保育士 手足口病。 病気・感染症|夏の感染症【手足口病】 | 大阪を中心に保育園の保育士紹介「保育士りんく」

手足口病に赤ちゃんがなったら保育園にいつから登園できる?

保育士 手足口病

手足口病とは? 手足口病は夏季に流行し、7月にピークを迎えるウイルス性の感染症。 原因ウイルスは「エンテロウイルス」と「コクサッキーウイルス」で、複数の種類があるので何度もかかる可能性も。 患者のほとんどは小児で、5歳未満の小児が80%を占めますが、まれに大人にも感染します。 手足口病の特徴• 夏季に流行し、7月にピークを迎える。 何度もかかってしまうことも。 まれに大人も感染することがある。 子どもの三大夏風邪に注意! 夏になると子どもを中心に患者数が増える感染症が、「手足口病」「ヘルパンギーナ」「咽頭結膜熱(プール熱)」。 "子どもの三大夏風邪"と呼ばれたりもしますが、例年6月から8月にかけてそれぞれの流行がピークを迎えますので、特徴や注意点を確認し、事前の感染対策に備えましょう。 エンテロウイルス、コクサッキーウイルスは「ノンエンベロープウイルス」 潜伏期間は、3〜6日。 口の中の粘膜や手のひら、足の裏、足の甲などに水疱性の発疹が現れて、1〜3日間発熱することがあります。 水疱は、かさぶたにならずに治る場合が多く、1週間程度でなくなります。 また、1〜2ヶ月後に手足の爪がはがれることがありますが、大事にはいたらずすぐに新しい爪が生えてきます。 ですが、口の中にできた水疱がつぶれた後にできる口内炎(口の中にできた潰瘍)がひどく、食事や飲みものを受けつけなくなることから、「脱水症状」を起こすことも。 また、原因ウイルスの「エンテロウイルス」は無菌性髄膜炎の90%を占めるため、まれに脳炎を伴って重症化することもあるので注意が必要です。 潜伏期間は、3〜6日• 口の中・手のひら・足の裏や甲に水疱性の発疹、発熱、爪がはがれることも• 口内炎の痛みから、飲食を受けつけずに「脱水」になることも• また、回復後も口(呼吸器)から1〜2週間、便から2〜4週間にわたってウイルスが排泄されるので、おむつなどの交換後に汚染された手指を介して感染が広がります。 しっかり手洗い・消毒し、 感染をストップさせましょう!• マスクでしっかり予防しましょう。

次の

手足口病で保育園は何日休む?子供の感染期間と症状はいつまで?

