お シッコ したい の に 出 ない。 症状別で病気を知る

尿が残っている感じがある ~残尿感~

お シッコ したい の に 出 ない

「悩み苦しみからの完全脱出、解決を第一に取り組んでいます」 初めましてカウンセラー&ライフセラピストの松下と申します。 本当に死を決意して、いよいよその行動をとるとき私は恐怖感で体、そして手足の震えが止まらず 心臓の音がガンガンと頭に響きました、そしてその後ただ涙がこぼれ意識が「すーと消えていく」感じでした。 たいていの人は、その体、手足の震え、心臓の音が響く時の恐怖感で、自殺を辞めてしまうようです。 私はカウンセリンラーになる前の貴方様と同じ年頃、自殺未遂を経験しました。 本当に苦しい時期が長く続き、生きる事さえ諦めてしまうような気持ちにも何回もなりました。 どうして自分は運が悪いのだろう、どうしてあんな事も分からず信じてしまったのだろう どうしてあんな家庭で育ったのだろう、どうして… どうして・・・ 自分の事が分からず、本当に悩みました。 貴方様の現在のお悩みの状況をつぶさに読ましていただきました。 貴方が悩んでいるという事は、心の奥底で何とかしたいという前向きな思考であり、何とかしたいと思わない人は悩みません。 悩んでいるという事は、心では何とかまともになりたいのだと納得することにしました。 貴方の心の奥の叫び 「どうすれば前向きになれて死にたいと思わずに楽しく生きていけるのでしょうか」に真正面から取り組み 現在の悩みや苦しみを根本的に解決させましょう。 その為には 「何故こんな自分なんだろう」「どうして、いつからこんな自分なったのか」 「何が原因でまともに生きようと考えられないのだろう」 その原因をしっかり知って頂きたいと思います。 原因を知らないでもし、死んだりしたら、あの世か、生まれ変わった先の世界か? どこかで苦しみ後悔し続けるかもしれません。 僕が自殺未遂を起こしたとき、気がついたら、病院で睡眠薬の処理をする為 入院していました。 僕が何かあると自分はダメだ、本当は何も成し遂げられないんだと、再び自己否定の感情が 強まった状態のある日、何年も連絡を取っていなかった、中学時代からの友人に電話をして自殺未遂ので入院いていることを話したら、彼からカウンセリングを受けることを強くすすめられました。 もともと自分の事を人に相談することが嫌いだったのですが、その時は「死ぬ前に1度だけ相談してみようか」と思い立って、紹介された、カウンセラーの方に連絡をしたらわざわざ病院まで来てくださいました。 そのカウンセラーの方も過去に自殺未遂の経験が有り、これまで僕が自殺未遂を起こしたことや、現在の気持ちを話したところ、そんな僕の「カウンセリングを引き受けましょう」と言ってくださったとき、なんだか、感極まって、一緒に涙を流して僕の症状の辛さを共有してくださいました。 僕は、カウンセラーの方の、その時の私の症状や自殺未遂の原因の徹底した探求に基ずく症状の改善、解決のやり方に本当に感動しました。 僕がその方のサポートで立ち直り、元気になった時、その方から「これほど苦しんできた経験を活かしてみないか、もし良かったら心理カウンセラーになるための勉強をしてみたら」と言われ、そのことが私が 心理カウンセラーを目指すきっかかけでした。 お陰様でカウンセラーになってから、これまで多くの方々の人生の再出発の成功のお手伝いが出来 るようになり、心からそのカウンセラーの方に心から感謝しています。 結論から申しあげて、あなた様の悩みは必ず、解決できます。 従って貴方様にとって「かけがえのない大切な人生」を守るためにも、ある意味、 決断をされる時期だと思います。 現状から脱出するためには大きく5つの方法があります。 貴方様に5つの方法を身に付けていただく為の カウンセリングを引き受けすることになった場合の、その流れと手順をご説明します。 一つ目はまず貴方の心に眠る、自分が本当に求める「天命,天職」といえるような自分の思考の基本となる、 自分の価値観と「生きる方向性を」しっかりつかみとるという事です。 「どんな生き方をすれば心が晴れるのか、」「どのような生き方や仕事の分野が 自分に合っているのか」自己認知するという事です。 そのやり方は全てカウンセラーが貴方の自己診断をもとに明確にいたします。 狭い範囲から選択しては、貴方様が心の底から望まれる生き方や働く分野で満足できるものは見つかりません。 