赤ちゃん 音楽 効果。 音楽が赤ちゃんにもたらす3つの効果とは?オススメの音楽をご紹介!

赤ちゃんとの生活におすすめ!クラシック音楽5選♪効果や聞かせるタイミングもご紹介!

赤ちゃん 音楽 効果

赤ちゃんが寝る音楽12選!新生児の寝かしつけに効果抜群なのはこれ! 2017年11月14日 こそだてハック 「抱っこしてもトントンしても、赤ちゃんがなかなか寝てくれない!」という悩みを抱えるママも多いのではないでしょうか。 寝かしつけをはじめてから時間が経つのに寝る気配がないと、つい焦ってイライラしてしまいますよね。 そんなときは、音楽を使うのがおすすめです。 今回は赤ちゃんがすんなりと入眠できるような、口コミで人気の「赤ちゃんが寝る音楽」を12選ご紹介します。 赤ちゃんが寝る音楽として効果が期待できるのは? 「赤ちゃんが寝る音楽」として一般的によく聞かれるものが、下記になります。 胎内音• 自然音• オルゴール音• クラシック• 子守唄 やはり大人が聴いても心地良い音楽は、赤ちゃんにとっても心安らぐのかもしれませんね。 ここからは、ママから特に人気の高かった音楽を紹介していきます。 赤ちゃんが寝る音楽!今すぐ聞ける人気6選 1. 赤ちゃんが泣きやんで安眠できる胎内音 お腹の中でママに包まれて、安心していた赤ちゃん。 特に生まれてすぐの頃は、外の世界に出たことで不安がいっぱいです。 そんな月齢が低い赤ちゃんには、こちらの胎内音がおすすめ。 お腹にいたときにずっと聞いていた胎内音を聞くと、赤ちゃんの不安を取り除き、安らぎを与えるといわれています。 なかには、胎内音内蔵のぬいぐるみを赤ちゃんの側に置いている産院もあるようですよ。 口コミ ・新生児から3ヶ月までの大変な時に効き、今は卒乳で大変な夜泣きに効いて助かってます! ・三人目の子育て。 全員これで寝かせています。 ・全然寝てくれなかったのに、この曲を流したら2分で寝てくれました。 赤ちゃんが寝る音楽 ディズニーオルゴールメドレー 優しいオルゴール音でディズニーの曲が流れます。 ファンタジーがたっぷりなディズニーの世界観に誘われて、素敵な夢が見られそうですね。 2時間程のメドレーなので、寝つきが悪い赤ちゃんも途切れずに聴き続けられるのもポイントです。 美しく心地よいメロディーに、ママもふっとリラックス。 名曲揃いで、寝かしつけの時間が少し楽しくなるかもしれませんね。 断乳・卒乳後の寝かしつけに試してみるのもおすすめですよ。

次の

赤ちゃんへのクラシック選び~寝る?賢くなる?4つの効果

赤ちゃん 音楽 効果

赤ちゃんにクラシック音楽を聞かせると、具体的にどのような効果が期待できるのでしょうか。 赤ちゃんの聴覚は生まれながら他の視覚や触覚に比べて発達していて、ママのお腹の中にいるときから音を聞いています。 その聴覚をより発達させてあげるのに、クラシック音楽は役立ちます。 色んな楽器の音や高い音低い音がたくさんのクラシック音楽。 さまざまな音を聞かせることで、耳がいろんな音に慣れます。 将来的には言葉の発達にも役立つほか、 母国語以外の外国語の複雑な音にも対応しやすい聴覚を育てることにも効果があるといわれています。 リズム感は音楽だけでなく、運動能力に発達にも大切な感覚です。 ママのお腹の中にいた音にも似ており、 不快な症状やイライラから心をリラックスさせてくれる効果が期待できます。 赤ちゃんはいずれ成長していけば手遊び、歌遊び、音楽の授業などと音楽に触れる機会はたくさんあるでしょう。 ママと、または先生やお友だちと一緒に歌ったり、演奏したり音楽を通じてコミュニケーションをとります。 そんな大切な役割を果たしている音楽に小さな頃から触れ合うことは、人生を豊かにすることにも少なからずつながります。 赤ちゃんにクラシック音を聞かせるタイミングはいつがいいでしょうか。 決まった時間に聞かせるのがおすすめ できるだけ、 毎日決まった時間に聞かせるのがおすすめです。 授乳後やお昼寝から起きたときに、寝る前など。 ただし、寝る前に聞かせるときには注意が必要です。 なぜなら、音楽を聞くことが習慣になると、聞かないと寝られない体質になってしまうことがあるからです。 オンオフはしっかりと クラシック音楽を聞かせるときにはダラダラと聞かせないようにしましょう。 1日中聞かせる、寝ているときも聞かせているという状況ではなく、聞かせる時間、聞かせない時間のオンオフをしっかりすることが大切です。 赤ちゃんの生活リズムづくりにも影響してきます。 赤ちゃんに聞かせるクラシック音楽はどのようなものがいいのでしょうか。 怖い曲、激しい曲は避ける クラシック音楽には癒しの効果があるとは言いましたが、怖い曲調のもの、激しいものもあります。 赤ちゃんがびっくりしてしまう可能性があるので、できるだけそのような曲は避け、 ゆったりと流れる曲調のものを選んであげましょう。 もちろん、いくらゆったりした曲でも同じ理由で大音量でかけるのはおすすめしません。 ママも聞いていて心地よい音量がいいですね。 ママが好きな音楽にする 赤ちゃんに聞かせる音楽とはいえ、ママも一緒に聞くことになります。 ママがあまり好きではないものは避けたほうがいいですね。 一緒に聞いて、一緒にリラックスできる音楽が一番です。

