コメ 収穫 量 ランキング。 米(都道府県データランキング)

米生産量の都道府県ランキング

コメ 収穫 量 ランキング

日本のお米の産地はどこが有名? 日本のお米の有名な産地はどこ?と聞かれたら、どこを思い浮かべますか。 なんとなく、北の寒い地域を想像する方が多いと思いますが、収穫量が最も多いのは「新潟県」。 2位は「北海道」、3位「秋田県」と続きます。 最も少ないのは「東京都」、次いで「沖縄県」「神奈川県」となります。 都道府県別・お米の収穫量ランキング(平成30年) 実際のお米の収穫量を都道府県別で多い順に並べてみました。 順位 都道府県 収穫量 作付面積 10a当たり収量 1位 新潟 627,600 118,200 531 2位 北海道 514,800 104,000 495 3位 秋田 491,100 87,700 560 4位 山形 374,100 64,500 580 5位 宮城 371,400 67,400 551 6位 福島 364,100 64,900 561 7位 茨城 358,400 68,400 524 8位 栃木 321,800 58,500 550 9位 千葉 301,400 55,600 542 10位 岩手 273,100 50,300 543 11位 青森 263,400 44,200 596 12位 富山 205,900 37,300 552 13位 長野 199,000 32,200 618 14位 福岡 182,900 35,300 518 15位 兵庫 182,000 37,000 492 16位 熊本 176,200 33,300 529 17位 滋賀 162,300 31,700 512 18位 岡山 156,100 30,200 517 19位 埼玉 155,400 31,900 487 20位 愛知 137,700 27,600 499 21位 三重 137,200 27,500 499 22位 福井 132,500 25,000 530 23位 石川 130,300 25,100 519 24位 佐賀 129,300 24,300 532 25位 広島 122,900 23,400 525 26位 岐阜 107,600 22,500 478 27位 大分 103,700 20,700 501 28位 山口 103,400 19,800 522 29位 鹿児島 92,400 19,200 481 30位 島根 91,700 17,500 524 31位 静岡 79,900 15,800 506 32位 宮崎 79,400 16,100 493 33位 群馬 78,900 15,600 506 34位 京都 72,800 14,500 502 35位 愛媛 69,200 13,900 498 36位 鳥取 63,700 12,800 498 37位 香川 59,900 12,500 479 38位 長崎 57,400 11,500 499 39位 徳島 53,600 11,400 470 40位 高知 50,700 11,500 441 41位 奈良 44,100 8,580 514 42位 和歌山 31,600 6,430 492 43位 山梨 26,600 4,900 542 44位 大阪 24,700 5,010 494 45位 神奈川 15,200 3,080 492 46位 沖縄 2,210 716 308 47位 東京 555 133 417 合計 7,780,000 1,470,000 529 参考資料:農林水産省「平成30年産水稲の作付面積及び収穫量」 お米作りに適した条件とは? お米作りに適した条件としては主に3つ。 それは「平らな土地」「豊かな水」「昼夜の寒暖差」です。 このような条件を備えた「新潟県」「秋田県」「山形県」「宮城県」「福島県」などは、上表の[収穫量]や[10a当たり収量]が多いことからも分かるように、日本の「米どころ」といわれてきました。 平らな土地 現代のお米作りでは機械を使うことから、広くて平らな土地が良いのです。 豊かな水 稲の生育には、大量の水が使われます。 そのため、山からの豊富な雪どけ水や大きな河川が近くにある地域が適しています。 特に山からの水にはミネラルが豊富に含まれており、お米作りの大切な養分となっております。 昼夜の寒暖差 日中、稲は光合成をして、デンプンを作ります。 デンプンは稲の生長にのために使われますが、夜間の気温が低いと、余分なデンプンが消費されないため、たくさんのデンプンを蓄えた美味しいお米となるのです。

