直島 コロナ。 芸術の島・直島のおすすめ観光スポット12選!おすすめのグルメスポットやお土産もご紹介

新着情報

直島 コロナ

【このページの情報】• | | | |• 世界保健機関(WHO)は、1月31日未明(日本時間)、中華人民共和国湖北省武漢市における新型コロナウイルス関連肺炎の発生状況が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC:Public Health Emergency of International Concern)」に該当すると発表しました。 こうした状況から、日本では新型コロナウイルス感染症は、感染症法に基づく「指定感染症」に指定されました。 発生状況や新型コロナウイルス感染症に備えた対策など• (厚生労働省ホームページ)• (厚生労働省ホームページ)• (首相官邸ホームページ)• (首相官邸ホームページ) 県民の皆様へ• 風邪や季節性インフルエンザなどと同様に、せきエチケットや手洗いなどの通常の感染症対策の徹底に努めていただくようお願いいたします。 発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておいてください。 発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控えてください。 医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いやせきエチケットの徹底をお願いします。 (厚生労働省ホームページ) (お知らせ) 6月17日から6月25日の間に徳島市内の風俗店を利用した方で、発熱や呼吸器症状、頭痛、倦怠感、味覚障害、嗅覚障害等のある方は、相談窓口(香川県新型コロナウイルス健康相談コールセンター、保健所感染症相談窓口)へご連絡ください。 香川県内の状況• (ページを移動しました) 厚生労働省電話相談窓口• 詳しくは、をご覧ください。 香川県新型コロナウイルス健康相談コールセンター この窓口は、息苦しさや強いだるさ、高熱などの強い症状があり、新型コロナウイルス感染症を疑う方からの相談や、感染予防や感染症の疑問や不安の相談をお受けします。 コールセンターは、新型コロナウイルス感染症が疑われる方を適切に医療につなぐための「帰国者・接触者相談センター」の窓口を兼ねています。 新型コロナウイルス感染症が疑われる方に、専門医療機関等での診察を受けていただくため、可能な限り、平日9時から17時の間におかけくださいますようお願いします。 「帰国者・接触者相談センター」は、21時以降は、高松市民の方、高松市民以外の方に分けて電話を転送し対応します。 比較的症状が安定している方は、翌朝9時以降に御相談していただきますよう御協力をお願いします。 帰国者・接触者相談センターに御相談いただく目安 ・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合や、重症化しやすい方で発熱や咳などの比較的軽い風邪 症状がある場合はすぐに、また発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合(4日以上続く場合は必ず)は御相談ください。 ・重症化しやすい方は、高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等 を用いている方です。 ・妊婦の方は、重症化しやすい方と同様に早めに御相談ください。 ・小児は、小児科医による診察が望ましく、当センターや小児医療機関に電話などで御相談ください。 この目安は、御相談いただく目安です。 これまで通り、検査については医師が個別に判断します。 感染が疑われる患者の要件 「感染が疑われる患者」とは、次のいずれかに該当する場合のことをいいます。 発熱又は呼吸器症状を呈する者であって、新型コロナウイルス感染症であることが確定したものと濃厚接触歴があるもの• 5度以上の発熱かつ呼吸器症状を有し、発症前14日以内に流行地域に渡航又は居住していたもの• 5度以上の発熱かつ呼吸器症状を有し、発症前の14日以内に流行地域に渡航又は居住していたものと濃厚接触歴があるもの• (厚生労働省ホームページ) 保健所感染症相談窓口 各市町ごとの管轄保健所は下表のとおりです。 イベント等を開催する際には、感染拡大防止の観点から、感染の広がり、会場の状況等を踏まえ、開催の必要性を改めて御検討されるようお願いします。 チラシのダウンロード 会社・学校や人の集まる場所での掲示、周知など、用途に限らずご自由にダウンロード・印刷してお使いください(加工・改変などはできません)。 【関連情報】• 厚生労働省検疫所ホームページ(FORTH)• 国立感染症研究所ホームページ.

