サイケデリック ロック。 サイケ・ロックのアルバムTOP50

サイケデリック・ロック: 雑派のロックな名盤(ばかりじゃない)

サイケデリック ロック

33 49 37 32 106 30 87 37 86 29 23 28 29 40 66 26 21 39 55 28 28 82 38 74 27 43 28 32 26 35 24 18 27 39 34 30 53 34 25 24 29 84 43 25 53 31 40 119 27 47 24 22 24 52 25 108 2 15 54 88 36 296 196 36 209 52 173 58 66 75 119 41 260 172 170 150 197 30 39 70 24 71 236 39 218 303 61 240 330 232 50 117 18 127 52 16 11 80 94 10 ザ・ハッスルズの2作目『アワー・オブ・ザ・ウルフ』 1980年代にキングレコードからリリースされたLPは『ビリー・ジョエル・イン・ザ・ビギニング』という邦題がついていた。 契約の関係だろうか、1作目とはリリースの順番も逆だったようで、レコード会社も違っている。 前作リリース後にヴォーカリストが脱退してビリー・ジョエルがヴォーカルも兼任しているということだけど、聴いてもビリー・ジョエルの声なのか判別しにくい。 それでも、全曲ビリー・ジョエルの名前がクレジットされたオリジナル曲(単独作4曲、共作4曲)が収録されているので、おそらくビリー・ジョエルがバンドの主導権をとってレコーディングされたに違いない。 前作がサイケデリックど真ん中だったのに比べて、ジャジーなナンバーやブルー・アイド・ソウルっぽいものもあったりして、表現の幅を広げている。 聴き所はタイトル曲のA3「孤狼の時」。 約12分の長尺で、ビリー・ジョエルのピアノによるインプロヴィゼーションを組み込んだ実験的な曲だ。 もちろん、ビリー・ジョエルが大物になっていなければ埋もれていたバンドに間違いなく、ビリー・ジョエルのファン、マニア以外の人には面白みに欠ける。 音楽性を広げたことは、逆に言えば方向性を探っている状態でもあって、中途半端な印象がどうしても残ってしまう。 ビリー・ジョエル本人も「どうしようもなくゴミみたいな駄作」と評しているらしい。 Side A 1. Country Boy 2. Night After Day 3. Hour of the Wolf 4. 4 O'clock in the Morning Side B 1. Cat 2. Hotel St. George 3. Land of Despair 4. ビリー・ジョエルがブレイクした後に『ビリー・ジョエル・イン・ザ・ビギニング VOL. 1』というタイトルで東芝EMIから国内リリースされた。 この1作目ではビリー・ジョエルは鍵盤プレイのみで、ヴォーカルは聴かれない。 作曲のクレジットでビリー・ジョエルの名前があるのは3曲(A1、B1は単独作、A4は共作)で、それ以外はいずれもカバーのようだ。 カバー曲の1つがトラフィックの「カラード・レイン」。 この曲がトラフィックのシングルのB面としてリリースされたのが1967年11月(ちなみに、デビュー・アルバム『ミスター・ファンタジー』に収められてリリースされたのは1967年12月)。 ハッスルズのこのアルバムがリリースされたのは同じ1967年11月なので、超速攻でカバーしたということだろう。 時代的にサイケデリックなサウンドで、ギターやオルガンのプレイはまさにそれ。 ヴァニラ・ファッジとかに近いので、ビリー・ジョエルらしさを期待していると肩透かしを喰らう。 サイケデリックものが好きな人なら十分楽しめるとは思う。 このバンドならではのオリジナリティみたいなものはないけど…。 Side A 1. Warming Up 2. Just Holding On 3. A Taste Of Honey 4. Every Step I Take - Every Move I Make 5. Coloured Rain Side B 1. I Hear Voices 2. I Can Tell 3. Giving Up 4. Fever 5. CDなんだから、代表曲の「イン・ア・ガダ・ダ・ヴィダ」は17分バージョンで収録してほしかったかな。 シングル・エディットと両方でもいい。 ハード・ロック寄りのサイケデリック・ロックの代表格。 ヘヴィ・メタルの草分け的存在のようにも言われたりする。 サウンドに彩りをつけるオルガンと、重厚に跳ねるベースが頑張っている。 Gone Is The Sad Man 2. Barnabus Swain 3. Tree House 4. Leave Me To Cry 5. Don't Make Promises 6. Yellow Van 7. You've Got The Chance 8. Real Good Thing 9. Beggin' 10. Black Dog 11. Baked Jam Roll In Your Eye 12. Stay There 13. A Woman That's Waiting 14. Eddie McHenry 15. Poor Little Heartbreaker 16. Country Dane And City Lil 17. Promises 18. Come On Up 19. Love The Girl 20. Girl Don't Make Me Wait 21. Walking Through The Streets Of My Mind 22. Timebox 23. Waiting For The End 24. Five to One Live at the Dinner Key Auditorium, Miami, 1969 2. Queen of the Highway Alternate version recorded at Elektra Studios, 1969 3. Hyacinth House Demo recorded at Krieger's home studio, 1969 4. My Eyes Have Seen You Demo recorded at World Pacific Studios, 1965 5. Who Scared You Recorded at Elektra Studios, 1969 6. Black Train Song Live at The Spectrum, Philadelphia, 1970 7. End of the Night Demo recorded at World Pacific Studios, 1965 8. I Will Never Be Untrue Live at the Aquarius Theater, Hollywood, 1969 10. Moonlight Drive Demo Recorded at World Pacific Studios, 1965 