江東マンション神隠し殺人事件。 江東マンション神隠し殺人事件についてのまとめ!

江東マンション神隠し殺人事件の真相!星島貴徳の生い立ちとその後

江東マンション神隠し殺人事件

この記事には暴力的または猟奇的な記述・表現が含まれています。 もお読みください。 江東マンション神隠し殺人事件 場所 ・二丁目(9階建てマンション9階) 標的 2部屋隣の部屋に住んでいた女性 日付 (20年) 19時30分ごろ(被害者を拉致) ・23時ごろ(被害者を殺害)• 23時50分 - 4月23日まで(死体を解体) 〈・JST〉 概要 性奴隷獲得目的で同じマンションに住む女性を、 死亡者 1人 犯人 男H 容疑 ・・など 対処 加害者をが・が 刑事訴訟 ・、側棄却により確定 管轄 警視庁(捜査一課および) ・東京地検 江東マンション神隠し殺人事件(こうとうマンションかみかくしさつじんじけん)とは、(20年)にので女性がのように行方不明となり、後に・が発覚した。 としても注目された。 この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年5月) 2008年4月18日夜、会社員の女性(以降女性)が東京都江東区二丁目の自宅から忽然と消え、姉から捜索願いが出される。 最上階の自室の玄関に少量のが残った状態であったことに加え、マンションに設置されたの記録に、被害者女性がマンションから外出した形跡がないことから、「事件」として、各社がトップニュースで報じた。 また、同マンションは当時3分の1近くが空室であり、被害者女性宅の両隣は空室であった。 は、マンション住民全員から、任意での採取、を行った。 事件発生から約1ヶ月後の同年、被害者女性と同じ階に住むの男(以降男)を容疑でした。 その後のにより加害者の男は以下のように再逮捕・された。 2008年6月13日 - 警視庁が・容疑で再逮捕、が住居侵入罪で• 2008年6月25日 - 警視庁が容疑で警視庁に再逮捕、東京地検が死体損壊・遺棄罪で追起訴• 2008年7月18日 - 東京地検が殺人罪で追起訴 逮捕後、男からの供述により事件の全貌が明らかとなった。 事件の全貌 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年5月) 事件前日までの動き 現場の江東区のマンションに加害者男性が引っ越してきたのは2008年2月9日。 9階の一番南側の部屋である918号室に入居した。 被害者女性とその姉は2008年3月1日に、加害者男性が住む部屋の二部屋隣の916号室に引っ越しをした。 該当マンションは監視カメラやオートロックなど防犯設備が多く設置されている物件で、被害者女性らがこの物件に決めた理由の一つでもあった。 加害者男性は、被害者女性に狙いを定めたのは事件のおよそ1週間前と供述している。 拉致・殺害 2008年4月18日19時30分ごろ 、加害者男は、被害者女性の帰宅を待ち伏せし、帰宅直後を狙い被害者女性宅へ侵入。 被害者女性に騒がれたため頭部を殴打し拉致、自室へ連れ帰り、縛って部屋に寝かせておいた。 まもなく、被害者女性と同居していた姉が帰宅し、室内の異変に気付いてへ被害届を提出した。 早くも警察の捜査が始まったことを知った加害者男は、事件の発覚を恐れ、被害者女性の首に包丁を刺し殺害した。 指紋照合 被害者女性宅に残っていた指紋を警察が調べた結果、加害者男が被害者女性宅に侵入した際に、指紋をわずかに残していたことが判明。 事件直後には加害者男を含むマンション住民全員から任意で指紋を採取していたが、その時は、加害者男は何らかの薬品を使って指先の皮膚を荒らしていたため、10指とも紋様が読み取れず、照合が不可能だった。 事件から1ヶ月後に再び警察が加害者男の指紋を採取した際には、皮膚は再生しており、被害者女性の部屋で発見された指紋と一致したため、加害者男の逮捕へと至った。 DNAの一致 加害者男の逮捕後、加害者男の部屋の一室や浴槽から採取された血痕と被害者女性のDNAが一致した。 その他、被害者女性が所有していたやなどの切断された一部を発見した。 裁判 [ ] 第一審 [ ] (平成21年)1月13日に(平出喜一)で初が開かれた。 加害者男は起訴事実を認めた。 公判のなかで、事件の全貌や、加害者男の陵辱を好む性癖が明らかにされ、このはのモデルケースとしても注目された。 2009年1月26日に開かれた第6回公判で検察官の・弁護人の最終弁論が行われて結審し 、東京地検は被告人Hに死刑を求刑した。 