レディーガガ アドレノクロム。 セレブたちの危険なドラッグ「アドレノクロム」世界で一斉取り締まりか

アメリカで地下に監禁されていた35000人の子供が救出

レディーガガ アドレノクロム

その間に大量逮捕行われる可能性。 ネット、通話遮断 緊急放送システムを使い世界中のTVを通じて米軍から放送がある。 とても痛みを伴う内容 全員屋内で待機する必要がある。 備えておこう! — Alishua. それがQ(キュー)やQanon(キューアノン)と言われる人たちです。 数年前から噂されているロンメル死についての情報もQおよびQアノンから出てきた情報だと言われています。 Qアノンとトランプ大統領の関係についての記事はこちらです 米・ホワイトハウスのツイッター公式アカウントのヘッダー画像に謎の巨人が写っている? トムハンクスのコロナ感染と息子チェットハンクスの暴露動画 chethanx がシェアした投稿 — 2020年 3月月24日午後10時14分PDT しかし、その後この暴露動画はチェットハンクス自身の口からジョークだったというネタバレがありフェイク動画だと判明しました。 いっけん、隠していた秘密がバレてしまったという動画の内容と本人の鬼気迫る演技により、これマジモノかと騙された方もいたようです。 僕もだまされかけました。 笑 ことの真相はイルミナティ陰謀論に終止符を打つため? 息子チェットハンクスの紛らわし演技にまんまと騙されたわけですが、この動画を投稿した理由はいつまでも続く陰謀論に終止符を打つためであり、陰謀論者が自分の家族に対して言っていることに腹がたったからだそうです。 イルミナティ風のタトゥーを胸に入れたのは以下の理由からだそうです。 自分はイルミナティのメンバーではないが、• 自分はスピリチュアルな事を信じている• 神がすべての物事を統治し、計画していると信じている う~ん、でも「プロビデンスの目」のタトゥーなんか入れたら、どうなるかは分かりそうな気もするのですが・・・。 世界エリートのペドフィリア(小児性愛)とアドレノクロム レディー・ガガ写ってるそれはハリウッドセレブがエプスタイン島で行われる悪魔崇拝儀式に参加してる様子です。 ここでは拐って来た子供を性的奴隷にして強姦したり、生け贄に殺害したりしてました。 ハリウッドは崩壊しますね。 — 💃愛しあってるかーい! tWNGWOR7eCbTmzm 金や権力でこの世界を支配している支配者層の人々は悪魔崇拝者という話は都市伝説や陰謀論ではよく聞く話です。 近年おもてに出てきた話で、悪魔崇拝者はペドフィリア(小児性愛者)という欲望の捌け口の対象が幼児であり特殊な性癖をもつ人々であること、そしてその悪魔崇拝の儀式に赤ん坊や小さな子供達が生贄(いけにえ)として使われているという話があります。 ペドフィリア(小児性愛者)とは 上記はアメリカのプロボクサーのデビット・ロドリゲスがハリウッドの小児性愛者について語っていると動画です。 影響力のある有名人が真相を語ることで、この漫画や映画みたいな陰謀論の信憑性が増してきます。 悪魔を信奉している支配者層の人達は、儀式の生贄に幼児や子供を使うのには理由があります。 この方々は、神秘的なパワーの象徴が小さな子供であると思い込んでいます。 子供の持っている生命力を吸収するために、虐待したり凌辱したりすると言います。 あとは、だだの変態という見方もできますが、金と権力を手に入れた人たちは、この世界で手に入らないものはありませんし、すべてが思うがままです。 本当かどうかわかりませんが、このアドレノクロムという物質には以下の効果があると言われていいます。 若返り効果がある• 摂取すれば、この世界に存在するどんな物質よりも快感を得ることができる 最終的に、この物質を摂取することが目的で幼児や子供達がさらわれたり、人身売買の原因になっているのではないかとも言われています。 真実ならロンメル死など生ぬるい ロンメル死と関連のある話題についてお伝えしました。 ディープステートやイルミナティと呼ばれる支配者層の都市伝説では、この悪魔的な小児性愛者の逮捕と拉致されて世界中の地下施設に監禁されている子供たちの救出が目的ではと言われています。 映画や漫画みたいで、にわかに信じがたい話ですが、この話が真実なら子供たちの救出は最優先ですよね。 また、このような残虐なことがホントに行われているとするなら、「ロンメル死」なんていう名誉の死を与えるのは生ぬるい。 公の場で裁きを受けて恥ずかしい思いをたくさんするべきでしょう。 皆さんは、この話を信じますか? 関連商品はこちらです.