二種類の自己診断方式で「ご自分が本当に求める生き方や貴方に合った 働く分野・職場の雰囲気や業種、職種がはっきり浮かび上がってきます。 貴方様の思考の方向がはっきりした段階でまず自分の人生の中心となる「生き方の方向性」が明確になります。 明確になったら、その思考性に合致した会社を探します。 この心理療法でこれまで多くの皆さんがご自分の仕事の分野、職業。 職種、会社の選択に成功しそれに基ずいた国内外を問わず目指す道にまい進していかれ、成果を収めていらっしゃいます。 正社員だけでなくパートでも、契約社員でも同じです。 必ず上記の方法で貴方の進むべき道が必ず見つかります。 この段階で貴方様が就活される決心がついた場合、私たちがご一緒に貴方様にふさわしい 就職先探しのお手伝いをいたします。 安心してください。 これまでほぼ100%成功しています。 貴方の本当の自分に合った就職先が決まるまでの間、 心を少したくましくしていただく為に「貴方様が相手の言葉や行動で起きる、悩み苦しみをストレスと感じてしまいやすい原因である、 1、貴方様の生れつきの気質、(貴方様がお父様やお母様そしてそれ以前のご先祖様から引き継いでおられる気質)については、基本気質が6種類さらにその基本気質を重複して持っておられる方を分析しますとさらに63種類の気質が存在します。 その気質野の中に悩んでしまいやすい気質の要素を把握します 貴方様が悩んでしまう、気質のほとんどは貴方様が生まれるときに背負ってこられた遺伝子やDNAなど貴方の祖先の方々から受け継いだものです。 貴方の脳に存在する様々の伝達物質(アドレナリンやセロトニンなど)の作用からくる「思考の癖」を祖先から引き継いでいる事がとても大きく影響しています。 2、その他に貴方様が誕生してから,育った環境で育まれた性格 (基本的な性格分類が13種類細分化しますとさらに45種類にわたります)、 について、ストレスを感じてしまう原因となっている、性格要素を把握、分析します。 対人依存性や自己否定性、自己抑制性その他10種類にわたる、貴方の性格はほとんど生まれて からの環境で貴方自身の性格として培われてしまいます。 3、さらに日常的に起きる様々のストレスや課題を解決する為に必要な、貴方様の現在の力を、 貴方様の自己診断(チエックシート)の結果で分析します。 以上の方法でほとんど100%近く貴方様が悩んでおられるすべての現象が起きる、 「本当の原因」を掴むことができます。 その時ほとんどの方が「そうだったんですね!」 「本当に私が悩む癖は、ここから来ていたんですねー」と感動し納得されます。 原因がつかめたら貴方様と一緒にマイナスの原因をプラスにするための行動計画や 日常のストレスへの対処方法など極めて具体的なプランを数案作成し最も貴方が「これだったらできそう、 やってみたい」と思われた案を3案から5案、選択していただきにそのやり方を明日からでもできるように、 分かりやすくカウンセラーがご指導させていただきます。 日常生活で取り入れていただくやり方だけでも、驚くほど貴方様のこころの症状が軽くなります。 悩みや苦しみを抱えて相談に来られた、ほとんどの方が、その効果を2~3週間で実感され 心の変化、体調の回復も含め、喜びそして感動の「おかげさまで希望が湧いてきました!」 「自分が変わっていく実感がつかめます!」と明るくなられたご様子のご連絡をいただいています。 以上のような課程を経て今回の問題をクリアーされましたら、これから新たなストレスが発生しても ご自分で改善解決(セルフカウンセリング)できるようになります。 当相談ルームでは直接又は電話(スカイプ)にてカウンセリング、ご相談をお受けしますので、 お気軽にお問い合わせください。 私たち相談ルーム「あおぞら」のモットーです 1、ご相談案件について、きわめて具体的な改善、解決の道筋を明確にご提案し 示すことが出来る創造力のある専門家です 2、人生上で調子か良かった時期も、どん底の時期も両方、実際体験してきた 人生経験の豊富な専門家が揃っています 3、どんな困難な相談案件でも逃げない、必ず解決の糸口はあると信じ、前向きに 考え、取り組む専門家です 4、相談者と共に良い結果が出る最後まで頑張る専門家です 5、「こうなりたい」「こう解決したい」と、ご相談者のご希望、ご期待を中心に添えて 解決案を探求、明示する、情熱的で冷静な専門家、そんな専門家に相談の依頼 をしてください。 6、しかし人は良い解決方法だとと分かっていても、出来ない、続かないということも あります。 