松坂桃李ドラマ。 ドラマスペシャル『微笑む人』|テレビ朝日

松坂桃李ドラマ出演一覧!おすすめの作品は? | drama box

松坂桃李ドラマ

一流大学を卒業後、大手都市銀行に就職し、妻子とともに幸せな生活を送っていたはずが、突然妻と娘を溺死させた罪に問われる男性です。 さらに、彼が語った「本の置き場所が欲しかった」という殺害の動機に人々は驚がく。 世間が注目する裁判の行方、そして次第に明かされていく仁藤の過去が、視聴者を物語の深みへと誘っていきます。 硬軟あらゆる役を演じ分け、そのたびに新たな魅力を発揮し続ける松坂。 ドラマ『微笑む人』では、柔らかな微笑みの裏に思いもよらない顔を秘めた、謎多きエリートサラリーマンを怪演します。 原作は貫井徳郎氏の大ヒットミステリー小説…ドラマオリジナルの展開にも注目 今作の原作となっているのは、貫井徳郎氏の同名小説。 2010年に『後悔と真実の色』で第23回山本周五郎賞、『乱反射』で第63回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)を受賞した貫井氏が、2012年に実業之日本社から発表した作品です。 貫井氏自身に、「ぼくのミステリーの最高到達点」と言わしめた今作は、「ミステリーの常識を超えた衝撃作!」と大きな話題を呼びました。 今回のドラマには小説にはないオリジナルのキャラクターも登場。 貫井氏が描いた世界はそのままに、ドラマならではのスリリングな展開も盛り込み、待望の初映像化が実現します! ドラマオリジナルキャラクター、事件を追う女性記者に尾野真千子! 今作でドラマオリジナルキャラクターとして登場する、週刊誌の女性記者・鴨井晶(かもい・あきら)。 『週刊海潮』の契約記者で、夫に家事を任せ、再び第一線の記者として活躍しようと奮闘。 ドラマ内で仁藤の事件は、晶の目線で語られていくことになります。 そんな晶を演じるのは、実力派女優として映画・ドラマで活躍する女優・尾野真千子! 松坂とは『この世界の片隅に』(2018年TBS)以来、二度目の共演となり、前作での姉弟役から一転、今回は殺人事件の被告人と彼を追う週刊誌記者という立場で相対することになります。 数々の作品でその存在感を発揮し、誰しもが認める演技の幅広さを誇る尾野。 同じく実力派の俳優として名高い松坂とともに、『微笑む人』という極上のミステリーで濃密な芝居合戦を繰り広げてくれることでしょう。 晶とは旧知の仲で仁藤の事件を担当した所轄の刑事・佐藤役には福田転球。 拘置所の刑務官・滝沢役を田中要次が演じます。 個性的な俳優陣が集結した同作を、『アンフェア』シリーズの原作者としても知られ、舞台・映画・小説…と幅広いフィールドで活躍する秦建日子の脚本、映画『呪怨』、『パラサイト・イヴ』、そして『世にも奇妙な物語』などを手掛けた落合正幸の演出で映像化。 今作で松坂が演じるのは、「本の置き場所が欲しかった」という理由だけで妻子を殺害したと供述するエリート銀行員・仁藤俊美(にとう・としみ)。 柔らかな微笑みの裏に思いもよらない顔を秘めた、謎多き男性です。 今作でそんな仁藤という人物を怪しく、そして魅力的に演じる松坂。 さらにその模様は2月28日(金)放送の『モーニングショー』で放送。 「すごく面白かったですし、常に画面に緊張感と、この先何が起こるんだろうというハラハラがあって…」と玉川が作品の感想を興奮気味に語ると、うれしそうな微笑みを見せました。 「例えば…」と、実際に耳にした具体例を松坂に明かした玉川。 果たして「神対応」と言われることについて、松坂はどんな感想を持っているのでしょうか? さらに玉川は、長きに渡って『モーニングショー』で共演する羽鳥慎一にも言及。 「実は彼も神対応。 ほかにも、役者・松坂桃李についても玉川が掘り下げます。 「役を演じるとき、まったく自分ではない姿を表しているのか、それとも自分の中の一部を増幅させて役に投影しているのか」と問うと、松坂は「それは両方ある」と回答。 