次の

【日本にも波及】エプスタイン問題 伊藤穣一MITメディアラボ所長が悪魔生贄儀式に病みつきか これから関係日本人がどんどん炙り出される?: 今この時&あの日あの時

レディーガガ アドレノクロム

80 ID:2D3Ca4LU0. net 米歌手マドンナ(61)が4月30日、新型コロナウイルスの抗体検査を受けて陽性だったことを公表した。 「検査を受けて抗体があることが分かった。 だから明日はロングドライブに出かけて、窓を開けて息を吸うわ。 新型コロナウイルスの空気をね」と語るインスタグラムで動画を公開した。 抗体検査で陽性反応が出たということは、新型コロナウイルスに過去に感染していたことになり、「明日は別の日になる。 目が覚めたら、違った風に感じると思う」と語っている。 世界保健機関(WHO)は抗体を持つ人が再び感染しないという証拠はなく、再感染する可能性もあると警告している。 抗体検査をいつ受けたのかや、受けた理由などは明かしていない。 マドンナは新型コロナウイルス感染拡大について、 「金持ちだろうと有名人だろうと関係なく感染する。 平等をもたらすのは素晴らしい」とSNSで語って炎上していた。

次の

TVニュース(表話)ではわからない世界情勢の裏話がよーく理解できる動画10本がありましたのでシェアです!状況把握でとても参考になりました! | 地球人類の光と闇

レディーガガ アドレノクロム

-レディー・ガガに関して、matome. naverサイトで興味深い記事を見つけたので紹介したい。 レディー・ガガについては「サタンの広告塔」「イルミナティのメンバー」「サタニスト」との噂が根強くあった。 当ブログではそれを自明の理として、これまで幾つかのレディー・ガガ関連記事を公開してきた。 その噂は本物だったのである。 以下転載のように、レディー・ガガ本人がそれを告白して認めたのだ。 短い文ではあるが、彼女が語った2006年のある晩のニューヨーク下町で起きた出来事は印象深い。 彼女はまだまったく売れていない若いシンガーで、各ステージをドサ回りしながらやっと日々をしのいでいるような有様だった。 それだけにシンガーとして成功したい願望は人一倍強かった。 その晩あるクラブから外に出て、つい今しがた終えたショーの成功の余韻でハイになっているガガに、ある不思議な男が近づいてきた・・・。 あとはご自分でお読みいただきたいが、こうして悪魔にひれ伏したことによって、レディー・ガガはその1年後には我々が後に知ることになる眩しいほどのスターダムにのし上がっていたのである。 もちろん埋もれてはいても彼女自身に際立った才能があり、それを見抜いた悪魔がそっと近寄り「すべてがほしいのか」と誘惑を仕掛けたわけである。 ガガはその誘惑に乗った。 悪魔のサポートによってまたたく間に成功・名声・富などを手に入れたのである。 が、ステージでは悪魔の一つ目のポーズを見せるなど、常に悪魔の広告塔としてのパフォーマンスを求められた。 身体は悪魔に乗っ取られて不調が続いた。 中でも「魂を引き渡すこと」が最大の代償なのである。 そんなレディー・ガガだったが、極めて珍しいケースだと思うが、悪魔・イルミナティと決別したという。 何かの出来事がきっかけでハッと我に返り善性、霊性が目覚めたのではないだろうか。 とにかくその時から、悪魔から自身の魂を取り戻す決心をしたのである。 裏切りに対する悪魔の攻撃は凄まじいものかもしれない。 めげずに立ち向かっていっていただきたいものである。 そしていつの日か、スピリチュアルな深みのある美しい歌が聴けたらなぁ、と陰ながら思う次第である。 (大場光太郎・記)- 「私は彼が、とても深い海の底からさらい出された黒い宝石であるように、見つめていました。 「私はしゃがんでひざまずき、誰を称えるべきかを彼に訊ねました。 「私は彼の目をまともに見て、すべてが欲しいと言いました。 「私は彼に、何でもする、と言いました。 ガガは、曲を創作するとか、自分のかつて夢見たあらゆることを成し遂げることができるようになった。 その夜、ニューヨーク市のMercury Loungeの外で、ガガは、このプリンスと「取引を結び」、それ以後は「成功なんて簡単」であることがわかった。 苦痛を伴う線維筋痛症候群(FMS)に苦しむガガは、自分の長期の病気は、彼女の芸能生活の初期に、「イルミナティに魂を売り渡し」、体の中で「暗黒の勢力」が力を発揮するのに任せた結果だと思うと言った。 「彼らはあなたに、特別の権力、うわべの美しさ、才能、それに富を、しばらくの間は与えるかもしれません。 しかしそれは長続きしないのです」と、ガガは言った。 「これが、暗黒の芸術に手を出す多くの人々が、これほど不幸な理由です。 彼らは明けの明星のように、いっとき明るく輝いて、最後には自殺するか、それとも麻薬の乱用によって肉体を破壊するのです。 」 「体がもっと強くなり、自信がついたら、私は自分の物語をもっと深く語り、これを強く維持して、自分の意識を高めるだけでなく、私のように苦しむ他の人たちのために、研究を広げ、役に立つことができるようになりたい」と書いている。 やはりメディア、特に音楽業界が悪魔崇拝者に牛耳られているのは本当かもしれませんね。 そしてメディアを通して、様々な悪魔のシンボルに触れさせられるということでしょう。 ただ必要以上に恐怖を感じる必要はありません。 悪魔のシンボルに触れさせられる? そんなものほとんど何の意味もありません。 彼らのやっていることは熊本県がくまモンを推すようにマスコットのように悪魔を推しているだけなので、この問題自体はうざい広告程度に考えてください。 間違っても悪魔や神に意義を見出さないで下さい。 それだけ守れば特に何の意味もありません。 ただ彼らが悪魔崇拝としてやっている「行為」や支配している実態については完全に大問題ですがね。

次の