川口 春奈 教場。 【教場】生徒役のキャスト!工藤阿須加・川口春奈・林遣都・葵わかな他

教場のネタバレ第二夜!続きは川口春奈と富田望生が女のバトル!

川口 春奈 教場

木村拓哉主演で、1月4・5日に放送された新春SPドラマ「教場」(フジテレビ系)が、前編が15. 3%、後編が15. 0%と、ともに高視聴率をマークした。 昨秋のクールの主演連ドラ「グランメゾン東京」(TBS系)での最高視聴率は最終回で16. 4%と大躍進したものの、全11話を通しての平均視聴率は10%~14%台だっただけに「教場」の数字は、「平成の視聴率男」復活の勢いを感じさせる結果だった。 「『教場』は一貫して硬派なドラマで、ネット上では《正月に家族で観るのには、少し重い内容ではないか》と不安視されていましたが、お笑いやバラエティ番組に飽きているタイミングで視聴者たちに、うまく刺さった。 《キムタクはラブストーリーよりこういうドラマのが合ってるかも》といった声も見られました」(芸能ライター) 劇中では、木村演じる警察学校の教官・風間公親は、白髪で、義眼のため色眼鏡をかけている、という設定の容貌だったが、この木村の姿には〈新境地の開拓のための苦肉の策では?〉などの声もあがるなど、事前の評判は決して良いものばかりではなかった。 そのため、むしろ風間の生徒役たちの個性が個々に光るものになり、ドラマ全体にも鬼気迫るような迫力が出た印象です」(前出・芸能ライター) 生徒役では、大島優子、葵わかな、そして、好意を持っている風間を誘惑するほど容姿には自信を持っているという設定の菱沼羽津希を演じた川口春奈と、アイドル的な容姿の女性陣が顔をそろえ好演。 実家の都合で警察官の夢をあきらめる時の嗚咽、警察学校をひとりで去る際の止まらない大粒の涙。 川口扮する菱沼に武術の訓練で見せた厳しい表情から一転、劇中ラストに見せた、実家の家業である旅館の女将として見せた落ち着き、さらに飛び切りの笑顔と着物姿には、そこはかとなく色香さえありました。 少々ぽっちゃり体型で、容姿でファンを引き込むタイプではないが、きっと今後のドラマ界で頭角を現していくはずですよ」(前出・芸能ライター) いずれにせよ、今後の木村は、TBS系とテレビ朝日系で隔年ごとに連ドラの主演が決まっているという話も伝わっている。 しかし、フジ系で放送されたこの「教場」も連ドラ化するのでは?との見方も出るほど、大きなインパクトを視聴者に残せたことは間違いないようだ。 (島花鈴).

次の

教場で川口春奈が演じる菱沼羽津希はどんな生徒役⁈ショートカットも必見!

