ヘビー ユーザー 意味。 エナジードリンクのヘビーユーザーが「飲みすぎ」を不安視する理由|@DIME アットダイム

エナジードリンクのヘビーユーザーが「飲みすぎ」を不安視する理由|@DIME アットダイム

ヘビー ユーザー 意味

"ベビーユーザー"で検索をかけてみました。 Googleで検索すると12,300件。 "ヘビーユーザー"はその100倍以上ヒットしますから、決して多くはありません。 ネットにドップリの人、スマホの使いすぎの人などを指す場合が多いようです。 ネットは文字の文化ですから、文字が似ている勘違いが多いのでしょう。 声に出していれば「ヘビー」と「ベビー」は間違いようがありません。 まあ、本来の言葉の200分の1が誤字としてヒットするのは、よくあることです。 「gooベビーユーザー」「エルゴベビーユーザー」などが検索ワードとして引っかかります。 この二つのパターンが大半のようです。 中にはホントに「ユーザーが赤ちゃん」もありますが、ごく希です.

次の

ヘビーユーザーの継続理由を明らかにするには? Rettyのデータ分析に基づく意思決定とそのプロセス

ヘビー ユーザー 意味

ここ一番頑張りたい時に飲むエナジードリンク。 眠気覚ましや集中力UPの特効薬として頼りになる反面、過剰摂取による健康面の不安を抱いているヘビーユーザーも多いに違いない。 そこで今回、一都三県在住で20~40代のエナジードリンクヘビーユーザー男女500名を対象にしたエナジードリンクの飲用実態についてのアンケート調査が行われたので、紹介していきたい。 エナジードリンクは「仕事や勉強の必需品」、ユーザーの9割超が回答 はじめに、どのような人がエナジードリンクを愛飲しているのかを把握するため、ヘビーユーザーたちの職業を尋ねる調査が行われたところ、「会社員」が63%で最多に。 中でも、「IT業界」(17%)で働く人が最多となった。 それでは、ヘビーユーザーたちはどのようなときにエナジードリンクを飲んでいるのだろうか。 「エナジードリンクの飲用シーン」について尋ねる調査が行われたところ、「仕事や勉強の気合いを入れたいとき」(45%)や「リフレッシュをしたいとき」(37%)が多い結果になった。 仕事・勉強を頑張りたいときや、合間のリフレッシュなどに飲んでいる人が多いと言えそうだ。 [グラフ1] そこで、「エナジードリンクは、あなたにとって仕事や勉強を頑張るときの必需品だと感じるか」と尋ねる調査が行われたところ、実に96%が「そう感じる」と回答。 [グラフ2] 仕事や勉強のシーンにおいて、エナジードリンクが無くてはならない存在になっている人が大多数のようだ。 カラダに悪そう、でも頑張りたいから飲みたい……ユーザーたちのジレンマとは? 続いて、ヘビーユーザーたちが「エナジードリンクに対して抱いているイメージ」について質問が投げかけられた。 すると、「元気になる」(34%)というポジティブな回答を、「飲みすぎるとよくない」(58%)、「糖分が多い」(36%)などのネガティブな回答が上回る結果に。 エナジードリンクの飲みすぎによるリスクを懸念している人が多い様子がうかがえる。 実際に、エナジードリンクに対する考えについて聞いた質問でも、「カラダに悪いと思うが、元気を出すためには仕方がないと思って飲んでいる」(35%)が最多となり、「カラダに良い、悪いを考えず、飲んでいる」(21%)、「カラダに悪いと思うが、気にせず飲んでいる」(20%)などを上回った。 [グラフ3] 調査結果からは、ヘビーユーザーの多くが、エナジードリンクに「カラダに悪い」イメージを持ちつつも、元気を出すためには手放せないというジレンマを抱えていることがわかる。 