地検はでわいせつ目的略取という身勝手な動機、を目論んだ徹底した罪証隠滅工作、部屋の血液反応というが提示されるまで犯行を否認したこと、以降で殺人の前科がない1人殺人で死刑が確定した3事件 の例を提示した。 弁護側は最終弁論で、がないことや逮捕後は犯行を供述して謝罪していることや下半身に大やけどを負った過去の生い立ちなどを提示して死刑回避を求めた。 2009年2月18日に判決公判が開かれ、東京地裁刑事第3部(平出喜一裁判長)は被告人Hに無期懲役判決を言い渡した。 東京地裁は判決理由で「事件の発覚を防ぐには被害者の存在自体を消してしまうしかないと考えた自己中心的で卑劣な犯行で、酌量の余地はない」と厳しく指弾したが、「死刑選択には相当強い悪質性が認められることが必要となるが、この殺害では執拗な攻撃を加えたものではなく、残虐極まりないとまではいえない」「自ら罪を悔いており、死刑は重すぎる」と結論付けた。 同月、検察は量刑不服としてした。 控訴審 [ ] 2009年6月11日に(裁判長)で控訴審初公判が開かれた。 検察官()は控訴趣意書で、死刑求刑に対して無期懲役とした一審判決を、「犯行は類を見ないほど凶悪で危険極まりない。 一審の刑は軽すぎる」として、改めて死刑を求めた。 一方の弁護側は殺害された被害者が1人で死刑の適用が争点となった事件と比較し、「無期懲役が最も適切」と控訴棄却を求めた。 同月16日、控訴審結審。 2009年9月10日に控訴審判決公判が開かれ、東京高裁は犯行を「殺人などの重大犯罪で、冷酷かつ残虐で人倫にもとる犯行」と指摘したが、殺害方法の残虐性や殺人、死体損壊・遺棄の計画性を否定するなどし、「前科などもなく、自らの罪を悔いて謝罪の態度を示し、矯正の可能性がある」として、永山基準や、被害者が1人でも死刑となった過去の事案との違いを指摘し、「極刑がやむを得ないとまでは言えない」と結論づけ、一審東京地裁判決を支持し、検察側の控訴をした。 東京高検は「や判例違反などの明確な上告理由がない」とを断念し、被告人側も上告しなかったため、同月25日付で無期懲役が確定した。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 『』2008年5月26日東京朝刊第一社会面35頁「江東の女性失跡 2部屋隣の男を逮捕 33歳『殺害、切断』供述/警視庁」()• 「」『』、2008年4月19日。 2008年4月25日閲覧。 の2008年4月25日時点におけるアーカイブ。 『読売新聞』2008年6月14日東京朝刊第一社会面39頁「江東女性失跡 死体遺棄・損壊でH容疑者再逮捕/警視庁」(読売新聞東京本社)• 『読売新聞』2008年6月25日東京朝刊第一社会面39頁「江東区の女性不明、被告を殺人容疑で再逮捕/警視庁」(読売新聞東京本社)• 『読売新聞』2008年7月18日東京朝刊第二社会面34頁「江東女性失跡 H被告を追起訴/警視庁」(読売新聞東京本社)• 「」『産経新聞』産業経済新聞社、2009年1月26日。 2009年2月11日閲覧。 の2009年2月11日時点におけるアーカイブ。 「」『産経新聞』産業経済新聞社、2009年1月26日。 2009年1月29日閲覧。 の2009年1月29日時点におけるアーカイブ。 「」『産経新聞』産業経済新聞社、2009年1月26日。 2009年2月10日閲覧。 の2009年2月10日時点におけるアーカイブ。 , 主文. 「」『産経新聞』産業経済新聞社、2009年2月18日、1面。 2009年2月18日閲覧。 の2009-02-19時点におけるアーカイブ。 「」『産経新聞』産業経済新聞社、2009年7月16日、1面。 2009年7月16日閲覧。 の2009-06-14時点におけるアーカイブ。 毎日新聞 2009年7月16日(ネットニュースはリンク切れ)• 「」『産経新聞』産業経済新聞社、2009年9月10日、1面。 2009年9月10日閲覧。 の2009-09-11時点におけるアーカイブ。 安高晋「」『毎日新聞』毎日新聞社、2009年9月10日。 2009年9月10日閲覧。 の2009-09-11時点におけるアーカイブ。 「」『産経新聞』産業経済新聞社、2009年9月25日。 2009年9月25日閲覧。 の2009-09-28時点におけるアーカイブ。 参考文献 [ ] 刑事裁判の判決文• 第一審 - 刑事第3部判決 2009年(平成21年)2月18日 『D1-Law. com』(法情報総合データベース)判例体系 ID:28165778、平成20年 合わ 第1739号・平成20年 合わ 第1875号・平成20年 合わ 第352号、『(変更後の訴因:住居侵入・)・・違反被告事件』。 :()・・• 検察官:畑中良彦・石井壯治• 弁護人:水野晃(私選) 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] この項目は、・(犯罪者・犯罪組織などを含む)に関連した です。 などしてくださる()。

