スカイチケット デビットカード。 アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードは高還元

HIS 年会費初年度無料!HISのクレジットカードSkywalker Card

スカイチケット デビットカード

東武のクレジットカードって、どんな特徴があるの?• 同じ東武カードでも2種類あるみたいだけど、何がどう違うのかわからない• 東武を使わない人でもお得なクレジットカードなの? 上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、東武のクレジットカードを作ってはいけません。 選択すべきタイプを間違うかもしれませんし、もしかするとあなたには必要のないカードの可能性もあるでしょう。 せっかく東武のクレジットカードを作るのであれば、戦力になるかハッキリしてから発行したいですよね。 そこで今回の記事では東武のクレジットカードについて、絶対に解決しておくべき疑問全てに、クレカを長年研究してきた筆者が回答していきます。 この記事を読めば、あなたが知っておくべき東武クレジットカードに関する知識はすべて網羅できますよ! 読み終えた時には、東武が発行するクレジットカードの特徴についてはっきりと理解できているでしょう。 東武グループの店で利用すれば、優遇を受けられるので東武グループをよく利用する方にはお勧めのカードです。 クレジット機能が付いた東武カードには、• 年会費有料のPASMOの機能が付加されたカード• 年会費無料の東武カード という「2つのカード」があります。 この章では年会費無料のベーシカルな東武クレジットカードの特徴を紹介していきます。 まずは東武クレジットカードのスペックをまとめましたので、ざっと目を通してみてください。 そんな東武が発行しているクレカですが、以下のような特徴をもっています。 審査は比較的厳しい部類に入る• 年会費無料• 高還元率のポイントサービス• 家族カードが発行できる• PASMO自動チャージが使える• 入会特典でポイントがもらえる• 最短で即日発行が可能• ETCカードが利用可能 特徴1. 審査は比較的厳しい部類に入る ネットでは比較的審査が優しいと言われていますが、 どちらかといえば難しい部類に入ります。 確かに申し込み条件は緩く、配偶者に収入があれば専業主婦も申請できます。 しかし4週間かけて慎重に審査が行われることもあって、主婦での審査突破は困難です。 ハッキリいって専業主婦やアルバイトの人が審査通過するのは難しいでしょう。 特徴2. 年会費無料 年会費は無料のため、初期費用を一切かけず、ポイントを積み立てしていくことができます。 利用せずに持っていても損はないので、いざという時のために作っておいてもいいかもしれません。 特徴3. 高還元率のポイントサービス 通常のショッピングのポイント還元率は0. 東武鉄道の定期券を信用決済で手に入れれば還元率0. また東武百貨店では年間のカード利用額によって、次のように還元率が変わるのも見逃せません。 東武鉄道、東武グループをよく利用する方には、とてもメリットの高いカードです。 特徴4. 家族カードが発行できる 家族カードも年会費無料で 2枚まで発行できます。 家族カードでありながら、サービス内容は本会員と同等なのはうれしい利点です。 特徴5. PASMO自動チャージが使える 別途申請手続きが必要になりますが、 PASMOの自動チャージ機能が付帯できます。 自動チャージ機能をつけると、改札を通過する時、2,000円以下になると自動的に3,000円分チャージされますよ。 チャージした分は東武クレジットカード決済になるので、チャージ分のお金もポイント加算対象になります。 自動チャージ機能は残高を確認してチャージする必要がないため、非常に便利な機能です。 特徴6. 入会特典でポイントがもらえる 東武クレジットカードは定期的に入会特典を行っており、キャンペーン中に加入すれば2,000~3,000ポイント付与されます。 さらに東武鉄道でカードを利用し、定期券を購入すれば3,000ポイント付与されますよ。 お得な時期を見計らって特典を併用すれば、一気に5,000ポイント以上も獲得できるのは強力です。 特徴7. 最短で即日発行が可能 東武のカードカウンターで、 カード当日発行申請が可能です。 審査に合格すればその場で臨時カード発行してもらえ、カードが配達される間は臨時カードで決済可能できます。 すぐにクレジットカードが必要と考えている場合に便利ですよ。 ちなみに東武のカードカウンターについては以下の通りです。 