足 が つる 原因 は。 夜中に足がつる・こむら返りの原因

足がつる・こむら返りの原因・予防・対処法

足 が つる 原因 は

もくじ• ミネラルなどのバランスが崩れると「つる」! 脱水 運動をするなどで大量の汗をかくと、脱水状態になることがあります。 そのようなときは、筋肉や神経の働きを調整している血液中のカルシウム・マグネシウムなど、ミネラル(電解質)のバランスが崩れることがあります。 水分が不足し、筋肉を安定させている電解質が不足すると、筋肉は十分な代謝を行うことができなくなります。 そうすると、こむら返りが起こるリスクが高くなります。 それが、こむら返りです。 その他にも、次のような時はこむら返りが起こりやすいと考えられています。 過度の労働や運動による体の疲れ• 体の冷え• ふだん使わない筋肉を使った後や、急に負荷をかけた後など どうして、寝ているときに起こるの? こむら返りが就寝中に起こりやすいのは、 足の甲とすねが一直線になる状態が長時間続き、感覚器官の働きが鈍くなるからです。 食生活の面では、ビタミン・ミネラルが不足すると、電解質のバランスが崩れ、こむら返りが起こりやすくなると考えられています。 また、一時的な糖分の過剰摂取も、代謝のためにビタミンが消費されるため、こむら返りが起こることがあります。 偏った食事や、栄養不足などが原因で、起こる場合もあります。 よくこむら返りになるという人は、ビタミン・ミネラルの摂取ができているかなど、日々の生活習慣を見直すことをおすすめします。 よく足がつるのは、病気なの? 生活に支障をきたすほど、こむら返りが頻繁に起こる場合には、何らかの病気が潜んでいる可能性があります。 考えられる病気と症状は、次のとおりです。 熱中症• 腎疾患(人工透析の場合)• プラスイオンが増えてバランスが崩れると、人体にさまざまな影響を与えると考えられている。 血管系疾患• 下肢静脈瘤• 血管炎• 閉塞(へいそく)性動脈硬化症など 内分泌系疾患• 甲状腺機能低下症• 副甲状腺機能低下症• アジソン病など 神経筋疾患• 脳梗塞• 椎間板ヘルニア• 脊柱管狭窄(きょうさく)症• 筋萎縮性側索硬化症• 筋ジストロフィーなど 代謝異常• 糖尿病• 肝硬変• 低栄養状態など 骨関節疾患• 関節炎など これらの他、薬剤の副作用によってもこむら返りが起こることがあります。 高血圧症• 脂質異常症• ぜんそく• 抗ガン剤• ホルモン剤などの薬 処置は、足の指を、手前にゆっくり引く ストレッチ、マッサージを行う こむら返りは多くの場合、一過性のため、ストレッチやマッサージを行うと快方に向かいます。 ふくらはぎが痛い場合は、次のようにストレッチをしてください。 膝を伸ばして座る• 足の指先を手前にゆっくり引き寄せる• 立ちながら足を前後にずらしてアキレス腱(けん)を伸ばす 漢方薬を使用する こむら返りに使用される漢方薬には、筋肉のけいれんを抑える働きがある芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)があります。 芍薬甘草湯は、服用後10分ほどで働きが出て、即効性も期待できます。 しかし、次のような副作用も生じやすいため、服用回数を医師と相談する必要があります。 だるさ• 生活習慣の影響、何らかの病気のサインなどと考えられています。 こむら返りが長時間続くことはほぼないため、症状に適したケアや、安静にしていると、改善するケースがほとんどです。 こむら返りを何度も繰り返す場合は、筋肉の疲労などでふくらはぎが、けいれんしているだけではないかもしれません。 元々患っている病気(基礎疾患)が原因で、こむら返りが起こっている恐れもあります。 気になる方は、早めに医療機関を受診して、医師に相談してください。 【参考文献】 『メルクマニュアル 筋痙攣 — プロフェショナル版』.

