ワンピース 映画 興行 収入。 ワンピース映画の興行収入がコナン映画に勝てない理由

「ワンピース スタンピード」公開4日間で興収16億超! 最終興収50億以上へ好スタート

ワンピース 映画 興行 収入

Contents• ワンピース 映画興行収入ランキングベスト10 1位:ONE PIECE FILM Z 68. 7億円 ワンピース第12作目。 ONE PIECE FILM Zはなんと言っても、最終的なラスボスが 元海軍大将!! この肩書が強力でした! また ルフィ達の2年後の最初の物語 海軍を辞めた元海軍大将の青キジの再登場 7人目の七武海への伏線 など いろいろと注目すべき点が多かった映画でした。 そして現海軍大将黄猿も登場し、ゼットと戦ったりと戦闘シーンが非常に多く、ワンピースっぽい? 映画になったいたように思えました。 ルフィたち麦わら一味は、海軍との激闘で傷ついたゼットを偶然助けるが、海賊を憎むゼットに打ちのめされ、ルフィの大切な麦わら帽子を奪われてしまう。 2位:ONE PIECE FILM GOLD 52億円 ワンピース第13作目。 前作の『ONE PIECE FILM Z』と比べる少し伸び悩みましたね。 話題性など『君の名は。 』に取られてしまった感があります。 ただ前作の元海軍大将のゼットに比べるとテゾーロはインパクトが少し弱いかなと思いました。 原作のストーリーとのつながりもありませんでしたしね。 そう考えると『ONE PIECE FILM Z』に及ばなかったのがよくわかります。 内容的にはおもしろかったですが ゾロが普通にテゾーロに負けている というのが気になりました。 ゾロの誓い 二度と敗けねェから!!!! あれは何だったのか・・・ ちなみにCP0のルッチと革命軍のサボの登場はサービスカットのように思えました。 3位:ONE PIECE FILM STRONG WORLD 興行収入48億円 ワンピース第10作目。 待望の原作者の尾田栄一郎さん監修によるストーリー。 過去の映画と違い、ワンピースの原作のストーリーに絡む内容なので爆発的にヒットした印象があります。 公開当時ワンピース0巻が映画館から品切れ状態だったような記憶があります。 登場人物はワンピースのストーリーの中でも名前が出てきている 金獅子のシキ 今から考えると 金獅子のシキはロジャーのライバル と言われているため、覇気を会得していないルフィが勝てるわけないんですが・・・ しかも20年越しの計画はさすがに無理があるような。 ストーリーには原作の絡みもあり、非常におもしろかったですけどね。 4位:ONE PIECE ねじまき島の冒険 30. 0億円 ワンピースの映画の第二作目。 ねじまき島の冒険のボスはカチカチの実を食べた 懸賞金1160万ベリーのベアキング この映画で気になったのは麦わらの一味はルフィ以外、トランプ海賊団のメンバーに負けているところ。 しかもゾロ剣士に負けてます・・・。 そこで彼らを待ちうけていたのは、トランプ海賊団の船長ベアキングが仕かけた数々のワナだった。 5位:ONE PIECE 21. 6億円 ワンピースの劇場版の第一作目。 サンジが仲間になる前の作品です。 この映画に登場する 伝説の海賊である懸賞金6000万ベリーウーナン 現在から考えてしまうとさすがに6000万ベリーで伝説の大海賊は無理があるような気がしてしまいますね。 敵はゴエゴエの実の エルドラゴ 剣士の ゴラス 待望の第一作目のため興行収入21. 6億円まで伸びましたが、やはり1時間は少し物足りなさを感じてしまいますね。 世界の3分の1の黄金を手にしたという大海賊ウーナンにあこがれるトビオの話を聞き、ウーナンが黄金を隠したとされる島へ向かうルフィたちだったが……。 Sponsored Links 6位:ONE PIECE 珍獣島のチョッパー王国 20. 0億円 チョッパーが仲間になった直後の話。 ワンピースの映画の中では個人的には少し印象が薄いです。 ただストーリーは新しい仲間であるチョッパーにスポットを当てて、麦わらの一味との絆を描いているという部分ではいい映画だったと思います。 