ゼロの焦点 あらすじ。 ゼロの焦点のネタバレを教えて頂けないでしょうか?結局あの三人の女性はどう...

松本清張は怒っているだろう・・ゼロの焦点: おゆみ野WALKERS

ゼロの焦点 あらすじ

2時間11分 音声:日本語 愛する人のすべてを知っていますか? 松本清張 生誕100年。 ミステリーは再びゼロからはじまる。 結婚式から7日後、仕事の引継ぎのため、以前の勤務地である金沢に戻った夫・鵜原憲一は、そのまま帰ってこなかった。 お見合い結婚ゆえに、夫の過去をほとんど知らない禎子は、彼が失踪した理由も行先もまるで検討がつかない。 夫は、なぜ、どこに、消えたのか…。 暗闇の中にひとり放り出されたような不安を感じながらも、北陸・金沢へと旅立った禎子は、憲一が懇意にしていた地元名士・室田儀作社長を訪ね、そこで社長夫人の佐知子と出会う。 そして、彼の行方をたどる唯一の手がかりを、田沼久子 結婚式から7日後、仕事の引継ぎのため、以前の勤務地である金沢に戻った夫・鵜原憲一は、そのまま帰ってこなかった。 お見合い結婚ゆえに、夫の過去をほとんど知らない禎子は、彼が失踪した理由も行先もまるで検討がつかない。 夫は、なぜ、どこに、消えたのか…。 暗闇の中にひとり放り出されたような不安を感じながらも、北陸・金沢へと旅立った禎子は、憲一が懇意にしていた地元名士・室田儀作社長を訪ね、そこで社長夫人の佐知子と出会う。 そして、彼の行方をたどる唯一の手がかりを、田沼久子という受付嬢が握っていることを知った。 禎子が真相に迫るにつれて、失踪に関わりのある人間が、ひとり、またひとりと次々に殺されていく。 連続殺人事件の犯人は?そして、その目的とは…。 すべての謎が明かされるとき、衝撃の真相が禎子を待ち受けていた。 あらすじ 結婚式から7日後、仕事の引継ぎのため、以前の勤務地である金沢に戻った夫・鵜原憲一は、そのまま帰ってこなかった。 お見合い結婚ゆえに、夫の過去をほとんど知らない禎子は、彼が失踪した理由も行先もまるで検討がつかない。 夫は、なぜ、どこに、消えたのか…。 暗闇の中にひとり放り出されたような不安を感じながらも、北陸・金沢へと旅立った禎子は、憲一が懇意にしていた地元名士・室田儀作社長を訪ね、そこで社長夫人の佐知子と出会う。 そして、彼の行方をたどる唯一の手がかりを、田沼久子という受付嬢が握っていることを知った。 禎子が真相に迫るにつれて、失踪に関わりのある人間が、ひとり、またひとりと次々に殺されていく。 連続殺人事件の犯人は?そして、その目的とは…。 すべての謎が明かされるとき、衝撃の真相が禎子を待ち受けていた。 映画館で予告編を見て(絶対映画館で見たい!)と思って見に行く映画というのもおつなものだと思うけれど、さらに少ない確率で、予告編どころか原作を読んで映画化されているのを知って見に行く映画というのがある。 さらに少ない確率で 笑 、ロケ地を実際に見たことがある映画というのがあって、この「ゼロの焦点」がまさにそれに当たる。 原作を読んでから見た映画は「ハリー・ポッター」(シリーズ全作を読み、全作鑑賞済み)、「ジェラシックパーク」(シリーズ一番最初のだけ)、「蜜蜂と遠雷」くらいのものだ。 どれもロケ地など行ったことがない。 一昨年の春先に、能登半島を旅行した。 「ヤセの断崖」のそばを通った時、バスガイドさんが「松本清張先生の『ゼロの焦点』の舞台となった場所でございます」と案内してくれて、そう言えばまだ未読だった!と気が付いて帰宅後すぐに文庫本を買って読んだ。 暗くて悲しいミステリーだと思った。 久我良子と有馬稲子が出演している1961年の松竹版は未見だったが、この広末涼子、中谷美紀、木村多江出演の2009年版の方を鑑賞。 ほぼ原作通りで安心した。 松本先生も草葉の陰で、ほっとしたのではないかなあ 笑 実は、私は旅行だけでなく実際に能登半島に住んでいたことがある。 映画の舞台になった場所ではなく、県庁所在地の金沢だったけれど。 弟はそこで生まれた。 なにぶん子供の頃なので断片的な記憶しか残っていないけれど、私にとっては思い出深い場所である。 ミステリー小説は、よく時代を変えて映画化・ドラマ化されることがあるが、この2009年版は原作の時代のままになっている。 ザ・昭和!という雰囲気がとても良い。 街並み、小道具や調度品、そしてファッション。 レトロな雰囲気を心ゆくまで堪能できる。 美人でスタイルの良い女優さんが着ている姿は眼福である。 映画の中で真っ赤な物が出てくると、なぜか惹きつけられてしまう。 真犯人が誰かわかってしまうから… 笑• 映画の制作は2度目。 ドラマでは何度もリメイクされている不朽の名作。 戦後の昭和の重たい空気感と、冬の石川の冷たい雰囲気が全編を通してしっかりと描かれている。 過去の映像や新聞記事を用いたプロパガンダ的手法も僕は嫌いでなはいし、この手の映画には効果的な技法だと思う。 禎子・久子・佐知子、3人の印象的な女性がこの話の主軸になる。 広末涼子のキャスティングには正直疑問が残ってしまう。 それは中谷美紀・木村多江の演技がかなり良く、主役を引き立てる以上に食ってしまっている。 その点が話がしっかりとしているだけに、非常に残念だった。 原作とはもちろん違う特色を持たせた脚本だが、この作品はこの作品としてしっかりと楽しむことができた。 そりゃぁもう、楽しみで。 そしたら中谷にやられました 笑 なんでしょ?あれは・・・。 素晴らしすぎる演技力でした。 もちろん多江様も勿論素晴らしかったっすよ。 でも、監督の力も勿論あるのでしょうけど、中谷・・・恐るべし。 車のシーンと、その後の屋敷シーン忘れられません。 ま、ね。 しつこいようですが 多江様と中谷がもし逆の役なら、絶対的に素晴らしい演技を 見せてくれたとは思いますけどね 笑 でも、さすが監督。 役者のチョイスが正しいですわ。 多江様は、またなんとも・・・な役でした。 (笑) 舞台挨拶で、多江様が 『色が強烈に残る映画』と言ってましたが、まさにそう。 これは人に薦めたい! いやぁしかし、中谷・・・ダテに最優秀主演女優賞、獲ってないわぁ。