11. Moonlight Drive Sunset Sound Recorded at Sunset Sound Studios, 1966 12. Rock Is Dead Recorded at Elektra Studios, 1969 13. Albinoni's Adagio in G Minor Recorded at TTG Studios, 1968 Disc 2: Live In New York - Recorded live at Madison Square Garden, New York, 1970 1. Roadhouse Blues 2. Ship of Fools 3. Peace Frog 4. Blue Sunday 5. Celebration of the Lizard 6. Gloria 7. Crawling King Snake 8. Money 9. The End Disc 3: The Future Ain't What It Used To Be 1. Hello to the Cities Live on The Ed Sullivan Show, 1967 and at the Cobo Hall, Detroit, 1970 2. Break On Through To the Other Side Live at the Isle of Wight Festival, England, 1970 3. Rock Me Live at The PNE Coliseum, Vancouver, 1970 4. Money Live at The PNE Coliseum, Vancouver, 1970 5. Someday Soon Live at the Seattle Center, Seattle, 1970 6. Go Insane Demo recorded at World Pacific Studios, 1965 7. Mental Floss Live at the Aquarius Theater, Hollywood, 1969 8. Summer's Almost Gone Demo recorded at World Pacific Studios, 1965 9. Adolph Hitler Live at the Boston Gardens, Boston, 1970 10. Hello, I Love You Demo recorded at World Pacific Studios, 1965 11. The Crystal Ship Live at The Matrix, San Francisco, 1967 12. I Can't See Your Face in My Mind Live at The Matrix, San Francisco, 1967 13. The Soft Parade Live on PBS Television, New York, 1970 14. Tightrope Ride Recorded at The Doors' Workshop, 1971 15. Light My Fire 2. Peace Frog 3. Wishful Sinful 4. Take It As It Comes 5. Woman Ray 6. I Can't See Your Face in My Mind 7. Land Ho! Yes, The River Knows 9. Shaman's Blues 10. You're Lost Little Girl John 11. Love Me Two Times 12. When the Music's Over 13. The Unknown Soldier 14. Wild Child 15. What Good Can Drinkin' Do live 2. Trouble in Mind live 3. Hesitation Blues 4. Easy Rider 5. Coo Coo 6. Down on Me 7. The Last Time 8. All Is Loneliness 9. Call on Me live 10. Women Is Losers live 11. Intruder 12. Light Is Faster than Sound 13. Bye, Bye Baby 14. Farewell Song 15. Flower in the Sun live 16. Misery'n 17. Road Block live 18. Ball and Chain live Disc 2 1. Combination of the Two 2. I Need a Man to Love 3. Piece of My Heart 4. Turtle Blues 5. Oh, Sweet Mary 6. Catch Me Daddy 7. Summertime 8. Kozmic Blues 9. Try Just a Little Bit Harder 10. One Good Man 11. Dear Landlord 12. To Love Somebody 13. As Good as You've Been to This World 14. Little Girl Blue 15. Work Me, Lord 16. Raise Your Hand live 17. Maybe live Disc 3 1. Me and Bobby McGee alternate version 2. One Night Stand alternate take 3. Tell Mama live 4. Try Just a Little Bit Harder live 5. Cry Baby 6. Move Over 7. A Woman Left Lonely 8. Half Moon 9. Happy Birthday, John Happy Trails 10. My Baby 11. Mercedes Benz 12. Trust Me 13. Get It While You Can 14. Hey Grandma 2. Blues 3. Fall on You 4. 