そんな場合、私たちの相談ルームではあなた様が「本当の貴方に変われる」た めに必要な事が自然に出来る為のスカイプを使った通話料無料の教室も開いています。 あなたは必ず「本当の自分のまま、生きる事の意味や心穏やかな幸せ感を実感できる生き方」を 手に入れる事ができます。 当相談ルームのカウンセラーはこの問題について貴方様に的確なアドバイスとその後のサポートができると確信しています。 安心してご相談してください。 必ず貴方様のご期待にお答えできると信じます。 少し難しそうに感じましたか? 私たちの相談ルームでは最初相談に来られた方がどんなに辛そうな、悲しそうな、 あるいは心配そうな表情でお越しになっても、カウンセリングが終わってお帰りになる時、 「100%の方が」驚くほど笑顔で希望に満ちた表情に変わられ、足取りも軽くお帰りになられます。 (電話でのご相談でも同じです。 ) とても有意義で心が幸せに楽しくなる、相談ルームです。 ご心配はいりません。 安心してご連絡ください。 現在みなさまへの「感謝のキャンペーン」中でカウンセリング料も特別割引料金 でお手軽な料金になっています。 ai-aozora. カウンセリングルーム エンジェルの湯田です。 やる気がでずに、自分が情けなく思ってしまう という辛さに耐えながら、毎日を過ごしているのですね。 決して、甘えとか怠けではないと思いますよ。 あなたは今置かれている状況のなかで精一杯考えて、行動しようとしているのですから。 人は一人では生きる力、やる気がなかなか湧いてこないものです。 人との繋がりのなかで喜びや幸せを感じることで、自然とやる気も湧いてくると思います。 今、前向きになりたい 思い取り組もうとされているのでしたら、なれる時なのです。 今のあなたは長い時間をかけての結果ですから、変わっていくにも多少の時間はかかると思いますが、あきらめずに取り組んでいって下さいね。 まずは、カウンセリングなどにより話しを聞いて頂きながらご自身を客観的に見つめることで、あなた自身が自らの力で、本来の自分を取り戻すための何らかの気づきを得ることが出来るかもしれませんね。 働かなきゃと思ってはいても、なかなか行動に移せなく、自殺してしまいたくなる気持ちは、過去の私も同じでしたので、匿名さんの辛いお気持ちもわかるような気がしております。 自分の性格のせいなのか?などを考えては自分を責めてしまい、情けない気持ちなどから自分の存在を全否定してしまいますよね…。 ご質問の「どうすれば前向きになれて死にたいとか思わずに楽しく生きていけるのか?」 という事ですが、考え方の転換によって可能になります。 それには、匿名さんの悩みや不安となる「根本的な原因部分」からストレスの軽減・回復・解決を行っていかなければなりません。 これを行わない事には、ただ「考え方をこうすればいいですよ?」とお伝えしても、そのような考え方になれなかったり、頭では理解できていても本当の意味での理解がないので身体は動いてはくれません。 それらは薬物治療では意味がありませんし、匿名さんの状態や環境・性格や考え方を踏まえてではないと、勝手な病名がつけられ、パターン通りに当てはめられた通りの相談サイトや心療内科での回答では、良くなるものも良くなりません。 私も過去に体験したのでお伝えできる事ですが、精神薬などでの薬物治療に関しては、多くの良識のあるお医者様も仰られているように、一時の辛さから逃れる意味では良いのですが、常習性が高く、日本の精神科や心療内科の9割以上はこの薬物治療での治療方法となりますので、私はお勧めできません。 身体の怪我や病気は内科や外科などで症状を回復させる事はできますが、精神的な問題は、悩みや不安の原因となる「根本的部分」からのストレスの軽減・回復・解決を行わなければ意味がありません。 TKカウンセリングでは、ご相談者様の声や性格・状態や環境などをお聞きしながら、悩みや不安の原因となる「根本的部分」からのストレスの軽減・回復・解決に向けて、ご相談者様にとって良い方向にむかえるようご提案をいたします。 TKカウンセリングの男女カウンセラーは、知識やデータだけではなく、自身の経験も踏まえたご提案をいたしており、「悩みや不安に対応していく力」がつきますので、長年の通院や投薬をする事もないので、体力的にも精神的にも経済的にも安心です。 もしよろしければ、HPなどで理念などの情報を掲載しておりますので、ご閲覧頂き、どうぞお気軽にご利用ください。 匿名さんにとって良い方向に向かえるよう願っております。