池袋カードセンター (東武百貨店池袋店 6F) 営業時間10時~20時まで• 船橋カードセンター (東武百貨店船橋店 4F) 営業時間10時~19時30分まで• 宇都宮カードセンター (東武宇都宮百貨店 5F)営業時間10時~19時まで• 東京ソラマチカードカウンター (東京ソラマチ 3F)営業時間10時~21時まで (日祝日は20時まで) 営業時間ギリギリだと発行してもらえないので、即日発行を狙うなら、なるべく早めに行くようにしてください。 特徴8. ETCカードが利用可能 ETCカードも年会費、新規発行手数料が無料発行。 1,000円の利用ごとに、0. よくETCを使う人であれば、利用すればするほどお得になるので、使いこなすことができるでしょう。 東武クレジットカードのメリット 本会員カードも家族カードもETCカードも、年会費無料で発行できます。 初期費用を全くかけずに、ポイントを受けとれるので、持っていて損はありません。 手続きは必要ですが、 PASMO自動チャージ機能を搭載されるので、東武鉄道をよく利用する方には便利です。 東武クレジットカードのデメリット 東武クレジットカードは1回払い・2回払い・ボーナス一括支払いは手数料無料ですが、その他の分割払いはできません。 分割払いしたい場合は、リボ払いしかできないのは大きなデメリットでしょう。 リボ払いにすれば、14. また東武クレジットカードは紛失・盗難保障が付帯しますが、ショッピング保険、海外旅行・国内旅行傷害保険は付帯になっていないもの問題です。 まずは東京スカイツリー東武カードPASMOのスペックから見ていただきましょう。 多機能なので東武クレジットカードといえばこちらを思い浮かべる人が多いほど、メジャーになってきました。 そんな東京スカイツリー東武カード・パスモですが、以下のような特徴をもちます。 通常の東武クレジットカードと審査難易度は変わらない• 年間1,000ポイントもらえるポイントサービス• チケットレスサービスが使える• 百貨店やスカイツリーの優待が受けられる• 定期券機能が搭載されている 特徴1. 通常の東武クレジットカードと審査難易度は変わらない 通常の東武クレジットカードの機能を付帯したうえで新たな機能を追加したクレカですが、 審査は通常の東武カードと変わりません。 機能が追加されると審査も厳しくなるカードが多いのですが・・・珍しい傾向といえます。 特徴2. 年間1,000ポイントもらえるポイントサービス 年間10万円以上カードを利用すると、年会費と同額の1,080ポイントが付与されます。 カードで毎年10万円以上の買い物をする方は、実質年会費無料でカードを維持できますよ。 公共料金と携帯電話料金の支払いも対象なので、その気になれば簡単に条件を達成できるでしょう。 毎月の固定費をカード決済に設定しておくと、特別なショッピングをしなくても簡単に10万円を超えます。 通常の東武カード付帯されていた各種サービスも利用できますので、併用すればさらに10万円分の利用に届きやすくなるでしょう。 特徴3. チケットレスサービスが使える 東京スカイツリー東武カードPASMO利用者は、 発行後に東武携帯会員に登録しておけば、チケットレスサービスを受けることができます。 チケットレスサービスは、携帯電話で東武特急券と東上線の乗車券を購入できるサービスです。 チケットレスなので、全く並ばずに乗車できますよ。 ノンストレスなので、非常に移動が捗ります。 もちろん、チケットレスサービスの支払いを東武クレジットカードで決済すれば、ポイントの積立(3%)も実行されます。 特典4. 特徴5. 定期券機能が搭載されている 東京スカイツリー東武カードPASMOは、定期券機能を付帯して使用できます。 「定期券はカードで買えるけど定期券機能はつけられない」というカードは意外と多いので、重宝される機能です。 東京スカイツリー東武カード・パスモの長所 特別な手続きなしに、PASMO自動チャージ機能が搭載されているので、 チャージし忘れていても大丈夫です。 年会費がいりますが、年間10万円以上の利用があると年会費がポイントでカバーできるのもポイント。 普通の東武カードよりも効率的にポイントを貯めれます。 よく東武鉄道を利用する人には、メリットが多いカードでしょう。 東京スカイツリー東武カード・パスモの短所 東武カードは年会費無料ですが、東京スカイツリー東武カード・パスモは年会費が1,000円です。 年間10万円以上の利用があれば、年会費と同額のポイントを受けることができますが、全員が実現可能な条件ではありません。 頻繁に利用する機会がない方は、残念ながら年会費を損した気分になるでしょう。 また東京スカイツリー東武カードPASMOは紛失・盗難保障が付帯しますが、買い物専用の保険、海外旅行・国内旅行傷害保険は付帯になっていません。 海外旅行で重要な保険が一切ついていないので、国内の買い物用の決済にしか利用用途はないでしょう。