ところが、「憑依型ですか?」との質問には「それは無理!」とキッパリ。 「例えばこのドラマだったら、ずーっと殺人鬼で、ずーっと微笑んでる、ってことですよね? 絶対ないわ(笑)」と笑いました。 最後に、今作について「物事を簡単に解釈することはできるけれど、それだけじゃなくて、本質を見抜いたり、メッセージ性を手繰り寄せたりすることも最近は必要になってきているのかも、ということを、見終わったときに感じていただけたら」とアピールした松坂。 「本の置き場所が欲しかった」という理由だけで妻子を殺害したと供述するエリート銀行員・仁藤俊美(にとう・としみ)の事件を追ううち、彼の過去に隠された事実が次々と明らかになっていく衝撃のミステリーが3月1日(日)夜9時から日曜プライム枠で放送されます。 今作の原作となっているのは、『後悔と真実の色』で山本周五郎賞、『乱反射』で日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)を受賞した作家・貫井徳郎氏の同名小説。 貫井氏自身に、「僕のミステリーの最高到達点」と言わしめた『微笑む人』は、累計15万部を突破し、その思いも寄らない展開と結末から「ミステリーの常識を超えた衝撃作!」と大きな話題を呼びました。 今回はそんな衝撃作を初めて映像化。 小説にはないオリジナルキャラクター、そして脚本家・秦建日子氏が書き上げた独自の結末を用意し、貫井氏が描き出した世界はそのままに、さらなるスパイスを加えて、ドラマとしてよみがえります! 今回、初のドラマ化にあたり原作者の貫井氏にインタビューを敢行。 『微笑む人』という作品、そして主人公・仁藤を演じた松坂の印象などについて語ってくれました。 原作者・貫井氏をもってして「映像化は不可能ではないか」と考えられていた『微笑む人』。 今回のドラマ化の話が来たときは「映像畑の方々は映像化しやすい作品よりも、しにくい作品をあえて選んでやるんだな」と感じたと言います。 「でもそんなことって、『言われたくない』『目をつぶっていたい』って思っている方々が大半だと思うんです。 そんな大半の人たちが受け付けられないと思っているようなテーマでも、テレビで放送したら多くの人の目に触れてしまうでしょうから、映像化はちょっと難しいかなって思っていたんですよ」と、『微笑む人』のドラマ化決定の意外性を明かしてくれました。 「原作そのままよりはアレンジしたほうが面白い作品になるのでは、と思っていたので、脚本を秦建日子さんが担当してくださると聞いたときは、『それならば僕が思いつかなかったようなアイデアを足して映像化していただけるのでは!』と楽しみになりました」と貫井氏。 秦氏が用意した驚がくのラストを読み「なるほど!とびっくりしましたよ。 テレビの前で気軽に視聴し始めた方々も、引き込まれるような展開で、満足感を得られるようなラストになっているのではないでしょうか!」と、太鼓判を押しました。 貫井氏も大絶賛!「仁藤役に松坂桃李さんをキャスティングしたところで、もう成功!」 そして貫井は、今作で主人公・仁藤を演じた松坂も大絶賛!「仁藤役に松坂桃李さんをキャスティングしたというだけで、もうこの作品は成功じゃないですか!? と思うくらい、ぴったりだと思いました」と手放しで称賛しました。 貫井は松坂の印象を「見るからにいい人。 爽やかですし、裏に隠していることなどもなさそう」と分析。 「どんなフィクションでも度を越していると見たくはない。 この作品が果たして度を越すのか越さないのか…」と映像化に期待を寄せる貫井氏。 『微笑む人』は、どちらかといえば映像化しにくい作品だと思っていたので、お話をいただいたときは「あ、そうきたか」と思いましたね。 