川口 春奈 教場

来年1月に2夜連続放送の木村拓哉さん主演スペシャルドラマ『教場(きょうじょう)』の追加キャストが発表されました。 フジテレビ開局60周年スペシャルドラマとして放送される『教場』は、作家・長岡弘樹さんの同名ベストセラー警察小説が原作で、主演の木村拓哉さんは冷徹で厳しい警察学校の鬼教官を演じます。 木村拓哉さんは自身の中国版ツイッター『微博(ウェイボー)』のアカウントに、教官姿の写真をいくつか投稿しています。 また、川口春奈さん演じる菱沼羽津希(ひしぬま・はづき)は、風間のクラスの中では一番の美貌を誇る生徒という設定で、風間に取り入ろうとするなど自信過剰な部分があり、人を誘惑してサバイバルゲームを生き抜いていきます。 ちなみに、川口春奈さんは警察学校の実際の規則に合わせて、ショートヘアのウィッグを付けて出演します。 林遣都さん演じる平田和道(ひらた・かずみち)は、警察官の息子ながら、定職に就かずに様々な仕事を転々とし、最後のチャンスとして警察学校へ入校したものの、クラスでは一番の落ちこぼれという役柄です。 葵わかなさん演じる岸川沙織(きしかわ・さおり)は、気が弱くて体力にも自信が無く、そうした自分を変えるために警察官を目指しています。 富田望生さん演じる枝元祐奈(えだもと・ゆな)は、元女子レスリング選手という経歴を持つ生徒です。 井之脇海さん演じる南原哲久(なんばら・てつひさ)は、人当たりが良くて周囲に溶け込む性格で、モノに対するこだわりが強く、拳銃マニアという趣味が高じて警察官を目指しているという役柄です。 味方良介さん演じる都築耀太(つづき・ようた)は、成績優秀で何事もこなすものの、ポーカーフェイスで感情をあまり表に出さないことでクラスでも浮いており、風間に果敢に反抗するキーパーソンでもあります。 また、村井良大さん演じる石山広平(いしやま・こうへい)は、クラスのムードメーカーという役柄となっています。 キャスト陣は役作りのため、クランクイン前から元警察官の指導のもとで厳しいトレーニングを受け、すでに撮影に入っているとのことです。 そして、生徒役のキャスト発表を受けてネット上では、• キムタクはどうあれ楽しみ• キムタク主演だけど生徒にジャニーズいないんですね• キムタクが教官かあ。 グッドラック面白かったなあ。 キムタクも教官側をするようになったんだね。 原作読んだら面白かったから期待のドラマ!工藤くんも適してると思う。 川口春奈ちゃん、ハルヒ以来のショートヘア似合ってる!! 可愛い ドラマ楽しみ• 川口は、またまたキャンキャン文句を言う役だと予想する• おもしろそう。 どこまで俳優陣がリアルに演じられるか楽しみ。 待ち遠しいドラマですねー。 本職の方たちの評価も知りたい。 まああくまでフィクションでしょうけど、期待してます!• 阿須加は親父に似て目も大きく男前の顔立ちだよね。 こういう衣装でかつ生徒役ってマッチしてると思う• 工藤阿須加が活躍出来てるのは親のコネもあると思うけど、小泉孝太郎と同じでコネを感じ指せない俳優• キムタク主演で史上最低視聴率になる可能性も出てきたな。 よく、川口が主要人物で企画が通ったな。 ことごとく主演級がこけて今年も案の定こけたのだから、もう主要人物を演じることなんてないと思っていたが、またキャスティングされて本当にびっくり などのコメントが寄せられています。 今作で木村拓哉さんは、これまでとは違った冷酷無比な鬼教官役を演じることで注目を集めており、今回発表された生徒役を演じるキャスト陣も実力のある若手が揃っているようなので、どういった仕上がりになるのか楽しみですね。 まだ発表されていないのですが、週刊誌『週刊新潮』のWeb版『デイリー新潮』が12日に配信の記事によると、小日向文世さん、光石研さんといった人気バイプレーヤーのほかに、三浦翔平さん、元AKB48・大島優子さんの出演が決まっているという情報があると伝えています。 こうしたキャスト陣に対して記事では「共演者が弱い」としているのですが、その分、木村拓哉さんの演技が作品の印象を大きく左右するとみられ、現時点では否定的な反応も少なくないですが良い作品になることを期待したいです。

次の

川口春奈&富田望生 『教場』オフショット “おそろいショートヘア”に反響 /2020年1月6日 1ページ目

川口 春奈 教場

12月18日、都内でスペシャルドラマ『教場』(フジテレビ系)の制作発表会見が行われ、木村拓哉、工藤阿須加、川口春奈、葵わかな 、井之脇海、西畑大吾(なにわ男子/関西ジャニーズJr. )、富田望生、味方良介、村井良大、大島優子、三浦翔平、中江功監督が登壇した。 木村拓哉 長岡弘樹による同名警察小説を映像化した本作。 主人公の冷徹な教官・風間公親を木村拓哉が演じ、警察学校を舞台に繰り広げられる様々な人間模様が描かれる。 木村演じる風間が受け持つことになったクラスの生徒役として工藤阿須加、川口春奈、林遣都、葵わかな、井之脇海、西畑大吾、富田望生、味方良介、村井良大、大島優子、三浦翔平といった豪華実力派俳優たちが集結。 脚本は『踊る大捜査線』シリーズなどを手掛けるヒットメーカー君塚良一が担当し、メガホンを握った中江功は、木村とは『若者のすべて』(1994年)、『眠れる森』(1998年)、『プライド』(2004年)などの作品で共に伝説を作ってきた。 会場の後方からキャストたちが大歓声に包まれながら登場。 キャストも観客と同じように会場で初めて前編を鑑賞したといい、木村は「見終わって、スタンバイをする間に、ここに登壇しているキャストとはハイタッチをさせていただきました」と高い完成度の作品が生まれたことを喜んだ。 生徒役を務めたキャストたちが、見た感想を話しはじめる中、木村の後輩でもある西畑は「初っ端から鳥肌立ちすぎて鳥になっちゃいそうな感じ、それくらい鳥肌が立ったんですけど、本当に素敵な作品に……どうしました?」と木村の方を向く。 会場はざわざわとした雰囲気に包まれており、木村と川口は西畑の「鳥になっちゃいそう」発言に、「今の大丈夫か?」(木村)、「ではないですね」(川口)とマイクを通してツッコミを連発した。 西畑大吾 初めての映像作品への出演だったという味方は「自分の芝居を見るということの気持ち悪さというか、痒さを初めて感じられた」と新鮮味を明かす。 また、三浦は暑い夏の日の現場を振り返りながら「真夏の30度越えの中、朝から晩まで1日中撮影していたシーンが2秒ぐらいでしたね」というコメントで会場に笑いを起こし、「こうやってドラマってできるんだなって改めて思いました」と話した。

次の