次の

スカイスキャナー 支払い方法について

スカイチケット デビットカード

年会費無料• 基本還元率が高い• 特定店舗で高還元• スピード発行• 審査の間口が広い• 海外旅行傷害保険• 国内旅行傷害保険• 空港ラウンジ• 優待が豊富• ポイント期限なし• ETCカード• 電子マネー アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードは、その名の通り、空の旅に特化した様々なサービスが魅力のクレジットカードとなっています。 獲得したポイントを、なんと15社もの提携航空会社のマイルに交換可能で、空港や旅先で利用できるサービス・付帯保険が充実しているので、海外渡航の際には非常に頼りになるでしょう。 そんなアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードの機能や特徴について、ここからは詳しく解説していきたいと思います。 アメックス・スカイトラベラーカードは、27社の航空会社と2社の旅行商品がポイント3倍になるんだ。 しかも貯まったポイントを15社ものマイルに無期限で交換できるよ。 旅行に出かける機会が多い方におすすめのクレジットカードだね。 スカイトラベラーカードはポイントに有効期限なし!3倍ボーナスポイントでお得 まずは独自のポイントシステムである『アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードメンバーシップ・リワード』についてご説明していきましょう。 このポイントシステムでは、原則としてカードの利用ごとに100円=1ポイントの割合でポイントが付与されることになります。 ポイントの有効期限が無期限 一般的なアメリカン・エキスプレス・カードの場合、ポイントには最大3年間の有効期限が設定されています。 これを無期限にするには、年会費に年3,000円(税別)をプラスしてメンバーシップ・リワード・プラスに登録する必要があります。 ところがアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードなら、最初からポイント無期限の特典がついているのです。 期限を気にすることなく、ずっとポイントを貯め続けていくことができるので、確実に希望の使い道に必要なポイントを集めることができますね。 航空券や旅行商品のカード決済でポイントが3倍もらえる スカイ・トラベラー・カードの基本還元率は1%ですが、対象となる27社の航空会社および2社の旅行代理店で航空券や旅行商品を購入すると、ポイント3倍(還元率3%)、100円で3ポイントもたまるのです。 このボーナスポイントの対象となる航空会社は、なんと26社もあります。 以下にすべてご紹介しましょう。 ANA• 日本航空(JAL)• アシアナ航空• アリタリア-イタリア航空• エールフランス航空• エアタヒチヌイ• エティハド航空• エバー航空• エミレーツ航空• オーストリア航空• ガルーダインドネシア航空• カンタス航空• キャセイパシフィック航空• KLMオランダ航空• シンガポール航空• スイスインターナショナルエアラインズ• スカンジナビア航空• スターフライヤー• タイ国際航空• 大韓航空• チャイナエアライン• デルタ航空• Peach• フィリピン航空• フィンランド航空• ブリティッシュエアウェイズ• 旅行代理店 指定商品 日本旅行 ・対象航空会社の航空券 ・パッケージツアー ・ホテルなどの宿泊代金(前払い手配のみ) ・JR、バスのチケット アップルワールド (アメックス会員専用サイト) ホテルなどの宿泊代金(前払い手配のみ) マイルというと「飛行機」というイメージがあると思いますが、日本旅行を使えばJRの切符でもマイルがつくので、お得です。 なお、スカイ・トラベラーの3倍ボーナスポイント適用は、表示価格が日本円で、かつ、日本円で直接決済できるものに限られますので、ご注意くださいね。 3倍ボーナスは年間60,000ポイントが上限 ポイント3倍で利用できるとなれば、どんどん旅行に行きたくなってしまいますが、実は、スカイ・トラベラー3倍ボーナスポイントには上限があります。 通常ポイントと合わせて年間(1月~12月)60,000ポイントが上限となってしまうのです。 スカイ・トラベラー3倍ボーナスポイントにおける60,000ポイントは、200万円利用分です。 