次の

0歳からOK?【赤ちゃんの習い事10選】ママのリフレッシュにも!

赤ちゃん 音楽 効果

赤ちゃんにとって音楽とは 音楽教育といえば、音感やリズム感、音楽的なセンスを養うものというイメージが強いのではないでしょうか。 しかし、それ以外にも赤ちゃんは音楽からさまざまな影響を受けます。 まだ言葉を上手に操れない赤ちゃんは、目や耳から得られる情報だけが頼りです。 周囲の人が笑顔で笑いかけてくれるとうれしさを感じ、優しい音楽が聞こえてくると楽しさや安らぎを覚えます。 音楽は、心理的療法やセラピーなどにも使用されているとおり、人の心を落ち着かせる作用があります。 美しく情感豊かなメロディ、心がウキウキ弾むリズム、体全体に響く音の振動。 その効果は、赤ちゃんの心身の発達にとてもいい影響をもたらしてくれます。 いつから聞こえているの? ママのお腹の中で約40週を過ごす赤ちゃんは、24週めくらいから耳が聞こえるようになり、日々、音の影響を受けながら成長していきます。 赤ちゃんは胎内でどんな音を聞いているのでしょう。 実は赤ちゃんに届いている音は、大きく分けて3種類あるといわれています。 ママの体が生み出す胎内音 心臓の鼓動や血液が流れる音、内臓が動く音などを、子宮の中にいる赤ちゃんは敏感に捉えています。 生まれたばかりの赤ちゃんがママを恋しがって泣いたりぐずったりした時に、胎内音を聞かせると泣き止むこともあります。 ママの声 赤ちゃんが聞いている3つの音の中で、もっとも身近な音がママの声です。 これは外界の音として聞こえるだけでなく、母体の振動として直接赤ちゃんに伝わります。 そして胎内で聞いたママの声を赤ちゃんはしっかりと覚え、生まれてすぐに聞き分けることができるといわれています。 外界の音 包丁をトントンとたたく音やママ・パパが聞く音楽なども、赤ちゃんには届いています。 ただし、このような外界の音はママのお腹の皮膚や羊水に隔てられた状態で聞こえてくるため、かなりくぐもった状態になり、私たちが毎日聞いている音とは違うようです。 赤ちゃんはお腹の中にいる時から色々な音と出会い、感覚器官を成長させているのですね。 音楽が赤ちゃんにもたらす効果 赤ちゃんは歌やリズム、音楽を聞くことが大好きです。 赤ちゃんの脳は音楽にとてもよく反応し、音楽を聞くことからたくさんの良い影響を受けて成長します。 実際に、音楽は生まれたばかりの赤ちゃんにどのような効果をもたらすのでしょうか。 言語能力の獲得 音楽と言語には密接な関係があります。 脳科学の研究からも 「音と言葉」は同じリズムをもち、両方を識別する能力は同じように発達すると報告されています。 このことから、周囲の人たちの歌いかけやCDなどによる音楽環境に囲まれて育った赤ちゃんは、その歌詞から言語の基盤となる音韻を確実に受け取って成長すると考えられています。 良い音楽を聞かせることで、音を聞き分ける力を育んでいく赤ちゃんに絵本を読み聞かせる時には、歌うように音読してあげるとさらにいい効果が生まれます。 ぜひ試してみてください。 時には音楽に合わせて手や体を動かす「手遊び歌」を聞かせましょう。 人と関わり合う楽しさを感じることは、赤ちゃんの社会性を高める大きな一歩につながります。 リラッックス効果と豊かな感情を育成 人間の喜怒哀楽や睡眠欲などを司る脳の部位に「扁桃体(へんとうたい)」という場所があります。 好きな音楽を聞くと「扁桃体」が活性化し、心地よさを促進するといわれています。 これは赤ちゃんも同じです。 また、心地よいと感じる音楽を聞くと脳の視床下部に生じるステロイドホルモン(ストレスや興奮を促すホルモン)の分泌が抑制され、心と体をリラックスさせてくれます。 心の落ち着きは、赤ちゃんの豊かな表情や感情の表出を促します。 知能の発達と処理能力の向上 脳の発達が著しい乳幼児の時期に音楽による刺激を受けると、学習能力にも多くの好影響を与えることがわかっています。 音楽が流れると、脳は音の要素である「リズム」、「音質」、「音程」を理解しながら処理しようと多くの回路を駆使します。 赤ちゃんの脳が活性化することにより、学習能力の土台を形成する記憶力・空間的知能・計算処理能力が高まると考えられています。 