次の

足がつる・こむら返りの原因・予防・対処法

足 が つる 原因 は

寝ている時、足がつって激痛で飛び起きた!そんな経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか?夜中に何度も足がつってしまうために睡眠不足になってしまうことも・・・。 特に高齢の方は足がつりやすいといわれています。 今回は、足がつる原因とその対処法、予防法をご紹介いたします。 なぜ足がつるのか 私達が普段身体を動かす時、脳が命令を出して筋肉を収縮させています。 しかし、なんらかの原因で 脳が命令を出していないのに筋肉が異常に収縮・痙攣し、足がつってしまうのです。 異常な収縮・痙攣は、激しい運動をした後、疲れている時、立ち仕事の後、就寝中に起こりやすいとされています。• つりやすい場所 足の裏や指、背中がつることもありますが、一番多いのはふくらはぎと言われています。 ふくらはぎがつることを、ふくらはぎの辺りのふくらみを指す 「こむら」から「こむらがえり」と呼びます。 筋肉の疲労 通常運動をした後は、脳から筋肉を緩める命令が送られます。 しかし、激しい運動などで筋肉が疲労していると、エネルギーの補給が間に合わず、足のつりを起こします。 ミネラルの不足 カルシウム、ナトリウム、マグネシウムなど血液中のミネラルは、神経や筋肉の動きを調節しています。 このミネラルが不足すると、筋肉の痙攣が起こるのではないかと言われています。 汗をかくなど、 日常生活の些細な出来事でミネラルは体外に出てしまいます。 体内にミネラルは僅かしか蓄えておくことが出来ないため、こまめに補給しないと足のつりを起こします。 水分不足 水分が不足すると血液がドロドロになり 流れが悪くなります。 血流が悪くなると、筋肉が硬くなり足がつりやすい状態になります。 その為、水分が不足しがちな夏に足がつりやすいのです。 冷え 身体が冷えると筋肉が緊張状態になり、急な動きに対応できず、足がつってしまいます。 また、冷えによって血流が悪くなることも、足がつる原因になります。 寝ている時に足がつりやすいのは、汗をかいてミネラルが不足し、水分が不足して血流が悪くなり、寝ている間は足を動かさないため筋肉が硬くなったところに、寝返りなどで急に筋肉を動かすという条件が重なるためです。 高齢になると、つりやすくなる理由 多くの方が「歳をとってからよく足がつるようになった」と口にされています。 これは、高齢になるにつれて身体が「足がつりやすい状態」に陥りやすくなるからと言われています。 筋肉量の減少 高齢になると運動量が減り、筋肉が衰えてしまします。 筋肉が衰えると、 筋肉の血液を送り出すポンプとしての機能が低下してしまうため、血液の流れが悪くなり、血液から各細胞への栄養・ミネラル補給が上手くいかなくなります。 その結果、日常生活でも疲れやすく疲労が蓄積されやすくなります。 水分不足になりやすい 水分を蓄える筋肉が減ってしまう、食事の量が減るため食べ物からの水分摂取量が減るなどが原因で、 高齢になると水分が不足しがちになってしまいます。 また、喉の渇きを感じにくくなるため水分を摂取するのが遅れがちになります。 薬によるミネラルバランスの変化 持病をもっていて薬を飲まなければならない場合、その薬によってミネラルバランスが崩れ、それが原因で足のつりが起こることもあります。 また、高血圧の薬など副作用として足がつる場合があります。 いずれにせよ、あまりにも足がつる場合は主治医に相談することをおススメします。 足がつってしまったときは?(対策) 足がつったときは、痙攣している筋肉を伸ばしてあげる必要があります。 仰向けで寝ている時、ふくらはぎがつってしまったら足先をつかんで 足の裏が上に向くようにゆっくりと引くことで筋肉を伸ばすことができます。 この時、急に行うと筋肉がびっくりしてしまい最悪肉離れを起こしてしまいます。 早く痛みを楽にするために、急いで筋肉を伸ばしたくなりますが 必ずゆっくりおこなって下さい。 また、優しくマッサージすることも効果的です。 力を入れてマッサージするのではなく、 さする程度の力で下から上へリンパを流すようにゆっくり優しくマッサージしてください。 つることで疑われる病気 病気が原因で足がつる場合もあります。 例えば、 糖尿病・腎疾患・椎間板ヘルニア・動脈硬化・脳梗塞があげられます。 これらの病気の場合、足がつる症状以外に 手足の痺れや、むくみ、言葉のもつれ、歩行障がいなどのそれぞれの病気の特徴的な症状が重なってみられます。 水分もしっかりとって、適度に運動しているはずなのに 頻繁に足がつるという方は、一度診察を受けるようにしましょう。 つらない為の予防策 バランスの良い食事を心がける カルシウムやマグネシウム、ビタミンB1が不足すると足がつりやすくなると言われています。 カルシウムは乳製品や小魚、マグネシウムは大豆製品や海草やゴマ、ビタミンB1は豚肉や玄米などに多く含まれています。 ミネラルの不足は、足がつるだけでなく様々な体調不良を引き起こしたり、骨粗しょう症を引き起こすことに繋がったりします。 日ごろからバランスの良い食事を心がけましょう。 水分をしっかりとる 喉が渇いたと感じる前に、こまめに水分補給をするようにしましょう。 特に寝ている時は、水分不足に陥りやすくなります。 夜中にトイレに行きたくない為、寝る前の水分補給を控える方は多いのではないのでしょうか?しかし、寝ている間も汗をかき、どんどん体内の水分量は減っていきます。 寝る前に、 コップ半分~1杯の水を飲むことを習慣にしましょう。 身体を冷やさない 冬場は特に、寒さによる冷えで筋肉が収縮し、つりやすくなってしまいます。 シャワーではなくお風呂にしっかり浸かり身体を芯から温めるようにしましょう。 また、寝ている間に身体が冷えてくるので足元を暖かくしておきましょう。 適度に身体を動かす 筋肉量の減少を防ぐ為にも、無理のない程度に身体を動かしましょう。 次の日に疲れが残らない程度のウォーキングやストレッチがおススメです。 ストレッチをして身体を柔らかくすることで、血行促進につながり足がつりにくい身体になります。 夜、軽くストレッチすることを習慣にすると良いでしょう。 また、マッサージも筋肉を柔らかくし、血行を良くします。 高齢の方は肌が乾燥しやすいので、保湿クリームやオイルなどを塗ってマッサージをすることで、保湿もできます。 予防をしていても、慢性的に足のつりが続くようでしたら必ず診察を受けるようにしましょう。

