マヨルカ 試合。 マヨルカの観戦チケット購入方法やホームスタジアムへの行き方解説

マヨルカ島へ遠征に行ってきました〜後編〜

マヨルカ 試合

Contents• 時間を見る限り、数試合はちょっと夜更かしをすれば見られる時間帯です。 試合日程の情報は順次更新していく予定です。 マジョルカの試合日程が気になる方は、ブックマークされることをオススメします。 マジョルカのテレビ放送は? ここで気になるのがテレビ放送。 マジョルカのテレビ放送はどうなっているのでしょうか? スペイン1部リーグを見るには DAZN、 WOWOWの二択です。 はスペイン 1部リーグを毎節最大 10試合配信。 はスペイン 1部リーグを毎節最大 5節、スペイン 2部リーグを毎節最大 3試合放送。 ここで言うスペイン2部リーグの試合とは、 岡崎慎司(ウエスカ)、香川真司(サラゴサ)、柴崎岳(ラコルーニャ)を中心としたもの。 因みに、 日本でスペイン2部リーグが見られるのはWOWOWだけです。 DAZNの場合、ネット配信になるのですが、 スペインリーグの他、 プレミアリーグ、チャンピオンズリーグ、Jリーグ全試合etcも生配信で視聴できます。 今シーズンのプレミアリーグとチャンピオンズリーグはDAZNに入らないと視聴できません。 DAZNの場合、新規加入者につき 最初の一ヶ月は完全無料で視聴できるので、DAZNがどういうものか気になる方は 無料体験を利用するのも良いのではないでしょうか? 無料一ヶ月は登録したその日から換算されます。 月末に加入したからと言って損することはありません。 万が一、 無料期間中に解約しても料金は一切発生しません。

次の

RCDマヨルカ

マヨルカ 試合

Contents• 時間を見る限り、数試合はちょっと夜更かしをすれば見られる時間帯です。 試合日程の情報は順次更新していく予定です。 マジョルカの試合日程が気になる方は、ブックマークされることをオススメします。 マジョルカのテレビ放送は? ここで気になるのがテレビ放送。 マジョルカのテレビ放送はどうなっているのでしょうか? スペイン1部リーグを見るには DAZN、 WOWOWの二択です。 はスペイン 1部リーグを毎節最大 10試合配信。 はスペイン 1部リーグを毎節最大 5節、スペイン 2部リーグを毎節最大 3試合放送。 ここで言うスペイン2部リーグの試合とは、 岡崎慎司(ウエスカ)、香川真司(サラゴサ)、柴崎岳(ラコルーニャ)を中心としたもの。 因みに、 日本でスペイン2部リーグが見られるのはWOWOWだけです。 DAZNの場合、ネット配信になるのですが、 スペインリーグの他、 プレミアリーグ、チャンピオンズリーグ、Jリーグ全試合etcも生配信で視聴できます。 今シーズンのプレミアリーグとチャンピオンズリーグはDAZNに入らないと視聴できません。 DAZNの場合、新規加入者につき 最初の一ヶ月は完全無料で視聴できるので、DAZNがどういうものか気になる方は 無料体験を利用するのも良いのではないでしょうか? 無料一ヶ月は登録したその日から換算されます。 月末に加入したからと言って損することはありません。 万が一、 無料期間中に解約しても料金は一切発生しません。