この映画は公開当時観て、それから今回再度見てみましたが、バトラー伯爵忘れてました笑 戦闘の印象が薄いですね。 6位:ONE PIECE THE MOVIE デッドエンドの冒険 20. 0億円 個人的にはワンピースの歴代の映画の中で一番好きな映画です。 デッドエンドの冒険はキャラが魅力的ですね。 バスクードとか映画だけの出演がもったいないくらい。 敵のボスキャラは 元海軍 懸賞金9500万ベリー アメアメの実の能力者 である ガスパーデ!! 敵として非常に存在感ありました。 ガスパーデの側近がよくわからない奴でしたが・・・ この側近の男の懸賞金は5700万ベリー。 バスクード強いですね! ただルフィ以外のゾロやサンジなど戦闘シーンがなくても残念でしたね。 興行収入が20億円とは思えないくらいおもしろかったです。 この町では、海賊たちが命がけで競いあう危険なレース「デッドエンド」が開催されようとしていた。 レースへの参加を決めたルフィたちの前に、優勝候補のガスパーデ海賊団や海賊処刑人シュライヤといった強敵たちが立ちはだかり……。 8位:ONE PIECE 呪われた聖剣 18. 0億円 ワンピース映画の第5作品目。 ゾロがメインとして展開されるストーリーで、ゾロの過去が垣間見える映画でもあります。 そしてラストはゾロと敵キャラであるサガとの一気討ち! 原作ではいつも敵のボスはルフィが倒していますが、たまにはゾロが倒す展開があっていいような気がしますね。 ところが、船番をしていたゾロが行方不明になってしまう。 ゾロを探して島の奥へと向かったルフィたちは美しい少女マヤと出会うが、ゾロのことを尋ねようとすると怯えて逃げだしてしまう。 マヤを追ってとある村にたどり着いたサンジは、そこでゾロと遭遇。 しかし、ゾロはなぜか海軍の剣士たちと行動を共にしていた。 9位:ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島 12. 0億円 ワンピース第6作目。 『バケモノの子』や『時をかける少女』の監督として、現在はヒット作を連発している 細田守監督のワンピース作品。 どちらかというと戦闘よりも心理描写に重きを置いているという映画。 そのためストーリーや作画などアニメシリーズとかなり違って、賛否両論別れている作品ですね。 内容的にはおもしろい作品ではありますが、少しワンピースにしては重すぎるかな。 そして作画が少し馴染めませんでした。 しかし、そこで彼らを待ちうけていたのは、ド派手な姿をしたオマツリ男爵による地獄の試練の数々だった。 2億円 原作の内容とほぼ同一ということが影響したたためか、それほど興行収入は伸びませんでした。 最初に気になったのは なぜロビンとフランキーがいるの? ということ。 ロビンが仲間になるのはアラバスタ編後 フランキーが仲間になるのはウォーターセブン編後 いないはずの人がいて いなければいけない人がいない というようなことが多々ありました。 時系列が少しむちゃくちゃになっていましたね。 ルフィは苦しむナミを背負い、雪山の頂上にあるくれはの住処を目指す。 さいごに 今回はワンピースの歴代映画興行収入ランキングベスト10を紹介しました! 近年のワンピースは3〜4年に1本位のペースで映画を製作していますので、次は2018、2019年あたりでしょうか。 その頃麦わらの海賊団・ルフィはどうなっているのか楽しみですね。 Sponsored Links ワンピースの最新刊95巻が今すぐ無料でみれる! 現在期間限定ではありますが、U-NEXTという動画配信サービスへ登録すれば ワンピースの最新刊95巻を今すぐ無料で見ることができます! 電子書籍はお試しで数ページみることができますが 物足りなくないですか!? U-NEXTは登録と同時にポイントが600ポイントもらえます。 その600ポイントを使えば ワンピースの最新刊の95巻を丸々1冊電子書籍で無料で見れちゃいます! もちろんU-NEXTではアニメなどの動画もたくさんみることができます。 最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