次の

足の指がつる4つの原因と治し方|癖になるって本当?なぜ指が曲がるの?

足 が つる 原因 は

突然、足がつって痛くて悶えたという経験、ありませんか?夜寝ている時なんかに足がつることも、けっこうよくありますよね。 しばらくすれば治まるとはいえ、あの強烈な痛みは、できればあまり体験したくないものです。 このように、誰にでも起こり得る足の攣り(つり)って、いったいどうして起きるのでしょうか?よく足がつるという人には、何か特徴があるのでしょうか?また、頻繁に足が攣る場合はどんな病院に行けばいいのでしょう? 今回は、そんな「足の攣り」に焦点を当てて、原因や予防法、対策などを詳しく、分かりやすくお話していきます。 こんな人は足がつりやすい!?よくある状況や部位などを紹介! たまに足がつるという程度ならそんなに気にならないかもしれませんが、しょっちゅう足がつるとなると相当なストレスですよね。 でも中には、足がつりやすい条件の人もいるんです。 この章では、まず足がつりやすいのはどんな条件の人なのか、足の部位の中でもどこがつりやすいのかといったことについてお話していきます。 つりやすい部位 あなたは「足がつる」と聞いて、どこを連想しますか?人によって、その部位は様々なはず。 でも、比較的よく足がつる部位というのは存在します。 ふくらはぎ• 足の裏• 足の指• 足の甲• すね これらの部位で、よく足の攣りが見られます。 一般的にはふくらはぎが多いですが、「いつも足の指ばかり攣る」という人もいるように、人によっては全くつらないところと、よくつるところがあるというのも、有りがちなケースです。 また、いくつかの部位が同時につることもあります。 足の指がつったからマッサージしていたら、隣の指までつりはじめたなんてこともあり、これはかなり辛い痛みの体験となってしまいます。 足がつりやすい時間帯 足がつったときのことを思い出していただくと、おのずと足がつりやすい時間帯というのがうかびあがってきます。 具体的には、• 明け方• 運動中 が多いです。 明け方に起きようとして足を動かしたり、伸びをしたらその途端に足がつったという経験をした人は、意外と多いのではないでしょうか。 後にお話するように、冷えも足がつる原因のひとつです。 明け方に気温が下がって身体が冷えるため、この時間帯によく足が攣るのだと考えられています。 また、お布団の重みが原因になることもあります。 さらに、運動中もよく足の痙攣が起きるタイミングのひとつです。 泳いでいるときやランニングしているときに、ふくらはぎや足の裏が釣ったことがある人も少なくないはず。 この場合も、水中での足の冷えや運動による筋肉の疲労が、足の攣りを招くと考えられます。 足がつりやすい人 以下のような人たちは、そうでない人たちよりも足がつりやすいと言われています。 高齢者• 妊娠中の女性• 服薬中の人 筋力が弱まってくる高齢者の方は、足がよく攣ると言われています。 また、ありとあらゆるマイナートラブルが生じやすい妊娠中ですが、足がつることもよくあるトラブルのひとつです。 妊婦さんに足の痙攣が起きやすい理由として、冷えやすいことに加えて、赤ちゃんの重みで骨盤が緩んだり歪んだりしやすいことが挙げられます。 また、薬剤の影響で足が攣りやすくなることもあります。 高血圧・狭心症• 甲状腺疾患• 高脂血症• 糖尿病• ホルモン剤 足がつるのって、本当に突然だし、痛みも激しくてツラいよね。 女性は妊娠中だと特に足がつりやすくなるから、冷えには普段から気を付けてね。 それから、骨盤をサポートするために骨盤ベルトを使うのも効果的だよ! どうして足がつるの?そのメカニズムを知っておこう! 足が攣ることを、別名こむらがえりとも呼びますが、そんな足の攣りやこむらがえりは一体どうして起こるのでしょうか?ここでは、そのメカニズムや原因を探っていきましょう。 足がつるメカニズム 足が攣っているとき、その部位で何が起こっているのでしょうか。 それはズバリ筋肉の痙攣(けいれん)です。 筋肉は、脳や神経からの命令によって収縮します。 この命令の伝達には筋肉内の電解質やミネラルバランスが関わっているのですが、筋肉の疲労や様々な理由で、その電解質やミネラルバランスが乱れてしまうと、命令以上に筋肉が収縮してしまい、痙攣が起きてしまうのです。 