次の

【閲覧注意!】江東区マンション神隠し事件が猟奇的過ぎて笑えない…│アングラ密報

江東マンション神隠し殺人事件

引用: 『江東マンション神隠し殺人事件』という名前を聞いたことはありますか? では、星島貴徳という男の名前は? 当時、センセーショナルな事件として連日のようにマスコミに騒がれ、冤罪説や容疑者の自殺説まで飛び出したこの『江東マンション神隠し殺人事件』。 猟奇的な事件が起こったのは2008年のこと。 1人の女性がある場所で殺害されました。 『 江東マンション神隠し殺人事件』というオカルトじみた名前が付けられたことから、事件の複雑さがうかがえます。 『神隠し』とは、ある人物が突然姿を消すこと。 不可解で、まるで神様にさらわれたとしか思えないという現象を指します。 『 江東マンション神隠し殺人事件』は、当初、まさにそんな事件と捉えられました。 当時、トップニュースになるなどして世間を騒がせたその事件の名前が『 江東マンション神隠し殺人事件』。 そして、その容疑者が『星島貴徳』という1人の男なのです。 『江東マンション神隠し殺人事件』の事件の真相は『神隠し』よりも、奇異で異常なものでした。 ここでは『 江東マンション神隠し殺人事件』の真相、そして、容疑者『 星島貴徳』の生い立ち、冤罪や自殺疑惑までわいて出たその後の人生、さらに、事件のあった場所、そのマンション名まで詳しく述べていきます。 江東マンション神隠し殺人事件の概要 引用: 『 江東マンション神隠し殺人事件』と呼ばれる事件が起こったのは2008年の4月18日のこと。 事件のあった場所は、東京都江東区のマンションの一室です。 場所やマンション名などの詳細は、後に明らかにしていきます。 ここでは『 江東マンション神隠し殺人事件』と呼ばれる事件の真相について述べていきます。 その夜、その場所に住む女性から、1件の捜索願が警察に提出されました。 「同居している会社員の妹が、いつまでたっても帰宅しない。 連絡もとれない」という内容に、警察はただちに捜査を開始しました。 操作の基本として、まずはマンションに設置されている監視カメラの映像をチェックします。 その結果、不可解な真相が浮かび上がってきたのです。 被害者女性はその夜、マンションに帰ってきていました。 しかし、マンションから出た形跡がまったくないというのです。 まるで神隠しにでもあったかのように、忽然と姿を消してしまったのです。 それが 『江東マンション神隠し殺人事件』の発端でした。 神隠しなどありえる筈もない現代です。 姿を消した女性には、失踪する理由も、自殺をする理由も全く見当たりませんでした。 自宅マンションという場所に帰ってきたのに、出て行っていない。 そのことから、警察はマンション内を怪しみます。 更に捜査の結果、被害女性が住む最上階の自室玄関に微量の血痕が検出されました。 『江東マンション神隠し殺人事件』が『事件』になった瞬間です。 『江東マンション神隠し殺人事件』舞台となったマンション名は後で述べますが、当時そのマンションは3分の1近くが空室であったそうです。 マンション住人全員に事情聴取するのに、時間はかからなかったでしょう。 容疑者である 星島貴徳も、この時、当然聴取を受けているのです。 警察は任意で指紋採取、そして家宅捜索を行いました。 その結果、事件発生から1か月後、被害女性宅の2軒隣に住む 星島貴徳を住居侵入罪で逮捕します。 更なる捜査で死体損壊、遺棄、そして殺人容疑で再逮捕したのでした。 これが 『江東マンション神隠し殺人事件』の大まかな概要です。 犯人は星島貴徳【江東マンション神隠し殺人事件】 今日は星島貴徳様の革命日! 8年経った! 彼がきっかけで犯罪者が好きになった。 夢で襲われたいわぁ。 しかしこの『 星島貴徳』の供述が次第に明らかになり、『江東マンション神隠し殺人事件』という事件の真相が暴かれるにつれ、世間は再び騒ぎ出します。 殺人の場所となった江東区のマンションに 星島貴徳が越してきたのは、事件が起こる2か月前のことでした。 918号室に入居したということです。 被害にあった会社員女性は916号室に住んでいました。 