コロナウイルス 市販の風邪薬。 ECナビ

新型コロナウイルスと市販の風邪薬「ルル」との飲み合わせ

コロナウイルス 市販の風邪薬

次に、 風邪症状が1週間ぐらい続いて、倦怠感と息苦しさが出てくるもの。 体がむくんだり、下痢が重なる人もいるようです。 高齢者や基礎疾患のある方において、この経過をとる人が多いのですが、健康な壮年層にも見られることがあります。 一方、この経過を子どもがとることは極めて稀とされています。 感染してから発症するまでの潜伏期間は5日(1-11日)ぐらいで、入院を要するほどに重症化するのは、さらに10日(9. 1-12. 5日)経ったころだと見積もられています。 感染力が強いのは、発症から3、4日目ぐらいだと考えられていますが、重症化すると感染力も維持されて院内感染を引き起こしやすくなっています。 若者と高齢者で臨床経過が異なるので、重症化率と致命率についても世代別に考えた方がよいと思います。 いまだ、世代別の疫学報告はありませんが、私個人のざっくりとした印象で言うと…、若者の重症化率と致命率は、統計的に見れば、ほぼゼロ%でしょう。 一方、感染した高齢者の1割ぐらいが重症化して、1%ぐらいが死亡するのではないかと感じています。 これは、やや甘めの見積もりであって、要介護高齢者や入院患者では、さらにリスクが高まるものと考えてください。 高齢者や基礎疾患のある人の感染を防ぐ というわけで、これから私たちは何をすべきか。 もはや、流行を抑止することは主たる目的ではなくなってきました(やれることはやるべきですが)。 むしろ、重症化する人を減らし、とくに新型コロナに感染して死亡する人をできる限り減らすことに力を注ぐべきです。 つまり、 高齢者や基礎疾患のある人に感染させないようにしましょう。 そして、 院内感染を防ぎましょう。 これに尽きます。 なお、 基礎疾患のある人とは、糖尿病や高血圧、腎臓病など慢性疾患があって、定期の内服薬を要する人だと考えてください。 以下、これらの方々をハイリスク者と呼びます。 ハイリスク者がいる家庭では、ウイルスを外から持ち込まないように、玄関先にアルコールを置いて帰宅時の手指衛生を徹底してください。 アルコールが手に入らないなら、おしぼりでもいいです(やらないよりはマシです)。 とにかく、ドアノブなどあちこちを触ってから、洗面台に行っても手遅れということです。 同居する家族が風邪をひいたら、ハイリスク者と接触しないよう症状が治まるまで家庭内で隔離してください。 そして、風邪をひいている人が部屋を出るときは、マスクを着用させて、アルコールで手指衛生をしてください。 部屋の外では、できるだけ余計なものは触らないこと。 トイレに行った後は、触った場所をアルコールを染みこませたペーパータオルで拭うこと。 お風呂は最後に入ること。 バスタオルは絶対に共用しないこと。 こうした対応を、発症してから7日間は頑張ってください。 それが困難であるなら、一時的にハイリスク者を親族の家などに疎開させることも考えてください。 新型コロナかどうかの確認で救急外来受診は避ける なお、 風邪症状に過ぎないのに新型コロナかどうかを確認するためだけに、救急外来を受診することは避けてください。 そこには、体調を悪化させたハイリスク者がたくさん受診しているのです。 彼らへ感染させないように協力してください。 また、救急外来には新型コロナの重症患者もいるかもしれません。 あなたが「ただの風邪」だったとしても、救急外来を受診することで新型コロナに感染して帰ってくることになるかもしれません。 流行期には、ハイリスク者の方々が人混みを避け、なるべく自宅で過ごしていただくことも大切ですね。 感染リスクのある病院に行く回数を減らすためにも、1カ月おきの外来受診を3カ月おきなど、長期処方とともに予約延長してもらうことも考えられます。 かかりつけの先生に相談してみてください。 極めて重要な高齢者施設の感染管理について 高齢者施設の感染管理は極めて重要です。 100人の入所者がいる施設で新型コロナがアウトブレイクした場合、30人以上が発症し、10人以上が救急搬送を要して、数人がお亡くなりになるというイメージが必要です。 このような事態を避けるためにも、全力で感染管理に取り組みましょう。 まず、 外から持ち込ませないこと。 流行期にあっては、 原則として面会はすべて中止。 物品の搬入なども玄関先で行います。 どうしても入らなければならないのなら、玄関先でアルコールによる手指衛生を行って、トイレも含め共用の場所には立ち入らないように求めます。 職員についても、当然ながら玄関先で手指衛生。 そして、 毎朝の検温と症状確認を自己申告ではなく、管理者による指差し確認を行います。 もし、軽微であっても発熱や咳などの症状があれば、絶対に休ませてください。 絶対にです。 勤務中であっても症状を認めたら、絶対に休ませてください。 もう一度言います。 絶対にです。 なお、流行期においては、出勤できる職員数が半減することも想定しなければなりません。 このとき、すべての業務を継続させようとしたり、現場の判断で場当たり的に仕事をさせるのではなく、優先的に継続させるべき中核業務を決定しておくことが必要です。 入居者の協力のもと、どこまで業務をスリム化できるかが勝負です。 一方、悩ましいのは通所サービスですね。 ここでの感染管理を徹底することは不可能でしょう。 デイケアやデイサービスをどのように運用するのか…。 最善の方法は、流行期にはすべて休止させることです。 もちろん、その分、訪問サービスを充実させる必要があります。 通所サービスの職員に、利用者宅を巡回させるなど工夫してください。 これは事業者だけで解決できる問題ではないので、市町村が主導するなどして、どうすべきかを急ぎ話し合っていただければと思います。 いま、話し合ってください。