8:05 5. Come in the Morning 6. Omaha 7. Naked, If I Want To 8. Rounder instrumental 9. Someday 10. Ain't No Use 11. Sitting by the Window 12. Changes 13. Lazy Me 14. Indifference 15. Looper audition version 16. Sweet Ride 17. Bitter Wind alternate version 18. The Place and the Time alternate version 19. Rounder live 20. Miller's Blues live 21. Changes live 22. Hey Grandma mono single version 23. Omaha mono single version 24. Big Disc 2 1. Skip's Song demo version 2. You Can Do Anything demo version 3. Murder in My Heart for the Judge 4. Bitter Wind 5. Can't Be So Bad 6. Just Like Gene Autry: A Foxtrot - with Lou Waxman and His Orchestra 7. He 8. Motorcycle Irene 9. Funky-Tunk 10. Rose Colored Eyes 11. If You Can't Learn From My Mistakes Peter Lewis solo version 12. Ooh Mama Ooh 13. Ain't That a Shame 14. Trucking Man 15. Captain Nemo 16. What's to Choose 17. Going Nowhere 18. I Am Not Willing 19. It's a Beautiful Day Today 20. Right Before My Eyes 21. Truly Fine Citizen 22. Hoochie 23. Soul Stew 24. House Announcer 2. Who Do You Love? Medley 3. Alabama Song Whisky Bar 4. Back Door Man 5. Love Hides 6. Five to One 7. Build Me a Woman 8. When the Music's Over 9. Universal Mind 10. Petition the Lord with Prayer Medley 11. Dead Cats, Dead Rats 12. Break On Through To the Other Side , 2 The Celebration of the Lizard 13. Lions in the Street 14. Wake Up 15. A Little Game 16. The Hill Dwellers 17. Not to Touch the Earth 18. Names of the Kingdom 19. The Palace of Exile 20. Soul Kitchen Disc 2 1. Roadhouse Blues 2. Gloria 3. Light My Fire including Graveyard Poem 4. You Make Me Real 5. Love Me Two Times 7. Little Red Rooster 8. Moonlight Drive including Horse Latitudes 9. Close to You 10. Unknown Soldier 11. The End <チャート成績> アルバム:米50位、英24位 Personnel Jim Morrison — vocals Robby Krieger — guitars John Densmore — drums Ray Manzarek - keyboards, keyboard bass, lead vocals, backup vocals Produced by Paul A. The Movie 2. Riders on the Storm 3. Love Street 4. Break On Through To the Other Side 5. The End 6. Light My Fire 7. Ghost Song 8. Roadhouse Blues 9. Stoned Immaculate 12. When the Music's Over 13. The Severed Garden Adagio 14. Woman <チャート成績> アルバム:米8位、英11位 Personnel Jim Morrison — vocals Robby Krieger — guitar John Densmore — drums Ray Manzarek — piano and organ Produced by Paul A. Broken Statue 2. Fear of Love 3. Undercover of Confusion 4. Waiting for the Ice Cream to Melt 5. Taking LSD Side B 1. White Girls on Amphetamine 2. Seeing Double 3. Fool About You 4. Bad Attitude 5. Out Demons Out 2. Love in the Rain 3. Green Lights 4. I Got Mad 5. Hotel Room 6. Poppy Side B 1. Evening Over Rooftops 2. Apache introducing Drop Out Boogie 3. The Moth a The Moth b People c Peter 4. Gone Blue 5. Why Can't Somebody Love Me 6. Summertime Blues 2. Out of Focus 3. Parchment Farm 4. Feathers from Your Tree 5. Just a Little Bit 6. Babylon Side B 1. Magnolia Caboose Babyfinger 2. Come and Get It 3. Peace of Mind 4. Fruit a Icebergs 5. Fool 6. Hello L. Gloria 2. Light My Fire 3. You Make Me Real Side B 1. The WASP Texas Radio and the Big Beat 2. Love Me Two Times 3. Little Red Rooster 4. Moonlight Drive <チャート成績> アルバム:米23位、英36位 シングル:米71位 Personnel Jim Morrison — vocals Robby Krieger — guitar John Densmore — drums Ray Manzarek — organ, keyboard bass John Sebastian - harmonica Produced by Paul A. Tell Mama 2. Magic of Love 3. Misery 'N 4. One