アメックス・スカイトラベラーカードは27社の航空会社の航空券がポイント3倍だから、飛行機に乗る機会が多い方なら航空会社発行のカードよりもマイルがとても貯まりやすいカードだよ。 3種類のボーナスポイントで入会時も毎年の継続時にもオトク アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの次なる魅力として、3つのボーナスポイントについてご紹介していきます。 ご入会ボーナスポイントが3,000ポイント 1つ目はは、ご入会ボーナスポイントです。 アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードに入会するだけで、もれなく3,000ポイントがもらえます。 ただし、当然ではありますが、初回年会費を指定の期日までに支払うことが条件となります。 年会費支払い後が確認された後に、ご入会ボーナスポイントとして3,000ポイントが加算されます。 ファーストトラベル・ボーナスポイントは5,000ポイント 2つ目のボーナスポイントは、ファーストトラベル・ボーナスポイントです。 これは、入会した後1年以内に、対象航空会社か対象旅行代理店で航空券などを購入した際に、5,000ポイントもらえるサービスです。 対象となる27社の航空会社および2社の旅行代理店は、スカイ・トラベラー3倍ボーナスポイントのところでご紹介したところと同じです。 また、日本円表示の商品を航空会社、お店やサイトから直接日本円でカード決済した場合のみ適用されるという条件も、スカイ・トラベラー3倍ボーナスポイントと同様ですね。 ファーストトラベル・ボーナスポイントは、入会後1年を経過してしまうと権利がなくなってしまいます。 ぜひ、入会したら1年以内に旅に出かけましょう。 ご継続ボーナスポイントが毎年1,000ポイントもらえる ボーナスポイントは、入会時と入会後1年以内だけではありません。 継続するたびに毎年1,000ポイントもらえる、「ご継続ボーナスポイント」もあるんです。 こちらも、年会費を期日までに支払った場合のみ、支払確認後に加算されます。 ボーナスポイント・パートナーズのお店ならよりお得にたまる ボーナスポイント・パートナーズとなっているショップでカードを利用して支払いをすると、通常の2倍~最大10倍ものポイントを獲得することができます。 ファッション、食料品、雑貨などのショップから、名だたるレストランや各地のリゾートホテルまで、幅広いジャンルが取り揃えられています。 対象店舗の一部を少し紹介しておきますね。 ボーナスポイントパートナーズショップ店など、効率よくマイルが貯められるサービスを是非活用してみてね。 ポイントの使い道!アライアンスを超えた15社のマイルへの移行ができる アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードでのポイントのため方をご説明してきましたが、ここからはその使い道についてお話します。 いろんな使い方がありますが、このカードにしかないオススメはアライアンスを超えたマイル移行です。 アライアンスとは? アライアンスとは、「提携」とか「同盟」という意味です。 航空会社に関していえば3つのアライアンスがあり、世界中の多くの航空会社が以下の3つアライアンスのうちのどれかに所属しています。 Star Alliance(スターアライアンス)• oneworld(ワンワールド)• SKYTEAM(スカイチーム) 航空会社ごとにマイレージプログラムを持っていますが、一般的に、ひとつのマイレージプログラムには同一アライアンス内の航空会社を利用した場合のみマイルがたまり、さらに、ためたマイルは、その航空会社か同一アライアンス内のマイルにしか移行できません。 例えば、ANAはスターアライアンスに属していますし、JALはワンワールドに加盟しているので、ANAとJALのマイルを交換することはできません。 行き先やタイミングによっては、せっかく飛行機に乗っても、自分がためているマイレージプログラムにはマイルをためることができないということもあるわけですね。 しかし、そのような残念さを解消できるのが、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードなのです。 どのアライアンスにもマイル移行できる提携航空会社がある アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードでためたポイントは、以下の15の航空会社のマイルに移行することができます。 