ユーザーの約6割が不安を感じる、エナジードリンクの「飲みすぎ」 そこで、あらためてヘビーユーザーたちに「エナジードリンクの飲みすぎを不安に感じたことはあるか」と尋ねる調査が行われたところ、実に約6割(58%)が「ある」と回答。 [グラフ4] 具体的には、「よく飲むので糖類の摂りすぎが心配」(36歳・男性)、「カロリーが高いので太りそう」(25歳・女性)といった糖類やカロリーを気にする回答のほか、「カフェインの摂りすぎが不安」(48歳・男性)、「カフェインを摂取しすぎることになるので、健康に悪そう」(39歳・男性)など、カフェインの摂りすぎを気にする声が目立つ。 さらに、「エナジードリンクによる、カフェインの摂りすぎを気にしたことはあるか」という質問でも、ヘビーユーザーの6割超(61%)が「ある」と回答。 [グラフ5] 仕事や勉強の必需品となっているエナジードリンクだが、そこに含まれるカフェインの過剰摂取を気にしている人は少なくないようだ。 また、カフェインを気にして、「エナジードリンクを飲んだらコーヒーやコーラなどのカフェインが多いものは飲まないようにしている」(33歳・男性)、「本当は毎日でも飲みたいが、健康のことを考えて1日置きにしている」(43歳・女性)など、他の飲み物やエナジードリンクを飲む量を減らしている人も見受けられた。 トレンドの専門家も注目! 罪悪感なく楽しめる、新・エナジードリンクとは? 今回の調査からは、ヘビーユーザーの多くが、エナジードリンクの飲みすぎを不安視している実態が明らかになった。 そこで今回は、こうしたアンケート結果をふまえ、現在のエナジードリンク市場の潮流について、トレンドの専門家である商品ジャーナリスト・北村森氏の談話を紹介していく。 海外発のエナジードリンクが日本に上陸したのをきっかけに注目度が急上昇しました。 エナジードリンクがここまで大きな市場になった要因としては、その「イメージの良さ」が挙げられるでしょう。 エナジードリンクは、近しい存在である「栄養ドリンク」と比較して、価格、売り場、パッケージ、味などの自由度が高いというメリットがあります。 だからこそ、スタイリッシュで手をのばしやすい商品が次々と登場し、「栄養ドリンク」にはあまり反応していなかった若い世代からも支持されるようになりました。 こうしたスマートかつカジュアルな「イメージの良さ」がエナジードリンクカテゴリ全体の大きな強みであると言えます。 特に、近年問題視されることが増えているのが、エナジードリンクによる「カフェイン」の摂りすぎです。 昨今の健康意識の高まりもあり、エナジードリンクに限らずカフェインの摂りすぎを不安に感じる人が目立つようになりました。 また、エナジードリンクには、カフェインだけでなく、糖類やカロリーが多く含まれるものも多いため、健康上心配という声も多くみられます。 「エネキストラ」とは、ガランガルというショウガ科の地下茎由来原料。 エナジードリンクの配合素材をカフェインから「エネキストラ」に置き換えることにより、カフェインの摂りすぎ防止にもつながります。 なお、この「エネキストラ」は、「Vitafoods Europe」「Vitafoods Asia」といった世界的な食品素材展でも表彰されるなど、近年大きな注目を集めている新素材です。 海外ではすでに「エネキストラ」配合のエナジードリンクも登場しています。 消費者の「カフェイン」への不安を払しょくする「エネキストラ」は、エナジードリンクのカテゴリ全体を新しいフェーズにけん引する存在になっていくでしょう。 また、日本でも2020年3月に、大正製薬からカフェイン・シュガー・カロリーがすべてゼロの「トリプルゼロ」で、罪悪感なく楽しめる「エネキストラ」配合エナジードリンクが登場予定です。 