カナダ・トロント大学の研究では、定期的に音楽のレッスンを受けている人は、何もしていない場合よりもIQが高くなる傾向があるという興味深い結果を提示しました。 では、実際にどんな音楽をどんなタイミングで、いつまで聞かせたらいいのでしょう。 ここではそのポイントについてご紹介します。 寝かしつける時 赤ちゃんが心地よく眠るために、ママの子守唄に勝るものはないといわれています。 また、音程やリズム、音量にあまり大きな変化がなく、ゆったりとした繰り返しが多い子守唄は赤ちゃんを安心させ、自然な眠りへと誘います。 寝かしつける時に子守唄を歌ってあげるのが難しい場合は、同じような特徴のある曲やオルゴールなどを選んで聞かせてあげてください。 生後間もない赤ちゃんは、1日に何度も寝起きを繰り返します。 睡眠のリズムを整えてあげるためにも、お昼寝や夜寝る前など、決まった時間に決まった音楽を聞かせましょう。 徐々に体内時計が整い、眠るタイミングを覚えてくれるようになります。 そして赤ちゃんが眠ったあとは音を止め、静寂の中で耳と脳を休ませましょう。 オンとオフを上手に使い分けることは赤ちゃんの耳を育てるためにも大切です。 普段の遊びの中で 普段の遊びの中にも積極的に音楽を取り入れましょう。 ママやパパが歌って聞かせたり、赤ちゃんを抱っこしてリズムに合わせてそっと体を動かしたりすることで、赤ちゃんに音楽の楽しさが伝わります。 また、赤ちゃんの名前や「ママ」「パパ」などの言葉を入れた替え歌や「いないいないばぁ!」、歌いながら赤ちゃんの手のひらを「こーちょこちょ」っとくすぐる簡単な歌遊びもオススメです。 続けるうちにママやパパが自分の真似をしていることにも気付き、はしゃいだり笑ったりしてくれるようになりますよ。 日常の何気ない真似遊びは赤ちゃんのリズム感を高めるとともに、親子の絆を深めます。 赤ちゃんにオススメの音楽 赤ちゃんが大好きな音楽を毎日一緒に聞いたり歌ったり。 そんな育児はママやパパにも楽しいひとときに違いありません。 子守唄や手遊び歌に加え、英語の曲などにも目を向けると、赤ちゃんが喜ぶレパートリーを増やしていくことができます。 また、英語の曲を活用することで、言語能力を発達させるために必要な「日常的にその言語を聞いて口に出す」という音声学習の要素を得ることができます。 音声学習の要素が詰まった歌は言語の学習にもうってつけです。 英語の言語能力の習得のためにも、積極的に英語の歌を活用することをオススメします。 以下に、YouTubeで視聴できるオススメの英語の歌をご紹介していますので、ぜひ参考になさってください。 オススメの英語の歌 The ABC Song(ディズニー英語システム) 初めて英語に触れる歌としてまずあげられるのがこの『ABCのうた』ではないでしょうか。 ミニーマウスが歌うこの大人気ソングは、楽しく英語に親しむのに最適です! Twinkle Twinkle Little Star — Sing Along! 『ABCのうた』と同じメロディーで、その親しみやすさとわかりやすい歌詞が特徴の定番人気ソング。 繰り返し聞くことで赤ちゃんの記憶にも残りやすい1曲です。 BINGO Super Simple Songs 動物の鳴き声や手をたたく音など体を使った動きがカラフルな映像とともに流れます。 リズムに合わせて真似しながら楽しく歌ってみてはいかがでしょうか? 毎日の暮らしの中でさりげなく聞く音楽に、ふと心が癒されることは大人にもよくあることです。 音楽は、これから脳が発達する赤ちゃんにとって、私たちが想像する以上に好影響を与えるようですね。 歌や音楽を通して、今だからこそできる赤ちゃんとの素敵なコミュニケーションを楽しんでください。 小さな頃に聞いた歌は、赤ちゃんが大人になってもずっと心に残る大切な親子の思い出です。 いつしか一緒に口ずさむ日が来るのではないでしょうか。 さて次の記事では、赤ちゃんの英語学習にオススメの英語の歌をテーマに、赤ちゃんが聞き取りやすい曲をご紹介しています。 ぜひチェックしてみてください!.

次の