Night Stand 5. Harry 6. Raise Your Hand 7. Farewell Song 8. Awake Ghost Song Dawn's Highway Newborn Awakening 2. To Come of Age Black Polished Chrome Latino Chrome Angels and Sailors Stoned Immaculate 3. The Poets Dreams The Movie Curses, Invocations Side B 1. World On Fire American Night Roadhouse Blues The World On Fire Lament The Hitchhiker 2. An American Prayer Hour for Magic Freedom Exists A Feast of Friends bonus tracks: Babylon Fading Bird of Prey The Ghost Song <チャート成績> アルバム:米54位 Personnel Jim Morrison — vocals, spoken word Robby Krieger — guitar John Densmore — drums Ray Manzarek — keyboards, piano bass Bob Glaub — bass Jerry Scheff — bass Reinol Andino — percussion Arthur Barrow — synthesizer programming Produced and engineered by John Haeny miscredited "John Haney" Produced and directed by John Densmore, Robby Krieger, Ray Manzarek with Frank Lisciandro Assistant engineer: Paul Black Remastered by Paul A. Poor Little Heartbreaker 2. Gone Is The Sad Man 3. Yellow Van 4. Baked Jam Roll In Your Eye 5. You've Got The Chance Side B 1. A Woman That's Waiting 2. Girl Don't Make Me Wait 3. Don't Make Promises 4. Walking Through The Streets Of My Mind 5. Assault and Battery Part 1 2. The Golden Void Part 2 3. The Wizard Blew His Horn 4. Opa-Loka 5. The Demented Man Side B 1. Magnu 2. Standing at the Edge 3. Spiral Galaxy 28948 4. Warriors 5. Dying Seas 6. Gypsy Lights 2. Heebie Jeebies 3. Cowboy on the Run 4. I Heard You Singing 5. Worryin' Shoes Side B 1. The Letter 2. They Don't Know 3. Flames 4. Witches' Moon 5. We Love You Whoever You Are 2. Nora 3. I Feel Better 4. Your Smile Side B 1. Ain't Gettin' None 2. Monumental Movement 3. The Hook 4. Roccococooler 3. Eviction 4. Oh You Crazy Boy! Things on My Mind Side B 1. Capers Personnel Edgar Broughton — lead vocals, guitar, bass guitar Arthur Grant — bass guitar, guitar Steve Broughton — vocals, drums, percussion, guitars, tubular bells, tambourine Victor Unitt — backing vocals, guitars, Spanish guitar, piano, lead vocals David Bedford — piano, strings arrangements Victor Peraino - synthesizer Madeline Bell — backing vocals Doris Troy — backing vocals Lisa Strike — backing vocals Maggie Thomas — backing vocals Produced by Edgar Broughton Band Photograph: Hipgnosis.

次の

サイケデリックロックから転向を果たしたグレイトフル・デッドの『アメリカン・ビューティー』 | ガジェット通信 GetNews

サイケデリック ロック

グレイトフル・デッドというグループは捉えどころのないグループだと思う。 少なくとも若い時は彼らの良さなどまったく分からなかった。 ドラッグ、実験、ヒッピー、ライトショーなど、デッドの周辺を取り巻く環境が、日本人リスナーにとって無縁のものばかりであるからかもしれない。 『アメリカン・ビューティー』は『ワーキングマンズ・デッド』の路線を踏襲しているものの、楽曲の完成度という意味で本作のほうが素晴らしい。 頭のいかれたヒッピー集団 初期のデッドほど無茶苦茶なロックバンドはそう多くない。 アルコールやドラッグだけでなく、前衛芸術や実験音楽などであふれた60年代のサンフランシスコの若者たちは、のちに登場するパンクロッカーの比ではないぐらいぶっ飛んでいたと思われる(実際に自分が体験したわけではないのだが…)。 デッドはワーナーと契約する前から、ライヴアクトとしてサンフランシスコでは絶大な人気があった。 いくつかのヒットシングルをリリースしていたジェファーソン・エアプレインやクイックシルバー・メッセンジャー・サービスといったシスコの人気グループとは違って、1曲が30〜40分にもなる長尺のナンバーを5〜6時間も演奏し続けるスタイルで、ドラッグを決めてトリップしたい若者たちから支持されていたのである。 だから、大手のワーナーから契約の申し出があった時には、スタジオの無期限使用を認めさせている。 結果、スタジオではやりたい放題となり、プロデューサーを何度も激怒させる事態となった。 エンジニアにはロスのスモッグで汚れた空気とアリゾナの澄んだ空気を録音してミキシングしてくれと、訳の分からないことを真顔で依頼することもあったそうだ。 