熊本 県 コロナ 感染 者 数。 新型コロナ/感染者数(都道府県データランキング)

【熊本県】 新型コロナウイルスの感染者情報 ※随時更新中

熊本 県 コロナ 感染 者 数

Contents• 熊本県で新型コロナウイルス感染者を確認 日本でも続々と新型コロナウルスの感染者が続出していますが、2月21日に熊本県熊本市内の20代の女性看護師と、同居する50代の会社員の父親が、新型コロナウイルスに感染したことが確認されたと発表した。 熊本県も、60代の男性の感染が確認されたと発表されました。 1人目 熊本市内東区の20代女性看護師 新型コロナウイルスに感染が確認された熊本市在住20代女性の方は中国への渡航歴はありませんでした。 また同居されていたご両親は濃厚接触者として検査の結果50代のお父さんが陽性、お母さんは陰性でした。 いずれも現在市内の医療機関に入院、治療中です。 症状は落ち着いているとの事です。 熊本 コロナウイルス、熊本託麻台リハビリテーション病院の看護師。 お父さんも発病で確認中。 感染経路不明。 熊本城マラソンには参加していない。 年寄の受診者も多く、小児リハビリも行ってるのでお子さんの感染も怖い。 ウチからも近いので用心。 2月17日 咳症状• 2月18日 咳継続、発熱。 医療機関Aを受診。 2月19日 発熱が続くため、医療機関Bを受診。 2月20日 咳・熱継続、頭痛、嘔気・嘔吐、下痢が出現し、医療機関Cを受診。 医師が自宅待機を指示。 2月21日 熊本市環境総合センターにおいて、新型コロナウイルスの検査を実施。 感染症指定医療機関へ患者入院。 遺伝子解析の結果、検査陽性を確定。 2月29日 人工呼吸器を装着するなど「重篤な状態」 濃厚接触者が3名おり、 そのうちの1人であるこの患者さんの父親も新型コロナウイルス に感染したことがわかっています。 2人目 熊本市東区の50代土木作業員男性(上記の患者の父親) 【新型肺炎】熊本の感染確認、3人に 50代と60代の男性 50代の男性は同日感染が確認された20代の女性看護師と同居する父親。 いずれも入院中で容体は安定しているが、過去1カ月に海外渡航歴はないという。 — ライブドアニュース livedoornews• 2月15日 集団感染が疑われている大阪・都島区のライブハウスで行われたコンサートにすでに感染が確認された高知県の女性と、愛媛県の女性を含む5人で参加し、一緒に食事もした• 2月16日 この日もライブに参加• 2月18日から29日 県内の高齢者介護施設に出勤• 2月29日 一緒にライブに参加した高知県に住む友人から新型コロナウイルスに感染したという連絡が来る• 3月1日 保健所に検査を受けたいと相談。 自宅待機• 3月4日 改めて保健所に相談し検査をした結果、感染が確認• 現在、発熱など肺炎の症状はない• 熊本コロナウイルス患者はどこに住んでいる?熊本市東区と上益城郡? 1,2,4,5人目の感染者は熊本県熊本市東区 熊本初の感染者は東区在住かあ。 マラソンは参加してないんだってね。 熊本県のみなさん感染にはくれぐれも気をつけてください。 熊本市内以外からも新型コロナウィルス感染者がでるとは… ちなみに立地的に熊本県は九州の全ての県が隣である交通の中心地であり、新型コロナウィルスが隣県へって事は避けられそうになさそう… — キンキラ侍 kinkirasamurai 6人目の40代女性 熊本県のHPによると 有明保健所の管轄地域は荒尾市、玉名市、玉名郡となっておりますので、この40代女性は荒尾市、玉名市、玉名郡に住んでいます。 この40代女性が勤めている介護施設はどこ? 熊本県は5日、県内で6人目の新型コロナウイルス感染者となった有明保健所管内(荒尾市、玉名市郡)の40代女性が、 介護職として玉名市の介護老人保健施設「樹心台」に勤務していたことを明らかにした。 施設側が「感染拡大防止に協力したい」として公表に同意した。 引用元:熊本日日新聞 この40代女性が勤務していた介護老人施設は老健の「樹心台」です。 〒865-0041 熊本県玉名市伊倉北方272 熊本県コロナウイルス患者はどこの病院?熊本市民病院? 新型コロナウイルスは指定感染症に指定されており受け入れができる病院もある程度絞ることができると思います。 コロナウイルスの指定感染症受け入れ先は 「特定感染症指定医療機関」 「第1種感染症指定医療機関」「第2種感染症指定医療機関」です。 熊本県は 「特定感染症指定医療機関」がないので、 「第1種感染症指定医療機関」「第2種感染症指定医療機関」が以下になります。 第1種感染症指定医療機関• 熊本市立熊本市民病院(2床) 第2種感染症指定医療機関• 熊本市立熊本市民病院(10床)• 荒尾市民病院(4床)• 山鹿市民医療センター(4床)• 菊池郡市医師会立病院(4床)• 阿蘇医療センター(4床)• 宇城総合病院(4床)• 独立行政法人地域医療機能推進機構 熊本総合病院(4床)• 国保水俣市立総合医療センター(4床)• 独立行政法人地域医療機能推進機構 天草中央総合病院(4床) これまで新型コロナウイルスに感染した方のほとんどは 「特定感染症指定医療機関」 「第1種感染症指定医療機関」に入院しており、 熊本県では「熊本市立熊本市民病院 」が該当します。 「熊本市立熊本市民病院」の可能性が高いのではないかと考えられます。 しかし、3月5日現在、感染者は6人になっているので第2種感染症指定医療機関へ入院している感染者もいると考えられます。 熊本市立熊本市民病院 住所:〒862-0901 熊本県熊本市東区東町4丁目1 公務員アパート前 また、病院が公表されていないため 「熊本市立熊本市民病院 」の可能性が高いということをご了承ください。

