アジサイの剪定の仕方。 アジサイにぴったりな植木鉢!アジサイの育て方からかんたん剪定まで

アジサイの剪定

アジサイの剪定の仕方

アジサイとは 梅雨の風物詩であるアジサイは、玄関まわりがよく似合います。 別名「七変化」とも言われるアジサイですが、花の色は薄い青紫を中心として、土壌の酸性が強ければ青系に、アルカリ性が強ければ赤系に傾くとされています。 花の色が移ろうことから、かつては主人の浮気を心配してアジサイを敬遠する家もあったそうです。 アジサイの仲間では、ガクアジサイが有名ですが、本来はガクアジサイの方が原種です。 また、最近よく目にするカシワバアジサイは、セイヨウアジサイを改良したもので、セイヨウアジサイ自体は、ガクアジサイがイギリスなどで品種改良されて逆輸入されたものです。 花の美しさばかりが話題になるアジサイですが、地方によっては葉や花を薬用とします。 一般家庭のスペースでは手に負えなくなりますので定期的な剪定が必須です。 マメな手入れができない方には、セイヨウアジサイやアマチャがお勧めです。 アジサイの剪定時期 花が終わった直後(6月頃)か、落葉期(冬期)が適期です。 剪定のイメージ 自然樹形は半円(お椀型)ですので、これに準じます。 アジサイの剪定方法 アジサイは剪定のタイミングが難しい庭木です。 アジサイも他の多くの花木同様、今年伸びた枝の先端に翌年の花芽をつけますが、その時期は9月頃と遅めです。 よって花の終わった7月以降から開花までは原則として枝先を切ってはいけません。 しかし、これを堅く守っていると、あっという間に株が巨大化し、庭をアジサイに占拠されることとなりますので、ケース別に二つの方法を説明します。 3年以上花を咲かせたような古い枝は、今後の開花が期待できませんので、若い枝に更新します。 太くて長いものから順番に間引き、ほどよい樹形になったら切るのを止めます。 あまりにも邪魔な場合、すべての枝を元で切っても再生可能です。 アジサイの花が咲かないとき アジサイは水好きで、乾燥を嫌います。 根元に強い西日があたらないよう、土を追加したり、落ち葉を敷き詰めるなどして湿度を高めれば、調子が戻ります。 アジサイの葉の色が悪いとき アジサイの葉が黄色くなるのは多くの場合、水のやり過ぎです。 鉄分やマンガンなど微量要素と呼ばれるものが欠乏しています。 地植えの場合は植え付け前に堆肥や腐葉土を入れておけば問題ありません。 鉢植えの場合は即効性のある液肥を使用して栄養状態を改善する必要があります。 また、ハダニの仕業で葉が黄色くなることもあります。 葉の裏に赤くて小さな虫がいればハダニです。 薬剤を使用して除去します。 葉が黄色ではなく、焼けたようになる場合は、日照時間に問題があります。 西日の強いところや一日中陽が当たるような場所はアジサイの居場所としては不向きですので植え替えをしましょう。

次の

ガクアジサイの育て方|剪定時期と方法は?日当たり加減は?|🍀GreenSnap(グリーンスナップ)

