反り腰 腰痛 ひどい。 腰痛があるけど、ヒップアップがしたいあなたに必要な筋トレは、この2つ!

生理時の腰痛がひどい…婦人科医に聞く、楽になる方法

反り腰 腰痛 ひどい

【目次】 ・ ・ ・ 【生理時の腰痛】どうして起きるの? 生理のときには、剥がれ落ちた子宮内膜を外に出すためのホルモン 「プロスタグランジン」が分泌されます。 この成分で子宮が収縮する時に近くにある臓器が影響を受けて、痛みが出ます。 どこが痛くなるのかは、子宮の向きや内膜症の有無などによって異なります。 子宮は生まれつき前向き(前屈)の人と後ろ向き(後屈)の人がいます。 後屈の人は体の後ろ側に子宮が向いているので、腰痛症状を認めることがあります。 c Shuttestock. com 痛くなった部分に悪いところがあるわけではなく、子宮の向きで痛む場所が決まってしまうのです。 ちなみに子宮は前屈でも後屈でも異常ではありません。 【生理時の腰痛】ひどい場合は子宮内膜症を疑う 我慢できないほどの痛みが伴う腰痛の場合は、何か病気がある恐れがあります。 考えられる病気の一つが 「子宮内膜症」です。 体の外に排出されるはずの生理の血が、子宮の中を逆流して卵巣や、直腸と子宮の間などにくっついてしまうことがあります。 その状態が続くと、子宮内膜症の成分が増えて子宮内膜症を起こします。 内膜症は様々なところにできるが、子宮と腸の間にある 「ダグラス窩(か)」というところに内膜症の成分がつくと、腸と子宮がくっついてしまうことがあります。 こうなると、子宮が収縮する時に腸が引っ張られてしまうので、かなり強い腰痛が出てしまうことに。 c Shuttestock. com 生理のたびに生理痛が重くなってきていて、腰痛もひどくなって来ている人は、内膜症がないかどうかを調べた方が良いです。 内診もしくは超音波検査で調べることができます。 ひどい腰痛が起きる子宮内膜症の治し方 子宮内膜症には様々な種類があって、卵巣が腫れるもの、子宮の筋肉が厚くなるもの、子宮の腸の間にできるものなど色々です。 子宮ではなく卵巣にできる卵巣の中にできる 「卵巣チョコレート嚢胞(のうほう)」だった場合は、不妊症の原因となったり、がん化することがあるので手術となることもあります。 月経痛などのコントロール目的に、ピルや イナゲストというホルモン剤で排卵を抑える治療を行います。 もっと状態が軽く、痛み止めだけでコントロールできる場合はピルも使わず、半年に一度の経過観察で済む場合もあります。 自分のこの腰痛は内膜症なのか、そうではないのか、というのは病院で検査を受けないとわからないこと。 子宮内膜症は30代から40代に多い病気でしたが、最近は、20代でも子宮内膜症で卵巣が腫れていたりする人も多いので、毎月の生理で異常を感じる人は、やはり早めに検査を受けましょう。 【生理の時の腰痛】湿布は有効? 生理の時に子宮を収縮させる成分、プロスタグランチンは血管も収縮させる働きがあります。 血管が収縮して血のめぐりが悪くなっているときは、温めるのが効果的です。 温めることが大切なので、 冷湿布ではなく必ず温湿布を使用しましょう。 腰痛に限らず、生理で不調な時に体を温めるのはとても良いこと。 特にデスクワークでずっと 座りっぱなしの状態でいると、骨盤は血流が悪くなります。 夏は冷房でさらに体が冷えるので、オフィスでの冷え対策はとても大切です。 症状にあった薬を使う、そして体を温める工夫をすることで生理痛は軽くすることができます。 c Shutterstock. com ちなみに温湿布は、痛みのある腰のあたりに貼るのもいいのですが、同時に 首回りにも貼って温めると、体はより温まりやすくなります。 オフィスで首に湿布は、ちょっと無理…という場合は、ストールなどを巻いておくだけでも効果ありです。 生理時の腰痛を和らげる工夫、そっとやってみてください。 初出:しごとなでしこ.