もちろん、そのエンジニアはアルバム制作途中で出て行ったまま帰っては来なかった。 また、アルバム制作中、半分しか曲ができない時には、ライヴ録音で残り半分を埋めるといういい加減さである。 広範な音楽性を持ったメンバー しかし、構成するメンバーは広い音楽性と恵まれた才能があった。 リーダーのジェリー・ガルシア(95年没)は他のシスコ界隈のロックグループと同じようにフォークリバイバルの影響を受け、ブルーグラスやカントリー、フォークをバックボーンにしており、ギターをはじめ、バンジョーやペダルスティールも得意としていた。 ベースのフィル・レッシュはジャズやクラシック、電子音楽に興味を持っていた。 ヴォーカルとマウスハープのピッグペン(ロン・マッカーナン、73年没)はブルースオタクであった。 ギターとヴォーカルのボブ・ウィアはビートルズとロックンロール、カントリーに影響を受けている。 ドラムのビル・クルツマンとミッキー・ハートはジャズやワールドミュージック、前衛音楽に影響を受けている。 作詞を担当(演奏はしない)するロバート・ハンターは文学を勉強しており、ガルシアとは幼馴染の間柄。 彼もフォークリバイバルでフォークやカントリーに影響されている。 リーダーのジェリー・ガルシアはアメリカのロックアーティストで最も影響力を持つ人間のひとりである。 その影響力はアメリカに限って言えばボブ・ディランやビートルズにも匹敵するかもしれない。 ガルシアは音楽だけでなく、生き方や民主的な大組織作り(デッドヘッズやヒッピーコミューン)に至るまで、同時代のロックグループや一般の若者はもちろん、のちに登場するフィッシュはグループ運営やファン、サポーター、ライヴの手法などに至るまで、ガルシアのやり方をそっくりそのまま引用するなど、絶大な影響を与えている。 これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!•

次の

サイケデリック・ミュージック

サイケデリック ロック

33 49 37 32 106 30 87 37 86 29 23 28 29 40 66 26 21 39 55 28 28 82 38 74 27 43 28 32 26 35 24 18 27 39 34 30 53 34 25 24 29 84 43 25 53 31 40 119 27 47 24 22 24 52 25 108 2 15 54 88 36 296 196 36 209 52 173 58 66 75 119 41 260 172 170 150 197 30 39 70 24 71 236 39 218 303 61 240 330 232 50 117 18 127 52 16 11 80 94 10 ザ・ハッスルズの2作目『アワー・オブ・ザ・ウルフ』 1980年代にキングレコードからリリースされたLPは『ビリー・ジョエル・イン・ザ・ビギニング』という邦題がついていた。 契約の関係だろうか、1作目とはリリースの順番も逆だったようで、レコード会社も違っている。 前作リリース後にヴォーカリストが脱退してビリー・ジョエルがヴォーカルも兼任しているということだけど、聴いてもビリー・ジョエルの声なのか判別しにくい。 それでも、全曲ビリー・ジョエルの名前がクレジットされたオリジナル曲(単独作4曲、共作4曲)が収録されているので、おそらくビリー・ジョエルがバンドの主導権をとってレコーディングされたに違いない。 前作がサイケデリックど真ん中だったのに比べて、ジャジーなナンバーやブルー・アイド・ソウルっぽいものもあったりして、表現の幅を広げている。 聴き所はタイトル曲のA3「孤狼の時」。 約12分の長尺で、ビリー・ジョエルのピアノによるインプロヴィゼーションを組み込んだ実験的な曲だ。 もちろん、ビリー・ジョエルが大物になっていなければ埋もれていたバンドに間違いなく、ビリー・ジョエルのファン、マニア以外の人には面白みに欠ける。 音楽性を広げたことは、逆に言えば方向性を探っている状態でもあって、中途半端な印象がどうしても残ってしまう。 ビリー・ジョエル本人も「どうしようもなくゴミみたいな駄作」と評しているらしい。 Side A 1. Country Boy 2. Night After Day 3. Hour of the Wolf 4. 4 O'clock in the Morning Side B 1. Cat 2. Hotel St. George 3. Land of Despair 4. ビリー・ジョエルがブレイクした後に『ビリー・ジョエル・イン・ザ・ビギニング VOL. 1』というタイトルで東芝EMIから国内リリースされた。 この1作目ではビリー・ジョエルは鍵盤プレイのみで、ヴォーカルは聴かれない。 作曲のクレジットでビリー・ジョエルの名前があるのは3曲(A1、B1は単独作、A4は共作)で、それ以外はいずれもカバーのようだ。 カバー曲の1つがトラフィックの「カラード・レイン」。 この曲がトラフィックのシングルのB面としてリリースされたのが1967年11月(ちなみに、デビュー・アルバム『ミスター・ファンタジー』に収められてリリースされたのは1967年12月)。 ハッスルズのこのアルバムがリリースされたのは同じ1967年11月なので、超速攻でカバーしたということだろう。 時代的にサイケデリックなサウンドで、ギターやオルガンのプレイはまさにそれ。 ヴァニラ・ファッジとかに近いので、ビリー・ジョエルらしさを期待していると肩透かしを喰らう。 サイケデリックものが好きな人なら十分楽しめるとは思う。 このバンドならではのオリジナリティみたいなものはないけど…。 Side A 1. Warming Up 2. Just Holding On 3. A Taste Of Honey 4. Every Step I Take - Every Move I Make 5. Coloured Rain Side B 1. I Hear Voices 2. I Can Tell 3. Giving Up 4. Fever 5. CDなんだから、代表曲の「イン・ア・ガダ・ダ・ヴィダ」は17分バージョンで収録してほしかったかな。 シングル・エディットと両方でもいい。 ハード・ロック寄りのサイケデリック・ロックの代表格。 ヘヴィ・メタルの草分け的存在のようにも言われたりする。 サウンドに彩りをつけるオルガンと、重厚に跳ねるベースが頑張っている。 