次の

(2ページ目)【新型コロナウイルス】WHO「イブプロフェン服用避けて」風邪とコロナの区別は?|日刊ゲンダイDIGITAL

コロナウイルス 市販の風邪薬

フランス厚生大臣のOlivier Veran氏が、解熱鎮痛薬のイブプロフェンやコルチゾンが、新型コロナウイルスの症状を悪化させる可能性があるとツイートしたことが話題になっています。 果たして今回のこの情報は本当なのでしょうか? 筆者は医療従事者でも医者でもありませんが、ジャーナリストとして極めて多くのフェイクニュースに接してきました。 今回の件については、とても重要な情報でもあるため、関連する情報について追いかけてみることにしました。 背景情報の少なさから、確度の低い情報を背景情報なしに拡散させてしまった、勇み足ではないか?と感じたからです。 【背景が伝わり始めているため文末に追記をしています】 新型コロナウイルスに感染しているか否か、わからない中で、発熱したときに飲んで良いかどうかを確認する必要が出てくるからです。 とりわけ、イブプロフェンは、幅広くさまざまな市販薬に使用されてるため、本当であれば大変にやっかいなことです。 筆者自身、この情報をみたときは驚きました。 Yahoo! ニュース個人でも、オーサーのらっしゃいます。 確かに非ステロイド系消炎鎮痛薬を、重篤な感染症患者に使うことに否定的な意見は多いと感染症専門医の忽那賢志さんも、同時に「新型コロナウイルス感染への影響はわからない」と、現時点での有力な情報がないことを強調しています。 つまり、まだ証明されていないよね、ってことななのですが、わたしが気になったのは、今井さんの記事にある以下の一節です。 ツイッターのコメントで、筆者が一番「むむむむむ」と思ったのは、「セカンドオピニオンが必要」というものでした。 フランスの厚生大臣の発表に対するセカンドオピニオン・・・どの国の厚生大臣に聞くのがいいでしょうか。 ほとんど国の信頼度の踏み絵になるなと、感じました(国の信頼度=民主主義度なのかもしれません)。 また「先進国にコロナが広がって、やっとまともな議論ができるようになった」というコメントにも、うなずかせるものがありました。 出典: いやいや、それほど単純じゃありません。 なぜなら、イブプロフェンは長年、頭痛薬や解熱鎮痛薬として広く使われてきたこともあり、多様な薬に含まれているからです。 本当ならばその影響は計り知れません。 「おちおち、そのあたりの風邪薬を飲ますことさえできない」といっても言いすぎじゃないでしょう。 みんなが新型コロナウイルスの情報に過敏になっている現在、下手をすると市販薬の買い占め騒ぎにもつながりかねません。 セカンドオピニオンは必要です。 ということで調べてみると、イブプロフェンが新型コロナウイルスを重症化させるという意見に対して、否定する情報も数多く存在するのです。 たとえばウィーン大学の公式アカウントは、次のように注意喚起を行い、数度にわたって「フェイクニュースである」と訴えています。 ハーバード大学も、やはりコロナウイルスを疑われるケースにおいて、されていますし、シアトルで看護師を務める友人に尋ねても、発熱する患者にはアセトアミノフェンかイブプロフェン、いずれかの投与がすすめられていると話していました。 