ラム チェンイン。 ラム・チェンイン

YESASIA: 林正英(ラム・チェンイン)

ラム チェンイン

アフリカを舞台に、コイサイマンとキョンシーという東西のキャラクターが出会って繰り広げる騒動を描いたコメディ。 ミスマッチな設定と、ブルース・リー(本物のリーの主演映画「ドラゴン危機一髪」などのフィルムを流用している)まで飛び出すパロディ感覚が抱腹絶倒。 監督はキン・フー監督「侠女」やブルース・リーの一連の作品で武術指導を務めた後に監督に転じ、これが5作目のビリー・チャン。 脚本は「ゴッド・ギャンブラー2」「シティーハンター」などの監督作品で知られるバリー・ウォン。 主演は「霊幻道士」シリーズの道士役でおなじみのラム・チェンイン、「ブッシュマン」「コイサンマン」に主演したニカウさん。 日本では「92年東京国際ファンタスティック映画祭」で上映されたのみだったが、中野武蔵野ホールのレイトショー企画「幻の超大作」特集のオープニングを飾って上映された。 監督 出演キャスト 40年代のマカオを舞台に、ペディキャブ(自転車で引く人力車)の車夫が、恋に喧嘩に大活躍するアクションもの。 監督・製作・主演の3役をこなしたのは「五福星」シリーズなど諸作で知られるサモ・ハン・キンポーで、彼の80年代の活動における集大成というべき一編。 脚本は「ハードボイルド 新・男たちの挽歌」のバリー・ウォン(王晶とは別人)と「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」のユェン・カイチー、音楽は「誰かがあなたを愛している」のローウェル・ロー(助演も)、美術は「恋する惑星」のウィリアム・チョン。 共演は「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」シリーズのモク・シウチョン(マックス・モク)、「スウォーズマン/女神伝説の章」のファニー・ユン、「ツイン・ドラゴン」のニナ・リー、「山中傅奇」「空山霊雨」のスン・ユエなど。 また、サモ・ハンの人脈を反映して、「霊幻導士」シリーズのラム・チェンイン、「酔拳2」のラウ・カーリョンたちがカメオ出演している。 別邦題「帰って来たデブゴン 昇龍拳」。 監督 出演キャスト 黄金の三角地帯を舞台に麻薬王救出のため死闘を展開する傭兵たちの姿を描いたアクション。 監督・脚本は「フェイス/オフ」のジョン・ウー。 本作は当初「黄昏戦士(The Sunset Warrior)」の題名で83年に製作されたが暴力描写が社風に合わないとの製作会社の判断で封印され、ウーは86年にツイ・ハークに呼び戻されて「男たちの挽歌」を監督するまで台湾で過ごした。 同作のヒットにより題名を改め急遽公開されたが話題にならず一週間で打ち切り、海外での公開はおろか本国でもほとんど上映されなかった幻の作品である。 製作は「ラヴソング」などのヒット作の監督となるピーター・チャン、撮影は降旗康男らのテレビの2時間ドラマ作品を多く手掛けている日本人カメラマン中川健一、音楽はチャン・シーフォン、美術はフォン・イェンチー、編集はチャン・ユイチョン、衣裳はウー製作の「野獣の瞳」で監督デビューを果たしたパトリック・レオン(助監督も)。 主演は『ワンダーガールズ/東邦三侠2』(V)のエディ・コー。 共演は「霊幻道士」シリーズのラム・チェンイン(97年末に急逝)ほか。 監督 出演キャスト.