Gone Is The Sad Man 2. Barnabus Swain 3. Tree House 4. Leave Me To Cry 5. Don't Make Promises 6. Yellow Van 7. You've Got The Chance 8. Real Good Thing 9. Beggin' 10. Black Dog 11. Baked Jam Roll In Your Eye 12. Stay There 13. A Woman That's Waiting 14. Eddie McHenry 15. Poor Little Heartbreaker 16. Country Dane And City Lil 17. Promises 18. Come On Up 19. Love The Girl 20. Girl Don't Make Me Wait 21. Walking Through The Streets Of My Mind 22. Timebox 23. Waiting For The End 24. Five to One Live at the Dinner Key Auditorium, Miami, 1969 2. Queen of the Highway Alternate version recorded at Elektra Studios, 1969 3. Hyacinth House Demo recorded at Krieger's home studio, 1969 4. My Eyes Have Seen You Demo recorded at World Pacific Studios, 1965 5. Who Scared You Recorded at Elektra Studios, 1969 6. Black Train Song Live at The Spectrum, Philadelphia, 1970 7. End of the Night Demo recorded at World Pacific Studios, 1965 8. I Will Never Be Untrue Live at the Aquarius Theater, Hollywood, 1969 10. Moonlight Drive Demo Recorded at World Pacific Studios, 1965 11. Moonlight Drive Sunset Sound Recorded at Sunset Sound Studios, 1966 12. Rock Is Dead Recorded at Elektra Studios, 1969 13. Albinoni's Adagio in G Minor Recorded at TTG Studios, 1968 Disc 2: Live In New York - Recorded live at Madison Square Garden, New York, 1970 1. Roadhouse Blues 2. Ship of Fools 3. Peace Frog 4. Blue Sunday 5. Celebration of the Lizard 6. Gloria 7. Crawling King Snake 8. Money 9. The End Disc 3: The Future Ain't What It Used To Be 1. Hello to the Cities Live on The Ed Sullivan Show, 1967 and at the Cobo Hall, Detroit, 1970 2. Break On Through To the Other Side Live at the Isle of Wight Festival, England, 1970 3. Rock Me Live at The PNE Coliseum, Vancouver, 1970 4. Money Live at The PNE Coliseum, Vancouver, 1970 5. Someday Soon Live at the Seattle Center, Seattle, 1970 6. Go Insane Demo recorded at World Pacific Studios, 1965 7. Mental Floss Live at the Aquarius Theater, Hollywood, 1969 8. Summer's Almost Gone Demo recorded at World Pacific Studios, 1965 9. Adolph Hitler Live at the Boston Gardens, Boston, 1970 10. Hello, I Love You Demo recorded at World Pacific Studios, 1965 11. The Crystal Ship Live at The Matrix, San Francisco, 1967 12. I Can't See Your Face in My Mind Live at The Matrix, San Francisco, 1967 13. The Soft Parade Live on PBS Television, New York, 1970 14. Tightrope Ride Recorded at The Doors' Workshop, 1971 15. Light My Fire 2. Peace Frog 3. Wishful Sinful 4. Take It As It Comes 5. Woman Ray 6. I Can't See Your Face in My Mind 7. Land Ho! Yes, The River Knows 9. Shaman's Blues 10. You're Lost Little Girl John 11. Love Me Two Times 12. When the Music's Over 13. The Unknown Soldier 14. Wild Child 15. What Good Can Drinkin' Do live 2. Trouble in Mind live 3. Hesitation Blues 4. Easy Rider 5. Coo Coo 6. Down on Me 7. The Last Time 8. All Is Loneliness 9. Call on Me live 10. Women Is Losers live 11. Intruder 12. Light Is Faster than Sound 13. Bye, Bye Baby 14. Farewell Song 15. Flower in the Sun live 16. Misery'n 17. Road Block live 18. Ball and Chain live Disc 2 1. Combination of the Two 2. I Need a Man to Love 3. Piece of My Heart 4. Turtle Blues 5. Oh, Sweet Mary 6. Catch Me Daddy 7. Summertime 8. Kozmic Blues 9. Try Just a Little Bit Harder 10. One Good Man 11. Dear Landlord 12. To Love