これは患者数、全快例の多い中国でも同じでアセトアミノフェンかイブプロフェンが処方されています。 そうした処置によって解熱、鎮痛効果が得られたという情報は、公式、非公式ともに大量に見つかります。 ところが、イブプロフェンが重症化を引き起こすという情報は、フランス厚生大臣の発言(さらにそれを伝えるル・モンドなどの記事)意外には見つかりません。 もちろん、薬にはさまざまな副作用もあり、組み合わせによる禁忌も存在することは皆さんもご存知でしょう。 今回、話題にのぼってるイブプロフェンは、インフルエンザの際に用いるとインフルエンザ脳炎を引き起こすため、解熱にはアセトアミノフェンが用いられます。 しかし新型コロナウイルスとの関連性を示す情報はありません。 新型コロナウイルスが全世界的に拡がる中で、情報が錯綜しているが故の行き違いもあるのでしょう。 たとえばでは「ドイツ連邦保健省もイブプロフェンが新型肺炎を重症化させるという情報を否定した」とありますが、執筆時点でドイツ連邦保健省が否定した情報はありません(偽情報と思われます)。 いずれにしろ、現時点では「イブプロフェンを含む非ステロイド系鎮痛薬が重い感染症患者の症状を悪化させる事例がある」ということに過ぎません。 また、アセトアミノフェンは副作用が禁忌が極めて少ないことで知られている薬品ですが、薬である以上、用量の上限や副作用が存在する点は同じです(国によって制限されている用量などが異なる場合もあるので、海外の情報を参照する際には注意してください)。 また「よく解らないからイブプロフェンは避けよう」というだけならばまだしも、アセトアミノフェンのみで構成されている市販薬の買い占めなどが起こる可能性も否定できません。 いずれにしろ発熱した場合、解熱の必要性を感じた場合は、自分の判断で市販薬を飲むのではなく、病院で医師の判断を仰ぐという、至極当たり前の対応が望ましいということですね。 この情報は引き続き追いかけたいと思いますが、現時点で積極的にフランス厚生大臣の発言を積極的に肯定する情報はないため、落ち着きましょう、とだけお伝えしておきたいと思います。 【追記】 やっとフランス厚生大臣の発言背景が伝わってきました。 ただしこの記事のタイトルはミスリード。 WHOは積極的に注意喚起をしているわけではなく、医師の判断で処方されているならば、そのまま飲んでもいいが、自己判断ならば(仮説を否定する材料も、肯定する材料もないため)アセトアミノフェンを服用してください」と述べているに過ぎません。 WHOは未確認・未判断の状況だが自分で判断ならアセトアミノフェン」ということです。 つまり、通常の頭痛で抗炎症薬を避ける必要はないということ。 しかし、TwitterのTLを見ているとヒステリックな反応も多いようです。 明らかに話の背景を誤認していたり、市販薬の成分を誤解していたり、あるいはイブプロフェンもアセトアミノフェンもダメという話になったり、処方された薬を飲むのが怖いという人がいたり、アセトアミノフェンで副作用が出る人は、どうすればいいんだ……という悲鳴も。 短文のTwitterは拡散力はありますが、背景情報は失われがち。 センシティブな話題は気をつけて、その背景を追いかけることが重要ですね。