保育士 手足口病

naver. そうなると、熱に気づかないことも多く保育園や幼稚園で他の人にうつしてしまう…ことになります。 大人もうつることがあり、その場合はこどもより重症化する傾向にあるのでバカにできません。 大人は熱も高くなり発疹も大きく、非常に痛みをともないとてもつらい… 基本的にはこどもがかかりやすい病気ですが、大人も気を付けないとうつってしまうので注意が必要。 あなたのお子様が手足口病にかかったら、周りにうつさない配慮が必要です。 スポンサーリンク 保育園には登園できる? インフルエンザと違い、手足口病で保育園や学校をいつまで休むべきか、法律的なきまりはなし。 熱がなく、水疱も消えれば登園・登校はしていいことになっています。 判断に迷うようなら、かかりつけ医に相談しましょう。 また、保育園・幼稚園によって対応がちがうことが多い手足口病。 先生に聞いて判断しても良いと思います。 しかし… 実は、手足口病にかかると、体からウイルスが排出されている期間は、口からは1週間から2週間ほどで、便からは3週間から5週間くらいと言われています。 つまり、 5週間程度はほかの人に感染させる恐れがあるということです。 これを踏まえると、手足口病のウイルスを周囲に広げないようにするならば、5週間ほど学校や保育園にも行かず、自宅で安静にする必要があります。 しかし、5週間もお休みする、というのは現実的ではありませんよね。 手足口病は、学校保健安全法に出席停止の決まりがないだけに、いつまで休めばよいかの判断が難しいのです。 だからこそ、かかりつけのお医者さんの指示をあおいだり、こどもの様子をみて判断するしかないのが現状です。 5週間も休めない!厚生労働省の対応は 厚生労働省は「解熱して1日以上経って、普段の食事ができる状態」になれば自宅安静を解除して良いとしています。 迷ったときは、小児科、皮膚科、内科のある病院・クリニックに相談してみてください。 手足口病にかかったら気をつけることは? 比較的軽症ですむことが多い手足口病ですが、まれに重症化することがあります。 ・髄膜炎 ・小脳失調症 ・脳炎などの中枢神経系の合併症 ・心筋炎 ・神経原性肺水腫 ・急性弛緩性麻痺… 手足口病は夏風邪の一種と言われます。 風邪と同じで重症化すると、命にかかわることも。 また、発疹は発熱後からでることが多いと言われています。 発疹がなくても、熱っぽい、機嫌が悪い、だるそう、食欲がない、水分摂取を嫌がるなど いつもとちがう様子がみられたら、受診しましょう。 口のなかに発疹(水疱)ができると食欲がおちる 食欲がない、ミルクや水分を飲みたがらない、泣く… そんな時は口の中に発疹ができていることが多いです。 口内炎ができていると、食事がしみたりしますよね。 無理して固形物を与えず、つるっと飲み込みやすい食事にしましょう。 また、少量ずつ水分をあたえ脱水にならないよう対策してくださいね。 嫌がると思いますが、水分は大事なので…。 手足口病の予防法 風邪と同様、ウイルス性の感染症なので、石鹸での手洗い・うがいが予防に効果的。 タオルの共用はやめましょう。 また、しばらくの間便からもウィルスが排出されます。 おむつ交換時やウンチを拭くときは注意が必要です。 とくに赤ちゃんが感染している場合、おむつの処理にも気を配る、終わったら毎回しっかり手洗いして予防しましょう。 お風呂やプールは禁止? 原則的には入らない方がよいでしょう。 水を介してうつる可能性もあります。 症状がでている間は、シャワーのみにしておきましょう。 さいごに…保育園で手足口病の子をみて思うこと やむを得ず手足口病でも登園している子、治りきっていない子…たくさん見てきました。 ・熱はなくてもだるそう ・機嫌が悪い。 ・口の中が痛くて食べられない。 ・発疹が痛い・かゆい・不快 等の様子が見られる子が多いです。 熱はないので、お迎えに来ていただくほどではない… 特に、年齢が小さいほど顕著。 元気そうにみえても、安静にできる日を作ると治りもご機嫌も治りやすいかな、と思います。

次の

保育園で流行する手足口病の原因と対処法

保育士 手足口病

夏になると子どもを中心に流行する感染症があります。 今回は、手足口病を紹介します。 ウイルスの種類が複数あるので、何度も発症する可能性があります。 夏に流行して、7月にピークを迎えることが多いです。 ほとんどは小児 子ども にかかりますが、大人に感染することもあります。 対処法は? 手足口病に対する特効薬はありません。 口内炎に対して鎮痛薬や粘膜保護剤の軟膏などが処方されることがあります。 のどに痛みがあることから、刺激のあるものは避けるようにしましょう。 のどごしの良い飲み物、刺激が少なく噛まずに飲み込めるような食べ物を意識しましょう。 例えば、麦茶や牛乳、ゼリーやプリン、冷ましたおじや、豆腐などが良いようです。 どんな対策があるの? 咳やくしゃみなどで感染したり、唾液や鼻水がついたおもちゃを貸し借りして感染したりします。 しっかり手洗いすること、消毒すること、マスクで予防することが大事です。 症状が改善してからも、口や呼吸器から1~2週間、便から2~4週間にわたってウイルスが排泄されます。 おむつの取り扱いにも気を付けましょう。 おむつ交換後は、流水やせっけんでの手洗いが必須です。 次回は、を紹介します。

次の