年金 支給 日 2020。 年金支給日は偶数月の15日。年金生活の注意点3つ

年金生活者支援給付金 ~給付金はいつからいつまで支給されるのか~ 年金広報

年金 支給 日 2020

年金支給日と、年金生活における家計管理の注意点について説明します。 年金支給は2カ月に1回、ボーナスはないなどサラリーマンだった人には何かと勝手が違ってきます。 家計管理で注意して欲しい点をまとめました。 公的年金支給日は、偶数月(2・4・6・8・10・12月)の15日公的年金の支給日は、偶数月(2・4・6・8・10・12月)の15日です。 前月と前々月の2カ月分(年金額の6分の1の金額)を、指定した金融機関の口座に振り込んでくれます。 15日は金融機関がお休みだった場合は、支給日は前日の14日に前倒しされます。 年金の支給は、どうして2カ月ごとの年6回なのでしょうか? 理由は定かではありませんが、事務手数料を抑えるためが有力だそうです。 今の年6回支給に変更されたのは約30年前のことで、それまでは年3~4回だったそうです。 変更理由は「年金受給者のサービスの改善を図るため」でした。 サラリーマンだった人は、月1回の給料・1カ月単位で家計管理をしているので、年金生活に入ると勝手が変わってきます。 そこで、年金生活に入った直後の家計管理で注意して欲しい点を3つあげました。 注意その1:2カ月に1回の年金でやりくりする必要がある年金の支給が2カ月に1回になると、家計のやりくりのペースが変わります。 それまでの1カ月単位のやりくりを2カ月単位に長くするか、または、半分の年金で1カ月ずつやりくりするかのどちらかの方法で管理することになります。 どちらかというと後者の方法の方がいいかもしれません。 やりくり期間が2カ月と長くなると、つい前半で使い過ぎてしまうことが多いからです。 どちらの方法でも、自分に合ったやりくり法を試行錯誤しながら確立していくことになります。 注意その2:ボーナスはない!サラリーマンは、基本的に年2回、ボーナスをもらえます。 それで、毎月の生活費の不足分を補ったり、ちょっと高額な買い物やレジャー費用に充てたりしていたでしょう。 しかし、年金生活になると、当然のことながら、ボーナスはなくなります。 ボーナスをあてにしたやりくりをしていた人は、それができなくなります。 年金生活に入る数年前から、ボーナスは丸ごと貯蓄できるくらいのボーナスに依存しない訓練をしておくといいでしょう。 注意その3:退職金をもらって気を大きくしない!退職金というまとまったお金をもらうと、つい気が大きくなってしまい、今まで我慢していた高額なモノを買ってしまったり、趣味にお金をかけてしまったりすることがあります。 年金生活に入るまでに十分な貯蓄ができなかった人にとっては、退職金は最後の砦です。 なるべく減らさないようにしましょう。

次の

令和2年4月からの年金生活者支援給付金にかかる支給金額のお知らせの送付について|日本年金機構

年金 支給 日 2020

働く60歳~64歳の年金カットの基準が緩和される 今年 2020年 は、注目すべき年金制度改正がありますね。 「働き方改革」に合わせた年金の新しい制度には「働きながら年金を増やせる」チャンスが多いんです。 その大きな施策のひとつに、働きながら年金を受給する際、 収入合計が一定額を超えると年金がカットされる「在職老齢年金制度」の見直しがあります。 シニアにとって大きなチャンスなのは、65歳未満の在職老齢年金が大きく変わることです。 「改正高齢者雇用安定法」が平成25年4月1日から施工されたことにより、 60歳定年後の希望者全員を「65歳」まで雇用することが義務付けられました。 65歳までの雇用延長が義務化され、今、60代前半男性の就業率は8割に迫っています。 さらに、ちょうどこの世代は年金受給開始年齢の65歳より前に 「得する年金」 厚生年金の特別支給 を受給できる世代 男性は1961年4月以前生まれ でもあります。 本来なら、「得する年金」を受給しながら雇用延長で働き、 給料と年金のダブルインカムで老後資産を増やせるチャンスのはずでした。 ところが、現行の在職老齢年金制度では、 月給と年金 厚生年金の報酬比例部分 の合計が「28万円」を超えると、 超過分の半額が年金からカットされてしまいます。 これは年金受給の常識としてありましたネ。 特別支給の年金額が月10万円の人が月給38万円稼いでしまうと合計収入が48万円となり、 年金は全額停止されて1円ももらえません。 そのため、この世代のサラリーマンは 「得する年金を全額もらうために働き方を短時間勤務にセーブして安い給料で我慢する」か、 「年金を捨ててでもバリバリ働いて給料を多く稼ぐか」という実にもったいない二者択一を迫られ、 せっかくのチャンスをつかめずにいました。 それが、2020年の年金改正で在職老齢年金制度が変わります。 65歳未満は給料と年金の合計収入47万円まで年金カットされなくなる。 これは大きいですよ。 現行制度では年金全額カットの前述のケースであれば、 新制度になると年金と月給のダブルインカムで47.5万円 5000円減額 の現役時代並みの収入になる計算です。 それだけの収入があれば、退職金に加えて数年間で老後資金を積み上げることもできるでしょう。 制度改正のメリットを受けるのは「得する年金」世代だけではありません。 50代、40代は、「繰り上げ受給」が選びやすくなる。 しかし、新制度では減額幅が縮小され、 60歳繰り上げを選んだ場合の年金額が今より1万円程度増える予定です。 定年後の雇用延長期間に働きながら年金を繰り上げ受給し、 ダブルインカムで現役時代並みの収入を得ることも十分可能でしょう。 60歳前から「繰り上げ受給」「繰り下げ受給」を十分研究して自分の老後のライフプランを構築しましょう。 75歳まで厚生年金に加入して働けば毎年、年金が増える 「働きながら年金を増やしていく」というやり方は65歳以降も可能です。 厚労省は年金改正案で「在職定時改定」の導入を打ち出しました。 65歳から在職老齢年金を受給しながら厚生年金に加入して働いた場合、 毎月納める保険料分が年金額に反映されなければおかしいので。 これまでは70歳時点 あるいは退職時 で年金額が再計算され、 5年分の保険料に相当する額が70歳以降に受け取る年金に上乗せされる仕組みでした。 それを「定時改定」、つまり年金額の再計算を1年毎に行うように改められます。 実施されれば、65歳から1年間収めた保険料が66歳からの年金額に上乗せされるという具合に、 年金をもらいながら毎年、年金額が増えていくことになります。 さらに厚生年金の加入期間が現行の70歳から75歳に延長されることから、 75歳まで働き続ければ10年間にわたって、毎年年金額がアップしていきます。 政府は全世代型社会保障検討会議の中間報告案で雇用期間を65歳からさらに延長し、 「70歳までの就業機会の確保」を揚げています。 長く働いて稼ぐことができれば、年金受給を遅らせるかわりに、 割増し年金をもらえる「繰り下げ受給」も選択肢になってきます。 え~そんなに働かないといけないのと思ってはいけませんよ。 働いていると楽しいことも増えます。 お金が自由になるのですから。 美味しいものも食べれます。 この豊かな時代を満喫できるのです。 ただ、働き方及び働き先は自分にあったところを選んだらよいのですから。 定年後に公園や図書館に行って時間つぶしを 暇を持て余している している人から見れば どれだけカッコの良い生き方かわかりませんよ。 夫婦の働き方やライフプランに合わせて、 「年金をもらいながら働き、年金額を毎年増やしていく」方法を選ぶか、 75歳まで年金を我慢し、一挙に2倍近い年金をもらって老後をリッチに生活する道も拓けます。 そうすれば医療と介護の負担増の逆風にも対応する方法が見えてくるでしょう。 自分のライフプランをよく考えて楽しく生き生きとした生き方をしましょう。 年齢は絶対的な部分もありますが、アンチエイジングをしていればある意味年齢は相対的なものになります。 健康で豊かな将来を目指しましょう。 引用・参照:週刊ポスト.