2008年4月18日の夜のこと、星島貴徳はわいせつ目的で被害者女性の帰宅を待ち伏せし、帰宅直後を狙い被害者女性宅玄関へ強引に侵入しました。 しかし、 被害者女性は抵抗します。 そのため、頭を殴って拉致し、自室へ連れ帰りました。 しかし、ほどなくして同居の姉が帰宅し、妹の失踪に気付いて被害届を警察に提出します。 警察の捜査が始まったことを知った星島貴徳は、事件の発覚を恐れ、殺すしかないと考えたといいます。 そして、被害者女性の首に包丁を刺し、殺害したのです。 『江東マンション神隠し殺人事件』は残虐極まりない事件ですが、その真相ははるかに常軌を逸していました。 星島貴徳は被害者女性の遺体を細かく切り刻んで、水洗トイレに流して、事件を隠ぺいしようとしたのです。 まず、包丁2本とノコギリで遺体を切断。 警察の捜査で、後にバスルームから血痕反応が出たそうなので、その行為を行った場所は風呂場だと推定されます。 切断した遺体を冷蔵庫や、ダンボール箱に入れてベッドの下などに隠したといいます。 その間に警察の家宅捜査を受けているのですから、バレないように、よほど巧妙に振る舞ったのが分かります。 バラバラにした腕や足は、包丁を使ってさらに細かくし、最終的には水洗トイレから下水管に流したという真実に世間は衝撃を受けます。 細かくした臓器や、脳、眼球にいたるまで…。 まな板の上で切り刻んだ上、水洗トイレに流したといいます。 最後に残った骨を数個に切り分けて、これはゴミとして捨てたそうです。 遺体のすべてを遺棄し終わったのは、5月1日頃だったといいます。 これが『 江東マンション神隠し殺人事件』の真相です。 星島貴徳の生い立ち【江東マンション神隠し殺人事件】 引用: 『江東マンション神隠し殺人事件』について真相を明らかにしていきました。 マンション名や、犯行動機についてはもう少しあとで詳しく述べるとして、ここでは容疑者である『星島貴徳』の生い立ちについて紹介していきます。 『江東マンション神隠し殺人事件』という残虐極まりない事件を起こした『星島貴徳』とは、一体どういう人物なのでしょうか。 『江東マンション神隠し殺人事件』犯人・星島貴徳は、岡山県で1975年1月に誕生しました。 4人兄弟の長男として、とりわけ父親に厳しくしつけられたようです。 星島貴徳が1歳の頃のことです。 熱湯風呂に落ちてしまい、足に火傷をしてしまいました。 ケロイド状の痕が残るくらいの大きな火傷だったといいます。 父親は厳しく、これが負い目にならないようにと、幼い星島貴徳に半ズボンをはかせて登校させたりしたようです。 ですが、火傷を理由にいじめられ、中学になったころには、体育のプールの授業はずっと見学をしていたそうです。 父親の行為が、かえって容疑者のコンプレックスを大きく育てていったのかもしれません。 もしかしたら自殺を考えたこともあったのかもしれません。 この人物が、やがて『 江東マンション神隠し殺人事件』という非道な事件を引き起こすのです。 星島貴徳の経歴【江東マンション神隠し殺人事件】 引用: 『 江東マンション神隠し殺人事件』犯人『 星島貴徳』の幼少期のトラウマ、その真相に迫ってきましたが、成長したあと、彼はどのような人生を歩んだのでしょうか。 故郷の岡山で高校を卒業後、 星島貴徳は大手のゲームメーカーであるセガに入社しました。 両親と折り合いが悪く、早く家を出たいと考えてのことかもしれません。 セガではゲームプログラミングの仕事を希望していたそうですが、残念ながら配属先はゲームセンターでした。 店長などの仕事を任されるのですが、4年ほどで退職したようです。 しかし、コンピューターに関する知識を買われ派遣社員として活躍したそうです。 証人として 『江東マンション神隠し殺人事件』の法廷に立った当時の上司は、 星島貴徳の仕事ぶりを高く評価していますし、逮捕当時の月収は50万円ほどあったといいます。 そんな 星島貴徳が『江東マンション神隠し殺人事件』という事件を起こした理由は一体何なのでしょうか。 星島貴徳の犯行動機は?【江東マンション神隠し殺人事件】 引用: これまで『江東マンション神隠し殺人事件』の真相、そして犯人である星島貴徳の経歴について述べてきました。 火傷痕というコンプレックスを抱えながらも、月に50万円を稼ぐ人物と、残虐極まりない 『江東マンション神隠し殺人事件』の犯人像が結びつかない、あるいは冤罪なのではと疑う人もいたようです。 ここでは 『江東マンション神隠し殺人事件』の星島貴徳の犯行の動機について考察していきたいと思います。 星島貴徳は火傷痕のコンプレックスから、女性との交際経験がなかったようです。 