次の

ゼロの焦点/あらすじとネタバレと感想

ゼロの焦点 あらすじ

映画『ゼロの焦点 2009 』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。 各サービスには 2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。 配信状況により無料ではない場合があります。 ゼロの焦点 評価• 点数: 75点/100点• 昭和32年。 10歳年上の鵜原憲一とお見合い結婚した禎子。 しかし式の一週間後、夫の憲一が金沢へ出張したまま行方がわからなくなる。 不安に駆られた禎子は金沢へ向かうが、1年半前からの彼の行動は会社にもわからない事だらけだった。 懇意にしていた取引先の社長の後妻、室田佐知子から話を聞くために屋敷へ向かうが、その屋敷の写真が憲一の荷物の中にあった写真と同じ事に驚く禎子。 憲一の兄、宗太郎も金沢へ駆けつけるが、金沢から1時間の距離にある鶴来で、何者かと待ち合わせ中に毒殺される。 憲一の部下の本多に探りを入れることを頼むが、彼も殺害されてしまう。 禎子が指名手配された田沼久子の行方を探るうち、自殺した内縁の夫の正体が、偽名を使っていた憲一だったとわかる。 そして、田沼久子の自宅の写真も憲一の荷物の中にあった。 落ち込む禎子を見た佐知子は、実家へ戻るよう諭す。 しかし禎子は、東京の立川で憲一が警察官をしていた過去を知り、当時の上司に会いに行く。 犯人がわかった禎子は、再び金沢へ向かう。 ゼロの焦点 感想・レビュー(ネタバレ) 映画『ゼロの焦点 2009 』について、 感想・レビュー・解説・考察です。 取り締まる側の警察官だった憲一と、アメリカ軍人相手の娼婦だった佐知子と久子の出会いのシーンでは、女性を軽視した罵声が飛び交っている。 長編小説が原作だが、終始、禎子視点で進むストーリーで簡潔になっている。 謎解きのシーンも、列車の中での禎子の推理と共に、佐知子と久子が逃亡しようとする車内での会話がピッタリとリンクしつつ進むので、禎子の推理だけでは説得力が足りない部分を上手く補っている。 独特な映像演出に引き込まれる 宗太郎の葬儀に出席するために東京へ戻った禎子へ連絡をする本多が、電話を借りた相手の顔を映さずにスクリーンに向かって「どうも」と言うシーンなど、見ている側もストーリーに引きずり込むような映像演出がなされている。 信じていた佐知子に裏切られたという怒り、夫を奪われた悲しみ、久子に対するやり場のない感情、そして全てを忘れてしまったという佐知子が公共の場で自我を失った事で復讐をやり遂げたという喜びのような感情。 喜怒哀楽の全てが一瞬一瞬に現れていて、広末涼子の演技もあいまって迫力のあるものになっている。 だが、憲一が命を落とす崖のシーンが、2009年の作品にしてはチープな合成になっているのは残念だ。 ゼロの焦点 まとめ 松本清張生誕100年を記念して作られているが、2009年前後にはこの手の映像作品が多く、1961年に一度映画化、そして連続ドラマ化もされているので、記念作品と言われてもピンと来ない。 日本アカデミー賞を総なめにした事で当時話題になったが、それ相応の面白さがある作品。 戦後を舞台にした作品にありがちな、ありふれたメッセージ性や、女性差別に近い発言が気になるが、ミステリー映画としての先の読めない展開や原作を読んだことが無くても理解しやすいトリックなど、様々な工夫がなされている。 広末涼子、中谷美紀、木村多江の3人が作り出すそれぞれの世界観や、独特なキャラクター性も魅力的。 まるで映画の中に半分入り込んだような気分になる映像演出も面白く、宗太郎殺害現場から逃げる赤いコートの女性の姿が、鏡に映って一瞬3人に見えるなど、細かい部分でも驚かされる。