次の

ベネッセハウス

直島 コロナ

誤って回答を削除してしまったので投稿し直します。 香川出身者です。 東京からなら飛行機の方がいいでしょうね。 飛行機なら高松空港まで約1時間弱。 高松空港から高松駅 高松駅と高松港はすぐ は 車や空港バスで約40分です。 朝早い便に乗れば午前中のうちに島に渡れます。 なので関東から来られる方には飛行機を オススメしています。 のんびりしたいなら各島で1泊ずつした方がいいけど 特に直島は景色もよくのどかで島独特の雰囲気を味わえると思います 他の方も書いているように 直島~小豆島のフェリーは瀬戸内芸術祭の時以外はないので 高松泊が便利かも知れません。 2泊できるなら1泊はどちらかの島で、 もう1泊は高松泊にすればどうですか。 小豆島はおっしゃるとおり車があった方が便利なので 高松空港でレンタカーを借りて 車ごとフェリーで島に渡ればいいと思います。 直島は小さい島なのでバスやレンタサイクル 急な坂が多いので電動式がオススメ で充分です。 もしベネッセハウスに泊まられるなら 宮浦港からの送迎バスを利用すれば良いです。 瀬戸内の島旅を楽しんで下さい。 他の方がGWの感想を書かれていますが、GWの直島は別格です。 直島はGW以外の時期なら日曜日でもそんなに混んでいないことが殆どです。 小豆島も一般的には日帰り観光です。 宇野港又は高松港経由となります。 いずれにしても、行く時期により変わりますが、2泊3日なら高松の宿泊は大変非効率ですよ。 6年前のGWになりますが、女性一人で直島には2泊、小豆島は高松からの日帰りで、島では観光バスを使用しました。 直島はベネッセハウスと港の近くの民宿に泊まってます。 高松は港に出やすい街中のビジネスホテル。 1泊ずつだと結構厳しいです。 直島の展示は時間で予約するモノがいくつかありますし、地中美術館も予約制でした(時期によるかもしれない)。 あと、直島まで行くなら犬島にも行った方がいいのでは・・・? 全体で2泊3日の旅行なら、私はどっちかの島に絞ったほうがいいと思います。 2つに行くなら3泊以上で。 交通機関ですが、直島は車は要らないです。 特に混んでいる時期は、道が混むので止めたほうがいいと思います。 (GWなど) アップダウンがきついので自転車は電動で。 私はベネッセハウスのバスと徒歩で周りましたが、島のバスは非常に本数が少なく、タクシーは島にはないです。 小豆島はレンタカーか観光バスでしょう。 広いしアップダウンがあるので・・・レンタサイクルは港近くをブラブラする程度しかお勧めしません。 往路の時刻表をざっとつなぎ合わせてみましたが、新幹線でも飛行機でも最も早く着けるのは昼前で、どちらの島も同程度の時間でした。 考えたルートは以下のとおり。 さて、回答するにあたって不明な点があります。 >高松に宿泊して、それぞれの島を一日かけて、 これは1泊2日と読み取れます。 >各島に1泊ずつ これは2泊3日と読み取れます。 大雑把にいって、直島は丸1日、小豆島は丸1日以上なければひととおりの観光は難しいので、1泊2日ではかなり絞らなければいけません。 2泊3日でもゆっくりしたいなら相当絞らないと無理です。 したがって、「ここは外せない」など行きたいところに優先順位を付けていただかなければ効率的な行程の提案は困難です。 また、早朝自宅出発・深夜帰宅ができなければ2泊3日でも滞在時間は1日半しかありません。 一応、2泊3日の行程を考えてみました。 3日目:直島、夕方まで滞在して宇野経由新幹線 レンタカーに関して、 小豆島は車があったほうが効率的です。 特に、時間が限られている場合は必須です。 フェリー車載料が高いので島内で借りるのが適切ですが、小豆島は港が多く、会社によって貸出返却場所の限定があるので、行程を決めてから適切な会社を選ぶ必要があると思います。 直島は行く日と泊まる宿によって変わります。 休日など繁忙日:車はないほうがいい 平日など閑散日:車があってもかまわないが、レンタカーを使うのは無駄 ベネッセハウス泊:車があると便利かもしれない です。

次の

ベネッセハウス

直島 コロナ

12現在 フェリーと高速旅客船が1日各5往復づつしています。 そこまで距離がなく時間もかからないので、本来ならコスパを考えてフェリーに乗りたい所です。 ただ、自分が今回利用して分かったのは 時刻の関係でフェリーと高速船のどちらに乗るかは自然に決まってしまう感じでした。 自分の例でいうと、行きは高松港に10時前に着いたのでフェリーに乗るしかなく、帰りは16時頃に宮浦港に着いたので高速船に乗るしかないという感じです。 あらかじめ綿密な計画を立てていれば往復ともフェリーも可能でしょうが、今回の自分のようにふらっと直島に行くことを決めた人は、時刻の都合で選択肢がない場合が多そうな気がしました。 高松発 直島 宮浦 行きのフェリー乗船記 JR高松駅付近。 船乗り場は町の中心地から少し離れた所にある事が多いと思いますが、高松港はJR高松港から歩いてすぐです。 建物の中を通り過ぎて行きます。 フェリーが見えてきました。 今回の旅行は晴天にも恵まれました。 そういえば香川は全国一雨が少ない県でしたっけ? こちらがチケット売り場のようです。 宇野ゆき、土庄ゆき、池田ゆき等様々な行き先があります。 奥の方に直島行きのチケット売り場がありました。 結構混んでいます。 堂々たるフェリーです。 もっとちゃちなものを想像していました。 直島の瀬戸内国際芸術祭は終わった直後でしたが、席は半分以上埋まっていました。 すぐに海が見える座席もありました。 船はほとんど揺れを感じることなく静かな海を進んでいきます。 常にどこかに島が見える状態で、陸地が見ない状態はなかったと思います。 50分ほど乗って草間彌生さんの「赤かぼちゃ」が見えてきます。 「赤かぼちゃ」は宮浦港にあります。 フェリーからもよく見えました。 直島 宮浦 発 高松 行きの高速旅客船 乗船記 帰りは宮浦港の待合所で早めにチケットを購入しました。 この日の夜便で東京に帰るため万が一帰れないと洒落になりません。 しかしこの待合所でのんびりしていたのですが、高速旅客船はなかなか来ません。 あと10分くらい発車という時間になってようやく自分が間違えていたことに気づきます。 待合所から近い乗り場はフェリー乗り場。 高速旅客船の乗り場は待合室から少し離れた所にありました。 やばい、来てる。 少し急ぎます。 無事に乗ることができました。 フェリーに比べたらかなり小型です。 これでは自動車は積めません。 乗り心地は快適でした。 ただフェリーも快適だったのでそこまで差があるように思えません。 2倍以上払うことを思うと時間さえあればフェリーで十分ですね。 さて、直島はこんな感じで思い立ったら高松から簡単に行けてしまうような所でした。 次回は直島旅行記を書くのでお楽しみに。

次の