュープラスは、旅行保険が付帯しません。 もしも、旅行保険を付けたい方は、、、を検討しましょう。 学生でも申し込みできます。 ただし、上記のカードはいつでもポイント2倍にはなりません。 ポイント2倍になるのは、三井住友カード デビュープラスだけです。 旅行にあまり行かない方は、三井住友カード デビュープラスの方がおすすめです。 Apple Payとは、カードの代わりに、登録したiPhoneで支払いができるサービスです。 iD加盟店で利用できます。 Apple Payの支払いでも、ワールドプレゼントポイントが貯まります(一部対象外)。 iDは利用できるの? 発行手数料・年会費無料で、三井住友カードiDが利用できます。 iDとは、で利用できる電子マネーのことです。 iDの支払いでも、ポイントが貯まります。 また、ワールドプレゼントポイントは、iDバリューに交換できます。 iDバリューは、iDの利用代金にキャッシュバックできるので、三井住友カード デビュープラスとiDは相性が抜群にいいです。 PiTaPaカードは発行できるの? 関西圏の電車、バス、飲食、ショッピングでの支払いに使えるPiTaPaカードを発行できます。 特別な特典はありませんが、他で発行するのが面倒なら、三井住友カード経由でを発行してもいいでしょう。 WAONカードは発行できるの? 三井住友カードWAONが発行できます。 以下のようなメリットがあります。 ・WAONで200円につき1WAONポイントが貯まる ・毎月20日・30日のお客さま感謝デー5%OFF ・毎月5日・15日・25日のお客さまわくわくデーWAONポイント2倍 特典は、他のWAONカードと同じです。 イオンなどで発行するのが面倒なら、三井住友カードWAONを発行してもいいでしょう。 銀聯カードは発行できるの? 三井住友銀聯カードが発行できます。 銀聯(ぎんれん)は、VISAやMasterCardと同じ、国際ブランドのこと。 銀聯加盟店で利用できます。 中国で最も使われるカードとして、人気があります。 中国に旅行に行く際は、検討してみてもいいでしょう。 他の三井住友カードとの違いを教えて? 三井住友カードには、三井住友カード デビュープラス以外にも種類があります。 他の三井住友カードとの特典の違いを知りたい方は、以下ページをご覧ください。 他の三井住友カードとの比較 ・学生や新社会人だけど、ネットショッピングの利用にクレジットカードを作っておきたい ・ポイントを貯めて旅行に行ったり、欲しいものを購入したりして楽しみたい ・クレジットカードでの支払いが心配。 セキュリティが高いクレジットカードを持ちたい 18歳から25歳に限定したクレジットカードです。 そのため、若い方でも、発行できるチャンスがあります。 ネットショッピングなど、クレジットカード決済が必要な場面で役立ちます。 貯めたポイントは、他社のポイントやマイルやギフト券に交換できます。 ICチップや顔写真入りのカードで万全のセキュリティ体制。 不正利用時の補償もあるから、安心してクレジットカードを利用できます。 三井住友カード デビュープラスは、学生や新社会人の1枚目のカードとしておすすめです。