次の

映画『ゼロの焦点』あらすじと感想/タイトルの意味とは?

ゼロの焦点 あらすじ

題名 ゼロの焦点 監督 犬童一心 公開年 2009年 原作 松本清張 キャスト 広末涼子、中谷美紀、木村多江 西島秀俊、杉本哲太、崎本大海、野間口徹 原作の小説もあります。 「ゼロの焦点」のあらすじ(ネタばれ注意) 結婚後すぐに、仕事の引継ぎの為に金沢に行った鵜原憲一(西島)は7日に戻ると言ったが戻らなかった、心配になり金沢に夫を探しに妻(広末)が行くが、金沢で夫の同僚や兄が殺されてします。 真相を調べていく落ちに室田佐和子(中谷)と田沼久子(木村)の過去をしり、その過去と夫のつながりにも気づいていく! 昭和のサスペンスです。 シネマトゥデイのあらすじは 結婚式から7日後、仕事の引き継ぎのため金沢に向かった鵜原憲一(西島秀俊)は帰ってこなかった。 夫の消息を追い金沢へと旅立った妻の禎子(広末涼子)は、憲一のかつての得意先で、社長夫人の室田佐知子(中谷美紀)と受付嬢の田沼久子(木村多江)に出会う。 一方、憲一の失踪(しっそう)と時を同じくして連続殺人事件が起きるが、事件の被害者はすべて憲一にかかわりのある人物だった……。 シネマトゥデイより 「ゼロの焦点」の感想 広末涼子、中谷美紀、木村多江、西島秀俊と豪華出演陣でした。 戦後の日本が舞台でしたので、現代の日本の捜査力ならDNA鑑定ですぐに捜査ができる事件だったのかもしれませんが、戦後ではなかなか難しいでしょう。 ミステリー作品としては凄く面白く見ていて飽きずにあっと言う間に時間が過ぎました。 冬の日本海の荒々しさを感じました。 現在の生活を守るために過去の出来事を消して生き、現在の生活を守るために殺人を犯していく、心情を深く感じました。 中谷美紀は流石のでした、個人的には広末涼子はこういった戦後の日本を描いた作品よりも現在の日本の作品が合っているように思いいます。 「ゼロの焦点」とは全く違った作品のAmazonプライムで見れます。 他の作品のレビューも書いています。 「ゼロの焦点」をみるには? 私はこの「ゼロの焦点」はAmazonプライムで見ることができました。 Amazonプライムは手軽に始められることから、登録しまし1ケ月の無料期間で辞めようと思いましたが、そのまま継続しております。 Amazonプライムでは、登録から1ケ月無料キャンペーン中ですので、まだ登録をされていない方は無料で楽しむこともできます。 登録も簡単で、スマホやタブレット、TV、古いTVだったとしてもゲーム機経由でも見ることができますので一度チェックしてみてください。 Amazonプライムで見れる広末涼子出演の作品 Amazonプライムでは他のも広末涼子出演作品をたくさん見ることができます。 紹介だけしていきます。 (課金が必要な作品もあります) 秘密 おくりびと 鍵泥棒のメゾット 鍵泥棒のメソッドは出津の記事でレビューしています。 Amazonプライムで見れる中谷美紀出演の作品 Amazonプライムでは他のも中谷美紀出演作品をたくさん見ることができます。 紹介だけしていきます。 紹介だけしていきます。 (課金が必要な作品もあります) 東京島 ウタヒメ 夜明けの街で まとめ 今回は「ゼロの焦点」を見た感想を書きました。 松本清張のミステリー、時代背景やストーリーに引き込まれます。 良かったです。 この作品は、家で時間を忘れて自由な時間に見ることをおすすめします。 今回は最後までお読みくださりありがとうございました。 今後とも有益な記事を投稿していきますので何卒宜しくお願いします。

次の