ただやはり、原作そのままよりは、アレンジしたほうが面白い作品になるのではないかと思っていたら、脚本を秦建日子さんが担当してくださると聞き、それならば僕が思いつかなかったようなアイデアを足して映像化していただけるだろうな、と楽しみにしております。 「本の置き場所が欲しかったからです」 妻子を殺害した罪で起訴された仁藤俊美(松坂桃李)は、公判で衝撃の動機を明かす。 抄子と結婚後は都心の一等地にある高級マンションに住み、娘を授かるなど、エリートサラリーマンとして誰もがうらやむような人生を送っていた。 そんな順風満帆な生活を送っていた仁藤が、なぜ妻子を殺害するという凶行に至ったのか…。 事件前から仁藤とは面識があった週刊海潮の記者・鴨井晶(尾野真千子)は「事件の真相を暴きたい」とデスクの井上肇(生瀬勝久)に直談判! 見事、巻頭特集を約束された晶は、仁藤の関係者に取材を続け、彼の人物像を掘り下げていく。 救急隊員が現場に駆けつけたときの状況、搬送先の病院での様子を知れば知るほど、仁藤への疑念を深めていく晶。 自分が以前から知っていた仁藤と、捜査関係者から聞く仁藤、いったいどちらの姿が本当の彼なのか…。 複雑な感情の波に飲まれそうになる晶だったが、やがて仁藤にまつわる衝撃の過去が明らかになり、これまでに彼に関わる何人もの人間が不審な死を遂げていたことを知る! コメント 仁藤俊美役・松坂桃李 コメント 仁藤という男がやってきた行為は、もちろん許されるものではないのですが、台本を読んだ最初の印象では、なぜか嫌な感じがしなかったんです。 彼の振る舞いや言動は、ある種の正論を言っている部分もあるので、不思議な感覚でした。 そんな人物なので、僕自身も演じるにあたって「仁藤はこんな男だ」という風に思いすぎないほうがいいのかなと考えました。 僕のものさしが挟まってしまうことによって彼の捉え方が変わってしまう気がしたんです。 仁藤はどの局面、どんな場面においてもフラット。 だからあまり「こうだ」と決めつけることなく、そのフラットであるという部分だけを心に留めていました。 作品の全編を通して感情の揺れ動きやテンションが一定、という今回のような役柄は初めてだったかもしれません。 尾野真千子さんとの共演は『この世界の片隅に』(2018年TBS)以来。 前回は姉弟役という関係性だったので、今回はまったく違う立ち位置です。 共演シーンはそこまで多いわけではないのですが、ワンシーンワンシーンがとても濃いものだったので、お芝居をしていてとても楽しかったです。 合間には以前と変わらず他愛もない話ばかりしていたのですけどね(笑)。 この作品に出てくる言葉には、心に刺さるものがすごく多い。 「自分だったらどうするだろう」ということを考える時間ができるような作品なのではないかと思っています。 現場でもとても熱量を感じた落合正幸監督がどんな風に料理して完成させてくれるのか、ぜひ楽しみにしていただけたらうれしいです。 鴨井 晶役・尾野真千子 コメント この作品を読んで、まず湧き上がったのは「異様だな」という感情でした。 完全に理解できるわけではないのだけれど、「あぁ結局人間っていうのはこういうものなのかな」と思わせるような、とてもリアルな人間の感情が描かれている気がしました。 この作品で仁藤が語る「殺害の動機」って、一見しただけだと「え、それってどうなの」というものだけれど、実は誰しもが心の中に持ち得る感情なのかもしれないと思うんです。 感覚というものは、人それぞれである、という面白さと、現実世界においても理由付けが難しい事柄が起きている怖さを、お見せできたらなと思いました。 松坂桃李さんとはこのたび二度目の共演となりました。 …何でしょうかね、彼の見せる「微笑み」。 これまでに私が見てきた「本当にいい人だな」という微笑みから一転して、今回は「ぞっとするような微笑み」を見せられました。 松坂桃李の中にあるまた新たな表情を垣間見た気がして、これからもさらに違う桃李くんが見たいな、と思わせてくれる作品になりました。 スタッフ.