次の

排尿トラブル...前立腺肥大症のチェックを

お シッコ したい の に 出 ない

量が少ないのも変だけど、いつもは散歩から帰ってすぐにはシッコをしないのでおかしいなと思ったのですが。 すぐ近くにトイレトレーがあるのに、なんでトイレでしないのと叱られたりーちゃん。 そして、水溜りに左足を突っ込んだワタシ。 ほんの数秒の間にまたしてもシッコをしてしまったのです。 しゃがんでいる時間は長いのに、量はチョビッとだけ。 どうやらシッコしたいのに、出ない~という感じです。 これはおかしい。 もしかして膀胱炎かなにかかしら。 病院に連れて行きたかったのですが、時刻は21時15分。 今日は木曜日なので21時までやっていたけど、過ぎちゃってるし。 う~~む、どうしよう。 明日は超忙しくて、確実に残業になるから・・・ とりあえず様子を見てみようと思います。 ボーダーコリーランキングに参加しています。

次の

排尿トラブル...前立腺肥大症のチェックを

お シッコ したい の に 出 ない

(会場) 監督 脚本 製作 メーガン・オハラ 製作総指揮 出演者 撮影 クリストフ・ヴィット 編集 クリストファー・スウォード ダン・スウィエトリク ジェフリー・リッチマン 配給 公開 5月19日(プレミア) 2007年6月22日 2007年8月25日 上映時間 113分 製作国 言語 『 シッコ SiCKO』は、のをテーマとした調の。 はを扱った作品で物議を醸す。 「シッコ sicko 」とは、「狂人」「変人」などを意味するであり、「病気の」「病気にかかる」という意味の単語「シック sick 」と掛けている。 作品では、マイケル・ムーアがアメリカの医療制度の問題をWEBサイトで募り、実際に寄せられた話をもとに調のドキュメンタリー展開される。 作品中のマイケル・ムーアのスタンスは、よその国では当たり前のことが、「なぜアメリカができないのか」である。 アメリカでは6月に公開、キューバでは「医療制度の描写が事実と異なる」為に政権により上映が禁止されたと報じられたが 、後に訂正されている(後述)。 では「 テロより怖い、医療問題」というで同年より公開された。 あらすじ [ ] 未加入者が約5,000万人に達するアメリカ。 保険会社は加入者に対しても、あらゆる手段を講じて保険金の支払拒否をおこない、利益を上げる営利主義一辺倒のや。 それに癒着、取り込まれた政治家という構造を暴く。 かつてはの議員がとしての立場(当時)からの整備を求めたが、議会の反対により頓挫したという歴史がある。 さらに、医療制度に対して、、、、などの医療制度と対比させ、保険会社に関係する女性医師からショッキングな告発があるなど、これまで公然と触れられることの少なかった米国医療の暗部を赤裸々に描き出している。 また、本編とは別に、発売された映画DVDの特別編ではでの取材の模様も収録されている。 この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2016年11月)• は制度がない唯一のである。 民間の医療保険に入れない人がおよそ5000万人いる。 でなくても、過去のわずかな疾患を緻密に探査され保険への加入を拒否されたり、保険金の支払いを拒否される人は多い。 大多数の米国人はこの映画の中で、国民皆保険制度はソビエト型のようなであるとしてアレルギーと恐怖を感じ、いざというときの状況に対する危機意識が低く、政治については無関心あるいは条件反射的な反応しかせず、相互扶助や弱者を助けようとする精神にも乏しいとされている(これはマイケル・ムーアの一貫したスタンスでもあり、や、(出演作品)においても共通している)。 この事は、国民皆保険制度があり、や、などの国民の意識と対比され、危機意識については、ちょっとの旅行にも保険をかけていくカナダ在住のマイケル・ムーアの親戚の事例も対比として示される。 医療費が払えず病院にかかれないので、自分で傷口を縫う人。 仕事中に誤って指を二本切断。 指をくっつける手術費用が薬指は12,000、中指なら60,000と言われ、中指は諦めざるを得なかった人。 医療費があまりに高額で家を売りに出し、こどもたちの家に世話になり静かな諍いが起こる老婦人。 高齢であってもなお、自分の医療費を払うために働かざるを得ない老人。 