個人的には、世界的に注目されている新素材が使われているエナジードリンクが、成分に知見のある企業から発売されるという安心感にも注目しています。 新素材配合のエナジードリンク、ヘビーユーザーの9割超が興味アリ! さらに今回は、前述のアンケートに回答したエナジードリンクのヘビーユーザーを対象に、新素材を配合したエナジードリンクへの興味度についても調査が実施された。 その結果、「カフェインの代わりに新素材を配合したエナジードリンクに興味はあるか」という質問に対し、調査対象者の58%が「とても興味がある」、38%が「まあ興味がある」と回答。 [グラフ6] 合計9割超のヘビーユーザーが新素材配合のエナジードリンクに関心を寄せる結果となった。 具体的には、「今まで飲む回数を抑えていたので、エナジードリンクを飲みたいタイミングで飲めそう」(47歳・男性)、「カフェインの量を気にしなくて良くなるため、好きなコーヒーを控えなくて済むのが嬉しい」(34歳・男性)などの声があがっている。 また、新素材を配合したエナジードリンクは、「カフェインを配合した従来のエナジードリンクに比べて、手に取りやすい」と答えた人が93%、「今後人気が高まりそう(トレンドになりそう)」と答えた人も94%にのぼっている。 さらに今回、調査に回答したヘビーユーザーの中でも、特にどのような価値観を持つ人が新しいエナジードリンクに興味を持ちやすいか尋ねる調査が行われたところ、自身の考え方や性格について「想像力がある」と答えた人の興味度が最も高く、「とても興味がある」と回答した人の割合が73%となった。 「エネキストラ」配合のエナジードリンクは、想像力が豊かなクリエイティブな気質の人からの支持が特に高いようだ。 また、調査対象者が健康意識の高さによってグループ分けされたところ、健康意識が低いグループでは、新素材のエナジードリンクに「とても興味がある」と回答した人の割合が41%となったのに対して、健康意識が高いグループでは、同じ回答をした人が66%と、25ポイントもの差が生じた。 「エネキストラ」配合のエナジードリンクは、健康意識が高い人ほど興味を持ちやすいことがわかる。 「エネキストラ」は、ショウガ科の植物「ガランガル(Alpinia Galangal)」の地下茎から抽出した素材で、カフェインに代わる新しい機能性素材。 「RAIZIN」は、大正製薬がこれまでの知見を活かしながら、この新素材を取り入れて開発した、メイドインジャパンのエナジードリンク。 さらに、今回の調査では、エナジードリンクによる「カフェイン」の摂りすぎを気にしたことがある人が61%にのぼっただけでなく、「糖類」(67%)や「カロリー」(62%)の摂りすぎを気にしている人もそれぞれ6割台になった。 新しくなった「RAIZIN」は、カフェインだけでなく、糖類・カロリーも不使用の「トリプルゼロ」。 カフェインや糖分の摂りすぎが気になる方も、罪悪感なくエナジードリンクをお楽しみいただくことができる。 「エネキストラ」配合の新商品は、強い刺激感のあるジンジャー風味の「RAIZIN HARD GINGER(ライジンハードジンジャー)」と、王道のエナジードリンク系で、エッジの効いたフルーツソーダ風味の「RAIZIN FRUITY THUNDER(ライジンフルーティーサンダー)」の2種類。 新素材「エネキストラ」に加え、イチョウ葉エキス、脱蛋白ローヤルゼリー、ビタミン(ビタミンB6、B2)、アミノ酸(ヒスチジン、イソロイシン)、イノシトールなどを配合し、「RAIZIN」の世界観を象徴するジンジャーと組み合わされた。 jp他にて発売される。 エナジードリンクに欠かせない「キレ味」を、新たなポテンシャルで対応したエナジードリンクを、ぜひ堪能していただきたい。