次の

松坂桃李出演の映画・ドラマを無料でフル視聴する方法!お気に入り動画を高画質で

松坂桃李ドラマ

清野菜名&松坂桃李のW主演で名作「耳をすませば」(漫画:柊あおい)が実写映画化されることが決定。 あの名作に、10年後のオリジナルストーリーも加えて製作。 撮影はこれから、2月中旬にクランクイン予定だという。 読書が大好きな中学生・雫が夢に向かって生きる聖司に想いを寄せていく姿に心を惹かれ、多くの女性たちのバイブルに。 そして1995年には、この漫画をスタジオジブリがアニメ映画化。 当時14歳、人気俳優・高橋一生が聖司役で声の出演を果たした本作は、大ヒットを記録した。 新しい「耳をすませば」が誕生 そんな様々な世代にいまも愛される「耳をすませば」が2020年、 10年後のオリジナルストーリーも加え新たに実写映画化。 原作の世界観を忠実に再現する 【あの頃(過去)】と、オリジナルで加わる 【10年後(現在)】を二重構造で描き、切なくピュアな青春ラブストーリーが誕生する。 そんな大人になったいまの雫を演じるのは、連続テレビ小説「半分、青い。 」の裕子役が話題となり、「今日から俺は!! 」、「やすらぎの刻~道」などに出演、現在放送中の「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 」では主演を務めている演技派女優・ 清野菜名。 雫が想いを寄せる大人になったいまの聖司を、「この世界の片隅に」「パーフェクトワールド」『娼年』『新聞記者』など話題作が続き、先日発表された主演ドラマ「微笑む人」にも注目が集まる 松坂桃李が演じる。 そんな物語を彩るキャストは後日発表予定だ。 清野菜名コメント この度、映画『耳をすませば』で、月島雫を演じることになりました。 誰もが大好きな名作『耳をすませば』の世界に雫として存在出来ること、 とても嬉しく光栄に思っております。 あれから10年。 雫はどのようにして大人になっていったのか、彼女の思いに寄り添いながら、 雫の持っているピュアな心を大切に、丁寧に演じていきたいと思っています。 松坂桃李コメント 「耳をすませば」はアニメーション映画で何度も見た作品です。 学生生活の日常にある歯痒さや微妙な距離感で感じる甘酸っぱさ。 あの頃にしか感じられないものが詰まっていて素敵だなと思っていました。 僕もそうでした。 平川監督とは初主演の作品「ツナグ」でガチガチに緊張していた僕に ムチを打ちながら支えてくださった方。 監督のお陰で走りきることができました。 その平川監督ともう一度組む事ができる喜びと緊張感を噛み締めながら、 撮影に臨みたいと思います。 監督は平川雄一朗 本作の監督は、「白夜行」「JIN-仁-」「義母と娘のブルース」『ツナグ』などを手掛け、もうすぐ公開を迎える山田涼介出演の『記憶屋 あなたを忘れない』でもメガホンをとった平川雄一朗が務める。 平川雄一朗監督コメント ストーリー 読書が大好きな中学3年生の月島雫は、同級生・天沢聖司と出会う。 最初の印象は最悪だったが、夢を追う聖司に次第に惹かれていく雫。 聖司も小説家になるという雫の夢を知り、彼女に想いを寄せ始める。 そして2人は「お互いきっと、夢を叶えよう」と誓い合う。 そして、10年の月日が流れ24歳になった雫は、出版社で児童小説の編集者になっていた。 小説家になる夢はあきらめ、本を売るために必死な毎日。 『耳をすませば』は9月18日(金)より全国にて公開。 《cinemacafe. net》.