次の

ラム・チェンインとは

ラム チェンイン

「 永遠の道士様! ラム・チェンイン(林正英)祭」第28夜の今宵も前回から引き続き、96年に放映されたTVシリーズ「 霊幻道士( 僵屍道長 II )」について。 このシーズン2は大きく分けて6つの話からなっているが、「幽女編」として日本でDVD化されている「 燈蛾撲火」が個人的には最もお気に入り。 ラム先生演じる道長・ 毛小方(モウ先生)を取り巻く人物達の恋愛模様が主に描かれている番外編のような話で、 ワン・ティンチウ(尹天照)演じる村の警察隊長・ 宋子隆(ソン・ジーロン)と、美貌の クリスティ・ヨン(楊恭如)演じる蛾の妖怪三姉妹の長女・ 盈盈(インイン)との美しくも儚く悲しい恋物語がメイン。 普段は冷静で頼りになるソン隊長が、こんなにも優しくて情熱的な男性だったとは! 凶悪犯を護送中の夜の山中で三姉妹と出会ったソン隊長はインインの美しさに一目惚れしてしまう。 だが三姉妹は人間の気を吸う蛾の妖怪であった。 翌朝、ソン隊長らが目を覚ますと凶悪犯と三姉妹は姿を消していた。 彼等を捜索中、無数の蛾に襲われたソン隊長は意識不明に。 そのことを知ったインインはソン隊長の部屋に忍び込んでそっと彼を助ける。 後日、街で再会してからのソン隊長とインインは日に日に愛を深めていく。 だがインインの妹達は大反対、仙人になるという長年の目的より人間の男との愛を選んだ姉と決別する。 周囲の反対を押し切って婚約したソン隊長とインインであったが、二人の婚約披露パーティーの席で、暫く人の気を吸っていなかったインインは人型を保てなくなり正体を現してしまう…。 一方、妹達は仙人になるためには高位の人間の気が必要なためモウ先生を襲うも、末妹の 青青(ティンティン)が倒された。 妹の元に戻ったインインは二妹・ 素素(ソウソウ)と二人でモウ先生に挑むが、ソウソウもやられてしまう。 残ったインインがモウ先生と闘っているところにソン隊長が駆け付ける。 何とかインインを助けようとするソン隊長に「人間と妖怪は結ばれない運命だ」とキッパリ撥ねつけるモウ先生。 「運命など関係ない。 「血迷ってなどいない。 愛してるんです。 二人でこの土地を離れます。 見逃してください。 二度と戻りません」 「いずれは君も妖怪になる」 「構いません、彼女と一緒なら。 見逃してほしい」 そんなソン隊長の深い愛情に心を打たれたインインは自ら火中へ…。 ソン隊長も必死にインインのもとへ行こうとするが、モウ先生の弟子達に止められる。 (ここでインインに「妖怪め」と吐き捨てる、ブレないモウ先生。 流石だ… ) 「ジーロン、許して…。 夢を見てた、あなたと永遠に一緒にいる夢を。 叶わぬ夢だと分かっていながら…。 あなたを愛した私を許して…」 まぁベッタベタでコッテコテの恋愛ドラマなのだが、何度見返してもラストで涙腺が決壊してしまう。 何故これを完結編として最後に持ってきたのか理由は分からないけれども、個人的にはラム先生の道士役の最後を飾るに相応しいラストシーンだと思う。 モウ先生達の住む甘田村にやって来た旅回り劇団で起こった殺人事件の話なのであるが、ラストでは劇団員が何人も殺されて足らなくなり、突如モウ先生がピンチヒッターで舞台に立つことに。 実はモウ先生、座長の 葉天成(ティンシェン)とは幼馴染で、子供の頃ティンシェンの父親に1年半ほど京劇を習っていたのだ。 舞台で妖艶に女形を演じている役者がモウ先生だと知らない村人達は、みんな目を輝かせてウットリ。 いや、ひと目でモウ先生と気付くだろ…というツッコミはナシである(^^; これまで何度も書いたが、ラム先生は子供の頃から「 春秋戯劇學校」で京劇を学び、京劇時代は女形を演じていたそうで、映画界に入ってからも細身の体型だったため女優のスタントをすることが多かったという。 そんなラム先生の、初めて演技力が認められた作品といえば、81年公開の「 (敗家仔)」だろう。 主人公の師匠で京劇の女形役者でもある 梁二? (ルン)役を、華麗な演技とキレのあるアクションで見事に演じきったラム先生に観客は絶賛した。 でもって、ラム先生の代表作といえば何といっても「 」シリーズであるが、ラム先生御自身が役者として好きな作品は?と亡くなる前年のインタビューで尋ねられた際に挙げたのは、88年に公開された「 七小福」であった。 元京劇役者ながら京劇の衰退でスタントマンに転向せざるをえなかった 于華元(ファー叔父)役は、未だにファンの間でも高く評価されている。 スタント中のワイヤー事故で頭を強く打ったファーはいきなりセットによじ登り、たまたまその場にいた サモ・ハン・キンポー(洪金寶)演じる兄弟子・ 于古元(ユー)がファーを落ち着かせるため、共にセットによじ登り一緒に「覇王別姫」の一節を歌って舞う。 ラム先生の悲哀を帯びた狂気の演技が涙を誘う名作だ。 ラム先生の役者人生は京劇で始まり、京劇役者を演じることで評価を高めた。 そんなラム先生の役者としての最後を飾るのに、この「完結編」ほど相応しい作品はないだろう。 観客を見遣りながらニヤリと微笑むラム先生の満足気な表情を見ていると、これが最後の京劇の舞台になると分かっていたのではなかろうかと勝手に推測し、胸が締め付けられる思いがするのである。 (この後も「 等著? 回來(撞到正)」、「 一枝花和尚」という電視劇(TVドラマ)に出演しているものの既に具合は悪く、抗癌剤を打ちながらの出演だったという…) ラム・チェンイン(林正英) 道士役作品紹介リスト 電影 : 人嚇人 時來運轉 僵屍家族・僵屍先生續集 霹靂大喇叭 靈幻先生 羞羞鬼 一眉道人 鬼咬鬼 驅魔警察 人鬼神 天地玄門 非洲和尚 洪福齊天 僵屍至尊 贏錢專家 零時十分 音樂僵屍? 皮鬼 妖怪都市 鬼打鬼之黄金道士 精靈變 新僵屍先生 嘩鬼旅行團 笑傲?