次の

武道・武術雑誌、月刊秘伝のヘビーユーザー

ヘビー ユーザー 意味

このページの目次• 結論:ネットヘビーユーザーには無制限のポケットWiFiがおすすめ! 結論からお伝えするとネットヘビーユーザーには、WiMAXよりも通信無制限のポケットWiFiをおすすめします。 その中でもとくにおすすめの無制限ポケットWiFiがTHEWiFiです。 ヘビーユーザーに嬉しい通信無制限で、 月額3,480円。 ここまでお得な無制限のポケットWiFiはなかなかありません。 しかも今は新生活応援キャンペーンとして、初期手数料が無料です。 ヘビーユーザーの方は、WiMAXよりもこのTHEWiFiを選んでください。 WiMAXをヘビーユーザーにおすすめしない5つの理由 インターネットを四六時中使うヘビーユーザーが、WiMAXを選ばない理由は全部で5つあります。 細かい部分を加えるともっとありますが、基本的には次の5ポイントがヘビーユーザーにとっては重要です。 1日~3日で使えるギガ数が決まっているから• PING値が高いので、反応速度を求められるオンラインゲームに不向きだから• 外でWiFiにつなぐことはほとんどないから• 室内や地下で電波が少し弱まるから• 契約期間が2年~3年と長いから このように言われる理由を、もっと詳しく解説していきます。 【理由1】3日で10GBの通信制限が辛い WiMAXを提供しているプロバイダでは、月間7GBまでのプランと、無制限で使えるプランの2つが用意されています。 当然ながら、後者の使い放題プランを選ぶ人が多いですが、実際に利用すると本当の意味で無制限で使えるわけではない事に気づきます。 WiMAXの場合、 3日で10GB以上の通信量が発生すると、翌日の18時から翌々日の2時までの約8時間は速度が1Mbps以下まで制限されます。 速度制限のイメージ図が下記です。 18時~2時の間と言えば、お昼に仕事や学業をしている人は自宅で息抜きをしている時間帯になります。 その時に速度制限がされてしまうと、せっかくの息抜きタイムにネットゲームや動画視聴も満足にできない残念な状態に。 1日で数GB利用する人にとっては、この3日で10GB制限が辛いと感じるかもしれません。 1Mbps以下でどんな事ができる? WiMAXでは速度制限で1Mbps以下になりますが、実際にどのくらいのスピードがでているのでしょうか。 実際にWiMAXを利用している方の声が下記となります。 中の人へ。 もう少し速度制限緩めてくださらぬかなぁ? — ばがぽーちゃん bagapo 下り速度が0. 98Mbps程出ているので、これならばネットサーフィンは可能です。 YouTube等の動画視聴もギリギリできますが、低画質以外はストリーミングが途中で止まること必至です。 速度制限されても使い物にならない、というわけではないのがWiMAXです。 ただし、オンラインゲームは1Mbps以下では絶対に無理です。 【理由2】WiMAXはPING値が高いので一部のネットゲームに不向き ヘビーユーザーがWiMAXをおすすめしないのは、反応が求められるオンラインゲームに不向きなことが大きな原因の一つとして挙げられます。 PINGとは、サーバーにデータを送ってから帰ってくるまでにかかった時間を指します。 例えば、100msだった場合サーバーからの応答時間は0. 1秒といったイメージです。 100msなら、1秒間に10回サーバーと通信していることになりますね。 オンラインゲームは常にサーバーと通信をして動かすため、1回の通信で0. 1秒かかるとするとゲームでラグ 遅延 が発生し、まともに動かせない状態に陥ります。 特に反応を求められる格闘ゲームのネット対戦や、FPSなどのオンラインゲームは、PING値が小さくなければ話になりません。 ゲームによって適切なPING値異なりますが、大体の目安は次のようなイメージです。 PING値 目安 100ms以下 動画視聴・ネットサーフィンは問題なし 50ms以下 反応が求められないオンラインゲームなら快適に 30ms以下 大体のオンラインゲームは快適に動く 10ms以下 言うことなし。 どんなゲームでもバッチリ快適に動く WiMAXのPING値は思った以上に高く、35~80msの間をウロウロしています。 実際に私のWiMAXを使って測定したPING値は、44msでした。 このような理由から、ネットゲームを頻繁にプレイするヘビーユーザーからWiMAXは敬遠されています。 