吉本 騒動。 吉本騒動の会見を徹底採点!有名人「謝罪」の重要ポイントとは

【戦犯は?】吉本騒動【誰がいちばん悪い?】アンケートの結果 →

吉本 騒動

なかでもダウンタウンの松本人志と極楽とんぼ・加藤浩次の、それぞれの番組を中心とした発言に注目が集まる状況は、現在もなお続く。 また2人だけでなく、友近やタカアンドトシのタカ、ハリセンボンの近藤春奈、平成ノブシコブシの吉村崇など、それぞれの立場から番組やSNSで意見を発信する芸人も後を経たない。 動く松本、静かな浜田 そんななか、一貫して沈黙を貫いているのが、ダウンタウンの浜田雅功だ。 その状態に、「さすが芸人の鑑」「余計なこと言わない浜ちゃん、カッコいい」など、ネットやSNSで評価が上がるという状態が続いている。 そんな浜田について、「芸人みんなのことを考えてくれている」と、自身のツイッターに浜田とのツーショット写真ともに綴ったのが、品川庄司の品川祐だ。 品川によると、初めて写真を一緒に撮らせてもらったとのこと。 世間が心配するこのタイミングで、あえてツーショットを掲載した品川の行動とツイートにより、浜田が一連の騒動についてちゃんと考えていると読み取れ、安心するファンも多かった。 いち早く、「松本、動きます」と、ツイッターで発信し、『ワイドナショー』などで発言を続ける松本と、まさに「静観」とでもいうぐらい、表立つ行動や発言を現時点でまったくしていない浜田。 コンビで対照的なスタンスの違いに理由はあるのだろうか。 あるテレビ局関係者はこう言う。 「浜田さん自身の芸人としての考え方やスタンスなどもあるかとは思いますが、松本さんと違って浜田さんがコメントするような番組をもっていなかったり、SNSをやっていなかったりなど、単純に発信する場がないというところがいちばん大きいのではないでしょうか」 松本人志の『ワイドナショー』、加藤浩次の『スッキリ』をはじめ、ビートたけしの『新・情報7days ニュースキャスター』、明石家さんまのラジオ『ヤングタウン』など、メディアで自身の意見を発表する場を持つ大物芸人は多いが、浜田にはそのような番組はない。 「浜田さんのほうが、一般の人にとっては遠い存在での仕事をしていることが多いですよね。 お笑いや番組をやっているとき以外、素の自分を見せたくないタイプの人ではあります。 そして、まじめなことを言うのがそもそも好きじゃないというのもあると思います」(同・テレビ局関係者) 怖いから?? また、ダウンタウンの関係性もあるのでは、という見方も。 お笑いに詳しい芸能記者は言う。 「表に出る部分は松ちゃんにまかせて、浜ちゃんは静かに見守っているという見方もあります。 テレビなどの本番以外では楽屋が別なので、あまりプライベートなことを話す機会もない。 今回の件も、実際に動いているかどうかは別として、松本さんが何かやったり言ったりするから自分もと、足並みをそろえることはしないはずです。 きっと、自ら前に出ることが嫌いなんでしょう。 でも、ダウンタウンはそうやってうまくバランスをとっているコンビだと思います」 自身の番組やSNSアカウントなどを持たない芸人も、何かの会見の際や、事務所やテレビ局での出入り、ロケ先などで囲まれて取材に応じたりすることもある。 浜田に対しても、そのような取材があってもおかしくないが、どのメディアも浜田のところには行っていない。 「それは、怖いからでしょうか(笑)。 うかつに声をかけたら、どんな反応が返ってくるかわからない。 危険を察知して記者やレポーター側も、近寄らないようにしてるのではないでしょうか。 」(前出・記者) 浜田が沈黙を破るようなことがあれば、そのときこそ、何かが大きく動く前触れと考えてもいいのかもしれない。 <取材・文/渋谷恭太郎>.