次の

ラム・チェンインとは

ラム チェンイン

(全38ページ) この章(第2章)ではカンフー映画のスター俳優をご紹介。 このページでは詠春拳の達人であるカンフー映画スター俳優、ラム・チェンイン氏を紹介します。 私が小学生の頃に「霊幻道士」という映画を観て「このおじいちゃん誰よりも強いし、他の演者を早くキョンシーから助けてあげて!」と思って観ていました。 (本当はおじいちゃんなんて言う年齢ではなかったのですが)。 時系列バラバラで当時は映画を観ていたので、「あ、この人ここにも出てる!」と気づきが多くなるにつれ他の俳優と同様ファンになっていました。 「霊幻道士」の道士様の印象が強かったのですが、映画「ユン・ピョウ・ inドラ息子カンフー」を観て、京劇(中国の伝統的な音楽劇)で女形役を演じたり、華麗な武術(詠春拳:えいしゅんけん)を見せたりする様に釘付けとなりました。 真面目そうな風貌に似合わずおちゃめな面が垣間見えるところもとても良いです。 もう他界してしまいましたが、画面に出てくると安心する存在で、私の最も好きなアクションスターです。 主な出演作品 発表年 タイトル 1982 「ユン・ピョウ inドラ息子カンフー」 1985 「霊幻道士」 1994 「青蜂狭(グリーンホーネット)」 1995 「霊幻道士」(テレビドラマ) 日本では香港アカデミー賞ともいわれる中華圏で最も有名な映画賞式典の一つ。 1982年より毎年行われている。 日本においても大ヒットし、「ラム・チェンイン=道士」というイメージが定着した。 以後、数々のキョンシー映画において道士役を演じることになった。 1994年に自ら製作、監督、出演を務めた「青蜂狭(グリーンホーネット)」を最後に映画界から退いた。 1997年11月8日、44歳の若さで逝去する。 死の直前には、自身の「変わり果てた姿を見せたくない」と友人や自身の子供2人の面会をも拒否していた。 遺言として愛用のサングラスと遺骨はアメリカへ埋葬された。 ラム・チェンイン氏作品の視聴方法 発表年 タイトル 視聴可能動画配信サービス 1982 「ユン・ピョウ inドラ息子カンフー」 1985 「霊幻道士」 1994 「青蜂狭(グリーンホーネット)」 1995 「霊幻道士」(テレビドラマ) 以上、詠春拳の達人、ラム・チェンイン氏の紹介でした。 次のページでは少林寺ブームを巻き起こしたカンフー映画スター俳優、ジェット・リー氏を紹介します。

次の