次の

歴代ワンピース映画作品一覧

ワンピース 映画 興行 収入

現在公開中の劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』の興行収入が9月8日に50億を突破したことを受け、原作者・尾田栄一郎の直筆コメントと、尾田監修の特別映像が公開された。 本作は、『週刊少年ジャンプ』にて連載中の人気コミック『ONE PIECE』のアニメ放送20周年記念作品。 圧倒的な強さを誇る最強の敵バレットを前に、海賊、七武海、海軍、革命軍、CP-0という垣根を超えて7人のオールスターメンバー(ルフィ、ロー、バギー、ハンコック、スモーカー、サボ、ルッチ)が共闘する。 尾田のメッセージでは、「50億突破!! ですってよ!! ヤッホーイ! 映画の興行収入だよー!! 」と喜びを表現し、「何回も観た人、まだの人。 コメンタリー! 応援上映! 4DX! 9月も全国350館でバリバリ上映中ー!! のって来ーい!」と、引き続き9月も様々な形態の上映で楽しんでもらいたいと願望を描きつつ、「アニメ20周年のお祭り楽しんでくれて皆さんありがとう!! 」と観客への感謝を綴っている。 劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』尾田栄一郎監修特別映像 そして、「50億突破の記念動画を作ってもらったからまー観て!! スゴイよ。 70秒時間く れ!!! また、先日8月31日に全国5大都市で実施された応援上映が大好評だったことを受け、全国47都道府県にて、9月14日、15日、16日の3連休に応援上映が追加開催されることも決定。 詳細は後日公式サイトにて発表される。