次の

マヨルカのサッカーチームってどんなの?RCD Mallorcaの全貌に迫る

マヨルカ 試合

ある種『妥当』な状況にあるマヨルカ 最初に、今のマヨルカの状態を簡潔明瞭に表現する四字熟語があるので紹介します。 それは 『降格危機』です。 ラ・リーガ1部はシーズン終了時に 下位3チームが2部に降格します。 18,19,20位がアウト、17位以上がセーフです。 26節終了時点でマ ヨルカは勝ち点22の18位ですから、このままだと2部降格となります。 ここ5年の平均だと勝ち点34あたりがセーフラインの目安ですので、最低でも残り13試合を3勝3分7敗くらいで乗り切らないといけません。 (現17位のセルタが勝ち点25ですので、もう少し上積みしないと安心はできない感アリ) ただ、 予算額からすると、この結果はある種順当かもしれません。 34億ユーロ(約41億円)で20クラブ中最下位です。 この金額は、 バルセロナの6. 56億ユーロ(約785億円)、 レアル・マドリードの6. 41億ユーロ(767億円)の19分の1に過ぎません。 良い選手、良いスタッフを引き留めるだけの予算が無いのですから、苦戦は必至と言えます。 ちなみに、マヨルカの人件費予算41億円というと、選手で言うとメッシ0. 5人分、監督で言えばモウリーニョ1人分くらいだと推定されます。 協会に会計帳簿をチェックされた上で、「あなたのクラブは裕福(貧乏)だから、人件費に〇〇円使っていいよ」と設定された金額を指します。 サラリーキャップ 金額 サラリーキャップ 順位 実際の順位 勝ち点 ヘタフェ 0. 64億ユーロ 約77億円 12位 4位 45 グラナダ 0. 38億ユーロ 約45億円 18位 9位 37 マヨルカ 0. 34億ユーロ 約41億円 20位 18位 22 上記表の通り、サラリーキャップ額において ヘタフェはマヨルカの1. 9倍程度ですが、成績はなんと 4位で、このまま行けばUCL出場権ゲットです。 グラナダはマヨルカと同じく昇格組で、 予算的なサイズもほぼ同じですが9位です。 この2チームは予算額の割に、滅茶苦茶頑張っていると言えるでしょう。 次に、スタイルを比較するために、パス関連スタッツを比較してみましょう。 ちなみに、以下の表においての本数は1試合あたりの平均値で、ロングパスとショートパスの境目は距離25ヤード(約23メートル)です。 チームスタッツ抜粋(パス関連) パス成功率 ロングパス 総数 ロングパス 成功率 ショートパス 総数 ショートパス 成功率 ヘタフェ 61. 1 37. 8 70. 5% グラナダ 72. 2 41. 0 79. 3 43. 1 82. マヨルカのショートパス成功率などは、82. 逆に ロングパス総数52. 3というのは、20クラブ中最少タイ(もう1チームはレアル・ソシエダ)です。 続いて、シュート関連のスタッツも確認してみましょう。 こうなっている原因ですが、私は全てが 「チンタラし過ぎ」だからではないかと考えます。 後方を中心に、ショートパスばかり回して、前線にボールを入れられていないのです。 この「チンタラし過ぎ説」を確認するために、ヘタフェとマヨルカのセンターバック同士を比較してみましょう。 ヘタフェのセンターバックの カブレラは1試合平均で15. 4本のロングパスを蹴っていますが。 マヨルカの バリエントは4. 6本、ライージョは5. 5本しか蹴っていません。 2人あわせてカブレラの3分2程度です。 無難に近距離パスを選んでいる疑惑が深まります。 センターハーフ同士も比較すると対照的です。 ヘタフェの アランバーリとマクシモビッチは共に1試合あたりのパス総数は20~25本に過ぎませんが、マヨルカの セビージャとババはそれぞれ48. 7本と36. 7本で、その内9割がショートパスです。 無難に近距離で回しているだけの、かつての日本代表が目指していた? ような 「俺たちのサッカー」の中毒患者疑惑が深まります。 こういった数値から、現在マヨルカの攻撃と守備において起きている問題を推定すると、以下の通りです。 ボールを奪取しても、 チンタラとショートパスばかり繋いで攻撃が遅くなり、 シュートを打つ頃には相手ゴール前に人だかりができている。 ショートパスを繋いで 一丁前にじっくり崩そうとした結果、逆に自分達の配置が崩れる。 それにより、 ボールロストから容易に決定機を作られてしまう。 中盤の密集陣形を維持したまま、攻撃は素早くシンプルに実行し、敵にボールを獲られると密集陣形で「刈り取り」、そしてまた素早くシンプルに攻める。 何度もこれを繰り返して勝利をもぎ取るという、まさに弱者のサッカーです。 しかし、 今のマヨルカに必要なのは、何らかの方策でギアを上げて、スピーディに攻めることだと思います。 セットプレーからゴールの生まれる気配が全くありません。 ということで、セットプレーからどれだけゴールを得たかデータを調べてみました。 セットプレーからの得点数(26節まで) 1位 バルセロナ 10 1位 セビージャ 10 3位 ヘタフェ 8 3位 エイバル 8 5位 レアル・マドリード 7 5位 ソシエダ 7 5位 ベティス 7 5位 レバンテ 7 5位 グラナダ 7 10位 バレンシア 6 10位 アトレティコ・マドリード 6 10位 オサスナ 6 10位 アラベス 6 10位 セルタ 6 15位 エスパニョール 5 15位 ビジャレアル 5 15位 バリャドリード 5 15位 レガネス 5 15位 ビルバオ 5 20位 マヨルカ 1 「26試合で1点ってオイ…」と頭が痛くなりますね。 「逆に、この1点はどの試合で取ったのだ?」と気になったので調べてみると、1月のバレンシア戦の先制点でした(下動画0:40~)。 マヨルカの今シーズンのセットプレーからの得点はこれ1つなのです。 どうしても守備的に試合を運ばないといけない弱小チームにとって、本来セットプレーは有効活用すべきツールです。 ヘタフェ、グラナダ、レバンテといった、予算サイズからすると健闘しているクラブは、どこもセットプレーを得意としています。 マヨルカも、もう少しセットプレーで点が入るようにテコ入れした方が良いのではないかと思います。 マヨルカのセットプレーのキッカーはセビ爺こと、 サルバ・セビージャが担当することが多いですが、彼のキック精度はお世辞にも高いとは言えません。 昇格プレーオフのデポルティボ戦で決めたフリーキックの印象が強くて(見たい人はの20秒~)、FKをそのまま任されているのかもしれませんが、そろそろ冷静にキッカーを育てるなり、獲得するなり、 レンタルで来ている日本人の若者に託してみるなり、といった英断をしてもよいのではないかと思いますね。

次の