交通事故により病院に運ばれ一命を取り留め、保険会社に保険金を支払ってもらおうと連絡したら、当時は意識不明の重態であったにもかかわらず「救急車が使用される場合には、事前に連絡が無ければ保険は適用されない」と言われた人(ちなみにアメリカでは、を派遣させるだけでも日本円にして数万円単位の請求が来る。 救急隊は日本のような所属ではなく、独立した機関)。 複数の医師からなる病院の医療チームが「この検査と手術が必要」と言っているにもかかわらず、保険会社はそんな検査や手術は必要ないとして保険金の支払いを拒否し、結果として治療を受けられずに亡くなった人。 上記の例のように医師が必要と判断している治療への保険金の支払いを拒否していた保険会社に、「マイケル・ムーアが映画のために、このことについて社長へのインタビューを要求している」という嘘の手紙を、マイケル・ムーア本人には知らせずに出して、即座に保険金の支払いが認められた人。 保険金の支払いを(相手の命に関わる場合であっても)徹底的に減らそうとする保険会社のエージェント。 向けの医療保険制度(medicaid)やによる治療において、治療費用が安く済めばボーナスをもらえるので、患者が検査を受けないかもしれないことを見計らって、わざと遠方の病院を検査のために指定する医師。 医療費の支出を抑えるため、命に関わる場合であっても十分な検査治療を認めないことに同意し、それによって多額の献金を得て昇進した医師の、議会における証言。 複数骨折をしているのに入院治療費が払えずに病院を強制的に追い出され、車で貧民街まで運ばれて路上に放り捨てられる女性の患者。 議会における医療・保険業界との癒着や寄付金の実態。 がすすめていた国民皆保険制度が頓挫したのは医療・保険業界の献金を受けたの反対によるという疑惑。 大統領の、医療保険に関する会話の盗聴テープ。 ニクソン大統領の「健康保険制度になど興味は無い」という主旨の発言に対して、「民間の保険会社だからお金になる」と述べる側近。 それに「悪くない」と応じるニクソン大統領。 のとき、瓦礫(がれき)の山を取り除く救援作業にボランティアとして参加したが、その影響で肺を悪くし、多額の医療費がかかるようになってしまった人。 米政府はそういうボランティアには治療費を全額出すと明言しているが、それを示す証拠や条件が厳しすぎて、払ってもらえていない人も大勢いる。 この事例は映画の中で、手厚い医療看護を受けるテロリスト容疑者達や、の医療福祉制度と強く対比される。 キューバは貧しい国でありながら医療が充実しており、人口比に対する医師の数もアメリカより遥かに多く 、それでいてGDPにおける医療費はアメリカよりも低い状態を実現していた。 11の英雄」であるそのボランティアが、アメリカで苦労しながら多額のお金を出して買っていた薬は、であるはずのキューバでは…。 反論 [ ] ムーアに限らず、ドキュメンタリー映画はしばしば自説に有利な結論を導くために不利な情報を描写しない傾向がある。 同作についても以下の点で反論の余地がある。 キューバ、カナダ、イギリス、フランスの医療は完全に無料というのは誤りで、自己負担治療の場合もある。 キューバはではあるものの、所得水準は世界銀行の定義では高中所得国(Upper Middle Income Country)に分類されており、貧困国としての描写は適切ではない。 キューバの妊産婦死亡率はの指標において高中所得国の平均程度であり、アメリカを筆頭とする高所得国(High Income Countries)より死亡率は高い。 キューバの新生児死亡率、乳児死亡率、乳幼児死亡率、成人死亡率は高中所得国の中では低いものの高所得国よりは高く、アメリカとも大きな差は開いていない。 キューバの平均寿命及び平均健康寿命も同様に高中所得国の中では低いものの高所得国よりは高く、アメリカとも大きな差は開いていない。 キューバの人口比の医師数はアメリカより確かに多いものの、国民の乳児死亡率や寿命に大きな差はなく、費用対効果で論じればむしろアメリカの方が高い。 