次の

熊本温泉施設「ピースフル優祐悠」コロナ感染者は誰で場所はどこ?クラスター発生!?

熊本 県 コロナ 感染 者 数

よくある質問 問1 国内での累計感染者数や死亡者数が厚生労働省の集計より多いのはなぜですか? 当サイトの更新は、各自治体の公式発表を元にリアルタイムで行っています。 自治体が開く記者会見や、Webサイトに掲載された発表資料を確認でき次第、迅速に更新しています。 一方、厚労省でも各自治体からの報告を元に集計作業を行っていますが、当社が同省に確認したところ、自治体からの報告が数日遅れとなる場合もあるということです。 このため、リアルタイムに更新を続けている当社のデータとは数字に差が生じます。 問2 国内での累計感染者数の下に表示されている「前日比」とはどういう意味ですか? 国内での累計感染者数が、前日に比べて何人増えたかを表しています。 累計回復者数や死亡者数要入院・療養者数、の下に表示された数字も同様です。 問3 東京都で新たに感染者が増えたというニュースを見ましたが、このサイトでは増加分がまだ反映されていないことがあります。 それはなぜですか。 東京都を含め、一部の自治体では正式な発表前におおよその感染者数の報道が先行する場合がありますが、当サイトでは原則、自治体の正式な発表や厚労省の集計を確認した後に更新しています。 問4 国内での累計感染者数や死亡者数にダイヤモンド・プリンセス号 クルーズ船 の乗員・乗客を含めないのはなぜですか? 当初は便宜置籍船の存在などの理由からダイヤモンド・プリンセス号 クルーズ船 を含めた値で表示していましたが、ダイヤモンド・プリンセス号以外での感染拡大ペースが上がっている状況を踏まえ、ダイヤモンド・プリンセス号の乗員・乗客を除いた値をわかりやすく示すために表記と計算を変更しました。 問5 一方で、長崎港のクルーズ船コスタ・アトランチカ号の感染者を国内累計に含めるのはなぜですか? 厚労省の集計基準に合わせています。 同省は検疫法第5条「外国から来航した船舶などは、検疫済証の交付を受けた後でなければ上陸してはならない(概略)」を元に、入国時の検疫の有無を集計基準としています。 入国時に乗船者全員の検疫を終えていなかった横浜港のクルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号の感染者については、入国前の事例として扱い、国内累計には含めていません。 一方、コスタ・アトランチカ号の乗船者については、入国時に全員の検疫が済んでいたため、同号の感染者は入国後の事例として、国内累計に含めています。 当サイトもこれに合わせています。 問6 一度感染し、回復後に再び陽性となった感染者は集計に含めていますか? 当サイトでは、再陽性は集計に含めず、感染者の「実数」で公表しています。 一部自治体では、再陽性も含めた「延べ人数」として公表しているところがあります。 当サイトと一部自治体の集計に差が見られるのは、こうした集計基準の違いによるものです。 一方、回復者の集計には再陽性の事例も含めています。 回復者については人数のみ発表する自治体が多く、年代・性別などの詳細が不明で、突き合わせ作業が難しいためです。