次の

反り腰を改善するストレッチ方法と根本的な原因とは?

反り腰 腰痛 ひどい

今日は「逆腹筋は腰痛に逆効果?【反り腰の方は注意】」について記事を書きました。 新型コロナで自粛が続き、肩こりや腰痛の方は少しでも自宅で肩こり腰痛を改善しようと色々な事にチャレンジしている人も多いと思います。 自分もネットではどういう腰痛体操が流行っているんだろうとチェックしてみたら「逆腹筋」!?というワードを見て、なんだこれは?と思い確認してみると 腰痛持ちの方が逆腹筋をやると危険性も十分にあるなと思い、記事で注意点などを説明しようと思い記事を書きました。 結論から言うと 反り腰の人は要注意というか要警告です。 正しいやり方で行えれば危険性が低いとも書いてある記事もありますが、そもそも正しいやり方を自分自身でしっかりと習得出来るかも疑問です。 セルフケアで大事なのは、セルフケアで良くするという事も大切ですが、セルフケアを行なっても悪化しない事。 これが大前提です。 せっかく腰痛を良くしようとセルフケアを行なって、逆効果になってしまったら元も子もありません。 なので今日は• 逆腹筋とは?• 逆腹筋は腰痛に有効?• 逆腹筋で腰痛が悪化する人とは?• 逆腹筋よりも腰痛にオススメのセルフケア について説明をしてます。 逆腹筋をして腰痛を良くしようと思っている方や、逆腹筋をして腰痛が悪化してしまった方、腰痛を少しでもセルフケアで良くしたい方はご一読ください。 逆腹筋とは? 日本語の良いところでもあり悪いところでもあるのですが、色々な言葉が生まれますね^^ 自分は疎い方なので逆腹筋と聞いて、背筋の筋トレの事を言っているのかな?と思いました。 そういうものでは無く、背中を反らすストレッチみたいな事だそうです。 もっと簡単に説明すると• 胸を張りましょう• 背中を伸ばしましょう という感じです。 逆腹筋は腰痛に有効? 自分たちも猫背の方に胸を張るストレッチや背中を伸ばすストレッチを伝えていますので腰痛の方に有効なものでもあると感じます。 しかし腰痛の方といえど• 猫背が強いケース• 反り腰が強いケース• 浮き指が原因で腰痛になっているケース• 巻き肩が強くて腰痛になっているケース など様々なケースで腰痛の患者さんがいらっしゃいます。 ひとえに逆腹筋が全ての腰痛の方に有効かと聞かれたら、全ての人に有効ではありませんと即答します。 むしろ逆腹筋をやって悪化するリスクの方が高いと思ってます。 また、逆腹筋を紹介している動画やサイトを見ても、元々腰痛持ちでない人が指導しているので腰の反りが楽に出来る方がやっています。 腰痛を経験した人ならば分かると思いますが、腰痛になると逆腹筋のように反る事がそもそも出来ないと思います。 当院でも胸を張るストレッチや背中を伸ばすストレッチを伝えて、患者さんが次に来た時にやり方をチェックしてみるのですが、やり方が間違ってしまっているケースの方が多いです。 その都度やり方を修正して正しいやり方を覚えるケースが多く、動画をみて見よう見まねでやって正しいやり方が出来る人の方が少ないと思います。 そんなに酷くない腰痛の方であれば逆腹筋を見よう見まねで行なっても大丈夫なケースもあると思いますが、当院に通院している酷い腰痛の方にはオススメはしません。 逆腹筋で腰痛が悪化する人とは? 