次の

三井住友カード デビュープラスの還元率は?ポイントをお得に貯める方法や注意点など

三井住友visaデビュープラス

株式会社エポスカードが発行する エポスカードと三井住友カード株式会社が発行する 三井住友カード デビュープラスは、どちらもステータスカードとしての価値はほとんどありませんが、どちらも 初年度の年会費がかからず気軽にクレジットカードを所有できることから、主に普段使いの用途として選ばれることが多いカードです。 なお、 三井住友カード デビュープラスは2年目以降の年会費優遇がありますので、使い方によっては2年目以降もお得にカードを所有できます。 両カードに付帯する電子マネーで比較をした場合、 エポスカードはApple Pay、Suica、楽天Edyの3種類に対応しているのに対し、 三井住友カード デビュープラスはiD、Apple Pay、PiTaPa、Visa payWave、WAONの5種類に対応しています。 最近では電子マネーの利用でポイントの還元といった特典が受けられることが多くなっていますので、対応する電子マネーの種類が多いに越したことはないですよね。 年会費も 三井住友カード デビュープラスの方が安い為、基本機能の比較では 三井住友カード デビュープラスの方がおすすめです。 初年度年会費 初年度年会費 永年無料 無料 二年目以降年会費 二年目以降年会費 永年無料 1,250円 年会費の優遇有 優遇時:無料 家族カード年会費 家族カード年会費 無 有 年会費400円 ETCカード年会費 ETCカード年会費 有 永年無料 有 永年無料 初年度無料。 支払方法 支払方法 1回、2回、分割、ボーナス一括、リボ 、ボーナス2回払い 1回、2回、分割、ボーナス一括、リボ 締日・支払日 締日・支払日 27日締め27日払い、4日締め4日払い 月末締め26日払い、15日締め10日払い エポスカードと 三井住友カード デビュープラスのポイント・還元率の比較 次に、多くの人にとって気になるポイントの還元率や使い勝手について比較してみます。 コンビニやスーパー、インターネットショッピング等の、いわゆる普段使いでカードを使用した場合、 エポスカードと 三井住友カード デビュープラスは共に 還元率0. 一方、ポイントの使い勝手の面で比較をすると、 エポスカードの移行先がANA SKYコイン、ANAマイル、JALマイル、au WALLETポイント、dポイント、ノジマスーパーポイントの6箇所に留まっているのに対し、 三井住友カード デビュープラスはANAマイル、Gポイント、JBOOKポイント、Joshinポイント、Suica、Tポイント、WAON、auポイントプログラム、nanaco、べルメゾン・ポイントをはじめとして19箇所と多くのポイントシステムに移行できる為、 三井住友カード デビュープラスの方がかなり使い勝手が良いと言えます。 ポイントを効率良く貯める為にはクレジットカード発行会社が運営または提携しているポイント優待サイト経由でクレジットカードを利用する事が一番の近道ですが、このポイント優待サイトの内容を両カードで比較すると、 三井住友カード デビュープラスは ioPLAZA、アイリスプラザ、i LUMINE(アイルミネ)、アウトレットモール ブランデリ、AOKI公式オンラインショップをはじめ331サイトでポイント還元率の優遇を受けられるのに対し、 エポスカードは ニッセンオンライン、カタログ通販ベルーナ、ベルメゾンネット、セシール オンラインショップ、Amazon. jpをはじめ33サイトでポイント還元率で優遇されるに留まっている為、 三井住友カード デビュープラスのポイント優待サイトにあなたがよく利用するサイトが登録されているなら、 三井住友カード デビュープラスの方がポイントを貯めやすいと感じるでしょう。 エポスカードと 三井住友カード デビュープラスの旅行保険の比較 クレジットカードを持つメリットの一つとして、クレジットカードに付帯する保険を挙げる人は多いと思います。 そこで エポスカードと 三井住友カード デビュープラスを付帯保険の面から比べてみたいと思います。 海外旅行傷害保険 エポスカードと 三井住友カード デビュープラスに付帯する海外旅行傷害保険ですが、 エポスカードは海外旅行傷害保険が付帯されているものの、 三井住友カード デビュープラスには海外旅行傷害保険が付帯されていません。 しかも エポスカードに付帯される海外旅行傷害保険は自動付帯の為、カードを持っているだけで海外旅行傷害保険が適用されます。 海外に良く出かける方は、 エポスカードを選んだ方が良いでしょう! 国内旅行傷害保険 続いて、 エポスカードと 三井住友カード デビュープラスに付帯する国内旅行保険を見てみると、 エポスカードと 三井住友カード デビュープラスはどちらも国内旅行傷害保険が付帯されていません。 あまり国内の旅行に出かけない人や、旅行をする場合でも公共の交通期間を使わずにマイカーで移動するような人にとっては特に気にしなくてもいいと思いますが、旅行が趣味で年に一回は旅行する人や、毎年新幹線や飛行機で帰省するような人、バスツアーをよく利用するような人は、何かあった場合の備えとして国内旅行傷害保険が付帯されたクレジットカードの契約を検討してもいいかも知れません。