次の

新型コロナ/感染者数(都道府県データランキング)

熊本 県 コロナ 感染 者 数

最新!内の感染状況 内 感染者数 推移• 4月26日 日 46人目 在住の50代女性。 4月25日 金 45人目 在住の40代男性。 4月23日 水 44人目 在住の50代女性。 4月22日 火 43人目 在住の60代女性。 4月21日 月 42人目 在住の60代男性。 4月20日 月 41人目 在住の60代男性。 旭タクシーの運転手。 4月19日 日 38〜40人目 在住の70代女性。 在住の40代男性。 在住の30代女性。 4月18日 土 36〜37人目 在住の40代女性。 在住の70代男性。 4月17日 金 34〜35人目 札幌市在住の30代男性。 内で感染が確認されたため、内の感染者数に数える。 在住の20代女性。 4月16日 木 緊急事態宣言を全国に発令。 4月15日 水 32〜33人目 在住の60代男性。 市在住の60代女性。 4月14日 火 29〜31人目 在住の40代男性。 在住の30代男性。 市在住の40代男性。 4月13日 月 28人目 在住の20代女性。 4月12日 日 26〜27人目 在住の70代女性。 25人目の感染者の妻。 県内8日連続で感染者確認。 27人目は、県外から単身赴任中の荒尾保健所管内の20代男性。 4月11日 土 25人目 在住の70代男性。 球磨病院の医師。 県内7日連続で感染者確認。 4月10日 金 24人目 在住の20代男性。 県内6日連続で感染者確認。 4月9日 木 23人目 在住の30代男性。 県内5日連続で感染者確認。 4月8日 水 22人目 市在住の50代女性。 19人目の感染者の同僚。 県内4日連続で感染者確認。 4月7日 火 21人目 在住の50代男性。 健軍駐屯地所属の員。 4月6日 月 20人目 市在住の70代女性。 19人目の感染者の母親。 4月5日 日 19人目 市在住の50代女性。 4月4日 土 19人目 在住の40台女性。 4月3日 金 16〜18人目 在住の50台女性。 在住の80台女性。 在住の20台女性。 4月1日 水 15人目 在住の70代男性。 県内8人目の感染者が行き、他2人から感染が確認された施設、ピースフル優祐悠の利用者だったとの事。 3月30日 月 13〜14人目 13人目 在住の50代女性。 14人目 在住の70代女性。 3月29日 日 12人目 内で12人目の感染者確認。 在住の50代男性。 感染経路は不明。 感染者は味覚、嗅覚の異常あり。 3月27日 金 9〜11人目 熊本で9人目、10人目、11人目の感染者確認。 8人目の男性とピースフル優祐悠という施設でし感染したとみられる。 10人目は、飲食店店長。 11人目は、10人目の男性の妻。 3月25日 水 8人目 在住の70代男性がに感染していると判明。 県内8人目の感染者。 3月19日 木 7人目 で新たに感染確認。 県内7人目の感染者。 東区在住の20代女性。 夫とスペイン・から帰国後、発熱と倦怠感。 その後、検体検査で陽性反応。 女性の夫は、陰性。 しかし、会社に一度出社している。 その後、からも正式に発表がある見通しだ。 感染者の年齢や性別などは、記者会見で発表されると思われる。 九州では、福岡市に続いて2都市目の発表となった。 追記 感染者は20代の女性。 内に勤務している看護師。 今月17日から咳症状が出て、今日の午前中に検査を実施し、午後に陽性反応。 海外歴はなし。 同居家族2人の検査は現在実施中。 tatatapi.

次の