ポッコリお腹 引き締め。 下腹ダイエットの効果的な方法|ぽっこり下っ腹を解消できる簡単メニューとは?

下腹のポッコリの原因は引き締めで即効解消!【筋肉アップ】

ポッコリお腹 引き締め

空腹時の有酸素運動がさらに効果的! 腹筋がない 腹筋がなくて、内臓を支えられなくて下腹がポッコリしている状態。 【解決法】 腹筋を鍛える 宿便がたまっている 慢性的な便秘で、大腸内にいつも便が残っている状態。 【解決法】 腸内環境を整えて、毎日スッキリできれば下腹ぽっこりも改善できます。 姿勢が悪い ちょっと猫背気味ではないですか? 【解決法】 姿勢を正すだけで、立ち姿がスッキリします。 内臓下垂ぎみ 原因は骨盤の開き。 産後太りの要因でもあります。 開いた骨盤のため、内臓が下に下がっている状態で、そのため下腹ぽっこりになります。 他は細いのにお腹だけ・・・という人は主にこのタイプ。 他にもこんな問題点を抱えています。 冷え性• 夕方になると足がむくむ• O脚、X脚気味 【解決法】 骨盤をしめて元の位置に戻す。 エクササイズやエステ、矯正ベルトが有効。 お腹は、一番脂肪がつきやすくて、落ちるときはダイエットしても最後に落ちる部位 それだけに、下腹だけのダイエットは難しいんです! 痩せるというよりも、筋肉を鍛えて引き締めるのがポイントです! 激しい運動は、脂肪よりも糖分を先に燃焼させてしまうので、ダイエットには向きません。 脂肪を燃やすには、有酸素運動が効果的。 さらには、アミノ酸を摂ってから運動すると、脂肪燃焼効率が高くなります。 がおすすめです。 下腹に効くドローイン・エクササイズ• 腹筋の奥の筋肉を背中にくっつけるイメージで息を吐き、おへそを意識して引っ込める。 1と同時にお尻の穴に力を入れた状態(トイレをガマンするような感じ)をキープし、内臓をグッと上げる。 リラックスした状態で1と2を10秒間キープする。 これを10セット繰り返す。 文字で書くとわかりづらいですね。 呼吸法エクササイズです。 「draw in」というのは、「息を吸う、引っ込める」ってことなんです。 息を吸ってお腹を大きく凹ませる。 これが基本です。 いわゆる「腹式呼吸」という呼吸法。 これに、お腹を意識して凹ませるというエクササイズをプラス。 慣れるまでは、「吸う」と「吐く」が逆になったっりしてちょっと難しいですが 慣れてしまえば簡単です。 ドローインの基本.

次の

下腹ダイエットの効果的な方法|ぽっこり下っ腹を解消できる簡単メニューとは?