アニメなどに性的な志向を向けていたといいます。 思い通りになる存在を求めて被害女性を拉致したとのことですが、細身で若い女性であれば誰でも良かったとも証言しています。 また、星島貴徳はmixiに登録していたのですが、そのプロフィール欄にはこのように記載されていました。 ダルマとはそのシルエットからも分かる通り、手足を切り落とした人間を暗喩する言葉であり、 星島貴徳が四肢切断(アポテムノフィリア)という行為に異常なまでの執着を持っていたことがわかります。 その執着が 『江東マンション神隠し殺人事件』という事件を引き起こしたのでしょうか。 星島貴徳のマンション情報【江東区マション神隠し殺人事件】 引用: 『 江東マンション神隠し殺人事件』は何故起こったのか、その真相は星島貴徳の身勝手な欲望、そして四肢切断(アポテムノフィリア)という異常な願望であったのではないかと言われています。 では『 江東マンション神隠し殺人事件』という事件があった場所はどこなのでしょうか。 『江東マンション神隠し殺人事件』という名称である以上、マンション名についても情報があるのでしょうか。 場所は 東京都江東区潮見二丁目と記載されていますが、 『江東マンション神隠し殺人事件』舞台のマンション名までは詳しく載っておりません。 『 江東マンション神隠し殺人事件』現場の場所、マンション名を知るためには、事故物件情報サイトを確認するという手段があります。 ここで、『江東マンション神隠し殺人事件』舞台となったマンション名が明らかにされています。 「大島てる」というサイトに『 江東マンション神隠し殺人事件』の事件があった場所、そしてマンション名まで詳しく載っています。 東京都江東区潮見二丁目「スクエア潮見918号室」。 それが 『江東マンション神隠し殺人事件』が起きたマンション名です。 事件後、その場所にはマスコミが押し寄せ、連日報道されました。 そのためマンション名に聞き覚えのある人もいるかもしれません。 事件後には多くの住人が退去したそうです。 被害にあった女性は引っ越しの時、まさか 事件に巻き込まれることになるなんて夢にも思わず、 オートロックで監視カメラがあるという理由で、この場所に決めたといいます。 マンション名を明かしましたが、現在この場所はオーナーが代わり、マンション名も変わったということです。 外観も大きく改装されて、入居者も大多数が入れ替わっているということです。 星島貴徳への判決は?【江東マンション神隠し殺人事件】 引用: 『 江東マンション神隠し殺人事件』の真相、犯人である 星島貴徳のコンプレックスと犯行動機、そして事件の起こったマンション名について詳しく述べてきましたが、このような事件を起こした星島貴徳は一体どうなったのでしょうか。 当時センセーショナルに世間を騒がせた『 江東マンション神隠し殺人事件』。 裁判中も、犯人である 星島貴徳には大きな注目が注がれていました。 第一審では『 江東マンション神隠し殺人事件』全貌が明らかになりました。 犯行に及んだ身勝手な動機、そして常軌を逸した遺体処理に対して、検察の求刑は死刑というものでした。 裁判員裁判が開かれ、審議された結果、 星島貴徳の犯行の身勝手さは強調されたのですが、初犯であるという点、そして犯行が計画的ではないという点が考慮されて、無期懲役という判決がくだりました。 検察側は控訴しましたが、棄却されました。 検察側はこれ以上の上告を断念。 被告人側も上訴しませんでした。 そのため、無期懲役が確定しました。 これで、事件は決着をみたように思われました。 ですが、まれにみる異常な犯罪であるこの事件は、まだまだ人々の興味を駆りたて、様々な憶測を生んだのでした。 次の項目では、結審後に起こったことについてお話します。 星 島貴徳は獄中自殺していた?【江東マンション神隠し殺人事件】 引用: 『 江東マンション神隠し殺人事件』は、真相が明らかになって、犯人に無期懲役が言い渡され、事件は終わったかにみえました。 ところがある日、2ちゃんねるで衝撃的な話題が飛び交ったのです。 それは「 星島貴徳、獄中自殺!?」というものでした。 『 江東マンション神隠し殺人事件』の犯人が刑務所の中で自殺したという話題です。 それと同時に冤罪疑惑も浮上しました。 もともと、世間には冤罪ではないかと疑う人もいたようです。 星島貴徳自身の証言があることから、犯行は間違いないように思われるのですが、『江東マンション神隠し事件』には不可解な点が多いとして、冤罪を疑う声もあるようです。 