次の

ドラマスペシャル『微笑む人』|テレビ朝日

松坂桃李ドラマ

松坂桃李、山本美月 - C 秦淳司 の人気コミック「パーフェクトワールド」が、との共演でドラマ化されることが明らかになった。 松坂と山本は本作が初共演となる。 ドラマはカンテレ・フジテレビ系にて4月より放送スタート(毎週火曜よる9時放送)。 昨年にはとの共演で映画化もされた、累計部数170万部を突破している「パーフェクトワールド」。 話題作への出演が続く松坂がドラマ版で演じるのは、大学時代の事故で脊髄を損傷し、車いすに乗っている主人公の建築士・鮎川樹。 ヒロイン役の山本は、彼と偶然再会した高校の同級生・川奈つぐみを演じる。 さまざまな問題を抱えながらも、2人が心を通わせ合うことで変化が訪れていくというラブストーリーが展開する。 [PR] 連続ドラマで純粋なラブストーリーに挑戦するのは初めてという松坂は「自分の中では新鮮で、『ラブストーリーやるのか~、そわそわするな』と嬉しい面もあれば、表情が崩れるような、正直こそばゆい面もあります。 さらにハンディキャップを背負いながらのラブストーリーなので、リアルさとハンディキャップを抱えた生活ならではの葛藤や共感も丁寧に描ければいいなと思っています」と意気込み。 一方の山本も「恋愛ドラマに参加をすることがあっても、恋愛の部分に大きく関わる経験が少なかったので、とても楽しみです。 また、私はこの漫画を読んで、障がいを抱えている方の気持ちを全然理解できていなかったことに気付かされました」とコメントしている。 原作コミックの書影 - C 有賀リエ/講談社 脚本は、ドラマ「隣の家族は青く見える」などの。 クランクインは今年3月以降を予定しているとのこと。 「サイレーン」は僕のGP帯初主演ドラマだったので、思い出が多く、みんなで苦難を乗り越えた作品で、今でも鮮明に覚えています。 また今まで夫婦のお話はあったのですが、実は、連続ドラマで純粋なラブストーリーに挑戦するのは初めてなので自分の中では新鮮で、「ラブストーリーやるのか~、そわそわするな」と嬉しい面もあれば、表情が崩れるような、正直こそばゆい面もあります。 さらにハンディキャップを背負いながらのラブストーリーなので、リアルさとハンディキャップを抱えた生活ならではの葛藤や共感も丁寧に描ければいいなと思っています。 アニメやゲームが好き……、同じニオイがします(笑)。 勘違いしないでいただきたいのですが、僕はオタクというのは、何かひとつ、極めた者がもらえる称号だと思っていて、山本美月さんはそれを持っている方だと思います。 山本さんには及ばないですが、そこをきっかけに、お好きなものを見聞きし、歩み寄っていきたいです。 女優さんとしては、思い切りがすごくいい印象というか。 監督の意図に沿って全力でやるというイメージがあります。 役に対しての思い切り、忖度(そんたく)でやるということではなく、純粋にそこに対しての気持ちよさを感じます。 あと年上男性からすごくモテそう(笑)。 ハッとさせられるような視聴者の方目線に近いのが、つぐみの目線であって、そこを皮切りに恋愛が始まり、共に困難を乗り越えていくと思うと今から楽しみです。 ただ僕はなるべく平和にことを進めたいタイプなので、困難を乗り越えて進んでいくという部分については妄想をしています(笑)。 恋愛は人生を、より色濃くさせる経験のひとつで、職業ドラマや刑事ドラマでもラブストーリーによって、気持ちが動かされているものが多い。 樹がつぐみと出会い、惹かれていくと同時に諦めていたバスケをもう一度しようと思い始め、心にフタをしていた自分が変わっていく。 主人公の人生観や価値観が恋愛によって変わっていく様は表現していきたいなと思っています。 撮影がはじまらないと分からないことが多く、勝手も違いますし、慎重にやっていかなければならないと思っています。 どの所作が難しいことなのかもわからないくらい自然にされていたので、後からそうだよな、とハッとさせられました。 自然に見せるためには相当練習が必要ですし、とにかく頑張るしかないという気持ちが今は大きいです。 バリアフリーを前提に、物理的な住みやすさだけではなく、心の住みやすさを追求したデザイン、気持ちいい空間をつくるということの大切さを伝えていく作品になればいいなと思っています。 連ドラとしては初めてのラブストーリー、全力で頑張ります! 積み重ねていける、連続ドラマならではの利点を生かし、山本美月さんと力を合わせ、作品に向き合っていきたいと思っています。 人を愛する心をまっすぐに表現している作品だと思いました。 樹の障害を通して、私自身知らなかったことがたくさんあり、とても考えさせられました。 私は少女漫画を普段あまり読まないのですが、久しぶりに読むと恋愛のもどかしさがなんだか新鮮に感じ、恋が愛へと変化する気持ちを見させていただいたような気がします。 今回初めてお会いするので、テレビで拝見した印象で恐縮ですが、とても完璧な人! というイメージがあります。 役者として先輩の松坂さんとご一緒させていただけるのは、とても嬉しいですし、頼もしいです。 このような恋愛ドラマに出ることがあまりないので、松坂さんはじめ、キャストみんなで楽しい現場が作れたら嬉しいです。 色々な形の障がいがあるとは思いますが、それを2人でどう乗り越えるかを一緒に考えながら、時にぶつかり合いながら、共に進めていけたら素敵だと思います。 また、私はこの漫画を読んで、障がいを抱えている方の気持ちを全然理解できていなかったことに気付かされました。 身体障がい者用の車の存在だったり、スポーツ、視線の低さ、ほんの少しの段差が車いすの方にとって、大きなハードルになってしまうことだったり。 きっとまだまだ知らないことはあるとは思いますが、このドラマを見ることで、身体に障がいを抱えている方々の気持ちを理解してもらえたらと思います。 そして、どんな人でも同じように暮らせる世界になったらと思う方が少しでも増えたらと思います。 実際に現場で監督や演者同士でお会いすると、色々と変わることは多いとは思いますが、自分の中のつぐみの樹への恋心を今から少しずつ育てて、ドラマと一緒にたくさん悩みながら成長させていけたらと思います。

次の