先ほどもチラッと説明しましたが、 「反り腰」の方が逆腹筋をやると腰痛が悪化する可能性の方が高くなります。 理由はシンプルです。 反り腰という状態で腰椎がズレていたり、反り腰周囲の筋肉が反っている状態で固まっているのに、逆腹筋でより反らしてしまうのは傷口に塩をぬるのと一緒な行為です。 また 「浮き指」という状態の方も逆腹筋を行うと悪化しやすいです。 浮き指というのは足の指が反っている状態の事をいうのですが、皆さんも足の指を上に反らすように力を入れると足全体に力が入っていくのが分かると思います。 自分の意思で指を上げると力が入るのが分かると思いますが、自然と足の指が上がってしまっている方は常に無意識的に足全体に力が入ってしまっています。 腰や足全体が固くなっている状態で逆腹筋のような体を後ろに倒す方法は割り箸をバキッと折るような感じになってしまいます。 また、 「巻き肩」の人も逆腹筋は逆効果になりやすいです。 巻き肩の人は猫背が強くなり、背中や腰の筋肉が緊張して反り腰が強くなる傾向にあります。 これも皆さんやって見て欲しいのですが、あえて肩を中に入れ込んで巻き肩の状態を作って逆腹筋して見て下さい。 逆腹筋しようと思っても出来ないと思います。 この状態で無理に、逆腹筋を行えば容易に怪我をしそうな感じが分かると思います。 なので逆腹筋で腰痛が悪化する人とは• 反り腰• 浮き指• 巻き肩 この3つがある方はやらない方が良いと言えます。 逆腹筋よりも腰痛にオススメのセルフケア 逆腹筋で腰痛が悪化しやすい人は無理に逆腹筋をやる必要は無く、むしろやらないで別の方法のセルフケアを行なった方が良いです。 腰痛の人に自分がオススメするセルフケアは• 生活習慣に対して• 運動に対して• 自分の筋肉や骨格に対して 大きく分けてこの3つの部分に対してです。 それぞれに対して細かく説明していくと大変なので、シンプルに説明していくと 生活習慣に対して 生活習慣で大事なのは• 外食を減らす• コンビニや加工食品を減らす• 自炊する• お風呂に汗が出るぐらいジックリ入浴する• 早寝早起きをする これが基本的な部分となります。 この基本的な部分が出来ていないと、いくら腰痛に良いと言われている体操や運動、ストレチを行なっても効果が出ないどころかどんどん悪化します。 歯で例えると、せっかく歯医者で歯の治療をしても甘いものばかり食べる、歯磨きをしない状態が続けばまた虫歯になりますよね? それと一緒で腰痛も日頃の生活習慣が崩れていると腰痛が一時期良くなったとしてもまた腰痛が強くなりやすい環境になってしまいます。 この生活習慣は基本でもありますが意外に最重要な部分ですので以下の記事で更に詳しく理由なども説明していますので一度目を通して下さい。 運動に対して 逆腹筋を行うと腰痛が悪化する人、または恐れがある人は、腰痛持ちの方に対しては自分は当院の患者さんにはオススメしません。 反り腰や巻き肩、浮き指などその患者さんの体の特徴に対してアドバイスをしていくのですが全ての患者さんに共通してお伝えしている運動があります。 それが 「良く歩きましょう」という事です。 先ほどのの記事の中にも良く歩く事の大切さを説明しているのですが、歩く事でふくらはぎの筋肉が動きます。 ふくらはぎは第2の心臓と言われてるのですが、ふくらはぎを動かすことによって血流を促進させていきます。 