次の

米生産量の都道府県ランキング

コメ 収穫 量 ランキング

順位 お米の品種 作付け比率 主要産地 1位 37. その中でもコシヒカリはダントツで、日本のお米の4割近くを占めています。 まさに日本のお米の代名詞と言えます。 日本のお米の面白い品種名ランキングは? ひとめぼれ、あきたこまち等、日本のお米の名前には、昔からユニークなものがとても多いです。 生産地を連想させ、尚且つ消費者に覚えてもらえるインパクトのある名前である必要があるため、一見したら奇抜な品種名も誕生し易いのかもしれません。 順位 お米の品種 産地 名前の由来 1位 熊本 熊本県で生産され、また熊本は森の都であることから、「森(もり)」、「熊(くま)」、「産 さん 」を取り命名。 2位 なまむすめ 宮城 大切に育てた宮城の名産「ひとめぼれ」の娘との意味を込めて命名。 3位 五百万石 新潟 昭和32年、新潟県が米生産量 五百万石(約75万トン)を突破した事を記念し命名。 4位 青森 青森のお米の食味・品質の追求に「まっしぐら」に、そして、きまじめに取り組んでいく気持ちを込めて。 5位 ゴロピカリ 群馬 群馬名物の雷をイメージして命名。 6位 つくしろまん 福岡 北部九州の古い地名である「つくし」の国と、その時代への「ろまん」に思いをはせ、味わっていただきたいという意味を込めて命名。 7位 にっぽんばれ 滋賀 熟色が極めて鮮麗である特性と、世代促進による育成種第一号であることを記念して(にっぽんばれ)と命名。 8位 天使の詩 佐賀 炊飯すると粒が白く、つやのある特長を持っていることから、純粋無垢な天使からの贈り物を届けるという意味を込めて命名。 9位 めんこいな 秋田 秋田の方言で「かわいらしい」という意味があり、消費者の皆様に「かわいがっていただきたい」との願いを込めて命名。 10位 富山 米が実る秋に稲穂がそよぐ澄みわたる空のイメージと、天高くそびえる立山連峰のごとく、その評価が全国に大きく飛躍する願いを込めて命名。 非常にユニークな名前が多いですね。 しかし捻った名前よりは、単純なネームミングが多いです。 大切に育てたお米に親しみを持ってもらいたいとの生産側の思いも感じられます。 お米の世界の消費量TOP10ランキングは? お米は日本以外でも主食として多くの国で食べられています。 世界で多くのお米を食べている国のランキングはどうなるでしょうか。 国毎の年間消費量と一人当たりの年間消費量をランキングで見てみます。 一人当たり消費量が一番多い国、ブルネイが、お米が本当に好きな国と言えるかも知れません。 お米の生産量の多い県ランキングは? 日本国内でお米の生産量の大い県はどこでしょうか。 日本人の心を掴み続けるおいしいお米の生産地です。 数値をみても差はわずかで、両雄並び立つといった感じでしょうか。 それ以外は一大消費地である東京近郊の県も多くランク入りしています。 ちなみに東京は全県中で最下位の収穫量で、年間たったの674トンとなっています。 お米の好きな県ランキングは? では日本国内でお米の消費量の大い県、お米を食べるのが好きな県はどこでしょうか。 米どころのイメージで予測すると新潟や秋田、宮城などが思い浮かびます。 88 1位 浜松市 111. 11 2位 富山県 104. 18 2位 静岡市 105. 95 3位 石川県 102. 80 3位 新潟市 104. 57 4位 岩手県 98. 70 4位 福島市 101. 72 5位 和歌山県 98. 56 5位 富山市 99. 94 6位 山形県 97. 66 6位 札幌市 99. 65 7位 福井県 95. 63 7位 和歌山市 98. 10 8位 大分県 95. 21 8位 金沢市 98. 04 9位 佐賀県 94. 87 9位 山形市 95. 38 10位 福島県 94. 76 10位 佐賀市 95. 36 県別、都市別ともに静岡が予想外に日本一の消費量です。 お米の生産量では全国40位以下にしかならない静岡が米どころを抑えいるのは、不思議な感じがします。 新鮮な魚、餃子のあてのライスや、お茶とオニギリ組み合わせなど想像してしまいます。 世界の美味しいお米料理ランキングは? 日本以外でも多くの国で主食、副食として食べられているお米。 ではお米を使った料理で世界で美味しいと評価される料理は何でしょうか。 和食は入っているのでしょうか。 順位 料理名 国名 説明 1位 お寿司 日本 言わずと知れた日本を代表する料理であり、世界のお米料理の代名詞ともいえます。 2位 ペナン・アッサムラクサ マレーシア マレーシアのペナン島で食べられている、香辛料の効いた麺料理(ラクサ)。 米粉の麺を使うのがペナン流。 3位 ムーナムトック タイ タイ東北部のイサーン地方独特の料理で、 炒ったお米をまぶした柔らかい豚肉が、酸っぱくて辛いソースによく合う。 4位 フォー ベトナム 日本でも有名なベトナム料理を代表する平打ちの米粉の麺。 鶏や牛から出汁を取った透明なあっさりしたスープにつけて食べる。 5位 生春巻き ベトナム 日本でも御馴染みにお米の皮にエビ、サラダ等を包んで、甘酸っぱいタレに浸けて食べます。 6位 チキンライス シンガポール 日本のチキンライスとは違い、茹でた鶏とその茹で汁で炊いた白米を共に皿へ盛り付けたマレーシアを代表する料理。 7位 パエリヤ スペイン お寿司と並んで世界のお米料理の代表とも言える料理。 お米と魚介類を同じフライパンで炊き上げます。 8位 マサラ・ドーサ インド 米と豆からつくった発酵生地のクレープで、ジャガイモのスパイス炒めを巻き込んだもの南インドの代表料理。 9位 該当なし 10位 該当なし 残念ながら、50位の中に8個のお米料理しかなかったのですが、日本ではあまり知られていない料理が上位に数多くでてきました。 しかしなんと言っても寿司が1位 ランキングでは4位 だったのが、日本人としては嬉しい事です。