これだけでは凄さがよく分からないという方のために、上記15社をアライアンス別にまとめてみましょう。 ただし、JALとは提携していませんので、JALのマイルに移行することはできません。 また、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードでためたポイントをマイルに交換するには、事前に移行したいマイレージプログラムに登録する必要がありますので、ご注意ください。 移行レートはお得な1,000ポイント=1,000マイル ポイントからマイルへの移行レートは、1,000ポイント=1,000マイルで、とてもお得なレートとなっています。 その他のアメリカン・エキスプレスのカードでもマイルへの移行はできるのですが、以下のようなレートです。 いろんな航空会社を利用したいならば、断然アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードがお得です。 ANAのみ別途費用がかかるので注意 15の提携航空会社のうち、ANAへのポイント移行を希望する方は、以下の点に要注意です。 移行できる上限は年間(1月~12月)80,000マイル (メンバーシップリワードプラスに登録済みの場合は40,000マイル) マイル移行以外の使い道も充実!用途によって換算レートが異なるので注意 アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードで貯めたポイントは、カード利用時の支払いに充当するという使い方も可能です。 この支払い充当システムは、『ポイントフリーダム』と呼ばれています。 このポイントを支払いに利用するという使い方をする場合、支払いの用途によってポイントから円への換算レートが異なるので、その点は注意が必要です。 具体的には、以下のように用途ごとの換算レートが設定されています。 用途 換算レート 旅行代金(対象航空会社27社または対象旅行代理店2店での利用) 1ポイント=1円 宿泊施設や対象外の旅行代理店での利用 1ポイント=0. 8円 上記以外のショッピング利用 1ポイント=0. 3円 そーだね。 せっかく飛行機に乗っても自分が貯めてるマイレージプログラムじゃなかった…なんてこともないしね。 旅を快適にするアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードの付帯サービス内容 先にも触れたように、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードは旅行やビジネスで主に空路を利用する人に向けたカードです。 なので、快適に空の旅をするためのサービスも充実しています。 国内外29空港のラウンジが同伴者1名も無料 飛行機に搭乗する前に空港でどう過ごすかも、旅の満足度を左右する要素です。 アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード会員なら、国内28空港・海外1空港の空港ラウンジを無料で利用することができます。 しかも、カード1枚につき1人まで同伴者として利用することが可能です。 基本カードを1枚、家族カードを1枚お持ちの4人家族なら、全員で空港ラウンジにてゆったり過ごせるというわけですね。 利用できる空港は以下の通りです。 地域 空港名 国内 ・新千歳空港 ・函館空港 ・青森空港 ・秋田空港 ・仙台国際空港 ・羽田空港 ・成田国際空港 ・新潟空港 ・富山空港 ・中部国際空港 ・小松空港 ・大阪国際空港(伊丹空港) ・関西国際空港 ・神戸空港 ・岡山空港 ・広島空港 ・米子空港 ・山口宇部空港 ・高松空港 ・松山空港 ・徳島空港 ・北九州空港 ・福岡空港 ・長崎空港 ・大分空港 ・熊本空港 ・鹿児島空港 ・那覇空港 海外 ・ハワイ ダニエル・K・イノウエ国際空港 (旧・ホノルル国際空港) 手荷物の無料宅配サービスも利用できる 旅の帰路はお土産などで荷物が大きくなりがちですよね。 そんな重い荷物やスーツケースを持って移動するのはなかなか大変なことです。 でも、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード会員なら、帰宅時に、空港から自宅までスーツケースまたはゴルフバッグ1個を無料で宅配してくれるサービスがついているんです。 ただし、このサービスが利用できる空港は、この3つです。 成田空港• 中部国際空港• 関西国際空港 また、宅配サービスの適用になるお荷物は、「縦・横・高さの合計が160cm以内で重量が30キロ以内まで」という条件があります。 でも、この大きさを超えてしまうお荷物でも、優遇サービスが受けられます。 