アメリカ合衆国とキューバの医療指標 [ ] 平均寿命と平均健康寿命 国名 平均寿命 60歳時の平均余命 平均健康寿命 1990 2000 2006 2012 1990 2012 2002 両性 男 女 両性 男 女 両性 男 女 両性 男 女 両性 男 女 両性 男 女 両性 男 女 74 73 76 77 75 79 78 76 80 20 22 19 21 21 24 68 67 70 69 68 71 75 72 76 77 74 80 78 75 80 21 23 19 21 23 24 69 67 71 70 68 72 上位中所得国の平均 68 66 71 69 65 73 69 66 73 18 20 17 18 19 21 63 60 66 61 58 63 高所得国の平均 75 71 78 78 75 81 80 77 82 20 23 18 21 22 25 71 69 73 70 68 72 アメリカ合衆国とキューバの妊産婦・乳幼児・成人の死亡率 国名 妊産婦10万人中の死亡率 出生千人中の乳幼児 5歳未満 死亡率 成人 15~60歳 千人中の死亡率 1990 2000 2005 1990 2000 2006 1990 2000 2006 女 女 女 両性 両性 両性 男 女 男 女 男 女 63 63 45 13 8 7 155 111 140 90 127 82 12 13 11 11 8 8 173 91 144 83 137 80 上位中所得国の平均 120 93 91 54 38 26 199 133 276 134 283 145 高所得国の平均 24 18 9 15 10 7 182 83 129 67 114 62 アメリカ合衆国とキューバのGDPに対する医療費の比率と医療費の公費負担率と人口比の医師看護師数 国名 医療費率 % /GDP 公費負担率 % /医療費 医師数/人口1万人 看護師数/人口1万人 2000 2006 2007! 2000 2006 2007 2007 2007 6. 1 7. 7 10. 4 90. 8 91. 6 95. 5 59 74 13. 6 15. 3 15. 7 43. 0 45. 8 45. 5 26 94 上位中所得国の平均 5. 4 6. 3 6. 4 47. 2 55. 1 55. 2 22 42 高所得国の平均 9. 8 11. 2 11. 2 59. 3 60. 7 61. 3 27 86 反響 [ ] 2007年のでは特別招待上映された。 撮影のため米国政府に申請の上を訪問したが、米国が同申請書の渡航目的記載に問題があるとして調査し、カンヌでの上映直前に同省から通告書を受け取ったことをの席で明らかにしていた。 ムーアはこれを政権の妨害行為と断じ、フィルムを没収されないように、カナダに隠したとも言及した。 アメリカでの公開では、ドキュメンタリー史上第2位の動員を得た。 同時期に公開された「」を上回る数字であったこともあり、直後に200館での拡大上映となった。 キューバでは医師達を対象に上映したところ、キューバの医療制度をあからさまに歪めた描写に困惑して席を立った者もいたという。 また映画内で描写されている医療サービスを受けるためには病院経営陣へのコネもしくは賄賂が必要であり、劣悪な医療サービスしか受けられない一般国民の怒りを買うことを避けるためにカストロ政権は公開を禁止したとイギリスの誌が報道した。 しかし実際には公開禁止などされておらず、また放映も医師だけでなく国内の映画館で一般公開されていた。 2010年12月21日、ガーディアン誌は事実誤認があった事を認め、記事の内容を訂正した。 日本での上映 [ ] 海外での反響と比較して、日本での反響は少なく、マスコミでの報道も皆無に等しい状態であった。 一部の医師会での自主的な上映会なども行われた。 シッコのDVDは、日本ではに発売された。 脚注 [ ]• ガーディアン 関連項目 [ ]• (日本)• (日本の健康保険制度のひとつ)• (HMO)• - アメリカの医療・保険問題をテーマにした映画 外部リンク [ ]• (公式サイト)• (日本語公式サイト)• マイケル・ムーア公式サイト (英語)• (2007年5月23日)• (2007年5月17日)• (2007年4月19日)• BBC News (英語)• (2007年5月19日)• (2007年5月19日)• Movie Review Querry Engine MRQE : (英語)• Trailers, Video Clips and Interviews MovieWeb. com• - (@)• - (英語)• - (英語).

次の