よく足が浮腫むという方は普段歩いている量が足りないサインとも言えますし、腰痛の方は特に歩く事が少なく、腰・骨盤・股関節が固まり更に血流が低下することで腰痛になりやすくなります。 腰・骨盤・股関節が固まると反り腰や浮き指にもなりやすく逆腹筋で悪化する状態に陥りやすくもなるので、歩く事がリスクも少なく血流促進を行いやすくなるのです。 自分の筋肉や骨格に対して 生活習慣や運動を基本行なっている状態と仮定して、次に行なってセルフケアが自分の筋肉や骨格に対してです。 本記事で紹介する方法は自分の師匠である、くに整骨院の院長広江先生が動画にて説明しているセルフケアです。 当院で、モルフォセラピーという背骨の矯正方法を使っているのですが、このセルフケアverを広江先生が分かりやすく説明されています。 動画のタイムラインは モルフォセラピーとは&法則 1:06 矯正理論(脊柱)と、使用する道具 5:39 胸=背中=肋骨の調整 8:45 鎖骨・肋骨の調整 9:55 お腹=腰の調整 10:33 腰の調整 11:49 骨盤の調整 12:18 です。 腰痛がひどい方は腰部にテーピングをしている状態でセルフケアを行なっていくのも全然ありなので行なって下さい。 自分がオススメする腰痛の方へのセルフケアは基本的な部分が多いですが、基本的な部分が出来ていないのに色々なストレッチや運動をやっても効果が出ないですし、逆効果になる事が多くなります。 スポーツで例えると、いきなりマラソンをしようといっても無理ですよね? 何事も急に体が変わる事とかは無く、地道にコツコツ継続していき体が成長したり変化が生まれる物です。 焦らずジックリ、コツコツセルフケアは継続してやっていきましょう。 当院が行なっているモルフォセラピーに関しては書籍が3冊発売されており、最新刊は去年の夏頃に発売されたばかりです。 モルフォセラピーの創始者の花山先生がモルフォセラピーについて分かりやすく、セルフケアの方法も紹介していますので興味がある方は本もご購入してご一読ください^^ 楽天で購入 まとめ• 逆腹筋は腹筋の逆の方向に体を伸ばす事を言うそうです• 逆腹筋自体がダメなのでは無く、逆腹筋が有効な人とダメな人がいる• 逆腹筋をやって良くなった人はそのまま続けて下さい• 逆腹筋をして悪化してしまった人や、悪化する恐れがある人は反り腰、巻き肩、浮き指などの骨格の崩れがある• 腰痛といえど十人十色の腰痛がある• なので逆腹筋をしても良くなる人はたまたま自分の状態に合ったものと思われる• 逆腹筋をして腰痛がひどくなる人は本記事で紹介するセルフケアを行なって下さい• セルフケアで大事なのが一番は生活習慣です• 生活習慣が崩れていると基本的な体の基礎が崩れているので回復しにくい• いくら良いストレッチやセルフケアを行なっても体の基礎が崩れていると効果がないし逆効果になり得る• 毎日コツコツとセルフケアを続けていきましょう お知らせ 【診療時間】 船橋市海神の海神駅にあります、モルフォセラピー施術院であり、 スポーツ障害や体の痛みの早期回復に取り組んでいます。 毎月3・4回外部でお医者さんの勉強会に出たり、技術を高める為セミナーに参加し、日々医療の進歩と共に学びを続けております。 様々な臨床を通して培ってきた経験で、患者さんの筋骨格器系〜自律神経症状に精通している、海神駅前整骨院です。