縦・横・高さの合計が160cm~240cmまでで、重量が30~50kgまでの自転車やサーフボード、ダンボール等は、JALエービーシーの公示価格より1,000円割引で宅配してもらえます。 この割引の対象となっている空港は以下の通りです。 成田国際空港• 中部国際空港 空港パーキング優待 空港パーキング優待で、空港へのアクセス良好な駐車スペース確保できます。 優待特典で最大40%OFFの会員専用割引価格で利用頂ける魅力のサービスですね。 対象空港は、成田国際空港、羽田空港、関西国際空港、福岡空港です。 いずれも、空港での不便を解消する活用度の高いサービスばかりです。 対象パーキングへ、出発の2日前までに予約が必要ですので、お忘れなく!ぜひこうしたサービスを駆使して、空の玄関口である空港をより快適に利用しましょう。 旅先でもサポート!24時間日本語対応のグローバル・ホットライン 言葉や文化の全く異なる海外では、時には、どう対応してよいかわからない事態が起こることもあり得ますよね。 そんな時に頼りになるサービスが、アメックスカード会員専用の電話サービス『グローバル・ホットライン』です。 このサービスは24時間利用可能で、なおかつすべて日本語対応となっており、海外旅行時の困りごとやトラブルを幅広くサポートしてくれます。 例えばレストランの予約といったちょっとした旅の手助けから、医療機関の紹介など緊急時の相談まで、様々な場面で利用できるのです。 『グローバル・ホットライン』は世界中のほとんどの国々に対応しています。 いざという時の頼みの綱として、海外旅行時には必ず渡航先の『グローバル・ホットライン』の電話番号を控えておくようにしましょう。 アメックス・スカイトラベラーカードなら同伴者1名も無料で空港ラウンジが利用できるから、家族カードを1枚発行すれば家族4人でラウンジを利用できるね。 トラブル発生時も安心!アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカード4つの付帯保険 アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードは、付帯保険も充実しています。 上記の5つの保険・補償が、すべてベースのサービスとして付帯してくるので、万が一、旅先などでトラブルが発生した際には非常に頼りになります。 それぞれの保険の詳細について、以下に解説していきましょう。 配偶者・家族まで補償!内容充実の旅行傷害保険 アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードの旅行傷害保険は、海外・国内両方に適用されます。 しかも、カード(家族カード含む)会員本人だけでなく、その配偶者や生計を共にする子ども、両親なども保険の適用対象になります。 アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカード1枚で、自分でクレジットカードをつくることができない小さなお子様を含めて家族みんなの補償がカバーできると言うのは、かなり心強いですよね。 ただしこの旅行傷害保険に関しては、海外旅行と国内旅行それぞれに異なる適用条件があるので注意してください。 まず、海外旅行の場合は、以下の2つの条件を満たす必要があります。 旅行前に、国際航空機または国際船舶のチケットやパッケージツアー料金をカードで支払う• 日本出国の前日から翌日までの90日間以内 一方、国内旅行の場合は以下の3つのうちいずれかの支払い条件を満たしたうえで、それぞれに該当する状況でのみ保険が適用されることになります。 カードで公共の乗り物のチケットを購入する(該当の乗り物に搭乗中の事故)• 事前にカードで宿泊料金を支払う旨を伝える(該当宿泊施設での火災・爆発事故)• カードでパッケージツアーの代金を支払う(該当パッケージツアー参加中の事故) これを踏まえたうえで、詳しい補償内容を確認してみましょう。 内容 補償額(カード会員本人) 補償額(家族) 海外旅行:傷害死亡・後遺障害 最高3,000万円 最高1,000万円 海外旅行:傷害治療費用 最高100万円 最高100万円 海外旅行:疾病治療費用 最高100万円 最高100万円 海外旅行:賠償責任 最高3,000万円 最高3,000万円 海外旅行:携行品損害(自己負担額3,000円) 1旅行中最高30万円(年間限度額100万円) 1旅行中最高30万円(年間限度額100万円) 海外旅行:救援者費用 保険期間中最高200万円 保険期間中最高200万円 国内旅行:傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円 最高1,000万円 見ていただくとわかるとおり、補償内容は非常に充実しており、別途旅行保険に入る必要は全くありません。 