次の

2020年1月6日 在職老齢年金改定で得する人は? : 税理士法人タカノ・高野伊久男公認会計士事務所 | 横浜・税理士

年金 支給 日 2020

Contents• 2020年の公的年金の支給日をご案内します 2020年の公的年金の支給日はいつなのでしょうか。 この記事では、その日程を曜日入りでご案内します。 また、年金支給日の決まり方には一定のルールがあります。 そこで、2020年の公的年金の支給日を曜日入りでご案内するとともに、あわせて年金支給日のルールと、参考までに昨年 2019年 と来年 2021年 の年金支給日はいつなのかについてもお伝えをしていきます。 ぜひ、これからの生活設計にお役立てください。 2020年の年金支給日と曜日 2月14日 金曜日 4月15日 水曜日 6月15日 月曜日 8月14日 金曜日 10月15日 木曜日 12月15日 火曜日 スポンサーリンク 年金支給日のルール 年金支給日はいつなのでしょうか。 公的年金の支給日は法律で定められています。 また、年金の種類は老齢、遺族、障害の3種類ありますが、公的年金の支給日は年金の種類にかかわらず一律です。 たとえば、65歳以上の方については「一人一年金」の原則の例外として、老齢と遺族など複数の種類の年金が支給されることがあります。 年金の種類が異なれば振込も別々になるので、老齢年金はA銀行、遺族年金はB銀行と、金融機関を振り分けることも可能です。 ただし、支給日そのものは同じです。 老齢と遺族の振込金融機関を分けることはできても、年金支給日は同じ日になります。 年金支給日は法律で定められていて、年金受給者が任意に定めることはできません。 では、公的年金の支給日はいつになるのでしょうか。 まず、公的年金は金額の多寡にかかわらず、年6回に分けて支払われます。 支払月は偶数月で、2月、4月、6月、8月、10月、12月の年6回です。 そして、より具体的な年金支給日は、支払月の15日になります。 なお、 15日が土曜日、日曜日または祝日のときは、年金支給日はその直前の平日に行われます。 ところで、年金は後払いの性格があります。 つまり、偶数月の15日に支払われる年金は、その前月までの2か月分の年金が支払われることになります。 たとえば、4月に支払われる年金は、2月、3月の2か月分ということです。 年金支給月と支払対象月をまとめると、 2月支払い 12月、1月の2か月分 4月支払い 2月、3月の2か月分 6月支払い 4月、5月の2か月分 8月支払い 6月、7月の2か月分 10月支払い 8月、9月の2か月分 12月支払い 10月、11月の2か月分 年金支給日がいつかを定めるルールは決まっていて大原則は偶数月の15日です。 ただし、実際の年金支給日は金融機関の営業日なので、偶数月の15日が土・日・祝日の場合は、振り込みは直前の平日になります。 実際の年金支給日については、ちょっと迷ってしまうこともありそうですが、この記事を参考になさっていただければ幸いです。 日本年金機構のサイトに、年金の支払月・年金の支払い日の記事があります。 ご参考になさってください。

次の