冤罪を疑う理由として挙げられたのが、水洗トイレに遺体を流すなど、本当に可能だったのかということです。 細かく切断してから流したとはいえ、成人女性の身体を流しきれるものかという疑問が、冤罪疑惑に拍車をかけたようです。 『江東マンション神隠し事件』の犯人とされた 星島貴徳、一部で冤罪ではないかと囁かれた理由はもう一点あります。 骨など、流しきれなかった遺体はゴミとして捨てたとされていますが、警察の警戒中に、そんなことが可能だっただろうかと冤罪説を述べる人は言います。 確かに、警察は事件当初からマンション内に犯人がいることを疑っていました。 そんな状況でゴミとして遺体を処理できたろうかと考えると、冤罪を疑う人の主張も一部は筋が通っているようにもみえなくもありません。 犯人の家のトイレ、その排水溝から被害女性のDNAが検出されたこと、そして 星島貴徳による詳細な自供があることから『江東マンション神隠し殺人事件』に冤罪ということはあり得ないと言われていますが、不可解な点が残るのも確かなようです。 さて、冤罪疑惑と同時に騒がれた、 星島貴徳の獄中自殺という話題ですが、真相はこうです。 『 江東マンション神隠し殺人事件』無期懲役の判決ののち、星島貴徳が刑務所内で自殺したとネット上で話題になりました。 『江東マンション神隠し殺人事件』の残酷な真相、容疑者の冤罪説、そして自殺説。 あまりに話題の多い『 江東マンション神隠し殺人事件』という事件ですが、星島貴徳は自殺を計ったというのはデマであったと、後に分かりました。 自殺防止対策が徹底されている刑務所内で自殺を計るのは、とても難しいそうです。 なぜ獄中自殺というデマが飛び交ったかは分かりませんが、この『江東マンション神隠し殺人事件』という衝撃的な事件が、獄中自殺という様々な噂を生んだのかもしれません。 江東マンション神隠し殺人事件の真相! 人気の記事• 飯塚事件とは? 死刑執行後に冤罪の可能性が浮上している「飯塚事件」。 弁護団が捜査の疑問点をまとめました。 […]• 安田講堂事件 東大紛争 から50年! 本日は東大安田講堂事件の日 […]• 実際にあったマインドコントロール事件! マインドコントロールされてしまうと、自分の思考が持てなくなり相手の意 […]• ドラム缶女性焼殺事件とは? 現在、「ドラム缶女性焼殺事件」という事件をご存じの方はどれくらいいらっしゃるので […]• 仙台女児連続暴行事件とは? 仙台女児連続暴行事件を耳にしたことはありますでしょうか? 仙台女児連続暴行 […]• 三鷹ストーカー殺人事件とは? この「三鷹ストーカー殺人事件」とは、2013年10月8日の午後16時53分頃、 […]• 薬害エイズ事件とは? 日本を恐怖に陥れた薬害エイズ事件。 薬害エイズ事件とは、80年代に治療の一環として製薬会 […]• 佐世保小6女児同級生殺害事件とは? 小学6年生の少女が同級生の女の子を殺害した衝撃的な事件だった佐世保小6女 […]• 大阪民泊監禁事件とは? 2018年2月に痛ましい事件が起きました。 事件の被害者となった女性、近藤早紀 […]• 桶川ストーカー殺人事件とは? 平成と事件「桶川ストーカー殺人」警察に放置された訴え 〜 […]• 松戸女子大生殺害放火事件とは? 事件の発生は2009年10月22日。 松戸市のマンションで火事があり、現場を捜 […]• 佐世保女子高生殺害事件とは? 佐世保女子高生殺害事件は、平成二十六年七月に起きた事件です。 犯人・徳勝 […]• 大阪・愛知・岐阜連続リンチ殺人事件とは? 今回注目するのは、大阪・愛知・岐阜連続リンチ殺人事件です。 […]• 福岡母子3人殺害事件の概要 2017年6月6日午前9時20分ごろ、福岡県小郡市小板井(ふくおかけんおごおりし […]• 名古屋妊婦切り裂き殺人事件とは? 世間を恐怖に陥れた、最も残虐で猟奇的殺人だった名古屋妊婦切り裂き殺人事件。 […]• 黒子のバスケ脅迫事件とは? 黒子のバスケ脅迫事件とは2012年から2013年にかけて、犯人・渡邊博史が漫画『 […]• イラク日本人青年殺害事件とは? イラク日本人青年殺害事件とは、旧政権の残存勢力だった「イスラム過激派」により […]• 福岡一家4人殺害事件とは? 2003年6月20日、福岡県福岡市の博多港で一家4人の無残な遺体が発見される事と […]• イラク日本人青年殺害事件の概要 2003(平成15)年5月、イラク戦争が終結した後もイラクの国内情勢は混迷を […]• 名古屋大学女子学生殺人事件とは? 名古屋大学女子学生殺人事件について耳にしたことはありますでしょうか? […].