また、家族の補償に関しても、ほぼカード会員と遜色ない設定になっています。 飛行機の遅れによる損害を幅広くカバー!航空便遅延費用補償 海外旅行の際、飛行機の遅れによって余分に宿泊費などがかかってしまうことは往々にして起こり得ますよね。 そんな時に、その余分な出費を補償してくれるのが、航空便遅延費用補償です。 航空便遅延費用補償によって補償される費用は、主に以下の4つです。 補償内容 適用条件 補償額 乗継遅延費用 航空便の遅延によって予定通りの乗り継ぎができず、なおかつ乗り継ぎ予定地到着から4時間以内に代替え便に搭乗することができない場合 最高20,000円(宿泊費、食事代) 出航遅延、欠航、搭乗不能費用 4時間以上の出航遅延や欠航などで搭乗することができず、なおかつ出航予定時刻から4時間以内に代替え便に搭乗することができない場合 最高20,000円(食事代) 受託手荷物遅延 航空便の目的地到着から6時間以内に航空会社の受託手荷物が目的地に運搬されず、目的地にて衣類、生活必需品等を購入した場合 最高20,000円(衣類・生活必需品費) 受託手荷物紛失 航空便の目的地到着から48時間以内に受託手荷物が目的地に運搬されず、紛失とみなされた場合 最高40,000円(到着後96時間以内に購入の衣類・生活必需品費) 自分自身の到着の遅れはもちろんのこと、手荷物の遅れや紛失まで、航空便の遅延などのトラブルによる損害を幅広くカバーしてくれる内容となっています。 海外・国内問わず対応!ショッピング・プロテクション アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードには、購入品の破損や盗難による損害を補償してくれるショッピング・プロテクションも付帯しています。 海外・国内問わず、購入日から90日以内の商品であれば基本的に対象となります。 補償額は年間最高200万円までとなっているので、たいていの損害はカバーできるでしょう。 ただし、1事故につき1万円とやや高額な免責金額が発生するので、その点は注意が必要です。 ネット不正使用を全額補償!オンライン・プロテクション クレジットカードを利用して、インターネットショッピングを楽しむ方も多いと思います。 そこで気になるのが、万が一情報流出などによってカード番号が外部に漏れ、不正利用されてしまったら…ということですよね。 その点、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードなら、インターネット上での不正利用による損害を全額補償してくれるオンライン・プロテクションが付帯しているので、万が一の時にも損失を被ることにはなりません。 また、不正使用を早期発見するための不正使用検知システムが導入されており、損害自体を最小限に抑えられるようになっています。 こうした安心感の高さも、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードの魅力の1つといえるでしょう。 優待特典で旅をさらにお得に!アメリカン・エキスプレス・コネクト アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードならではの様々なトラベルサービスと合わせて、ぜひチェックしておいてほしいのが、アメックスの特典である『アメリカン・エキスプレス・コネクト』です。 アメリカン・エキスプレス・コネクトとはアメックスカード会員専用の優待プログラム。 世界中の厳選したレストランを20%OFFで利用できたり、世界各国のホテルなどを優待価格で利用できる「LIVE THE WORLD」など、海外旅行をお得に楽しめる特典が満載です。 海外旅行をお得に楽しめるLIVE THE WORLD アメリカン・エキスプレス・コネクトの中には世界のホテルや店舗を優待価格で利用できるLIVE THE WORLDのサービスが利用頂けます。 ここではそのサービスの一部を抜粋してご紹介しておきますね。 エクスペディアでゴルフもお得 「ゴルフスケープ」は、ゴルフ好きのためのサービス。 世界50カ国のゴルフ場を検索し、素早く予約。 提携しているゴルフ場は、世界中にあり、100カ所以上の有名コースが揃っています。 旅行の手配は優待特典ありの5つの旅行サイトで アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードの会員になると、全部で5つの旅行サイトを通常よりもお得に利用することができます。 