次の

新型コロナにイブプロフェンは「避けるべき薬」なのか [薬] All About

コロナウイルス 市販の風邪薬

新型コロナウイルス(写真・CDC) 感染者数が拡大の一途をたどる新型コロナウイルス。 「もはや、明日にでも自分が感染するのではないか」と、不安な方も多いだろう。 「新型コロナによる症状自体は、一般的な風邪とそれほど違いはなく、極度に恐れる必要はありません。 いま流行している『COVID-19』は、致死率も決して高くはなく、感染しても発症しない人が多い。 「そもそも、新型コロナが重症化した方は、『発症時に服用した薬に原因があるのではないか』と、私は考えています」 どういうことなのか? 「多くの人が誤解していることですが、『病気は薬で治す』という考え自体が、本来は間違いなんです。 基本は、人間の体が持つ免疫力で治すもの。 たとえば解熱剤。 一時的には熱が下がって楽になりますし、風邪やインフルエンザで解熱剤を飲んでも、最終的には治るでしょう。 でも、解熱剤を使用すると、治るまでの期間は長くなってしまうんです。 インフルエンザの場合、解熱鎮痛剤を服用すると、服用しなかった場合と比べて、1. 8日治るのが遅くなったという研究結果もあります。 遅くなった原因は、体が体温を上げることで免疫力を上げようとしているのを、解熱剤が無理に止めてしまったからです」 ほかにも、気軽に買える市販薬が、新型コロナを重症化させてしまう可能性は「十分ある」という。 「たとえば、咳止め薬です。 体は、咳をすることで痰を出し、ウイルスが肺に入るのを防いでいるのです。 それを無理やり止めると、肺炎になる可能性が高まります。 しかも、効果の強い咳止め薬は、副交感神経をブロックしてしまいます。 すると、ウイルスなどの異物と戦うためのリンパ球が、リンパ節から出られなくなる。 「私はよく、『薬はローンだ』と説明します。 熱を下げて表面的な症状を抑えることは、借金の支払いを先延ばしにすること。 しかし、いつかは支払わなければならない。 薬には、『重症化のリスク』という高い利子がつくこともあるんです」 では、新型コロナと似た症状が出た場合、どうするべきなのか。 「水分と塩分をしっかり摂って、家で寝ているのがベストです。 味噌汁は、水分・塩分・善玉菌・アミノ酸が補給できて、免疫力を上げてくれます」 ただし、「水が飲めない、息が苦しい、意識がおかしいなどの症状が4日以上改善しない場合は、病院で受診するべきだ」とのこと。 「ビタミンDは、免疫力にとても重要です。 『ビタミンDが低い人が肺炎になるリスクは、高い人の10倍以上』とも報告されています。 おもに日光を浴びることで作られ、食事で十分に摂るのは難しい。 まだ日光が弱いので、サプリでビタミンDを補給して、あえて外に出ることで、被害を最短最小にできます」 次のページでは、いしい医師の監修のもと、「飲んでは行けない市販薬」と「注意すべき薬」を解説する。 市販薬を買う際は、慎重に考えたい。 病気のとき熱が出るのは、免疫力を高めているため。 それを薬によって下げることで、治癒が遅れる。 そのため、脱水や肺炎、脳症などの合併症が増えるリスクがある。 特にウイルス感染時には、症状が顕著に現われる。 より強い解熱鎮痛剤になると、脱水症状になりやすくなる。 最悪の場合、ショック症状、肝障害、腎不全を起こすこともある。 それを止めてしまうと、肺炎のリスクが高くなる。 強いものになると、副交感神経をブロックし、免疫細胞がリンパ節から出るのを止めてしまうことで免疫力が低下する。 また、胃腸の動きを止めることで便秘の原因になる。 胃酸を抑えることによる、体へのメリットはない。 鼻や口の中が渇き、痰や鼻水で有害なものを、体の外に排出しにくくなる。 そのため、免疫力低下に繋がる。 免疫を高めるビタミンDや、ストレスと戦うホルモンの原料は、コレステロール。 「コレステロールが高い人ほど、死亡リスクが低い」という研究結果もあり、海外では、薬で無理やり下げることはなくなってきている。 同様に、病院で処方されるコレミナールなどの精神安定薬も、副交感神経に悪影響を与え、免疫力を下げてしまう。

次の