次の

三井住友VISAデビュープラスからプライムゴールドカードへの更新と切り替えのタイミング

三井住友visaデビュープラス

この記事の目次はこちら• 三井住友VISAデビュープラスカードとは 三井住友VISAデビュープラスカードは、学生・新社会人向けに作られた 18歳~25歳限定のクレジットカードです。 また、通常の三井住友カードのポイント還元率は0. 年会費は初年度無料、2年目以降も年1回以上の利用があれば無料です。 ポイントが貯まりやすく年会費無料なので、初心者でも使いやすいカードとなっています。 クレジットカードの限度額についておさらい 次に、クレジットカードの限度額について確認しておきましょう。 クレジットカードの限度額は基本的には「総利用枠」を指しますが、この利用枠は「ショッピング枠」と「キャッシング枠」の2つに大きく分けられています。 ショッピング枠とは ショッピング枠はその名の通り通常の買い物で利用できる額のことで、一般的なカード利用はこの枠に含まれています。 キャッシング枠とは キャッシング枠はカードで現金を借りられる額を指します。 しかし、キャッシング枠は上記ショッピング枠に含まれていますので利用する際は注意が必要です。 三井住友VISAデビュープラスカードの限度額はいくら? 三井住友VISAデビュープラスカードの限度額は以下の4つによって決まり、上限ごとに限度額が分かれています。 1)職業 2)年齢 3)親権者同意の有無 4)口座設定方法 まずはこれら4つの条件ごとの総利用枠の表をご覧ください。 このように、親権者の同意だけで限度額が20万円も異なるのが大きな特徴です。 社会人になれば限度額が上がるのは一般的ですが、学生は基本的な限度額が10万円、親の同意を得られて初めて限度額が30万円になります。 また、オンライン申し込みでweb上で口座開設をすると、親の同意なしで申し込みをすることになるため、成年でも限度額が10万円になってしまいます。 限度額30万円を目指す場合は郵送で口座設定を行いましょう。 社会人は限度額が10~100万円と限度額に大きな幅がありますが、その決まり方は職業などによって変わるため、一概にはいえません。 限度額はいくらあれば安心? ではこの限度額、人によってもちろん多少の差はあるものの、月にいくらまで使えれば安心なのでしょう?一般的な必要限度額を見ていきましょう。 学生の場合 学生の場合は、普段の限度額は10万円あれば十分だと思います。 この額であれば、学生でも無理なく返済できる人が多いでしょう。 しかし、旅行や大きめの買い物があるとこの限度額では足りなくなる可能性があります。 その時は、一時的、もしくは継続的に限度額を引き上げる申請が必要になってくるでしょう。 新社会人の場合 新社会人は固定支出などの支払いを考慮しても、限度額が20万円あれば十分なのではないでしょうか。 限度額を上げるにしても、社会人であればカードを使い続ければ限度額を上げやすくなります。 そのため、限度額の引き上げを急がないようであれば、今使っているカードを使い続けることをおすすめします。 三井住友VISAデビュープラスカードの限度額を上げる方法 ここまでおおよそ必要な限度額をご紹介しましたが、上記のように緊急の大きな買い物で限度額を上げたい!という場合、何をすればよいのでしょうか? 三井住友VISAデビュープラスカードの限度額を上げる方法は「一時的な引き上げ」と「継続的な引き上げ」の2種類が存在しますので、分けてご紹介します。 一時的な引き上げ 一時的な引き上げは、大きな買い物や海外旅行など短期的に利用枠を増やしたい方に向いています。 この場合、 1万円単位で利用額を一時的に増やすことが可能です。 申し込むときには、社会人ならインターネットから、学生なら電話から申し込んで申請できます。 継続的な引き上げ 三井住友VISAデビュープラスカードをメインカードとして利用していて、今の限度額では慢性的に足りないという方には継続的な引き上げがおすすめです。 この場合、 10万円単位で利用額増額の申請ができます。 申し込む際には、社会人はインターネットから、学生の方はVpassというページにログインし、資料請求を行ったうえで、それにしたがって手続きを行ってください。 ただし学生の場合は限度額が最高30万円なので、注意してください。 サブカードを使って限度額を上げよう 上記では三井住友VISAデビュープラスカード字体の限度額を上げるという方法をご紹介しましたが、メインカードの限度額は上げずに サブカードを作って合計利用枠を増やすという方法もあります。 この方法であれば口座ごとの使い分けもできますし、限度額の引き上げができなかったという事態も避けられます。 サブカードを作る際には、年会費無料やポイントの高還元率、海外旅行保険付帯などの特典に注目すると良いでしょう。 特に海外旅行に良くいかれる方は、海外旅行保険が充実しているカードを選ぶことを強くおすすめします。 三井住友VISAデビュープラスカードで計画的なカード利用を いかがでしたか? 三井住友VISAデビュープラスカードは学生や新社会人を対象としたカードのため、限度額は返済のことを考えて低めに設定されています。 しかし、必要に応じて限度額を上げることもできますし、年会費無料でポイント還元率も高いので初心者でも安心して利用できるカードだといえます。 これを読んでくれた学生の皆さん、この機会に三井住友VISAデビュープラスカードを作ってみては?.

次の