まず1つは、アメックスのカード会員専用旅行予約サイト『アメリカン・エキスプレス・トラベル』です。 このサイトでは優待価格をはじめとした様々な特典が適用され、リーズナブルにホテルやレンタカーを予約することができます。 さらに支払い時にはポイントが通常の2倍貯まるので、ポイントを効率よく貯められるという点でもおすすめです。 また、支払いの際にポイントを利用するということも可能となっています。 サイト名 優待 一休. com カード会員限定特典付きプラン 日本旅行 厳選プラン『特選の宿』5%オフ Expedia 海外のホテル8%オフ他、カード会員優待料金 アップルワールド. com 世界約10万件のホテルが最安値から5%オフ 旅行の手配のために予約サイトをチェックする際には、まずこの5つから見てみるようにするとよいでしょう。 アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの基本情報 では最後に、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの基本的な情報をまとめてご紹介しておきます。

次の

『チケット支払い時のカード名義が、搭乗者と違っても問題ないでしょうか』ちゃくらさんの通貨・両替・クレジットカードに関する質問・掲示板【フォートラベル】

スカイチケット デビットカード

三菱UFJ-JCBデビットの基本情報 主なカードスペック カード名 三菱UFJ-JCBデビット 年会費 無料 家族カード なし ETCカード なし 国際ブランド JCB ポイント還元率 0. 月の合計額の中から1,000円=1ポイント還元。 そのポイントを何に交換・移行するかによって差はありますが、例えば、JCBプレモカードやnanacoへ移行した場合、1ポイント=5円相当ですので、ポイント還元率は0. 5%になります。 その上、Oki Doki ランドというサイトを経由して、通販サイトでお買い物をすると、ボーナスポイントが獲得できます。 ですので、は、使い方によってはさらにポイント還元率は高まるということですね。 デビットカードはご自身の銀行口座に入っているお金で即時決済される仕組みですので、特に不正利用が心配だと思います。 ただ、上の表の通りの不正利用補償サービスは充実していますので、安心感のあるカードと言って良いでしょう。 年齢・条件・審査について補足 対象年齢は中学生を除く15歳以上の方ですので、高校生もOKです。 その他の条件は、三菱UFJ銀行の口座を利用中、または、申し込み時に三菱UFJ銀行の口座を開設するということくらいです。 三菱UFJ-JCBデビットを利用する時、三菱UFJ銀行の口座から決済されるためですね。 また、クレジットカードのような審査はありません。 ですので、何らかの事情でクレジットカードが作れない方にも適していますね。 年会費は無料ですし、ポイント還元率はクレジットカード並みですし、不正利用補償サービスもしっかりしています。 ですので、は、デビットカードのカードスペックとしては多くの方が満足できる内容だと思います。 チケットJCB利用時のデメリット プレミアムカード特典は対象外 三菱UFJ-JCBデビットは、ゴールドカードやプラチナカードがありません。 ですので、チケットJCBの「JCBプレミアムカード会員特典」の申し込みを考えてる方にとっては、デメリットになるかなと思います。 ただし、「JCBプレミアムカード会員特典」以外のチケット申し込みはすべてOK。 実際に私も、をチケットJCBの支払い用カードに登録をして、宝塚歌劇やジャニーズタレント出演舞台のチケットを取ったことがあります。 まとめ:こんな方におすすめです! 下記のような方は、チケットJCBの対象カードとして、三菱UFJ-JCBデビットを作ることをおすすめします。 ・高校生 ・クレカを禁止されている大学生など ・審査の問題でクレカが作れない ・これ以上クレカを増やしたくない ・そもそもクレカが嫌いで作りたくない 上記のいずれかに当てはまる方で、カード会社さんのチケットサービスを利用したい方は、三菱UFJ-JCBデビットを作って、チケットJCBを利用されることをおすすめします。 その他のカードスペックや、お得な入会キャンペーン情報は、公式サイト内をチェックしてみてください。 公式: 以上、『【年会費無料】チケットJCBで使えるおすすめのデビットカードとは?』という記事でした。 クレジットカードが作れる方に関しては、の中からご自身に合う1枚を選んでみてください。

次の