Somebody 13. As Good as You've Been to This World 14. Little Girl Blue 15. Work Me, Lord 16. Raise Your Hand live 17. Maybe live Disc 3 1. Me and Bobby McGee alternate version 2. One Night Stand alternate take 3. Tell Mama live 4. Try Just a Little Bit Harder live 5. Cry Baby 6. Move Over 7. A Woman Left Lonely 8. Half Moon 9. Happy Birthday, John Happy Trails 10. My Baby 11. Mercedes Benz 12. Trust Me 13. Get It While You Can 14. Hey Grandma 2. Blues 3. Fall on You 4. 8:05 5. Come in the Morning 6. Omaha 7. Naked, If I Want To 8. Rounder instrumental 9. Someday 10. Ain't No Use 11. Sitting by the Window 12. Changes 13. Lazy Me 14. Indifference 15. Looper audition version 16. Sweet Ride 17. Bitter Wind alternate version 18. The Place and the Time alternate version 19. Rounder live 20. Miller's Blues live 21. Changes live 22. Hey Grandma mono single version 23. Omaha mono single version 24. Big Disc 2 1. Skip's Song demo version 2. You Can Do Anything demo version 3. Murder in My Heart for the Judge 4. Bitter Wind 5. Can't Be So Bad 6. Just Like Gene Autry: A Foxtrot - with Lou Waxman and His Orchestra 7. He 8. Motorcycle Irene 9. Funky-Tunk 10. Rose Colored Eyes 11. If You Can't Learn From My Mistakes Peter Lewis solo version 12. Ooh Mama Ooh 13. Ain't That a Shame 14. Trucking Man 15. Captain Nemo 16. What's to Choose 17. Going Nowhere 18. I Am Not Willing 19. It's a Beautiful Day Today 20. Right Before My Eyes 21. Truly Fine Citizen 22. Hoochie 23. Soul Stew 24. House Announcer 2. Who Do You Love? Medley 3. Alabama Song Whisky Bar 4. Back Door Man 5. Love Hides 6. Five to One 7. Build Me a Woman 8. When the Music's Over 9. Universal Mind 10. Petition the Lord with Prayer Medley 11. Dead Cats, Dead Rats 12. Break On Through To the Other Side , 2 The Celebration of the Lizard 13. Lions in the Street 14. Wake Up 15. A Little Game 16. The Hill Dwellers 17. Not to Touch the Earth 18. Names of the Kingdom 19. The Palace of Exile 20. Soul Kitchen Disc 2 1. Roadhouse Blues 2. Gloria 3. Light My Fire including Graveyard Poem 4. You Make Me Real 5. Love Me Two Times 7. Little Red Rooster 8. Moonlight Drive including Horse Latitudes 9. Close to You 10. Unknown Soldier 11. The End <チャート成績> アルバム:米50位、英24位 Personnel Jim Morrison — vocals Robby Krieger — guitars John Densmore — drums Ray Manzarek - keyboards, keyboard bass, lead vocals, backup vocals Produced by Paul A. The Movie 2. Riders on the Storm 3. Love Street 4. Break On Through To the Other Side 5. The End 6. Light My Fire 7. Ghost Song 8. Roadhouse Blues 9. Stoned Immaculate 12. When the Music's Over 13. The Severed Garden Adagio 14. Woman <チャート成績> アルバム:米8位、英11位 Personnel Jim Morrison — vocals Robby Krieger — guitar John Densmore — drums Ray Manzarek — piano and organ Produced by Paul A. Broken Statue 2. Fear of Love 3. Undercover of Confusion 4. Waiting for the Ice Cream to Melt 5. Taking LSD Side B 1. White Girls on Amphetamine 2. Seeing Double 3. Fool About You 4. Bad Attitude 5. Out Demons Out 2. Love in the Rain 3. Green Lights 4. I Got Mad 5. Hotel