次の

《米の生産量》都道府県別ランキング【2018年度版】

コメ 収穫 量 ランキング

米は日本全国、全ての都道府県で生産されています。 日本を代表する米の品種「コシヒカリ」の産地である新潟県が最も米の収穫量が多い都道府県となり、北海道、秋田県、山形県が続いています。 一般的に冷涼な気候を持つ都道府県だけが、その産地として強いとイメージしがちなお米ですが、九州地方では「ヒノヒカリ」、近畿地方では「キヌヒカリ」といった日本の中で収穫量が高いお米が栽培されるなど、様々な都道府県でその地域にあったお米が生産されています。 2018年度産 平成30年産 までの過去データを平均した総合的な米の生産量ランキングにおいて、収穫量が多い産地(都道府県)は、1位が新潟県、2位が北海道、3位が秋田県となっています。 こちらでは、年度別の上位都道府県の収穫量の全国割合をご覧いただけるほか、年度別の詳細ページへのリンクも提供しております。 都道府県 収穫量 収穫量割合 作付面積 作付面積割合 備考 - 全国 8,358,307 t - 1,576,307 ha - 2018年以前までの過去13年間の平均値 1 641,215 t 7. 農家さんが投稿された情報に対するご意見・ご質問に関しては、運営事務局側では回答致しかねますので、農家様に直接お問い合わせいただきますようお願いいたします。 「米」の産地(都道府県)の一般情報に関しては、次に記載の "「米」の産地(都道府県)に関する一般情報" をご覧ください。 「米(こめ,稲)」 の 産地(都道府県)に関する一般 情報 [ジャパンクロップス]で提供している情報は、総務省統計局等の機関から公表されている情報及び、[ジャパンクロップス]運営事務局の独自の視点・調査から提供している情報の2つから構成されております。 ページの中で出典が記載されていない情報は、当運営事務局の独自の視点から提供された情報となります。 運営事務局では、日本で生産された農作物の「米」に関して、国内外の多くの消費者の方に興味をもっていただけるよう、今後も農作物や農業に関する様々な情報を追加していく予定です。 もし、こんな情報もあったらいいな等のご意見や、サイトの記載に誤りを見つけましたら、[ジャパンクロップス]のよりご連絡いただけますと幸いです。 「米(こめ,稲)」 を 生産・販売されている 農家様へ [ジャパンクロップス]では、日本で「米」を生産・販売されている農家様を募集しております。 当サイトでは、「米」に関する商品情報だけでなく、ご自身の情報や、その他の「米」の販売促進につながるようなお知らせを無料で登録・発信いただけます。 これらの情報は、農家様が農業を営んでいる産地(都道府県)や特定の地域、また品種(種類)と紐づけて情報を発信することができます。 インターネットをご利用できる環境さえあれば、会員登録を行っていただければお使いになれます。 パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットでも操作が可能です。 また、海外向けにも情報を発信することができるようになっております。 ご興味の際は、のリンクから新規会員登録を行っていただきますようお願い致します。 または、ご質問や、ご確認事項、もう少し詳細を知りたい方は、[ジャパンクロップス]のよりお気軽にご連絡ください。 また、「米」に関する情報をご登録いただくと、ご希望に応じて、「JapanCROPs」運営事務局で運営する公式フェイスブック上でも、その情報を無料で投稿致します。 これにより、ご登録いただいた情報を、より多くの方にご覧いただく機会や、農家様のメッセージが伝わる機会が増えると考えております。 「JapanCROPs」公式フェイスブックページへの無料での投稿サービスは、期間限定のサービスと考えておりますので、是非この機会に、「米」に関連する農家記事を登録いただき、サービスをご活用いただければと思います。 公式フェイスブックページ.

次の