次の

ワンピース 【映画】スタンピードへの期待 過去の興業収入まとめ

ワンピース 映画 興行 収入

名探偵コナン、NARUTO、ワンピースといえば90年代に少年誌で連載が始まった人気漫画です。 アニメ化もされ、定期的に劇場版が制作されています。 どれも子供から大人まで楽しめる作品で、推理アクション、忍者バトル、海賊バトルとそれぞれジャンルが違います。 劇場版はアニメや漫画と違ってオリジナルのストーリーで作られる事が多く、あまり興味のない人も多いようですが、人気はあるのでしょうか? 名探偵コナン劇場版 名探偵コナン 時計じかけの摩天楼 11億円 名探偵コナン 14番目の標的 18. 5億円 名探偵コナン 世紀末の魔術師 26億円 名探偵コナン 瞳の中の暗殺者 25億円 名探偵コナン 天国へのカウントダウン 29億円 名探偵コナン ベイカー街の亡霊 34億円 名探偵コナン 迷宮の十字路 32億円 名探偵コナン 銀翼の奇術師 28億円 名探偵コナン 水平線上の陰謀 21. 5億円 名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌 30. 3億円 名探偵コナン 紺碧の棺 25. 3億円 名探偵コナン 戦慄の楽譜 24. 2億円 名探偵コナン 漆黒の追跡者 35億円 名探偵コナン 天空の難破船 32億円 名探偵コナン 沈黙の15分 31. 5億円 名探偵コナン 11人目のストライカー 32. 9億円 名探偵コナン 絶海の探偵 36. 3億円 ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE 42. 6億円 名探偵コナン 異次元の狙撃手 41. 1億円 名探偵コナン 業火の向日葵 44. 8億円 名探偵コナンは最初の映画の興行収入が一番低くて、それ以降は順調に増加している結果になりました。 「時計じかけの摩天楼」などは、テレビでも放映されていたので見たことがありますが、一番収益が少ないというのが意外な結果になりました。 そして、ここ最近の3作品に至っては40億円超え。 後述するワンピースやNARUTOでも40億超えは珍しいことから、名探偵コナンは「安定して人気のある」コンテンツであることがわかります。 また、収益が増えていることからしても、年々「ファンを増やしている映画」と考える事もできるでしょう。 私の年代だと大人になるにつれてフェードアウトして見なくなった人が多いので、この結果はかなり意外です。 知人の一人などは、「今時コナンなんて人気無いだろ」なんて言っていました。 完全に間違いですね。 ワンピース劇場版 ONE PIECE 21. 2億円 ONE PIECE FILM STRONG WORLD 48億円 ONE PIECE 3D 麦わらチェイス 7. 9億円 ONE PIECE FILM Z 68. 7億円 興行収入が一番低いのが「麦わらチェイス」ですが、これは30分の短編映画なので当然でしょう。 ワンピースは興行収入が10億を切る映画もある一方で、最高は「FILM Z」の68億円。 当たり外れが激しいコンテンツなのかもしれません。 とはいえ、「 エピソードオブアラバスタ」と「 エピソードオブチョッパー」は、本編内容の一部を切り取ったもの。 ストーリーを知っているから見ないという人もいるはずなので、収入が少ないのも納得です。 ちなみに、「STRONG WORLD」と「FILM Z」は原作者が深く関わっているということもあり、それが人気に影響しているのかもしれません。 ナルト劇場版 NARUTO -ナルト- 大活劇! 雪姫忍法帖だってばよ!! 7億円 NARUTO -ナルト- 大激突! 幻の地底遺跡だってばよ 11. 8億円 NARUTO -ナルト- 大興奮! みかづき島のアニマル騒動だってばよ 不明 NARUTO -ナルト- 疾風伝 12. 1億円 NARUTO -ナルト- 疾風伝 絆 11. 6億円 NARUTO -ナルト- 疾風伝 火の意志を継ぐ者 10. 2億円 NARUTO -ナルト- 疾風伝 ザ・ロストタワー 10. 3億円 NARUTO -ナルト- ブラッド・プリズン 不明 ROAD TO NINJA -NARUTO THE MOVIE- 14. 8億円 THE LAST -NARUTO THE MOVIE- 20億円 BORUTO -NARUTO THE MOVIE- 26. 2億円 コナンやワンピースと比べると若干興行収入が少なめでしょうか。 収入の多い「NARUTO THE MOVIE」の三作は原作者が深く関わっている映画であり、やはり「原作者が関わると人気が出る」ようですね。 ただ、ナルトの場合は海外人気が無視できません。 ワンピースやコナンに比べると、ナルトは海外でもしっかり収益を上げる事が多く、全世界レベルで見れば両者と互角以上の人気があるといえるでしょう。 何故コナンが一番人気なのか それぞれの特徴をまとめると、 安定して収益を上げる「名探偵コナン」 爆発的ヒットの潜在力を持つ「ワンピース」 海外でも人気の高い「ナルト」 のように言えそうです。 劇場版シリーズ全体で考えるとやはりコナンがトップです。 この理由は色々考えられますが、ワンピースやナルトは原作ストーリーに一つの繋がりがあるため、原作者が関わらない劇場版ではあまり本編に関わる内容を入れられません。 物語作りにどうしても制限が入るのです。 その一方で、名探偵コナンは原作自体に本筋に関わらないエピソードが沢山あり、事件ごとに完全に独立した話を作ることができます。 さらに、いい意味でも悪い意味でもコナンの時系列は崩壊(サザエさん状態)しているため、ストーリー的な矛盾が気にならないのも強みでしょう。 つまり、物語作りにあまり制限がなく、映画スタッフは自由に話を作れるのです。 まあ、純粋にコナンの「キャラクター」や「世界観設定」などが初めての人にも入りやすいというのもあるでしょう。 全くコナンを知らなくても、いきなり映画に行って楽しめるということです。 他にも、人気俳優・女優の起用やコラボ作品など新しいアプローチで映画を作っており、マーケティング的な観点からもかなり強力なコンテンツです。 毎年のようにコナンの映画が作られてますが、まだまだ新しい映画が作られそうですね。

次の