ポッコリお腹 引き締め

そもそも、なぜお腹周りに脂肪がついてしまうのでしょうか? 男性のポッコリお腹の主な原因は、生活習慣の乱れ。 具体的には運動不足による筋肉の衰え、暴飲暴食、過度なアルコールの摂取、不規則な生活やストレスなどが挙げられます。 仕事で多忙な毎日を送っている男性にとって規則正しい生活はなかなか困難ですが、このような生活習慣の乱れの蓄積が、お腹周りの脂肪として現れてしまうのです。 特に最近では、生活環境の多様化が進み、ファストフードやコンビニなど深夜も稼働している仕事も多くなってきているため、20代の若い男性でもポッコリお腹が増えているそう。 このような脂肪は、見た目が悪くなるだけでなく、健康に悪影響を与えることもあるので、早めに対策しておくことが必要です。 実は女性よりも引き締めやすい男性のポッコリお腹。 というのも女性ホルモンの働きによって、男性と女性では脂肪のつき方が異なるからです。 脂肪には「皮下脂肪」と「内臓脂肪」の2種類があります。 「皮下脂肪」は腰回りの下あたりが盛り上がり、下腹がポッコリ出るような脂肪のこと。 女性に多く見られ「洋ナシ型」の太り方と言われています。 一方で男性に多く見られるのは、「内臓脂肪」と呼ばれるもの。 内臓脂肪は「リンゴ型」の太り方とも言われ、お腹の内臓の周囲に脂肪がつきます。 この内臓脂肪はとてもつきやすく、生活習慣病の原因ともなる厄介なものですが、一方で適度な運動をするなどの対策をとれば、すぐに効果が表れやすい脂肪でもあります。 男性の脂肪の正体が内臓脂肪ということがわかりましたが、この脂肪を効率的に落とすには、一体どうすればいいのでしょうか? まずは痩せるためのメカニズムを知っておくことが大切です。 内臓脂肪は比較的落としやすいと言われていますが、やみくもに腹筋をやったりランニングをしたりしてもなかなか効果は得られません。 ポイントは、筋トレと有酸素運動、そして食事バランスを考えてダイエットをすること。 脂肪を燃焼させやすい痩せ体質を作る「筋トレ」と、直接的に内臓脂肪にアプローチできる「有酸素運動」を組み合わせることで、より確実な効果が期待できます。 さらに、併せて心がけたいのが「食事」。 といっても、極端な食事制限はNG。 むやみに食事の量を減らしたりしては、逆に栄養素が不足して、脂肪が燃焼されにくい体になってしまいます。 食事と筋トレによってしっかり痩せるためのベースを整えた上で、有酸素運動による内臓脂肪燃焼に臨むというバランスを意識しましょう。 ダイエットの具体的なやり方をご紹介する前に、まずはインナーマッスルを鍛えて、より痩せやすい体作りを行いましょう。 インナーマッスルとは体の深部にある筋肉。 特に腹部には、このインナーマッスルがたくさん存在します。 お腹をグルッと囲む腹横筋、背骨に沿って繋がっている多裂筋、呼吸をコントロールする横隔膜、そして骨盤の底にある骨盤底筋群。 この4つの筋肉が、呼吸や運動など、基本的な動作を行う際にお腹周りを支えてくれています。 この腹筋周りのインナーマッスルが衰えてしまうと、内臓が下がってしまいポッコリお腹の原因に。 さらに姿勢の歪みや関節の位置のズレなども引き起こす場合があるので、しっかりと鍛えておくことが必要です。 そんなインナーマッスルを鍛えるための最適な方法が、腹式呼吸。 腹式呼吸は、インナーマッスルを鍛え、酸素をたくさん取り入れて脂肪の燃焼効率をアップさせます。 では、腹式呼吸の正しいやり方をチェックしてみましょう。 筋トレでしっかりと体を整えたら、次は有酸素運動です。 有酸素運動とは、酸素を使うエネルギー代謝をメインとした運動。 呼吸によって酸素を体内に取り込み、その酸素で、体内の脂肪や糖分を燃焼させ、生み出したエネルギーで運動を行うものを指します。 ふくらはぎなどの下半身の大きな筋肉を動かす運動がほとんどで、血行不良の改善にも効果があるので脂肪燃焼効果が高いだけでなく、冷えやむくみの解消も期待できます。 脂肪を燃焼するためには、大量の酸素が必要です。 また、脂肪が燃焼し始めるには、ある程度の時間がかかります。 そのため、比較的時間をかけて、ゆっくりと継続的行う有酸素運動がダイエットには最適です。 代表的な運動は、ジョギング、水泳、サイクリング、エアロビクスなど。 これらの運動を最低でも20分以上は行いましょう。 20分以内の場合でも、血液の循環が良くなり、健康面での効果を発揮してくれますが、ダイエット目的の場合は、時間をかけてたくさんの酸素を取り入れることが必要です。 また、心拍数を一定に保ち、運動を行うことで脂肪をより効率よく燃焼させることができます。 心拍数は運動強度に対応して上昇しているため、心拍数が一定=運動強度が一定ということ。 一定時間運動して脂肪を燃焼させる有酸素運動を続けるためには、適切な運動強度を一定に保って運動することを意識してみましょう。 一般的に、脂肪燃焼が効率よく行われる心拍数は最大心拍数の60~80%といわれていますので、有酸素運動を行う際に参考にしてみてください。 運動している時間が20分以上であるといったことも大切ですが、無理は禁物。 辛くて続かなかったり、体を痛めてしまったりしてしまう場合もあるので、無理をしない程度に運動していきましょう。 ダイエットにおいて忘れてはならないのが、食事管理。 単純に食べる量を減らせば痩せると思いがちですが、それだけではポッコリお腹はなかなか解消できません。 必要な栄養素をバランスよく摂ること、そして食事のタイミングや食べる順番までしっかり管理することによって、より短期間でダイエットの成果を出すことができます。 まずダイエットにおいて特に意識して摂りたい栄養素が、食物繊維、ビタミン、ミネラル。 これらは積極的に摂取することで、内臓の働きを活発化させ、脂肪燃焼効果を促進させます。 さらに食事は、朝食3:昼食4:夕食3の割合で摂ることがおすすめ。 時間の目安は就寝3時間前。 24時頃就寝する人は、夜は21時までに食事を済ませておくのが理想です。 外食が避けられない場合は、アルコールを控えめにして、湯豆腐や赤身の肉など、低カロリーで高たんぱくのメニューを選ぶようにしましょう。 また食事を摂るときは、ベジタブルファーストが基本。 次にたんぱく質。 主食は最後に控えめに。 和食だったら、温かい汁物、おかず、お米の順で食べるというイメージです。 食物繊維を摂った後に炭水化物を食べることで、急な血糖値の上昇を防ぎ、脂肪をつきにくくしてくれます。

次の

朗報!ぽっこりお腹は1日10回の で解消できる!?