アジサイの剪定の仕方

カシワバアジサイは花の時期が長いのが特徴です しかし、適切な時期に剪定を行わないと、翌年の花を楽しむことができません。 カシワバアジサイの剪定はいつどのように行えばよいでしょう。 樹形を整えるための剪定 カシワバアジサイを苗木を植えたまま放任していると、 枝分かれせずに長い枝が伸びていきます。 花や葉が大きいため、枝だけがひょろっとした印象になり、樹形が整いません。 そのため、苗木を植えた年に樹形を整えるための剪定を行います。 アジサイは、11月ごろになったら落葉期を迎えます。 葉が落ちた後、全ての枝を根元でバッサリと切り落としてしまいます。 そうすると、翌年に根元からたくさんの枝が出てボリュームのある樹形に仕上がります。 一度樹形が整ったら、それ以降は花後の剪定と休眠期の剪定を行うだけで充分です。 ピンク色に変化してきたカシワバアジサイ 2. 花後の剪定 カシワバアジサイは剪定を行わないと、長い間花を楽しむことができます。 花は咲き進むとピンク色や緑色に変化していき、とても見事です。 長く花を楽しみたいのですが、花が咲き終わる前に剪定を行わなければ、 翌年の花芽を作ることができなくなります。 花後の剪定は、惜しいのですが7月下旬までに行います。 他のアジサイと同様に、花の2節下を切り取ります。 切り取ったすぐ下の葉の根元から新しい芽が出てきます。 その芽が秋までに充実した枝となり、先端に花芽ができるのです。 アップで見ても美しいカシワバアジサイ 3. 休眠期の剪定 カシワバアジサイは休眠期の剪定が必ず必要なわけではありません。 ただ、枝が混み合って風通しが悪くなると、病害虫の発生の原因になります。 アジサイの花芽は枝の先端についています。 枝の先端が円錐状に丸くなっているものは、 花芽の付いた枝なので、切り落とさないようにします。 それ以外の枝で、細い枝や枯れた枝、込み入っている枝を根元から切り落とします。 花を長く楽しむための剪定方法 翌年の花も楽しみたいのですが、 庭先のカシワバアジサイの花をできるだけ長く楽しみたいものです。 地植えで、たくさんの花をつけるほど成長した株であれば、 花後の剪定を半分だけ行うもの一つの方法です。 翌年に咲く花は少なくなってしまいますが、 残った花を最後まで楽しむことができます。 カシワバアジサイは移ろう花色も美しい花です。 また、最後まで咲き終わった花をドライフラワーにするのも素敵です。

次の

咲かなかったアジサイの枝は剪定してもいいのでしょうか?

アジサイの剪定の仕方

アジサイの剪定は、気遣うととても見事に咲きます アジサイの見栄えを良くし、翌年の開花を促し、 そして大きくなりがちな木をコンパクトにするためにも、 アジサイの剪定は、とても大切な役割をします。 アジサイのいろいろな剪定方法について、 分かりやすく図解でご紹介します。 アジサイは花芽ができる時期に、 しっかりと伸びている枝の先に花芽が付くという性質があります。 ・アジサイの剪定の目的 地植えのアジサイの場合は、必ず剪定を行う必要はありません。 放置していても、今年花が咲かなかった枝に花芽が付き、翌年花が咲きます。 ただし、アジサイの花芽は枝の先端につくという性質があるので、 剪定を行わないと花が木の先端にばかり咲くようになります。 アジサイは生長が早く、とても大きくなります。 栽培スペースに限りがある場合は、 剪定を行わないと株が大きくなりすぎてしまう可能性があります。 庭植えでも、樹形を整えて美しい花を観賞するためには、 剪定を行った方がよいでしょう。 鉢植えの場合は、花後の剪定を行わず、 枯れた花を放置しておくと株が弱り翌年花が咲かない原因になります。 来年も開花させる剪定 来年は花を見ず、コンパクトにする剪定 ・花後の剪定 アジサイの花が咲き終わったら、すぐに花後の剪定を行います。 アジサイは、花の終わりの時期が分かりにくい植物です。 装飾花が裏返ったら、花が終わったと判断して良いでしょう。 7月中から遅くても8月上旬までに花後の剪定をします。 花後の剪定 花後の剪定は、花の2~4枚下で切り落とします。 剪定後、切り取った節から芽が出て元気に伸びていきます。 この新芽の先に、花芽が付きます。 アジサイの花芽は葉の付け根についている丸い塊です。 夏にできた花芽は、秋には5mmくらいのに育ちます。 庭植えの花後の剪定 ・休眠期の剪定 必ず必要な剪定ではありませんが、 11月~3月にかけて、花芽のついていない細い枝や、 古い枝を根元から切り落とします。 こうすることで新梢の生えてきたときに風通しがよくなり、 病気や害虫に強くなります。 ・樹形を整える剪定 樹形が乱れてきたり、大きくなりすぎたアジサイは、 思い切った剪定で樹形を整えることができます。 ただし、強い剪定を行うと、翌年は花が咲かない可能性が高いです。 強剪定は、株全体を、枝が生えている根元から切り落とします。 思い切って切り戻しても1~2週間で新梢が生えてきます。 翌シーズンも花が見たいときには、 樹の半分くらいを地際から切り戻し、 残る半分は花の二節目で切り落とす剪定をします。 このようにすれば、翌年も花が楽しめます。

次の