【理由3】外で使えるWiMAXのメリットを体感できないから WiMAXを選ぶのに、外でもWiFiを使いたいからという理由もあるでしょう。 そういった目的で契約するならば、ヘビーな使い方もしないのでWiMAXはおすすめできます。 しかし、自宅回線として使って外でWiFiは必要ない人にとっては、わざわざWiMAXを選ぶ理由はありません。 それならば、固定回線を引いたり、SoftBank Airを使うのが最も賢い選択肢です。 固定回線は回線を敷くのに工事などの手間が発生しますが、SoftBank Airならばルーターをコンセントに繋ぐだけで使えるので、工事が面倒な方におすすめできます。 WiMAXによくある3日で10GBの速度制限もないので、自宅回線代わりに使うならSoftBank Airを検討するのも良いでしょう。 【理由4】部屋の中で少し電波が弱まるのが残念 室内での WiMAX の繋がりが絶妙に悪く,遅かったり繋がらなかったり細々と繋がるようになったりするため,今後の人生に不安を覚えている — yuki 15yukit 口コミなどでよく見かけますが、WiMAXは電波の性質上室内でやや繋がりにくいのがマイナスポイントです。 ヘビーユーザーは常時ネットに繋いでいるので、途中で電波が弱まったりするとストレスに感じてしまうことも。 WiMAXのルーターは、窓際に置くと電波をキャッチしやすくなり、通信も安定します。 auのLTE回線を使うには「ハイスピードプラスエリアモード」というオプションをつけなければならなく、3年契約したWiMAXは月額1,005円のオプション料金がずっと無料になります。 auのLTE回線なので、通信エリアが広く、室内でもそこまで電波が弱くなることはありません。 しかし、実際に利用するとデメリットだらけなので、このモードを使う人はほとんどいません。 なぜなら、 ハイスピードプラスエリアモードは月間7GBまでしか使えなく、それ以上使ってしまうと3日10GB関係なく、翌月までずっと速度制限されてしまうからです。 ヘビーユーザーとしては、通信品質に問題があればすぐ解約したいというのが心情。 契約期間の長さに不満を覚え、WiMAXをおすすめしないのは仕方がないかもしれません。 逆にWiMAXがおすすめできる人 これまでWiMAXをおすすめしない5つの理由を紹介してきましたが、逆にWiMAXがおすすめな人もいます。 次に該当する方はWiMAXでも問題ないので、WiFi選びの選択肢として入れてみてください。 1日の通信量がそこまで多くない• オンラインゲームなどを頻繁にプレイしない• 外でも手軽にWiFiに接続したい• 長期的にWiMAXを利用する予定がある• 契約目的がネットサーフィンや動画視聴である 3日10GBの制限があるWiMAX。 それを考慮に入れて契約するのでしたら、通信速度も速く持ち歩きも出来るので、WiMAXはおすすめできます。 プロバイダはどこを選ぶべきか? 通常ならば本家である「UQ WiMAX」を契約するのが当たり前かもしれませんが、WiMAXにはプロバイダと呼ばれる事業者があります。 プロバイダによって月額料金が大きく異なり、中にはキャッシュバックキャンペーンを行っている事業者も。 安くておすすめできるWiMAXの、月額料金やトータル料金をまとめたのが下記となります。 Broad WiMAXやGMOとくとくBBは、本家より確実に月額料金が安いので評判は悪くありません。 詳しいプロバイダの選び方は、下記記事で詳しく解説していますので、WiMAXの契約を考えている人は参考にしてください。 ヘビーユーザーにはWiMAXよりも無制限ポケットWiFi 最初にお伝えしたように動画のダウンロードやゲームが頻繁に行う方は、WiMAXよりも無制限のポケットWiFiがおすすめです。 無制限のポケットWiFiの中でもとくにおすすめしたいのが、THEWiFiです。 そして無制限のポケットWiFiの中で今もっともアツいのがTHE WiFiでしょう。 月額料金3,480円という低価格で好きなだけ通信ができます。 スペックも非常に高く、5Gアップグレードプログラム対応予定です。 他の無制限ポケットWiFiについては下記の記事で詳しく紹介しています。 まとめ ネットヘビーユーザーにはWiMAXをおすすめしない理由について詳しく紹介してきました。 あらためてここでお伝えした内容をまとめておきます。

次の