ポッコリお腹 引き締め

ポッコリお腹の原因 1 内蔵筋肉の疲労 内臓を動かす筋肉(平滑筋)が疲れていると、食べ物の消化吸収が遅れ、胃や腸に残った内容物の重みで、内臓が下がりやすくなりポッコリお腹になってしまうことが。 また、ご飯を食べてすぐに寝る、食べ過ぎ、など生活習慣の乱れからも、内蔵筋肉の疲労が溜まってしまいます。 2 お腹まわりの筋肉の衰え 内蔵を支えるお腹まわりの筋肉は、日常生生活ではあまり使わないので年齢とともに衰えやすい部分です。 今まで内蔵を支えていた筋肉がその重さを支えられなくなり、内側から押されることによっと下腹がぽっこり膨らんだ様に見えてしまいます。 特に猫背に人にこのケースが多いです。 3 骨盤のゆがみ 骨盤が歪んでいると、開閉がスムーズに行なわれないため常に開いている状態になり、本来あるべき内蔵の位置を維持できず、下に下がってしまいます。 足を組んで座ったり、姿勢が悪い人は要注意です。 特に女性は、生理痛・不妊・肌荒れなどにも影響を及ぼしますので気をつけましょう。 4 便秘 食生活や生活習慣の乱れ、運動不足などによって、内蔵が冷え、機能が低下し、お腹にガスや水分が溜まって便秘になります。 腸内に便やガスが溜まってしまうと、腸の機能が低下して腸が腫れてしまい、ぽっこりとお腹が出てしまいます。 骨盤が歪む悪習慣をやめるだけで骨盤周りは整い、今まで引っ込まなかったポッコリお腹が引っ込みます! 悪習慣を意識して正していくことにプラスして、ポッコリお腹を解消する運動を取り入れてみてはいかがでしょうか? 3. 寝る前に1分!ポッコリお腹解消法 寝る前に簡単にできる、 歪みを整えるポッコリお腹解消法をご紹介します。 周辺の筋肉や腱もほぐれ、腰回りの余分な脂肪も撃破しちゃいましょう。 1日1回とは言わず、気付いた時にできるといいですね。 2 寝ながらパタパタ 1日1回1分程度 仰向けで両足揃えて立てます。 揃えたまま左右にパタンパタンと倒すだけ。 寝て行うので骨盤や股関節に負担をかけずに整えてくれます。 骨盤を元の位置に正すことで「臓器を支えてる骨盤」、腸の位置も正しくなりポッコリお腹を解消できます。 3 お尻歩き 1日1回往復10回 骨盤を立てた状態で、お尻歩きで前進、後進していくシンプルな動きです。 お尻が硬いと骨盤が整えにくいです。 お尻の深い筋肉に刺激を与え、骨盤を安定させましょう。 さらに、大きく腕を振って行うことで、ポッコリお腹だけでなくウエスト周りのくびれも期待できます。 骨盤の歪みを整えることで、ポッコリお腹を解消できます。 今日から悪習慣を変える意識と簡単運動を取り入れてみましょう! とはいえ、 運動をしている時間がないという方にはこちらの解消法がおすすめです! 1 多くの女性の悩み、下半身太り。 履くだけで痩せるという「リンパマッサージセルライトスパッツ」は芸能界にもファンが多く有名タレントやモデルも愛用しています。 履くだけで骨盤矯正+加圧トレーニング+リンパマッサージの3つの効果がある画期的なスパッツで自信を持って見せられる美脚を手に入れましょう! 2 18種類の生薬で、代謝・利尿・便通などの作用により腹部の皮下脂肪を減らし、肥満や便秘、肩こりやむくみに効果をあらわします。 1g配合した「満量処方」の漢方薬です。 ・A最大量27. 1gの原生薬を4. 5gのエキスに凝縮! 独自の製造技術により、デンプンなどの添加物量を極力少なくして凝縮しています。 ・B脂肪を落とす18種類の生薬を配合! 18種類の生薬が代謝を高め、便通を促し、清熱させ、利尿させます。 出張ヨガ、都内の教室で講師を務める。 1人1人にあったプログラムを作成し、パーソナル、セミパーソナル指導を行う。 骨盤、股関節にフォーカスした独自のメソッドとヨガを組み合わせながら、シンプルに続けやすいプログラムで無理なくナチュラルな身体を作ります。 HP:.

次の