次の

星島貴徳が自殺で死亡?生い立ちから現在【江東マンション神隠し殺人事件】

江東マンション神隠し殺人事件

この記事には暴力的または猟奇的な記述・表現が含まれています。 もお読みください。 江東マンション神隠し殺人事件 場所 ・二丁目(9階建てマンション9階) 標的 2部屋隣の部屋に住んでいた女性 日付 (20年) 19時30分ごろ(被害者を拉致) ・23時ごろ(被害者を殺害)• 23時50分 - 4月23日まで(死体を解体) 〈・JST〉 概要 性奴隷獲得目的で同じマンションに住む女性を、 死亡者 1人 犯人 男H 容疑 ・・など 対処 加害者をが・が 刑事訴訟 ・、側棄却により確定 管轄 警視庁(捜査一課および) ・東京地検 江東マンション神隠し殺人事件(こうとうマンションかみかくしさつじんじけん)とは、(20年)にので女性がのように行方不明となり、後に・が発覚した。 としても注目された。 この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年5月) 2008年4月18日夜、会社員の女性(以降女性)が東京都江東区二丁目の自宅から忽然と消え、姉から捜索願いが出される。 最上階の自室の玄関に少量のが残った状態であったことに加え、マンションに設置されたの記録に、被害者女性がマンションから外出した形跡がないことから、「事件」として、各社がトップニュースで報じた。 また、同マンションは当時3分の1近くが空室であり、被害者女性宅の両隣は空室であった。 は、マンション住民全員から、任意での採取、を行った。 事件発生から約1ヶ月後の同年、被害者女性と同じ階に住むの男(以降男)を容疑でした。 その後のにより加害者の男は以下のように再逮捕・された。 2008年6月13日 - 警視庁が・容疑で再逮捕、が住居侵入罪で• 2008年6月25日 - 警視庁が容疑で警視庁に再逮捕、東京地検が死体損壊・遺棄罪で追起訴• 2008年7月18日 - 東京地検が殺人罪で追起訴 逮捕後、男からの供述により事件の全貌が明らかとなった。 事件の全貌 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年5月) 事件前日までの動き 現場の江東区のマンションに加害者男性が引っ越してきたのは2008年2月9日。 9階の一番南側の部屋である918号室に入居した。 被害者女性とその姉は2008年3月1日に、加害者男性が住む部屋の二部屋隣の916号室に引っ越しをした。 該当マンションは監視カメラやオートロックなど防犯設備が多く設置されている物件で、被害者女性らがこの物件に決めた理由の一つでもあった。 加害者男性は、被害者女性に狙いを定めたのは事件のおよそ1週間前と供述している。 拉致・殺害 2008年4月18日19時30分ごろ 、加害者男は、被害者女性の帰宅を待ち伏せし、帰宅直後を狙い被害者女性宅へ侵入。 被害者女性に騒がれたため頭部を殴打し拉致、自室へ連れ帰り、縛って部屋に寝かせておいた。 まもなく、被害者女性と同居していた姉が帰宅し、室内の異変に気付いてへ被害届を提出した。 早くも警察の捜査が始まったことを知った加害者男は、事件の発覚を恐れ、被害者女性の首に包丁を刺し殺害した。 指紋照合 被害者女性宅に残っていた指紋を警察が調べた結果、加害者男が被害者女性宅に侵入した際に、指紋をわずかに残していたことが判明。 事件直後には加害者男を含むマンション住民全員から任意で指紋を採取していたが、その時は、加害者男は何らかの薬品を使って指先の皮膚を荒らしていたため、10指とも紋様が読み取れず、照合が不可能だった。 事件から1ヶ月後に再び警察が加害者男の指紋を採取した際には、皮膚は再生しており、被害者女性の部屋で発見された指紋と一致したため、加害者男の逮捕へと至った。 DNAの一致 加害者男の逮捕後、加害者男の部屋の一室や浴槽から採取された血痕と被害者女性のDNAが一致した。 その他、被害者女性が所有していたやなどの切断された一部を発見した。 裁判 [ ] 第一審 [ ] (平成21年)1月13日に(平出喜一)で初が開かれた。 加害者男は起訴事実を認めた。 公判のなかで、事件の全貌や、加害者男の陵辱を好む性癖が明らかにされ、このはのモデルケースとしても注目された。 2009年1月26日に開かれた第6回公判で検察官の・弁護人の最終弁論が行われて結審し 、東京地検は被告人Hに死刑を求刑した。 地検はでわいせつ目的略取という身勝手な動機、を目論んだ徹底した罪証隠滅工作、部屋の血液反応というが提示されるまで犯行を否認したこと、以降で殺人の前科がない1人殺人で死刑が確定した3事件 の例を提示した。 