次の

反り腰を改善するストレッチ方法と根本的な原因とは?

反り腰 腰痛 ひどい

慢性の腰痛• 急性の腰痛 慢性の腰痛の対処法 慢性型の腰痛は、 悪い姿勢による毎日の積み重ねが腰痛の症状として現れるので長期的な対策が必要です。 普段の姿勢に注意が必要になりますが、「立っているときの姿勢」だけでなく、「座っているときの姿勢」、場合によっては「寝るときの姿勢」も腰に影響があるので、普段の姿勢を見直してみましょう。 またテレビゲームや長時間のデスクワーク、スマートフォンなども姿勢を悪くする原因になるので、姿勢を正しくするよう心がけることが必要です。 応急処置 慢性型の腰痛でも、まれに立てないほどの痛みに襲われることがあります。 しかし、あわてなくても大丈夫です。 もし病院に行けるようなら、整形外科の病院に足を運びましょう。 ただし、 病院にも行けないぐらい腰が痛い場合は、まずは横になって安静にしておきましょう。 1週間〜2週間で痛みが解消されてくるので、無理をせず痛みがなくなってから、整形外科に行きましょう。 それまで自宅での応急処置としては患部を温めるようにしておくといいでしょう。 冷やすのは間違いなので注意してくださいね。 湿布を貼る場合は「温湿布」を選ぶようにしてください。 いつもパソコンやスマホの使いすぎで首のこりがひどい。 病院へ行った方がいいと思うような痛み悩んでしまいます。 整体やマッサージ店に行っても治らないし、 いったいどんな病院に行けばい... ストレッチや運動をする 病院で受診した後は、 薬や湿布を処方されると思いますが、これも応急処置になるので、何度も薬をもらいに病院に通っても意味がありません。 病院の医師から対処法を教えてもらえれば、それを実践してみましょう。 病院で教えてもらえる対処法は、ストレッチや日頃の運動だと思いますが、結局はコレにつきます。 様々なストレッチや運動法がありますが、全て行う必要はありません。 自分が一番続けられるストレッチや運動を取り入れるようにしてくださいね。 ただし、ストレッチや運動も腰が痛くてできない場合は無理せず中止してください。 できる運動をできるときに行えばオッケーです。 急性の腰痛の対処法 急性の腰痛は、急激な動作によって発生する腰痛なので、適切な処置をすれば比較的早く回復します。 ただし、 2度、3度と繰り返しやすくなるので注意が必要です。 急激な腰痛は「ぎっくり腰」がほとんどと考えていいでしょう。 重たい荷物を持ち上げるときにギクッとした強烈な痛みが発生したり、ゴルフやテニスなどで急激に腰をひねることで腰に痛みが発生することもあります。 ぎっくり腰のような急性の腰痛は、ひとまず安静にし、その後は 何度も繰り返さないよう日常の動作に気をつける必要があります。 応急処置 ぎっくり腰のような 急性の腰痛は、とにかく横になって安静 にしてください。 病院に行くまでの間、可能であれば患部を冷やすとよいでしょう。 ただし冷やすのは24時間までにしましょう。 痛みが解消され、歩けるようになったら整形外科などの病院で受診し、適切な処置をしてもらってください。 荷持の持ち方に注意する 荷物の持ち方に注意してください。 特に床に置いてある荷持を持つときは、膝を伸ばした状態で腰を曲げないようにします。 腰だけ曲げて荷物を持つと腰に負担がかかり、ぎっくり腰になってしまいます。 床に置いてある荷持を持ち上げるときは、一旦膝を曲げて、 しっかりしゃがんでから荷物を持つよう心がけてください。 動作をゆっくりにする 日常的に腰を動かす動作は急激に動かさないようにしてください。 体ごと振り返るときや、物を拾うときなど、腰を動かす動作全てにおいて、 今までより、ゆっくりと体を動かすよう意識してください。 ゆっくりとした動作をすることで、ぎっくり腰の予防になります。 薬やサプリメントで腰痛に頼らない 補足ですが、病院で処方してもらう薬や湿布はあくまで応急処置でしかありません。 また、腰痛に効きそうなイメージのあるサプリメントも腰痛を治すことはできません。 薬やサプリメントを全て否定するわけではありませんが、 なんとなく腰が楽になったような気がするだけで、実際には腰痛に効果のないものばかりと言えます。 日常生活を改善して、腰痛対策を行うようにしてくださいね。 まとめ 今回は腰が痛いときの対処法を、慢性型と急性型に分けて説明してみました。 細かく言えば腰痛にも、椎間板ヘルニアや、脊椎分離症、脊椎すべり症といった様々な種類がありますが、そのほとんど腰痛症が慢性型の腰痛と言えます。 また、ぎっくり腰のような急な腰痛の場合は、少し対処法が違うことも知ってもらえたのではないでしょうか? 自分がどのタイプの腰痛で腰が痛いのか、是非チェックして適切な対処法を行ってみてくださいね。 一日も早く辛い腰の痛みから開放されることを願っています。

次の