次の

トミーズ健、一連の吉本騒動に怒り「いい加減長い。世間もホンマに怒り出す」早期収束訴え― スポニチ Sponichi Annex 芸能

吉本 騒動

宮迫さんと田村亮さんの会見で明かした内容や各社の報道、吉本興業の発表を基に、その日から今までの経緯を、時系列で振り返る。 FRIDAY報道から、吉本興業の記者会見までの2週間 :吉本興業がカラテカ入江慎也との契約解消 6日:入江の契約解消を各社が報道 :発売の写真週刊誌「FRIDAY」が、詐欺グループの忘年会に吉本興業所属芸人が出席したことを報じる。 カラテカ入江がこの会合に、他の芸人を仲介したと報じられる。 入江はこの件が理由で契約解消された :宮迫や田村がTwitterで忘年会に出席したことを認めた上で、「ギャラはもらっていない」と説明 :宮迫、田村、HG、福島が吉本興業社員2人、吉本興業の弁護士2人と話し合う。 宮迫らは金を受け取っていたことを告白。 吉本側は「ずっと静観で行きましょう」と宮迫さんらに説明(7月20日の会見より) 6月24日:関係芸人が会社に呼ばれ「謹慎」を告げられる。 田村が「記者会見をやらせて下さい」と訴えるが、させるつもりはないと断言される。 田村が「辞めてでも、僕一人でも会見をさせてくれ」と声を上げると、岡本社長は、弁護士と社員を外に出し、芸人側に「テープを回してないか」確認した上で、「やってもええけど全員連帯責任でクビ」などと発言(7月20日の会見より) :吉本興業は、この忘年会に出席していたとされる芸人11人の謹慎を発表/雨上がり決死隊・宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号・田村亮、レイザーラモン・HG 住谷正樹 、ガリットチュウ・福島善成、くまだまさし、ザ・パ ンチ・パンチ浜崎、天津・木村卓寛、 ムーディ勝山、2700・八十島宏行、2700・常道裕史、ストロベビー・ディエゴ :吉本興業は、スリムクラブの真栄田賢と内間政成、2700の八十島宏行と常道裕史を無期限謹慎処分にすると発表。 反社会的勢力のパーティーに出席し、金銭を受け取っていたという。 7月7日:「引退してでも記者会見をやらせて」と訴えていた宮迫のマンションに吉本社員が訪れ、「引退するなんて言わないで。 話しましょう」。 (7月20日の会見より) 7月8日:宮迫と田村が岡本社長に会う。 岡本社長は「引退はさせない。 会見はさせてやる。 期間はこちらで決定」と説明。 その後、期間が明言されず不安に思った宮迫・田村側が弁護士を立てる(7月20日の会見より) 7月18日〜19日:宮迫・田村側の弁護士に吉本興業から「2人の引退会見、もしくは契約解除」を選ぶよう求める書面が届く。 宮迫・田村が吉本本社へ行くが社長には会わせてもらえず、吉本側の弁護士2人から「決定は揺らがない」と告げられる。 会社側の用意した質疑応答案を練習するよう求められ、宮迫・田村は会社主導の会見を拒否すると決める(7月20日の会見より) :吉本興業が宮迫博之との契約解消を発表。 理由は「諸般の事情を考慮し、今後の宮迫博之とのマネジメントの継続に重大な支障が生じたと判断」とした。 :宮迫博之と田村亮が会見を開く。 会見直前に、吉本興業が田村との契約解消する。 7月21日:吉本興業と岡本昭彦社長が、22日に記者会見を開くと発表。 7月22日:吉本興業と岡本昭彦社長が、騒動後初めて、記者会見を開く。

次の

上沼恵美子と梶原雄太をめぐる騒動 吉本興業が動き丸く収めたか

吉本 騒動

フライデーが点火した闇営業問題は佳境に入り、吉本興業がいかに幕引きするかに注目が集まっている。 13日には、特殊詐欺グループから支払われた報酬額を公表。 最も高かったのは「雨上がり決死隊」の宮迫博之で100万円、次いで「ロンドンブーツ1号2号」田村亮の50万円、レイザーラモンHGの10万円と続く。 お笑い関係者は「先輩の宮迫が『ノーギャラだった』と嘘をついたことで、後輩は合わせるしかなかった部分がある。 そう考えると、罪の重さは宮迫が一番。 今回の騒動は吉本興業という異端企業の体質にスポットライトが当たったことも大きい。 「所属芸人は6000人でマネジャーは数百人」「吉本と芸人の間に契約書はほとんど存在しない」「初舞台のギャラは250円」など、芸人がバラエティー番組でネタにしていたことが、事実であることがわかった。 こうした状況に身内の吉本芸人も異を唱える。 お笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜は、日本テレビ系「スッキリ」の中で「ほかの事務所の芸人(ザブングル)さんの対応見たりとか、週刊誌で金額が出たから今言ったんじゃないか、って印象持たれても仕方がないくらい遅い対応だと思いました」と批判した上で「(吉本興業の)大崎会長は『口頭でも契約は成立する』って仰ってましたけど、お互い(契約内容に)同意してないと。 私は口頭でも聞いた覚えないですし、会社の(ギャラの)取り分とかほかの部分に関しても(聞いた覚えが)何もない。 私は養成所に入って、そのままなんとなく(今に至る)流れできてて。 会長の仰ってることと芸人みんなの相違、これで納得してる芸人っていないと思います」と批判的に語った。 番組MCの「極楽とんぼ」加藤浩次も「昔は『おーし、ギャラいくらもらった。 お前はこれだけな』『ありがとうございます』って芸人さんもなっていたかもしれないけど、今の世の中でそれやってる会社ってもうないでしょ。 そこは違和感感じるね」と旧態依然の会社をチクリ。 話題は契約書だけに留まらない。 タレントのたむらけんじは芸人やタレントによる労働組合の設立に言及。 「僕らあたりが声を上げて、(組合を)つくったほうがいいんじゃないかと個人的には思う。 そのほうがうまいこと、会社とやっていけるんじゃないか」と意欲を見せていた。 組合については「ダウンタウン」松本人志が2017年、ギャラ交渉やトラブル解決の窓口となる組織の設立を提唱。 たむらは松本から、旗振り役を担うよう打診されている。 そんな状勢になりつつあるようだが、実現のハードルは高い。 古参の芸能プロ幹部の話。 「昔もそういった声が出たが、すべて封殺して今がある。 6000人の芸人一人ひとりと契約を結んで、それなりのギャラを払ったら、吉本は潰れてしまうよ。 関西の上沼恵美子さんが『吉本はほかの事務所より(売れる)チャンスがある』と言っていたけど、その通り。 そのアドバンテージを生かすも殺すも本人次第。 ハリセンボンの春菜さんも吉本でなければ、売れていない。 あまり派手に会社批判すると、干されるから気をつけた方がいいね。 代わりはいくらでもいるんだから」.

次の