弁護側は最終弁論で、がないことや逮捕後は犯行を供述して謝罪していることや下半身に大やけどを負った過去の生い立ちなどを提示して死刑回避を求めた。 2009年2月18日に判決公判が開かれ、東京地裁刑事第3部(平出喜一裁判長)は被告人Hに無期懲役判決を言い渡した。 東京地裁は判決理由で「事件の発覚を防ぐには被害者の存在自体を消してしまうしかないと考えた自己中心的で卑劣な犯行で、酌量の余地はない」と厳しく指弾したが、「死刑選択には相当強い悪質性が認められることが必要となるが、この殺害では執拗な攻撃を加えたものではなく、残虐極まりないとまではいえない」「自ら罪を悔いており、死刑は重すぎる」と結論付けた。 同月、検察は量刑不服としてした。 控訴審 [ ] 2009年6月11日に(裁判長)で控訴審初公判が開かれた。 検察官()は控訴趣意書で、死刑求刑に対して無期懲役とした一審判決を、「犯行は類を見ないほど凶悪で危険極まりない。 一審の刑は軽すぎる」として、改めて死刑を求めた。 一方の弁護側は殺害された被害者が1人で死刑の適用が争点となった事件と比較し、「無期懲役が最も適切」と控訴棄却を求めた。 同月16日、控訴審結審。 2009年9月10日に控訴審判決公判が開かれ、東京高裁は犯行を「殺人などの重大犯罪で、冷酷かつ残虐で人倫にもとる犯行」と指摘したが、殺害方法の残虐性や殺人、死体損壊・遺棄の計画性を否定するなどし、「前科などもなく、自らの罪を悔いて謝罪の態度を示し、矯正の可能性がある」として、永山基準や、被害者が1人でも死刑となった過去の事案との違いを指摘し、「極刑がやむを得ないとまでは言えない」と結論づけ、一審東京地裁判決を支持し、検察側の控訴をした。 東京高検は「や判例違反などの明確な上告理由がない」とを断念し、被告人側も上告しなかったため、同月25日付で無期懲役が確定した。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 『』2008年5月26日東京朝刊第一社会面35頁「江東の女性失跡 2部屋隣の男を逮捕 33歳『殺害、切断』供述/警視庁」()• 「」『』、2008年4月19日。 2008年4月25日閲覧。 の2008年4月25日時点におけるアーカイブ。 『読売新聞』2008年6月14日東京朝刊第一社会面39頁「江東女性失跡 死体遺棄・損壊でH容疑者再逮捕/警視庁」(読売新聞東京本社)• 『読売新聞』2008年6月25日東京朝刊第一社会面39頁「江東区の女性不明、被告を殺人容疑で再逮捕/警視庁」(読売新聞東京本社)• 『読売新聞』2008年7月18日東京朝刊第二社会面34頁「江東女性失跡 H被告を追起訴/警視庁」(読売新聞東京本社)• 「」『産経新聞』産業経済新聞社、2009年1月26日。 2009年2月11日閲覧。 の2009年2月11日時点におけるアーカイブ。 「」『産経新聞』産業経済新聞社、2009年1月26日。 2009年1月29日閲覧。 の2009年1月29日時点におけるアーカイブ。 「」『産経新聞』産業経済新聞社、2009年1月26日。 2009年2月10日閲覧。 の2009年2月10日時点におけるアーカイブ。 , 主文. 「」『産経新聞』産業経済新聞社、2009年2月18日、1面。 2009年2月18日閲覧。 の2009-02-19時点におけるアーカイブ。 「」『産経新聞』産業経済新聞社、2009年7月16日、1面。 2009年7月16日閲覧。 の2009-06-14時点におけるアーカイブ。 毎日新聞 2009年7月16日(ネットニュースはリンク切れ)• 「」『産経新聞』産業経済新聞社、2009年9月10日、1面。 2009年9月10日閲覧。 の2009-09-11時点におけるアーカイブ。 安高晋「」『毎日新聞』毎日新聞社、2009年9月10日。 2009年9月10日閲覧。 の2009-09-11時点におけるアーカイブ。 「」『産経新聞』産業経済新聞社、2009年9月25日。 2009年9月25日閲覧。 の2009-09-28時点におけるアーカイブ。 参考文献 [ ] 刑事裁判の判決文• 第一審 - 刑事第3部判決 2009年(平成21年)2月18日 『D1-Law. com』(法情報総合データベース)判例体系 ID:28165778、平成20年 合わ 第1739号・平成20年 合わ 第1875号・平成20年 合わ 第352号、『(変更後の訴因:住居侵入・)・・違反被告事件』。 :()・・• 検察官:畑中良彦・石井壯治• 弁護人:水野晃(私選) 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] この項目は、・(犯罪者・犯罪組織などを含む)に関連した です。 などしてくださる()。

次の