Room 6. Poppy Side B 1. Evening Over Rooftops 2. Apache introducing Drop Out Boogie 3. The Moth a The Moth b People c Peter 4. Gone Blue 5. Why Can't Somebody Love Me 6. Summertime Blues 2. Out of Focus 3. Parchment Farm 4. Feathers from Your Tree 5. Just a Little Bit 6. Babylon Side B 1. Magnolia Caboose Babyfinger 2. Come and Get It 3. Peace of Mind 4. Fruit a Icebergs 5. Fool 6. Hello L. Gloria 2. Light My Fire 3. You Make Me Real Side B 1. The WASP Texas Radio and the Big Beat 2. Love Me Two Times 3. Little Red Rooster 4. Moonlight Drive <チャート成績> アルバム:米23位、英36位 シングル:米71位 Personnel Jim Morrison — vocals Robby Krieger — guitar John Densmore — drums Ray Manzarek — organ, keyboard bass John Sebastian - harmonica Produced by Paul A. Tell Mama 2. Magic of Love 3. Misery 'N 4. One Night Stand 5. Harry 6. Raise Your Hand 7. Farewell Song 8. Awake Ghost Song Dawn's Highway Newborn Awakening 2. To Come of Age Black Polished Chrome Latino Chrome Angels and Sailors Stoned Immaculate 3. The Poets Dreams The Movie Curses, Invocations Side B 1. World On Fire American Night Roadhouse Blues The World On Fire Lament The Hitchhiker 2. An American Prayer Hour for Magic Freedom Exists A Feast of Friends bonus tracks: Babylon Fading Bird of Prey The Ghost Song <チャート成績> アルバム:米54位 Personnel Jim Morrison — vocals, spoken word Robby Krieger — guitar John Densmore — drums Ray Manzarek — keyboards, piano bass Bob Glaub — bass Jerry Scheff — bass Reinol Andino — percussion Arthur Barrow — synthesizer programming Produced and engineered by John Haeny miscredited "John Haney" Produced and directed by John Densmore, Robby Krieger, Ray Manzarek with Frank Lisciandro Assistant engineer: Paul Black Remastered by Paul A. Poor Little Heartbreaker 2. Gone Is The Sad Man 3. Yellow Van 4. Baked Jam Roll In Your Eye 5. You've Got The Chance Side B 1. A Woman That's Waiting 2. Girl Don't Make Me Wait 3. Don't Make Promises 4. Walking Through The Streets Of My Mind 5. Assault and Battery Part 1 2. The Golden Void Part 2 3. The Wizard Blew His Horn 4. Opa-Loka 5. The Demented Man Side B 1. Magnu 2. Standing at the Edge 3. Spiral Galaxy 28948 4. Warriors 5. Dying Seas 6. Gypsy Lights 2. Heebie Jeebies 3. Cowboy on the Run 4. I Heard You Singing 5. Worryin' Shoes Side B 1. The Letter 2. They Don't Know 3. Flames 4. Witches' Moon 5. We Love You Whoever You Are 2. Nora 3. I Feel Better 4. Your Smile Side B 1. Ain't Gettin' None 2. Monumental Movement 3. The Hook 4. Roccococooler 3. Eviction 4. Oh You Crazy Boy! Things on My Mind Side B 1. Capers Personnel Edgar Broughton — lead vocals, guitar, bass guitar Arthur Grant — bass guitar, guitar Steve Broughton — vocals, drums, percussion, guitars, tubular bells, tambourine Victor Unitt — backing vocals, guitars, Spanish guitar, piano, lead vocals David Bedford — piano, strings arrangements Victor Peraino - synthesizer Madeline Bell — backing vocals Doris Troy — backing vocals Lisa Strike — backing vocals Maggie Thomas — backing vocals Produced by Edgar Broughton Band Photograph: Hipgnosis.

次の