足がつる原因 そんな筋肉の痙攣を引き起こす要因は、たくさんあります。 先にも少し触れましたが、もう一度詳しく、足がつる要因になるものを挙げておきます。 骨盤のゆがみ• 身体の冷え• 筋肉の疲労や衰え• 電解質バランスの乱れ• 水分やミネラルの不足• 薬の副作用 このような理由で、筋肉を正常に動かすための指令がうまく働かなくなってしまうのです。 また、この他にも、肥満も足の攣りやこむらがえりを誘発すると考えられているんです。 肥満傾向があって足がよく攣るという人は、まずは体重や脂肪を落とす努力をしてみると良いかもしれません。 足が攣ってる時って、筋肉がビクビクと動いてるのが見える時もあるくらいだし、やっぱり痙攣が起きているんだね。 女性は骨盤が歪んだり身体が冷えたりしやすいから、そこを改善するだけでも足がつる回数が減らせるかもしれないね! ひんぱんに足がつるなら病気の可能性も!?こんな病気に注意! 足がつる要因にはミネラル不足をはじめとする様々なものがあることを、前章でお話しました。 こういったものは、健康な人でももちろん起こり得るものです。 しかし中には、病気が原因になっているケースもあり得ます。 ここでは、こむらがえりが繰り返される場合、どんな病気が考えられるかをご説明していきます。 足がつることで疑われる病気 こむらがえりや足の攣りが頻繁な場合に疑われる病気としては、以下のようなものがあります。 糖尿病• 椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症• 動脈硬化• 下肢の静脈瘤 糖尿病が悪化してくると、合併症である神経障害によって、足が攣りやすくなります。 また、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症では筋肉の緊張が、動脈硬化や下肢静脈瘤は血行不良が元となって、足が頻繁に攣るという症状が起こることがあります。 このように、メカニズムには多少の違いがあるものの、よく足がつるという背景には病気があるケースもあり得るのです。 怖い閉塞性動脈硬化症 上記のように、頻繁なこむら返りには病気がかくれていることがあるわけですが、中でも閉塞性動脈硬化症という病気には注意が必要です。 酷いケースでは足を切断しなければならないこともあり得るのです。 よく足が攣るけど原因が分からないという人は、引用文中にあるように、両足を上に挙げて血行が悪くなっていないか確かめてみてはいかがでしょうか。 病院は何科へ行くべき? 病気が元となって頻繁に足が攣ってしまうという人は、その病気を治療している主治医に相談してみましょう。 特に思い当たる病気がないのに、よく足がつるという人は、やはり病気が隠れているかもしれませんので、一度受診することをおすすめします。 その場合は、内科か整形外科に相談すると良いでしょう。 必要に応じて一度にいろんな検査ができるよう、総合病院が便利です。 足の血行が悪くなったり、神経の障害が起きたりする病気によっても、足が攣るという症状が出てくるわけだね。 この場合は、数か月に1回なんていう頻度じゃなく、毎日という人もいるよ。 もしそうなったら、すぐに病院へ行ってね! 知っておくと助かるかも!足がつった時の対処法や予防法はこれ! 病気が原因になっている足の攣りなら、元となる病気を治療することが最大の対処法や予防法になります。 では、多くの健康な人が経験するこむら返りには、どう対処したらよいでしょうか?予防する方法や、実際に足が攣ってしまった時にどうしたら早く治るのかといった対処法をご紹介します。 どうすれば予防できる? こむら返りの激しい痛みを回避するためには、日頃から予防しておくことが肝心です。 以下に予防法をご紹介します。 バランスよく食事を摂る• 冷えを改善する• 適度な運動をする• 水分補給をしっかりする 運動中に足がつるのを防ぐには、運動前後にストレッチをしっかりやることです。 そうして、筋肉にかかる負担を少なくしてあげましょう。 睡眠中のこむら返り予防は、やはり温めることです。 寝る前にお風呂に入る、冷え性がある人は湯たんぽや腹巻きをして寝るなどしてみましょう。

次の